屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 茅ヶ崎市鶴が台で令和元年東日本台風で破損したスレート屋根を、.....

茅ヶ崎市鶴が台で令和元年東日本台風で破損したスレート屋根を、新しいスレートに葺き替えて復旧しました

更新日:2020年8月30日

【施工前】

【施工後】

築年数18年

平米数67.2㎡

施工期間7日間

使用材料コロニアルクァツド(メロウオレンジ)

費用168.2万円

保証10年間

ハウスメーカー浜地建築設計工房

足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 令和元年に発生した台風の中で、関東地方に大きな被害をもたらした台風は、令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風の二つでした。令和元年房総半島台風は神奈川県に対して北側から強い風が吹き、令和元年東日本台風は神奈川県に対して南側から強い風が吹きました。その結果、屋根に大きな被害を受けた建物がたくさん発生しました。
 茅ヶ崎市鶴が台にお住いになられているW様のお宅では屋根にスレートが使用されており、令和元年東日本台風の影響で割れて飛ばされてしまいました。令和元年東日本台風が過ぎ去ってから全く気が付かなかったそうですが、ご近所の方に教えていただいて屋根の異変に気が付いたそうです。
 スレートへの被害は屋根の広範囲にわたっており、4面ある屋根面のうち3面で破損が確認されました。そして、既存のスレートが廃盤品のため破損部のみの交換も出来ませんでしたので、屋根全体を葺き替えて復旧する工事となりました。工事としては屋根葺き替え工事を行うことになります。屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して処分し、新しい野地板とルーフィング(防水紙)を張って、その上に新しい屋根材を取付ける工事です。
 新しいスレートはケイミューさんのコロニアルクァッドを使用して行いました。ケイミューさんのコロニアルクァッドはノーマルで一般的なスレートです。色の種類が豊富であることが特徴で、12種類の中からお選びいただけます。
 12種類の色は、ネオ・ブラック、パール・グレイ、アイス・シルバー、シルバー・ホワイト、ココナッツ・ブラウン、ウォルナット・ブラウン、アイリッシュ・グリーン、ウェザード・グリーン、メロウ・オレンジ、ボルドー・レッド、ミッドナイト・ブルー、グラスブラウンがあります。同じ系統の中でも色に種類があるため選ぶのも楽しい屋根材です。茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅の屋根葺き替え工事では、この中からメロウ・オレンジを使用して行いました。
 街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス(covid-19)の感染者や重症者が増加している中でも、細心の注意と対策をたてながらお伺いしております。マスク着用やソーシャルディスタンス、zoomでの商談などの対策をこれからも続けて参ります。
 令和元年に発生した台風の中で、関東地方に大きな被害をもたらした台風は、令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風の二つでした。令和元年房総半島台風は神奈川県に対して北側から強い風が吹き、令和元年東日本台風は神奈川県に対して南側から強い風が吹きました。その結果、屋根に大きな被害を受けた建物がたくさん発生しました。
 茅ヶ崎市鶴が台にお住いになられているW様のお宅では屋根にスレートが使用されており、令和元年東日本台風の影響で割れて飛ばされてしまいました。令和元年東日本台風が過ぎ去ってから全く気が付かなかったそうですが、ご近所の方に教えていただいて屋根の異変に気が付いたそうです。
 スレートへの被害は屋根の広範囲にわたっており、4面ある屋根面のうち3面で破損が確認されました。そして、既存のスレートが廃盤品のため破損部のみの交換も出来ませんでしたので、屋根全体を葺き替えて復旧する工事となりました。工事としては屋根葺き替え工事を行うことになります。屋根葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去して処分し、新しい野地板とルーフィング(防水紙)を張って、その上に新しい屋根材を取付ける工事です。
 新しいスレートはケイミューさんのコロニアルクァッドを使用して行いました。ケイミューさんのコロニアルクァッドはノーマルで一般的なスレートです。色の種類が豊富であることが特徴で、12種類の中からお選びいただけます。
 12種類の色は、ネオ・ブラック、パール・グレイ、アイス・シルバー、シルバー・ホワイト、ココナッツ・ブラウン、ウォルナット・ブラウン、アイリッシュ・グリーン、ウェザード・グリーン、メロウ・オレンジ、ボルドー・レッド、ミッドナイト・ブルー、グラスブラウンがあります。同じ系統の中でも色に種類があるため選ぶのも楽しい屋根材です。茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅の屋根葺き替え工事では、この中からメロウ・オレンジを使用して行いました。
 街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス(covid-19)の感染者や重症者が増加している中でも、細心の注意と対策をたてながらお伺いしております。マスク着用やソーシャルディスタンス、zoomでの商談などの対策をこれからも続けて参ります。


