屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 横須賀市で強風で瓦棒屋根が飛散!屋根葺き替え工事を行いました.....

横須賀市で強風で瓦棒屋根が飛散!屋根葺き替え工事を行いました

更新日:2017年3月1日

【施工前】
瓦棒屋根葺き替え工事ビフォア

【施工後】
瓦棒屋根葺き替え工事アフター

平米数12㎡

施工期間6日

使用材料スタンビー455

火災保険アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:魚住


横須賀市で強風に瓦棒屋根が煽られ雨漏りをしているとのご相談を受けて至急対応に向かいました。
下屋根の瓦棒屋根が庭先に落ちてしまっている状態で、まずはブルーシートで一部養生を施し応急処置を行いました。
屋根材が飛散してしまっている状態でしたので、下屋根の屋根葺き替え工事をご提案させていただきました。
強い風が吹いた際に屋根を飛んでしまい思わぬ2次災害につながる可能性があります。
今回は庭先に落ちてしまったため、車や人にぶつかるといった2次災害はありませんでした。
不幸中の幸いではありますが、日頃のメンテナンスを心掛ければ防げた災害かもしれません。大きな事故につながる前に屋根の点検を行うことは重要なことです。
横須賀市で強風に瓦棒屋根が煽られ雨漏りをしているとのご相談を受けて至急対応に向かいました。
下屋根の瓦棒屋根が庭先に落ちてしまっている状態で、まずはブルーシートで一部養生を施し応急処置を行いました。
屋根材が飛散してしまっている状態でしたので、下屋根の屋根葺き替え工事をご提案させていただきました。
強い風が吹いた際に屋根を飛んでしまい思わぬ2次災害につながる可能性があります。
今回は庭先に落ちてしまったため、車や人にぶつかるといった2次災害はありませんでした。
不幸中の幸いではありますが、日頃のメンテナンスを心掛ければ防げた災害かもしれません。大きな事故につながる前に屋根の点検を行うことは重要なことです。


ITS事業部:魚住


【点検の様子】

屋根材の飛散 野地板の劣化

お住まいにお伺いすると庭先に剥がれてしまった瓦棒屋根が散乱している状態でした。
野地板(バタ板)も屋根と屋根の取り合い部分の板が飛んでしまっているようで、軒先の野地板には腐食が見られます。

屋根材がバタバタしている 防水紙も飛んでしまった

野地板と一緒に防水紙も飛ばされてしまっているようでした。
一部の屋根はバタバタとしてしまっている状態になりますので、これからまた突風が吹いた際に飛んでしまう可能性があります。

飛散した屋根材 簡易的な養生

雨水の侵入を防ぐために簡易的にブルーシートでの養生を行いましたが、養生はあくまでも応急処置になります。
この処理で根本的に雨漏りを解決させることはできません。
飛んでしまった屋根では形が変形し、劣化も見られることから改めて屋根材として使用することは出来無い状態でした。
そのため、飛んでしまった屋根材と既存の変形してしまっている屋根材を一度すべて降ろして、下地を整えたのちに新しい屋根材を葺いてく
屋根葺き替え工事のご提案をさせていただきました。

【工事の様子】

ケラバに板金 軒先唐草の設置

まずは、飛散してしまった野地板の補修を行います。野地板は既存のバタ板を使用しました。
ケラバと軒に軒先唐草を設置しました。軒先唐草もガルバリウム鋼板のため、しばらく雨漏りの心配はないでしょう。

防水紙と屋根材の設置 スタンビーを葺いている様子

防水紙を敷き屋根材を葺いていきます。
屋根材には既存の屋根材とミスマッチが無いようにガルバリウム鋼鈑のスタンビーにて屋根材を葺いていきます。
スタンビーは縦ひら葺き屋根材となり、先に設置した軒先唐草にひっかけるように施工をしていきます。
屋根全面にスタンビーを葺きあげたら軒先から嵌合部を足で踏み、かみあわせの作業を行っていきます。

雨押えの木材 雨押えの設置

スタンビーを屋根全体に葺きあげたら、続いて雨押えを設置します。
今回の強風で最も被害が大きかったのが実はこの雨押えの部分です。
既存の板金を撤去し、新しい木材を設置した後で改めて雨押えの板金を設置していきます。

【完工】

こうして屋根の葺き替え工事が完了しました。
台風などの強風の際に屋根材が飛んでしまったというご相談はとても多くいただきます。
特に築年数の経過したお住まいでは小まめなメンテナンスを心掛けた方が良いでしょう。
今回使用したスタンビーはガルバリウム鋼板の腐食に強く軽量な屋根となります。
瓦棒屋根とのミスマッチも無くなりますので、お住まいの景観に合わせた屋根で修理ができました。
また、強風や雪害などでお住まいに被害が出てしまった場合、火災保険を使用できる可能性があります。
火災保険を使用しての屋根修理をご検討の際には、担当の点検員までご相談ください。
当店では屋根の葺き替え工事、強風による屋根の修理も承っておりますのでお気軽に0120-989-936までご相談ください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年
      使用材料
      ICたてひらスタンビー(モスグリーン)

      横須賀市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      31年
      使用材料
      スーパーガルテクト


      施工内容
      築年数
      30年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板「OZルーフ182」


      同じ工事のブログ一覧

      大和市下鶴間で板金屋根の調査、表面の塗膜が剥がれて錆び出しておりました

      2020/07/8 大和市下鶴間で板金屋根の調査、表面の塗膜が剥がれて錆び出しておりました

       大和市下鶴間にお住いになられているF様より「家の屋根がボコボコになってきた」とご不安なご相談がございました。これまでに塗装でメンテナンスを行ってきてはいたものの、最近はメンテナンスをされていなかったとのことでした。どうやら板金の屋根のようで錆びている箇所もあるようです。街の屋根やさんでは、既存の屋...続きを読む

      屋根工事における瓦割りとは?瓦割りの重要性を5つのポイントでご紹介

      2020/06/30 屋根工事における瓦割りとは?瓦割りの重要性を5つのポイントでご紹介

       瓦割というと空手家が、数十枚の瓦を平積みにしてこぶしや頭突きなどで割るパフォーマンスが有名ですが、このページでは屋根工事における瓦割りについてご紹介いたします。 屋根に瓦を葺く場合に、最初に瓦をどのように配置し、ちょうどよく収まるような割付けのことを「瓦割り」といいます。瓦を設置する上では最初...続きを読む

      海老名市社家でスレート屋根がガサガサな状態、新しい屋根材を使用したメンテナンスが必要です

      2020/06/26 海老名市社家でスレート屋根がガサガサな状態、新しい屋根材を使用したメンテナンスが必要です

       「屋根が剥がれてバルコニーに落ちてきている」とご心配なご相談がございましたのは、海老名市社家にお住いになられているH様からでした。バルコニーの床に見慣れない物体がたくさん落ちていたそうです。屋根からしか考えられないと思ったそうで、街の屋根やさんにご相談がございました。築年数としては20年も経過して...続きを読む

      お問い合わせバナー