屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

HOME > ブログ > 平塚市東八幡にて強風による瓦のずれの補修と漆喰詰め直し工事を.....

平塚市東八幡にて強風による瓦のずれの補修と漆喰詰め直し工事を行いました

更新日:2019年4月12日

本日は平塚市東八幡O様宅にて、瓦のずれの補修と漆喰詰め直し工事の様子をお伝えいたします。O様宅は築40年、屋根には瓦が葺かれております。お問い合わせのきっかけは、去年の台風で屋根のケラバ部分の瓦がずれたことによる補修工事のご依頼になります。

「ケラバ部分の瓦のずれ」

ケラバ部分のずれ

近くに住んでる方から瓦が落ちそうとの指摘を受け、気が付いたそうです。こちらは切妻屋根の雨樋が付いていない部分「ケラバ」と言われる箇所です。一般的にケラバ部分の瓦は釘や銅線で固定されており、ずれただけでは落ちません。しかし、ずれたままでは雨漏りの原因につながるほか、銅線が切れて落下する危険視がございます。

「瓦復旧」

瓦の取り外し ケラバ復旧

ずれた部分の瓦は一旦取り外し、下地を整えた後に復旧をいたします。下地に使用されていた土(泥)は経年で痩せてボロボロになっておりますので、そちらも一旦撤去いたします。下地には新たに漆喰を使用して整えます。銅線も新たに付け替え、固定し直します。瓦はただ載せてあるだけではなく、部分的には固定されていたりと、ずれや落下を防止するために工夫されて葺かれております。専門的な知識がないと復旧も難しい場合がございます。

「漆喰詰め直し」

鬼瓦漆喰固定 漆喰詰め直し

今回はずれた瓦の復旧のご依頼でしたが、棟部分に詰められている漆喰の劣化が顕著でしたので、漆喰の詰め直しも行いました。漆喰も先程のケラバ部分の下地に詰められた土(泥)と同じく経年での劣化でボロボロでした。棟部分の漆喰が傷んだままですと、棟全体のずれにつながります。瓦屋根の場合は漆喰のメンテナンスは定期的に行うのが良いでしょう。尚、今回は強風による被害でもございましたので、火災保険を適用しての復旧工事になりました。街の屋根やさんでは、風害や雪害などで建物に被害を受けた方の火災保険申請のお手伝いも行っております。保険申請の方法など、ご質問などがございましたらお気軽にご相談ください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      平塚市のその他のブログ

      2019/05/25 平塚市大神にて夏の暑さを軽減する換気棟の設置を実施しました
      平塚市大神にて夏の暑さを軽減する換気棟の設置を実施しました

         換気棟は後から取り付けることが可能です 平塚市大神で行った換気棟の設置をご紹介いたします。換気棟とは棟に取り付けた換気口です。屋根の下には小屋裏がありますが、特に夏場など湿気が多く暑い季節は熱気がそこにこもりお部屋の温度を上昇させます。暖かい空気は上へ逃げる性質があるので、小屋裏は必然的に熱気が籠ることから小屋裏からの換気をすることで空気が循環し屋根から熱を効率的に逃がすこと...続きを読む

      2019/05/22 平塚市河内にて屋根調査、巴瓦が落下し野地板が見えている瓦屋根には雨漏りする前に棟取り直し工事が必要です
      平塚市河内にて屋根調査、巴瓦が落下し野地板が見えている瓦屋根には雨漏りする前に棟取り直し工事が必要です

         平塚市河内にある築30年経った瓦屋根のお宅へ屋根調査に伺いました。きっかけは何も手をかけてこなかった瓦屋根の巴瓦が落下した事により、屋根全体を見直し必要な工事が何か教えてほしいのとの事でした。巴瓦とは棟の一番先端にある瓦の事です。もし本当に落下して現在屋根に巴瓦がないと、下地が見えているはずです。 さっそく屋根に上がらせていただき調査致します。   どん...続きを読む

      2019/05/17 平塚市高浜台で雨漏りしている屋根を横暖ルーフSを使った屋根葺き替え工事
      平塚市高浜台で雨漏りしている屋根を横暖ルーフSを使った屋根葺き替え工事

         雨漏りを改善するために屋根葺き替え工事を行います 平塚市高浜台で行った屋根葺き替え工事を本日はご紹介いたします。工事のきっかけは雨漏りです。雨漏りはちょっと前からということで、雨量によって発生したりしなかったりということから工事が先延ばしになってしまったようです。 調査をした結果雨漏りは屋根材の劣化や防水紙の破れなどで、このことからこの機会に屋根を一新すべく横暖ルーフSとい...続きを読む

      2019/05/16 平塚市南金目でスーパーガルテクトのSシェイドチャコを使った屋根カバー工法
      平塚市南金目でスーパーガルテクトのSシェイドチャコを使った屋根カバー工法

         屋根材がもろくなってきたことから屋根を新しくする必要がある 本日は平塚市南金目で行った屋根カバー工法をご紹介いたします。今までスレートという薄型の小割一文字葺きの屋根でしたが、経年劣化によって苔の発生だけでなくもろくなって剥がれてしまっている箇所も目立ってきたことから、今回屋根を金属製の屋根材スーパーガルテクトで屋根カバー工法いたします。   屋根から落下す...続きを読む