担当:佐々木


【施工の様子】

ドローンでスレート屋根を点検

 令和元年東日本台風で破損した茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅の屋根で使用されている屋根材はスレートです。スレートの基材となっているのはセメントですが、セメントに繊維素材を混ぜて薄い板状に加工されたものを指します。新品でも強い力を加えれば割れてしまう屋根材です。

 特に新築当初から塗装などのメンテナンスを行っていないスレートは特に割れやすい傾向があります。紫外線や雨水の影響もあって傷んでいるからです。上空をドローンで撮影してみると屋根の破損状況がよく分かりました。

 

スレート屋根が台風で破損 スレート屋根が強風で破損

 スレートは常に2枚構造になっており1枚のスレートの上側半分にその上のスレートが重なっている構造になっております。上下の重なりには、築年巣の経過と共に隙間が出来ており、その隙間に強い風が吹き込むとその力によって割れてしまうことがあります。

 茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅のスレートも上下の重なり部分に出来た隙間に強い風が吹き込んだものと思われる割れ方をしておりました。割れている箇所がたくさあり、屋根面が東西南北で4面あるうちの3面でスレートの割れが発生しておりました。

 

 

【施工の様子】

依存のスレートを撤去 既存のスレートを取り外し

 屋根葺き替え工事は既存の屋根材を屋根面から撤去して、新しい屋根材を取り付ける工事です。まずは棟板金や貫板を撤去して、棟瓦から順番に軒先側に向かってスレートを取り外していきます。スレートを取り外す中で雪止め金具も撤去していきます。そして谷に使用されている板金やケラバ水切りの板金も後に取り外していきます。

 スレートはセメントが含まれておりますので、薄い板状なので軽そうに見えますがなかなか重たい屋根材です。数枚に分けて手作業で1箇所に集めます。撤去した材料は全て屋根から降ろして処分します。

 

【既存屋根材撤去】

取り外したスレートを運搬 既存のルーフィングの上を清掃

 撤去した材料はトラックに載せて処分場に運搬します。全てを撤去した屋根面はルーフィング(防水紙)が露出した状態になります。スレートの隙間から入り込んだゴミやホコリ、撤去した際に出る粉塵などにより汚れておりますので、屋根面をほうきやちりとりを使用して一旦清掃します。

 この後の工程では新しい材料を使用していきますので、屋根面を綺麗に清掃しておくことで、しっかりとした施工を行うことが出来るようになります。

 

【野地板重ね張り】

新しい野地板を取付け 新しい板を重ね張り

 清掃した屋根面に新しい野地板を重ね張りしていきます。この板が新しいルーフィング(防水紙)や屋根材を取り付けるための下地となります。構造用合板厚さ12mmのものを使用します。屋根面に構造用合板を敷き詰めるように取り付けていきます。

 茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅の屋根は、切妻と方形を繋げたような形状をしておりますので、斜めに下った棟が存在します。斜めに下った部分は、そのラインに合わせて構造用合板も斜めにカットして取り付けていきます。一旦屋根面は板で埋まったようになります。

 

【ルーフィング(防水紙)敷設】

新しい防水紙を敷設 新しいルーフィングを敷設

 構造用合板を重ね張りした後は、ルーフィング(防水紙)を敷設していきます。ロール状に梱包されているルーフィング(防水紙)を横方向に流しながら敷設していきます。使用しているのは田島ルーフィングさんのPカラーEX+。軒先側から棟方向に向かって横方向に敷設していきます。

 先ほどまでは板で埋まっていた屋根面がルーフィング(防水紙)の敷設によって、今度はっルーフィングで埋まった状態になります。ルーフィング(防水紙)は雨水を室内に透さないための重要な役割があります。

 

【新規屋根材取付け】

コロニアルクァッドで葺き替え コロニアルクァッドを取付け

 野地板の重ね張りが終わりルーフィング(防水紙)敷設を行う過程で軒先の水切りを設置します。そしてケラバの水切りを新設して、谷の板金固定しておきます。そのうえで新しい屋根材を取り付けていきます。茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅では、ケイミューさんのコロニアルクァッドを使用しました。

 軒先側から2段目と3段目に雪止め金具を設置しながら取り付けていきます。コロニアルクァッドもルーフィング同様に、軒先側から棟方向に向かって横方向に取付けていきます。

 

【棟板金取付け】

葺き替え工事で貫板を取付け 葺き替え工事で棟板金を取付け

 コロニアルクァッドは横葺きの種類に属しており、横同士の継ぎ目が上下で繋がらないように取り付けていきます。横同士の継ぎ目の上下で1段飛ばしで真っすぐに見えると仕上がりとしてとても映えます。微妙なズレもなく真っすぐに見えるとカッコよく見えます。

 棟までコロニアルクァッドを取り付けると、屋根葺き替え工事も終盤に差し掛かります。棟に貫板を取り付けて棟板金を被せていきます。棟板金は貫板を下地として側面にビスで固定します。

 

 

【完成】

コロニアルクァッドのメロウオレンジ

 茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅のコロニアルクァッドを使用した屋根葺き替え工事が完成しました。令和元年東日本台風で破損したことが思い出せなくらい綺麗に仕上がりました。茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅で使用したコロニアルクァッドの色はメロウ・オレンジです。本当にオレンジ色をしており、太陽の光に照らされると本当のオレンジの明るさを感じます。

 棟板金の色に焦げ茶色を使用したのもアクセントになっており、よりオレンジ色が映えて見えます。コロニアルクァッドは全部で12色からお選び出来ますので、既存の外壁に合う色を選びやすい商品です。なので改修やメンテナンスには適している屋根材と言えるのではないでしょうか。

この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

【一ヵ月点検、ドローン撮影】

コロニアルクァッドメロウオレンジ葺き替え工事完成

 一ヵ月が経過した茅ヶ崎市鶴が台W様のお宅に、定期点検でお伺いいたしました。横同士の継ぎ目が1段飛ばしで真っすぐになっているのがどの箇所でも見てとれます。そして屋根面と棟板金の色のバランスが良くクッキリとしたインパクトのある屋根であることが分かります。

 点検ではドローンを使用して上空から全体を捉えた撮影が可能です。屋根面に上って撮る写真よりも状態が分かりやすいと、お伺いした皆様にご好評いただいております。是非、街の屋根やさんの屋根工事をご利用ください。

 

 

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
台風対策に向けたお住まいのチェックポイント!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!実際の台風被害の様子【台風被害例1:軒天の破損】軒天のモルタルが剥がれてしまった例です。台風の強風で、弱っている部分は破壊されてしまいます。補修…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      使用材料
      スぺリアルⅡグラッサ グラッサ・ブラック

      施工内容
      屋根葺き替え,雨漏り修理
      築年数
      40年
      使用材料
      三星ロアーニⅡ 色:緑青

      茅ヶ崎市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      24年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック


      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      スタンビー(セピア)


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市西区東久保町にて瓦屋根の調査、棟瓦と屋根下地に劣化が見られたため屋根葺き替え工事をご提案

      2021/01/17 横浜市西区東久保町にて瓦屋根の調査、棟瓦と屋根下地に劣化が見られたため屋根葺き替え工事をご提案

       横浜市西区東久保町にお住まいのお客様は、瓦屋根の漆喰が剥がれていることに気づき、お問い合わせ下さいました。補修を検討しているとの事で、屋根の点検をご希望されていました。お問い合わせを頂き、現地調査へお伺いしましたので、今回はその様子をご紹介致します。 棟の漆喰が剥がれた様子  まずは...続きを読む

      横浜市港北区日吉本町で瓦屋根の点検、瓦も使用し続けると割れやすくなります

      2021/01/15 横浜市港北区日吉本町で瓦屋根の点検、瓦も使用し続けると割れやすくなります

       横浜市港北区日吉本町にお住いになられているE様のお宅では、陶器瓦を使用している屋根でした。築40年以上が経過しておりこれまでにメンテナンスというメンテナンスは行ってこなかったそうです。最近になって瓦の破片がお庭に落ちてくるようになったそうで、不安になったことでご相談がございました。陶器瓦は屋根材の...続きを読む

      横浜市港南区大久保にてスレート屋根調査、雨漏りが軒先の鼻隠し板を腐食させてしまっておりました

      2020/12/26 横浜市港南区大久保にてスレート屋根調査、雨漏りが軒先の鼻隠し板を腐食させてしまっておりました

       築30年近く経過し、一度もメンテナンスされていないという横浜市港南区大久保にお住まいのS様より、屋根に関してご相談を頂きました。普段はご両親がお住まいになられているS様のご実家でして、ご依頼されたS様は離れた所にお住まいになられております。月に何度かご実家に訪れるようです。その時に庭先に何やら屋根...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン