屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 川崎市多摩区|建物(マンション)全体の点検・調査を行いました

川崎市多摩区|建物(マンション)全体の点検・調査を行いました

更新日:2017年12月23日

本日は川崎市多摩区にあるマンションのオーナー様より、建物全体の点検・調査の依頼を頂き、現地へ伺ってまいりました。こちらの建物は二階建ての割とシンプルな造りになっているマンションタイプです。まずは屋根の状態を確認いたします。

トタン屋根 棟板金
こちらは板金加工のトタン屋根です。全体的にきれいに収まっており、色褪せやサビなどは特に確認されず、棟の板金部分の釘浮きなどもございません。やや勾配がきつめですが、足で踏んで下地の状況も確かめています。浮いた感触もなく、現状、屋根については問題はないと判断できます。続いて外壁です。

 外壁外壁の劣化

こちらは箇所によっては色褪せやコケの繁殖などが確認できます。チョーキング(白亜化)現象(塗装面が劣化し、塗料に含まれている色成分が粉状になって表面化する現象)も見て取れ、塗膜の劣化がうかがえます。特に気になるのが目地部分に打たれているコーキングの劣化です。傷や割れ目が目立ち、中にはボロボロになって剥がれている箇所もあります。劣化が著しいのがはっきりと見て取れます。コーキングは外壁の内側に雨水が浸入することも防止しております。この状況のままですと、雨水が下地に浸入し、雨漏りの原因や下地自体の劣化につながります。コーキングの打ち換えは必須です。

目地部分 コーキングの劣化

基本的に外壁塗装を行うのであれば、コーキングの打ち換え、打ち増しも併せて行います。高圧洗浄で旧塗膜の汚れやコケなどをきれいに洗い流し、目地部分のコーキングを打ち換えます。そのコーキングの上から塗装を行い、コーキング部分も塗膜で覆うかたちになります。外壁同様、紫外線などから保護するためです。

階段 手摺り部分
点検の結果から、外壁塗装、コーキングの打ち替えは行うべき時期だと判断できます。また、階段の立ち上がりや手摺部分の鉄部も併せて塗装を施すのが良いと思われます。鉄部はサビが出ると一気に広がり、劣化を早めますので、特にしっかりとメンテナンスを行うのが良いでしょう。塗装をするにもケレンをしっかりと行った後、サビ止めを塗ります。その後に仕上げで2回塗るかたちになります。基本的に塗装などのメンテナンスを行う際は足場の仮設などを考慮に入れ、全体的にまとめて行うことをお勧めいたします。

建物(マンション)
今回の場合は屋根の傷みは見受けられないので、外壁全体の塗装メンテナンスのご提案になります。その際も今後の屋根の耐用年数なども考慮に入れた上での塗料の選択などもご提案したいと思っております。
街の屋根やさんではメンテナンスの必要性や時期など、その場にあった最善のご提案をいたします。もちろん点検・調査は無料です。建物に関して気になることがございましたら(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にご相談ください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      川崎市多摩区のその他のブログ

      2018/07/8 築40年ガルバリウム鋼板の陸屋根調査|川崎市多摩区
      築40年ガルバリウム鋼板の陸屋根調査|川崎市多摩区

         本日はパナホームで建てられた築40年の陸屋根をリフォームしたいが、雨漏りの原因特定と、どのような工法がいいかとのご相談を受け調査にお伺いいたしました。 40年前のパナホームと言えば、フラットな陸屋根を使い、フロアを細かく分けて部屋数を多く取るスタイルをメインにしていました。 現在は内装を変えて継続してお住まいの方が多いようです。 この度も同じく内装も含めてリフ...続きを読む

      2018/04/27 棟板金が浮いていると指摘されたが実際はどうなのか|川崎市多摩区
      棟板金が浮いていると指摘されたが実際はどうなのか|川崎市多摩区

         川崎市多摩区へ屋根の調査に伺いました。お問合せのきっかけは、最近とても多い『近所で工事しているのですが、お宅の屋根が浮いているので直ぐになおさないと駄目ですよ』という内容でした。この様なお問合せが非常に増えていて、実際に見てみると何にもなっていなかった、という事がとても多いんです。中には実際に不具合が出ている場合もあるので、早速実際にどうなっているのか見てみましょう。 下から...続きを読む

      2018/04/24 強風で捲れたトタン屋根を葺き替え工事で直します|川崎市多摩区
      強風で捲れたトタン屋根を葺き替え工事で直します|川崎市多摩区

         先日の強風で屋根のトタンが捲れてしまった川崎市多摩区の建物です。調査に伺った時に捲れた部分はシートをかけて養生しており、材料がそろったので葺き替え工事です。トタンが捲れた下は野地板が剥き出しで天井裏が見えてしまうくらいでした。一旦トタンを全て剥がして野地板で新しい下地を造ってから屋根を葺いていきます。捲れて飛んだトタンがお隣の瓦も破損させてしまったので、お隣も一緒に直します。 ...続きを読む

      2018/04/14 川崎市多摩区で強風でめくれ上がった屋根修理をおこないます
      川崎市多摩区で強風でめくれ上がった屋根修理をおこないます

         川崎市多摩区で屋根の調査です。最近強い風が吹くことが多くて建物の被害を受けた方も沢山いらっしゃるようです。伺ったお宅も強風によって屋根が捲れあがってしまったという事でお問合せを頂きました。屋根に上ってみると確かにトタン屋根が捲れあがっているのが分かります。一枚一枚が繋がっていますので、浮き上がると回りも一緒にベリベリと持ち上がってしまいます。屋根の下地の野地板が剥き出しになって...続きを読む

