屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 風災・雪害に伴う屋根補修工事に利用できる火災保険の特徴と注意.....

風災・雪害に伴う屋根補修工事に利用できる火災保険の特徴と注意点をおさらい

更新日:2021年1月28日

 台風や大雨でお住まいが被害を受けた際に利用できるのが火災保険。既にご存じという方が非常に多いと思いますが、これも近年自然災害による被害が急増した為ですね。もちろん被害を受けないに越したことはありませんが、予想もできない被害は火災保険や共済をフル活用して自費を減らして頂きたいと思っています。そこで今回はもう一度おさらいになりますが、火災保険の役割や利用条件、屋根補修までの流れをご紹介したいと思います。

火災保険の流れ

火災保険とは?

火災時の保険 台風による被害

 住宅ローンを利用して住宅を購入・建築される際には加入が義務付けられていますが、火災で住宅が消失してしまったときにだけ利用できる保険ではありません。名前から勘違いされやすく少し前まで知らなかったという方も多いと思いますが、台風や突風等の風災、雹災、雪害等で住宅が被害を受けた際に補償金が支払われるという保険です。風災のみ、家財のみという補償対象や、いくら以上の損害に対しての補償かというのはお客様ごとに違うのが特徴です。

というのも、共済は非営利団体ですので掛け金に応じて補償範囲は異なりますが、補償内容は違いません。一方火災保険は営利団体が個々にサービスを提供しておりますので、補償内容や範囲はお客様ごとに違っておりますので確認が必要です。火災保険は火災のみの保険と勘違いされることが多く、いくら払っているのかわからない、利用したこともないという方が多かったのですが、ここ数年自然災害で被害を受けるお住まいが急増し、この機会に知った、初めて利用したという方が非常に多くなってきているかと思います。

火災保険はどんな屋根被害に利用できる?

台風で崩れた棟 台風被害

 問題の「どんなタイミングで火災保険を利用できるのか」ですが、これはまさに自然災害でお住まいが被害を受けた際です。その被害は例えば雨樋が飛んでしまった、瓦が捲れてしまった、急に雨漏りが発生した等、台風で被害を受けたことで生じた破損や雨漏り等は全て対象となります。
では経年劣化していたものが今回の台風で破損してしまったのはどうなるのか?気になりますよね?実際「我が家は古いから壊れても仕方がない」という考えから火災保険の申請すらしなかったという方は非常に多いのですが、台風が無ければ破損していなかったかもしれないという考えも出来ます。つまり多少劣化していても破損の原因が台風等の自然災害によるものであれば、火災保険の申請は可能です。その際に「経年劣化による破損」なのか「自然災害による破損」であるのかは保険会社が決めますが、申請自体は何度でも可能ですし保険料が上がるということもありませんので申請は無駄ではありません。

火災保険を使って屋根補修を行うまでの流れ

雨樋の破損発覚 お見積書が申請に必要

 では実際に火災保険を利用する際の流れをご紹介します。まず被害を受けたかもと感じた際には早い段階で保険会社に連絡を入れましょう。規模の大きい自然災害時は一気に連絡が集中するため、電話がつながらず申請が出来ないという事になりかねません。平行して屋根の調査が可能な工事業者にも連絡しましょう。これも同様の理由ですが、点検の予約だけでも入れておけば安心です。

 その後、保険会社からは申請に必要な書類が郵送で届きます。必要事項を記入の上返送する際に、【現況写真】と【復旧にかかるお見積り書】の提出が求められます。そのため屋根工事業者だけに連絡を入れても保険会社のみに連絡しても火災保険の申請には至りませんのでご注意ください。

書類郵送後、1~2週間ほどで保険会社からの連絡があります。書類に不備がなければ保険金が振り込まれますし、確認事項があれば鑑定人がお住まい調査に伺う流れです。

火災保険利用時の注意点

 火災保険を頻繁に利用するという事はありませんので注意点を知らずに過ごしている方も多いかと思いますが、後悔しないようにしっかり把握しておきましょう。

棟板金工事 火災保険で屋根カバー

◆被害を受けてから3年以内
 火災保険には申請期限があります。通常は被害を受けてから3年以内ですので、「実はあの時壊れていた」と後から申請することはできません。また時間が経過すればするほど経年劣化と判断されかねませんので早めに申請したほうがオススメです。

◆目的は原状復旧
 火災保険の本来の目的は【原状復旧】、つまり本来あった状態に戻すという事です。破損した箇所の仕様をよくするための申請はそもそもできませんのでご注意ください。例外としては破損したのが廃盤製品のケースです。廃盤製品に対して後継商品があればいいのですが、無い場合や部分補修が不可能な場合は全面葺き替え・交換という形で申請が可能です。廃盤になっている製品といえば屋根材・雨樋もそうですがカーポートも該当することがありますので要チェックです。

◆必ずしも申請通りの復旧工事をしなくても良い
 火災保険を申請し「復旧ではなく全面の屋根補修をしようかな」という場合に保険金を補填することは可能です。あくまで現状復旧出来るだけの費用を支払うまでが火災保険ですのでそこからの工事の変更や寧ろ工事を行わないという選択肢もあります。この場合は建て替え等をご検討中の方ですね。もちろん住宅に大きな損害を出している際には早く補修するに越したことはありませんが、予算を考えて施工方法を考えるのも大事です。