      2019/04/30 平塚市大神で工場屋根の笠木より雨漏りのため板金設置工事を実施
      平塚市大神で工場屋根の笠木より雨漏りのため板金設置工事を実施

         屋根の笠木部分からの雨漏り 本日ご紹介いたしますのは平塚市大神、工場屋根の笠木の板金設置工事の様子です。お問い合わせは雨漏りで、どうやら屋根の笠木から雨漏りしているようです。折半屋根の笠木はすでに板金でおおわれていますが、その付近の溶接部に隙間ができてそこから雨水が入ってしまっていることが分かりましたので、その部分を覆うように板金を取り付けて雨漏りを解消させます。 &n...続きを読む

      2019/04/27 平塚市田村にて塗膜の劣化した破風板を塗装で回復させます
      平塚市田村にて塗膜の劣化した破風板を塗装で回復させます

         お住まいの破風板とはどこのこと? 本日は平塚市田村で行った破風板塗装の様子をご紹介いたします。そもそも破風板とは切り妻屋根の雨樋が付いていない部分を言います。名前の通り風を破る板ですので、建物の風に対する耐性を向上させるために設置されているものです。しかし、風に当たりやすい、雨に濡れやすい、日光も直撃するといった過酷な環境であるため定期的に塗装をしないと破風板自体が劣化してし...続きを読む

      2019/04/22 平塚市大神にてスレート屋根をファインシリコンベストを使って屋根塗装
      平塚市大神にてスレート屋根をファインシリコンベストを使って屋根塗装

         塗装時期を過ぎると劣化が始まります 本日ご紹介いたしますのは平塚市大神にて行った屋根塗装の様子です。屋根塗装に合わせて外壁の塗装、他にも棟板金を新しくしたりとお住まいの外装をトータル的にリフォームいたします。 築年数が20年以上経っている場合は、外壁も屋根も表面の塗膜が機能を失い、だんだんと紫外線や水分の影響を受けて劣化が始まります。劣化があまりに進んでしまうと塗装では対応...続きを読む

      2019/04/21 平塚市久領堤で潮風の影響を受けたスレート屋根を調査、塩害による錆びや傷みは要注意です
      平塚市久領堤で潮風の影響を受けたスレート屋根を調査、塩害による錆びや傷みは要注意です

         海に近い地域を沿岸部と呼びますが、平塚市久領堤にお住いのN様のお宅も沿岸部にございました。「今まで屋根のことを考えてこなかったので、一度確認してほしい」とのお問い合わせにより調査にお伺いいたしました。沿岸部は潮風の影響を受けやすいので、劣化や傷みといった現象にはより気を付けなくてはなりません。築24年が経過した平塚市久領堤N様のお宅の屋根は一体どのような状態なのでしょうか。 ...続きを読む

      2019/04/21 平塚市田村で洋瓦の屋根調査、破損した洋瓦の交換と棟の取り直しが必要でした
      平塚市田村で洋瓦の屋根調査、破損した洋瓦の交換と棟の取り直しが必要でした

         平塚市田村にお住いのF様のお宅で、洋瓦を使用している屋根の調査を行いました。洋瓦は海外で用いられていた洋式の瓦です。現在は国内でも生産されており、建物のデザインに合わせて洋瓦を使用するケースもございます。日本瓦と比べるとより凹凸のある形状のものが多く、重厚感のある屋根に見えるのが特徴です。色としてはオレンジ色や黄色のものが使用されているケースが多いようです。この洋瓦ですが、他の...続きを読む

      2019/04/6 平塚市山下にて釘が浮いた棟板金が飛散したため仮補修から棟板金交換工事を実施
      平塚市山下にて釘が浮いた棟板金が飛散したため仮補修から棟板金交換工事を実施

         強風による棟板金の飛散はもともと問題が発生していた箇所に多くあります 本日ご紹介いたしますのは平塚市山下にて実施した棟板金交換の様子です。台風シーズだけでなく今のような春先も風の強い日が多くなりますが、強風時のお問い合わせで多いのがこの棟板金の飛散です。屋根は地上よりも風が強いことも理由の一つですが、高い箇所であるため普段あまり目に付かないことから不具合が発生していても気が付...続きを読む

      2019/04/4 平塚市大原にて南蛮漆喰を使った棟取り直し工事
      平塚市大原にて南蛮漆喰を使った棟取り直し工事

         漆喰の劣化によって雨漏り、棟の倒壊などにも繋がります   本日ご紹介いたしますのは平塚市大原で行った棟取り直し工事の様子です。瓦屋根の棟部分には漆喰が使われていることが多くありますが、瓦は何十年ももつことに対し漆喰は10年以上経ってくるととどうしても経年劣化による傷みが出てきます。 よくあるのが「屋根から白い塊が落ちてきた」といった問い合わせです。普段屋根の...続きを読む

      2016/10/3 平塚市で瓦屋根の点検からお住まいの全体点検へ
      平塚市で瓦屋根の点検からお住まいの全体点検へ

         平塚市で雨漏りがあるので屋根を点検してほしいとのご相談をいただき点検にお伺いしました。 セメント瓦で葺かれたお住まいでは屋根の劣化も見られますが、その他お住まいでは様々な個所で雨漏りの確認をすることができました。 点検の様子をご紹介します。   まずは、お客様が一番気になっている屋根の点検を行います。セメント瓦の方では苔の発生や荒れなどが目立ちますが、一番気にな...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      お問い合わせバナー