      2018/04/7 屋根の台風対策は早いに越したことはありません|川崎市多摩区
      屋根の台風対策は早いに越したことはありません|川崎市多摩区

         昨日から強風が続いていて、建物に影響が出ている所が多くなっている様です。台風並みの強風だったので、屋根の板金が飛んでしまった建物もありました。川崎市多摩区の建物も何だか分からないけど、屋根の上で大きな音がバタバタとしているというお問合せがありました。風が強いと梯子を架けるのは危険なのですが、風が止んだタイミングを見計らって屋根に上りました。大きな音の原因は棟板金が折れ曲がって屋...続きを読む

      2018/03/4 スレート屋根を塗装するかカバー工事をするか判断します|川崎市多摩区
      スレート屋根を塗装するかカバー工事をするか判断します|川崎市多摩区

         川崎市多摩区で屋根の調査をおこないました。築14年の建物で今回初めて建物のメンテナンスをおこないます。普段の生活でこれといって不具合が出ている訳ではないそうですが、ネットなどでも新築から10年程度でメンテナンスをしましょう!という内容を良く目にするのでそろそろ自宅もやらないと、という事でお問合せいただきました。屋根はスレート葺きで、メンテナンス方法は塗装工事か葺き替えやカバーな...続きを読む

      2018/02/20 雨漏りしている工場の古いスレート屋根を差し替えます|川崎市多摩区
      雨漏りしている工場の古いスレート屋根を差し替えます|川崎市多摩区

         川崎市多摩区で雨漏り修理工事をおこないます。工場の屋根からの雨漏りで古い波型スレートが葺いているのですが、ヒビ割れ補修などを何度かおこなった形跡があり、結構ボロボロな状態なので部分的にスレートを新しいものに差し替える事になりました。使っていない排水管が屋根から飛び出ていたり、重なりが少なかったりと元々雨漏りに繋がりやすい納め方になっていますので、屋根をフラットな状態にして雨漏り...続きを読む

      2016/09/28 川崎市多摩区で鉄骨ALCの建物で雨漏りしています
      川崎市多摩区で鉄骨ALCの建物で雨漏りしています

         川崎市多摩区で雨漏りしている建物の修理工事をおこないました。床付近から雨漏りしている、というのがお問い合わせのきっかけで、調査してみると外壁と基礎のコーキングに原因がある事が分かりました。 コーキングは経年によって固くなり、ひび割れ等が起こってしまうのでそこから雨水が侵入する可能性が高くなります。こちらの建物は敷地の地盤面がこのコーキングよりも高くなっていた事に...続きを読む

      2016/07/25 川崎市多摩区で漆喰劣化からの棟崩れ
      川崎市多摩区で漆喰劣化からの棟崩れ

         川崎市多摩区で屋根の棟瓦が崩れてしまっているというお問合せをいただきました。 棟は地震などで崩れることはありますが、ここ最近は大きな地震はこの地域で起きておりませんので、屋根に不具合があった状態で放置して崩れてしまったのではないかと推測できます。そうなると、屋根の点検自体も長年していないはずですので、他にも悪い箇所が見つかりるかもしれません。まずは現地を確認し、不具合の洗い出...続きを読む

      2016/06/27 川崎市多摩区|別宅の点検から屋根葺き替え工事をご提案
      川崎市多摩区|別宅の点検から屋根葺き替え工事をご提案

         本日ご紹介いたしますのは川崎市多摩区のお住まい調査です。本宅ではなく、別宅のメンテナンスということですが、実は数年前に屋根と外壁の塗装を行っているそうです。現在抱えている問題は屋根のスレートが割れてきていることで、それが進行すると雨漏りしてしまうのではないかと心配していることです。   こちらが問題の屋根です(左写真)。確かに塗装をしてあるので塗膜に光沢が残っており...続きを読む

      2016/05/18 川崎市多摩区で倉庫トタン屋根の張替えをご検討
      川崎市多摩区で倉庫トタン屋根の張替えをご検討

         川崎市多摩区のお客様より倉庫として使っている建物が築年数の経過によってだいぶ傷んできているので点検をしてほしいとのご連絡をいただきました。 点検の結果、トタン屋根は劣化が進行しており張替えが必要な状態でした。2階部分の雨樋も歪んでしまっていることから、雨水がうまく排水されていない様子も伺えます。 トタン屋根の葺き替えと雨どい交換を行った方が良いでしょう。 点検の様子を...続きを読む

      2016/05/2 川崎市多摩区で金属瓦メタルルーフの屋根の雨漏り補修
      川崎市多摩区で金属瓦メタルルーフの屋根の雨漏り補修

         川崎市多摩区のお客様より雨漏りに困っているとのご相談をお受けいたしました。ちょっと前から漏るようになり、とりあえずブルーシートで養生しているそうですが、できるだけ早く直したいということで急いで現地調査にお伺いしました。   まずは雨漏りしている屋内から確認します。 天井には雨染みができております(左写真)。このような染みは簡単には落ちないため、綺麗な状態に戻すには...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

      築30年経過した屋根調査|横浜市泉区

      本日は築年数30年は超えています屋根の点検でお伺いいたしました。 きっかけ...続きを読む

      メンテナンスをしてない屋根はこうなります|横浜市旭区

      メンテナンスをしてない屋根はこうなります|横浜市旭区

      本日は築10年以上経過一度も手をかけていないとの事がきっかけで、外壁を含め調査の...続きを読む

      築15年初めての屋根点検|横浜市緑区

      築15年初めての屋根点検|横浜市緑区

      本日は、築15年。初めての建物点検依頼を頂きました。 今回はスレート屋根調...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      お問い合わせバナー