火災保険を利用して葺き替え工事

台風で発生しやすい屋根の被害

 2019年に発生した令和元年房総半島台風では、千葉県を中心に関東に大きな被害をもたらしました。台風後には街の屋根やさんへ多くのお問い合わせをいただきました。お住まいの中でも屋根は台風の被害を受けやすい場所です。台風でよく発生する被害を知っておくことで被害を予防することができます。

瓦屋根
・瓦のずれ、割れ、落下
 瓦がずれているだけであれば元の場所へ戻すことが可能ですが、割れてしまっている場合には同じ瓦を取り寄せる必要があります。瓦屋根では一部のみの交換ができます。
・棟の歪み
 棟はお住まいの中で1番高いところにあるため風の影響を受けやすいです。棟の歪みは屋根全体が崩れる可能性がありますので早めの補修が必要です。棟瓦取り直し工事で棟瓦を積み直します。

スレート屋根
・スレートの割れ、欠け、落下
 飛来物が当たった衝撃や風に煽られることでスレートに被害が発生します。スレートは1枚ごとの交換が可能ですが、強度が弱くなる、他の部分が割れてしまうといったリスクもあります。
・棟板金の剥がれ、落下
 台風後、最も多い被害がスレート屋根の棟板金の剥がれや落下です。棟板金を固定している釘が経年で緩んでしまっているところに風が吹くと、棟板金が煽られてしまうのです。棟板金交換工事が必要です。

金属屋根
・トタン屋根の剥がれ
 トタン屋根は、現在主流のガルバリウム鋼板の屋根材に比べて耐久性が低いため、風で煽られて剥がれてしまうことがあります。また、錆が発生していたり劣化が進んでいると被害を受けやすくなりますので定期的にメンテナンスしましょう。
・屋根の凹み
 飛来物が当たった衝撃で屋根が凹んでしまうことがあります。傷がついてしまうとそこから錆が発生し、全体に広がってしまうので、台風後には一度点検を行いましょう。

 今回は自然災害で屋根等に被害が生じた際に利用できる【火災保険】についてご紹介させて頂きました。もちろん被害を受けないに越したことはありませんが、風災等は予想できるものではありません。日ごろからどのような保険に加入しているのか、またいざという時に頼れる屋根工事業者がいるのかが補修のスピードにも影響してきます。私たち街の屋根やさんは新型コロナウイルス対策を講じた上で点検・お見積りにお伺いさせて頂いております。お住まいで気になる箇所がある方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
 このところ台風による甚大な被害が非常に目立ちましたね。記憶に新しい所では2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)、同年10月の台風19号(令和元年東日本台風)、2018年8月の台風21号(平成30年台風第21号)が挙げられますが、いずれも被害総額が500億円を超え、令和元年東日本台風に至…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
保険活用リフォームのトラブルにご注意下さい!
 「火災保険にご加入されていますか?実は火災保険は火災による被害だけでなく、台風や雹などの自然災害で破損してしまった場合の補修も申請できるんですよ。」とご説明させていただいていた頃もありましたが、現在はお客様の方から「火災保険で修理したい」とご相談をいただくようになりました。 &…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
こんな症状でていませんか?お住まいが教えてくれる屋根補修の時期
こんな症状でていませんか?お住まいが教えてくれる屋根補修の時期
 お住まいの屋根などがメンテナンスの時期にさしかかりますと、さまざまなサインを出して私たちに教えてくれます。しかし、このサイン、軽微なものだとついつい見逃してしまいがちですし、初期症状では判断できないことも多かったり、ましてや屋根の上だと気付かないことすらあるのではないでしょうか?  初期症状を放…続きを読む
屋根の部分補修と全面補修はどちらがお得?全面補修を行った方が良い3つの理由
屋根の部分補修と全面補修はどちらがお得?全面補修を行った方が良い3つの理由
 建物の屋根に不具合が発生した場合、部分補修で済ますべきなのか、それとも思い切って全面的な改修をしてしまうのか、迷うことがあると思います。  金銭的に余裕があるならば、全面改修の方が間違いはないのですが、世の中にそういう方は少数です。部分補修と全面改修、時と場合によってを使い分けるのが賢い屋根リフォ…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
【最新版】火災保険が適用される屋根工事
保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?    特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
相談するのが躊躇われるような屋根に関するご相談や軽微な補修も全てお任せください!
相談するのが躊躇われるような屋根に関するご相談や軽微な補修も全てお任せください!
 「瓦が数枚、ずれてしまった」、「1枚、割れてしまった」など頼むのがためらわれるほどの軽微な補修な屋根工事、業者にわざわざ来てもらうのも気が引けるという方も多いと思います。高所である屋根は危険な場所ですから、必ず専門業者に修理をご依頼ください。何かがあってからでは遅いのです。【動画で確認「軽微な補修…続きを読む
雹災害、火災保険で修理します
雹災害、火災保険で修理します
雹によって屋根や外壁が壊れてしまった! 傷がついてしまった!! 凹んでしまった!!! 大事なお家の一大事、火災保険で直せます2017年7月18日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。降雹があった地域のお家は被害がないように見えても、ダメージを受けている可能性があります。特に屋根などの見…続きを読む
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介
 このところ台風による甚大な被害が非常に目立ちましたね。記憶に新しい所では2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)、同年10月の台風19号(令和元年東日本台風)、2018年8月の台風21号(平成30年台風第21号)が挙げられますが、いずれも被害総額が500億円を超え、令和元年東日本台風に至…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる