屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 横浜市都筑区で積雪で破損した軒樋交換と雪止めで再発防止

横浜市都筑区で積雪で破損した軒樋交換と雪止めで再発防止

更新日:2016年3月14日

【施工前】

【施工後】

施工内容雨樋交換、雪止め設置

施工期間1日

使用材料シグマ90

費用17万

足場アイコン雨樋交換

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


積雪による軒樋破損がありました。軒樋を交換する必要がありますが、それでは真の原因をクリアしたとは言えません。再発防止の為に雪止めを設置します。
積雪による軒樋破損がありました。軒樋を交換する必要がありますが、それでは真の原因をクリアしたとは言えません。再発防止の為に雪止めを設置します。


担当:佐々木


外観① 外観②

「雪が降ったあとに軒樋が破損していることに気づいた」とのご相談がありまして、現地を確認にお伺いいたしました。積雪の重さに軒樋が耐えられなかったようです。

【調査の様子】

落下物① 落下物拡大

階段を上って玄関へたどり着くと、横に落下した軒樋を発見しました。先日の雪の影響とすぐに思いました。

軒樋① 軒樋①拡大

見上げると残り約半分の軒樋が捻じれてぶら下がっておりました。軒樋は軒先に取り付けてあり、横に流れている樋です。重さが集中したところから割れ出してこのような状態になったと推測できます。

捻じれ部分 捻じれ部分拡大

捻じれている箇所を確認すると、少しの重さでさらに落ちて着そうな状態でした。この状態でまた雪が降れば残りの軒樋も落下は必至です。すぐに工事の段取りを行います。軒樋の交換はあくまで正常な状態で戻す工事です。問題はなぜこうなったのかです。ご主人様へお伺いしてみると瓦に雪止め金具が設置さえれていないことが判明しました。雪止め金具は設置されていないという事は、屋根に積もれば積もほど落雪の危険性が高くなります。落雪防止と軒樋破損防止を兼ねて雪止め金具設置のご提案をさせて頂きました。

【施工の様子】

差込み金具 支持金具

足場を建てて軒先まで上ります。すると壁から細長い金属製のものが出ておりました。確認すると既存軒樋を支えていた差し込み金具の1部分であることが分かりました。残った金具を抜くと外壁に影響がせる可能性がありますので、サンダーで壁と同じレベルまで切り落とします。そのご新規軒樋用の支持金具を取付けます。

新規軒樋① 新規軒樋②

しっかり勾配をとり支持金具を取り付けていきます。支持金具取付が終わると、軒樋を設置していきます。

IMG_6417 IMG_6418

今回は軒樋のみの交換ですので、既存竪樋との接続を行います。既存軒樋と新規軒樋では半月形かた角形へ形状を変えておりますので、壁からの出幅が違います。よって既存竪樋との接続位置もズレることなりますので、既存竪樋をカットしながらエルボ材で調整しながら接続します。これで軒樋の交換は終了です。

IMG_6419

屋根に上り雪止め金具を設置します。軒先側には雪止め瓦がありましたが、少し立ち上がりが低いようです。これでは雪がうまく引っかかってくれなでしょう。雪止め瓦の上に雪止め金具を上下交互に設置していきます。これで屋根に積もった雪が樋軒に乗っかる心配はないでしょう。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介
落雪防止の雪止め設置は後からも可能!4つの雪止めタイプをご紹介
 温暖な地域では雪止めを設置していないお住まいもかなり見ることができます。 確かに温暖な地域では年間に数日のことですし、数時間で止んでしまうことほとんどです。積もることも滅多にありません。 「温暖な地域に住んでいるのにわざわざ付けなくても…」と思うのはもっともなことですが、ちょっと待ってください。 …続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      横浜市都筑区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      築年数
      22年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板厚さ0.35mm ファインパーフェクトベスト


      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      スーパーヒランビーきわみ


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市港南区大久保にてスレート屋根調査、雨漏りが軒先の鼻隠し板を腐食させてしまっておりました

      2020/12/26 横浜市港南区大久保にてスレート屋根調査、雨漏りが軒先の鼻隠し板を腐食させてしまっておりました

       築30年近く経過し、一度もメンテナンスされていないという横浜市港南区大久保にお住まいのS様より、屋根に関してご相談を頂きました。普段はご両親がお住まいになられているS様のご実家でして、ご依頼されたS様は離れた所にお住まいになられております。月に何度かご実家に訪れるようです。その時に庭先に何やら屋根...続きを読む

      軒樋ってどの部分?軒樋の種類とメリット・デメリットについてご紹介!

      2020/08/21 軒樋ってどの部分?軒樋の種類とメリット・デメリットについてご紹介!

       大雨などで雨樋が破損し、業者に補修をお願いする際、インターネットで検索すると「軒樋」という言葉を目にすることと思います。  「軒樋」とは、屋根の軒先に設置された横向きの長い建材で、屋根に降った雨水をスムーズに集めて、地面の排水口へと排水する役割を果たしています。今回はその軒樋についてお話します...続きを読む

      葉山町長柄にて強風被害、バルコニー下の飾りマスから下水管までの竪樋が部分的に破損しておりました

      2020/08/14 葉山町長柄にて強風被害、バルコニー下の飾りマスから下水管までの竪樋が部分的に破損しておりました

       葉山町長柄にお住まいのI様より、強風が吹き荒れた翌日に庭先に出たら丸い樋が落ちていたとの事で、部分的に雨樋交換工事ができるかどうかご相談を頂きました。築15年程経過しているとの事でしたので、さっそく現地に伺いまずは破損してしまった部分を調査して交換できるかどうかを判断させて頂く事に致しました。 ...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン