屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 三浦郡葉山町で屋根葺き替え工事で雨漏り解消

三浦郡葉山町で屋根葺き替え工事で雨漏り解消

更新日:2015年11月3日
足場アイコン火災保険アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 「屋根の瓦が一枚落ちている、ずれていたものが落ちてきたのか。点検をお願いしたい。」とご相談をいただきました。できるだけ早めの点検をご要望されておりました。屋根材には、セキスイの瓦Uが使用されています。現在、廃盤になり入手が困難な為、屋根葺き替え工事を行いました。
 「屋根の瓦が一枚落ちている、ずれていたものが落ちてきたのか。点検をお願いしたい。」とご相談をいただきました。できるだけ早めの点検をご要望されておりました。屋根材には、セキスイの瓦Uが使用されています。現在、廃盤になり入手が困難な為、屋根葺き替え工事を行いました。


担当:佐々木


777c355d32ea6b888003312deae7336f

ビフォアー

568491b10f9ba0c1c925c479b3d39d19

アフター

神奈川県三浦郡葉山町で屋根の葺き替え工事をおこないました。瓦葺きの屋根で雨漏りしていたので、剥がして下地を補強してから新しい屋根材を葺きました。使用したのは、アスファルトシングルです。アスファルトのシートに自然石を吹き付けた屋根材で、屋根の下地に密着するので、防水性が高い屋根材です。石を吹きつけてあるので、雨水が拡散されて雨音が気にならなかったり、もちろん屋根材自体も軽いので、建物に優しい屋根材だと言えます。建物のイメージも変わってお客様にも喜んで頂けました。

777c355d32ea6b888003312deae7336f1

屋根はセキスイの瓦Uという材料が葺いてあります。カバー工事で非常に普及した屋根材ですが、現在は廃盤なので材料を取ることが困難になっています。

ca8e66c4b7d348d73611844d204be3ab

経年によってヒビ割れやコケが生えてきています。

14c7d7de32314482f45dafa3573992f1

屋根の側面『ケラバ』部分に補修の跡がありました。材料が取れないので板金で加工していました。

532679dccbec176f9b816de519c5d84e

お問い合わせのきっかけになった、落下した瓦の部分です。ケラバの一番軒先部分の瓦が落下して下地が剥き出しになっていました。防水紙と防水テープで養生して、工事まで何とか凌ぎます。

a6bc673d0d6d4eefd005a7213df892be

屋根にはドーマーがあり、その立ち上がり部分です。瓦の下で板金が立ち上がっていない様です。剥がして板金を差し込まないと雨漏りの原因になります。

bb4c4deae12ebba19f5a011ce18213b5

棟違いという棟の位置がずれた納まりなのですが、ここも比較的雨漏りの可能性が髙い部分です。丁度谷間になるので、雨仕舞いを間違うと、すぐに雨漏りする部分です。

e50515d124c82a559fef46c55a5ce7e4

棟部分は漆喰が詰めてあります。

1b24465ddd5f1be2a1251ff737f53f5b

詰めてあった、という表現が正しいかもしれません。漆喰と泥が剥がれて反対側が見えています。

151021-084652

瓦を上げるとあちこちに鳥の巣があります。

151021-084659

ちょっとしたところに入り込んで巣を作ってしまうんです。

151021-111117

古い防水紙が見えます。全体的に劣化して固くなり、穴だらけです。

151021-111128

防水紙をはがして下地の野地板に傷みがないか確認します。

151021-154648

傷んだ部分を補強してから新しい野地板を張り被せます。

151021-154657

野地板を貼り被せるのは、下地に使用するのはもちろん、屋根がねじれる事への剛性を高めるために使用します。

151021-170039

野地板を貼り被せたあとは防水紙を敷き込みます。

481b951fcd0bedd51d67c66c5d6164ba

カッパのマークが特徴の防水紙です。屋根は、屋根材とこの防水紙の防水性で雨を凌いでいますので、重要な材料なんです。

7616de307ad7a47d2bff21b8724f78611

軒先側からロール状になった防水しをタッカーというホッチキスで止めていきます。

151024-082652

屋根に使用したのは、『アスファルトシングル』という屋根材です。アスファルトシートに自然石を吹き付けた材料で、軽くて施工性の高いんです。

151024-082658

防水紙と同様に、軒先側から順番に葺いていきます。

151024-104016

両側から葺き上がったあとは、屋根の一番てっぺん部分に棟を取り付けます。

151024-104010

下地になる板を取り付けてから、バルバリウム鋼板製の棟板金を固定して完成です。

3c3d05690cd77ffe9d8ed146f7ed0aff

薄いシートですが、自然石によって結構ボリュームがあるんですよ。

0e289fc8a184b2a1ea1ad4250bace05b

密着することで防水性を高めます。

935875c157be1edbd90dc065f332802e

葺き上がりました。今までの瓦とはガラッと雰囲気が変わっています。街並みの緑に、屋根のグリーンがマッチしてお客様も非常にお喜びでした。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年
      使用材料
      ICたてひらスタンビー(モスグリーン)

      三浦郡葉山町と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      38年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板


      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      13年
      使用材料
      スーパーガルテクト (Sシェイドブルー)


      同じ工事のブログ一覧

      大和市下鶴間で板金屋根の調査、表面の塗膜が剥がれて錆び出しておりました

      2020/07/8 大和市下鶴間で板金屋根の調査、表面の塗膜が剥がれて錆び出しておりましたNEW

       大和市下鶴間にお住いになられているF様より「家の屋根がボコボコになってきた」とご不安なご相談がございました。これまでに塗装でメンテナンスを行ってきてはいたものの、最近はメンテナンスをされていなかったとのことでした。どうやら板金の屋根のようで錆びている箇所もあるようです。街の屋根やさんでは、既存の屋...続きを読む

      屋根工事における瓦割りとは?瓦割りの重要性を5つのポイントでご紹介

      2020/06/30 屋根工事における瓦割りとは?瓦割りの重要性を5つのポイントでご紹介

       瓦割というと空手家が、数十枚の瓦を平積みにしてこぶしや頭突きなどで割るパフォーマンスが有名ですが、このページでは屋根工事における瓦割りについてご紹介いたします。 屋根に瓦を葺く場合に、最初に瓦をどのように配置し、ちょうどよく収まるような割付けのことを「瓦割り」といいます。瓦を設置する上では最初...続きを読む

      海老名市社家でスレート屋根がガサガサな状態、新しい屋根材を使用したメンテナンスが必要です

      2020/06/26 海老名市社家でスレート屋根がガサガサな状態、新しい屋根材を使用したメンテナンスが必要です

       「屋根が剥がれてバルコニーに落ちてきている」とご心配なご相談がございましたのは、海老名市社家にお住いになられているH様からでした。バルコニーの床に見慣れない物体がたくさん落ちていたそうです。屋根からしか考えられないと思ったそうで、街の屋根やさんにご相談がございました。築年数としては20年も経過して...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる