屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 屋根・外壁の塗装に使われる塗料で水性に油性どんな違いがあるの.....

屋根・外壁の塗装に使われる塗料で水性に油性どんな違いがあるの?

更新日:2021年6月23日

 お住まいのリフォームにおいて屋根や外壁などには定期的に塗装を必要とします。例外として屋根材では粘土瓦、外壁ではレンガなど塗装を必要としない材もありますが、多くの場合は塗装をすることで材を長持ちさせることや、きれいな景観を維持するといった理由から塗装を行います。実は塗料には大きく分けて水性と油性があり、その性質の違いから用途なども変わってきます。このページではお住いのリフォームにおける塗料の水性と油性の違いについてご紹介いたします。

水性塗料と油性塗料の違い

 

油性塗料と水性塗料の違い

・主成分による違い

 大きな違いとして主成分による違いがあり、油性はシンナー、水性は水がそれぞれ主成分になります。そのため塗料を希釈して使用する上で油性塗料はシンナーを使い、水性塗料では水を使用するということです。

・匂いの違い
 油性塗料は主成分がシンナーなので、やはり水性と比べて匂いが強いです。しかし、昔ほど強烈なシンナー臭は今の油性塗料にはなく、屋内においても安心して使用することができます。油性塗料に対して水性塗料は匂いがきつくないため、匂いが気になる方は屋根や外壁の塗装などでも水性がおすすめできます。

・艶消し(マット仕上げ)塗装の違い
 塗装の仕上がりで艶あり・艶なしなどお好みで仕上げることが可能ですが、油性塗料は艶が落とせるのは3分艶程度までです。それに対して水性は艶消し(マット)まで可能となります。

艶あり仕上げ 艶なし仕上げ

 

 

気になる油性塗料と水性塗料の比較

 一昔前は水性塗料よりも油性塗料のほうが耐久性が高く高機能と言われていましたが、じつは近年においては水性も油性も大きな違いはありません。たとえばシリコン塗料であっても水性と油性で種類がありますが機能も金額もそれほど違いはありません。水性というと水で希釈できることから、雨水が当たるような場所では長持ちしないイメージがありますが、一旦塗装が乾燥して水分が蒸発してしまえば雨などで落ちる心配はありません。

外壁塗装の様子 屋根塗装前の高圧洗浄の様子

 

油性塗料のメリット・デメリット

 機能的には水性も油性も大きな違いはなくなっていますが、作業において乾燥のしやすさだったり下地への密着度合いなどによる違いがあります。油性は乾燥が早いことや、下地に強く密着するため施工のしやすさはメリットして挙げられます。デメリットとしてはシンナー臭があることや、健康や環境に影響を与えるCOC(揮発性有機化合物)が作業中は発生することです。他にもシンナーは引火しやすい特徴があるので、火気については十分注意する必要があります。しかし最近は弱溶剤タイプの油性塗料が多く使われており、健康や環境への影響が少なく安心して使用することができるようになっています。

水性塗料のセラミシリコン 塗料の攪拌

 

水性塗料のメリット・デメリット

 一番のメリットはシンナー臭がないことです。施工中はお施主様およびご家族様以外に近隣住人への配慮も必要になります。特に匂いは人によっては強いストレスになりますが、その点水性塗料は安心して使用することができます。また、油性と違いシンナーなどが使われていないことから引火の心配がないため、工場の屋内などでも安心です。デメリットとしては油性よりも密着しにくいため、下地の材によってはうまくなじまない場合があります。しかし、下地をしっかりケレン(サンドペーパーなどで下地をならす処理)を行ってから塗装をすれば問題はありません。

金属屋根の塗装前の下地処理 油性塗料

 

結局水性と油性どっちを選べばいいの?

 ここまで読んでいただいた方には、油性も水性も性能には大きな違いがないため選択に迷ってしまうかもしれません。ここで水性と油性の特徴を表にまとめてみましょう。

  主成分 匂い
水性 少ない 艶消し
油性 シンナー シンナー臭がある 3分艶まで

 実は水性と油性の比較よりもアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱塗料・光触媒などの種類による違いのほうが大きです。これらの種類のなかに、さらに水性と油性の塗料があるという感じです。そのため、汚れにくく長持ちさせたい。といったご要望の場合は油性か水性かというよりもシリコンにするかフッ素、もしくは光触媒などの種類から検討することになります。その上で、少しでも匂いを抑えたい場合は水性を選ぶといった感じになるでしょう。
 私達街の屋根やさんではお住まいの状態だけでなく、お客様のご要望から最適な工事のご提案をさせていただきます。「塗料の種類にどんなものがあるかわからない」、「自宅の外壁材にどんな塗料がマッチするの?」といった素朴な疑問をお持ちの方はお気軽に無料相談をご利用ください。また、街の屋根やさんではお住まいの無料点検を実施しております。これから屋根や外壁の塗装をお考えの方はお気軽にご利用ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
防水性の低くなった屋根は危険!屋根塗装で防水性を回復
 前述の通り、屋根塗装・外壁塗装の主な目的は「お住まいの耐久性を保持する」ことです。近年ではそれに「快適な室温にする」、「汚れがつきづらくする」といった機能を追加できるようになりました。断熱塗料・遮熱塗料 夏の暑さと冬の寒さを軽減してくれる断熱塗料は夏の冷房と冬の暖房、二つの季節の光熱費を削減してく…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる