屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

台風15号被害に便乗した悪徳業者に要注意

HOME > 施工事例 > 強風で化粧スレートが割れるからディプロマットの屋根カバー工事.....

強風で化粧スレートが割れるからディプロマットの屋根カバー工事|横浜市金沢区

更新日:2018年1月27日

【施工前】

【施工後】

築年数14年

平米数73.5㎡

施工期間6日間

使用材料ディプロマット

足場アイコン火災保険アイコン

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


築14年となる横浜市金沢区S様のお宅では、強風が当たりやすい環境により、化粧スレートが割れだしました。実は去年も強風で割れたことがあり、そのときは割れた化粧スレートの交換工事のみでしたが、「毎年なるようではとても不安」とのことで屋根カバー工事を行う運びとなりました。建てられている場所が沿岸部で、海風が直接吹き付ける環境であることから、沿岸部で特に安心なディプロマットを使用して屋根カバー工事を行いました。
築14年となる横浜市金沢区S様のお宅では、強風が当たりやすい環境により、化粧スレートが割れだしました。実は去年も強風で割れたことがあり、そのときは割れた化粧スレートの交換工事のみでしたが、「毎年なるようではとても不安」とのことで屋根カバー工事を行う運びとなりました。建てられている場所が沿岸部で、海風が直接吹き付ける環境であることから、沿岸部で特に安心なディプロマットを使用して屋根カバー工事を行いました。


担当:佐々木


【調査の様子】

去年に差し替えた周辺で、去年と同様に化粧スレートが割れておりました。ご自宅から海までの間に建物がなく、この屋根面は海に対して正面を向いているため、風の影響を受けやすい環境にあるようです。化粧スレートの上下の重なりに出来ている隙間に、入り込むことが繰り返されて割れております。

 

海を向いている屋根面全体を見渡すと、赤い丸で囲った部分に縁が白い縦のラインがたくさん確認できます。これはひび割れです。上下の重なりに出来ている隙間に、風が入り込むことがこのまま繰り返されると、このひび割れが割れてしまいます。黄色い丸で囲った部分は、化粧スレートが風の影響で浮き上がっております。海に正面を向いていない屋根面には一切このような状態は見られません。やはり風の影響によりこのような現象が起こっているようです。

 

 

 

【施工の様子】

屋根カバー工事を行う際に既存の屋根材に雪止め金具が設置されている場合は、平らな状態にしないと必要な材料が設置出来ないため、雪止め金具を切断します。その後、既存の屋根面に防水紙を張っていきます。防水紙は横方向に軒先から棟に向かって重ねて張ります。屋根の防水としての役割は殆どがこの防水紙によるものです。屋根材の表面も雨水が流れますが、防水紙が無ければ必ず雨漏りしてしまいますので、屋根を守る為に防水紙はしっかりと張る必要があります。

 

 

防水紙を張り終えるとデイプロマットを、こちらも横方向に軒先から棟に向かって取付けていきます。ディプロマットは上下を噛んで組み合わせるように繋いで、それから固定していきます。平場部分のディプロマットの1枚の大きさは、縦が40.5cmで横が13.5cmあります。横浜市金沢区S様のお宅の屋根の形状に合わせて、金切鋏(かなきりばさみ)を使用して切断しながら納めていきます。

 

 

横浜市金沢区S様のお宅の屋根には、換気棟が設置されておりましたので、屋根カバー工事の際も換気棟を造る仕様にします。ディプロマットの換気棟はリッジベンツという換気材を使用します。ケラバや軒先にはガルバリウム鋼板の捨板(すていた)を取付けてから自然石粒化粧鋼板を被せていきます。上下の重なり部分にビスを使用しないので、後々腐食する心配が減り、特に沿岸部や潮風の影響を受けやすい環境の屋根には最適です。

 

 

横浜市金沢区S様のお宅の屋根カバー工事で使用したディプロマットの色はカフェです。デザインの特徴としては、ケラバや棟の形状が段になっているところや表面に黒くて大き目の斑点があるところです。近くで見ていると斑点に感じますが、遠くから見るとこのランダムさがレトロかつラグジュアリーな感じを演出しております。「せっかくの工事で外観の雰囲気まで変わって良かった」と横浜市金沢区S様もお喜びのご様子でした。屋根カバー工事や屋根葺き替え工事を行う際には、ディプロマットはおすすめです。

 

 

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例


      築40年経った奴葺き屋根を軽くて強いハイブリッド瓦ROOGA鉄平へ葺き替え工事

      ークリッジスーパー(シャトーグリーン)を使用した屋根カバー工事

      て急勾配屋根に屋根足場を組んでの棟板金交換、屋根塗装工事

      その他の施工事例一覧→

      横浜市金沢区と近隣地区の施工事例のご紹介


      強風にも負けない強い屋根を目指してガルバリウム鋼板での屋根カバー工法
      屋根カバー工法・屋根カバー工事

      らの雨漏りをスレート屋根葺き替え(天窓撤去)で改善
      屋根葺き替え・雨漏り修理

      にスーパーガルテクトで屋根カバー|横浜市旭区

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー