棟瓦の場所や役割|取り直し工事が必要なのはどの様な時?

HOME > ブログ > 棟瓦の場所や役割|取り直し工事が必要なのはどの様な時?

棟瓦の場所や役割|取り直し工事が必要なのはどの様な時?

更新日:2024年03月05日

 屋根材同士の合わさり部分である「棟」には必ず隙間が発生してしまい、そのままの状態では雨水が浸水してしまいます(>_<)
 そこで、瓦屋根の場合には棟に沿って造られる「棟瓦」によってその隙間を保護しています!

 今回は、棟瓦の場所や役割、取り直し工事の工事方法や必要なタイミングまで詳しくご紹介させて頂きます(^^)/

棟瓦の場所や役割

棟瓦の場所・役割

棟瓦 鬼瓦

 棟瓦は屋根の頂上部など、屋根材同士の合わさり部分である「棟」部分に造られます。
 まず、一番の役割として挙げられるのが、棟部分に出来た隙間を雨水や風からの浸入から保護する役割です😊

 また、建物の外観においても重要な装飾要素となり、土台となる「のし瓦」の段積み数を多くすることで高さを出したり、棟の先端に位置する「鬼瓦」のデザインによって屋根を彩る事が出来ます(#^^#)

 しかし、屋根の頂上部は風の影響を受けやすく、地震の揺れにも弱い特性も持っています。
 特に、デザイン性を高める為に高さを出した棟瓦はそうした自然災害に弱い特性が大きくなるため、注意が必要です!

棟取り直し工事とは|工事が必要なタイミング

棟取り直し工事 漆喰の剝離

 棟取り直し工事とは、棟部分の瓦を一旦取り外し、土台から作り直すという工事です。

 棟瓦は葺き土・のし瓦を土台として漆喰によって固定・保護されています。
 しかし、漆喰は経年劣化によってボロボロと剥離してしまいますので、それと併せて保護機能・固定力も低下してしまいます(>_<)

 漆喰の劣化は雨水によって葺き土が流出してしまう事や瓦のズレを招き、棟の歪みを招いてしまいます😥

棟の歪み 棟の倒壊

 棟に歪みが発生している状態、さらに悪化して倒壊してしまった場合に必要となるのが棟取り直し工事です!

漆喰の定期点検・メンテナンスが大切です!

 自然災害によって発生してしまう場合もありますが、棟の歪み・倒壊の大きな原因となるのが漆喰の劣化です!

 瓦自体は50年を超える耐用年数を誇りますが、漆喰の耐用年数は10年程度と言われています(>_<)
 定期的に「漆喰詰め直し工事」などを行う事で保護機能・固定力を健全に保ちましょう。

 また、「棟取り直し工事」は規模が大きく、それだけ費用も大きくなります。
 お住まいのどの部分にも言えますが、定期的な点検・メンテナンスをこまめに行った方が結果的にメンテナンス費用を抑えられる事に繋がります(^^)/

 将来的なメンテナンス費用を抑える為にも漆喰と併せて、瓦屋根全体の定期点検・メンテナンスはこまめに行いましょうね(^^♪

 

 私達、街の屋根やさんは屋根の点検~お見積り作成まで無料で実施させて頂きます!
 点検を長い間行っていない、屋根に不安・問題を抱えられていると言う方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談下さい!

 

 記事内に記載されている金額は2024年03月05日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

和瓦?セメント瓦?漆喰補修や塗装などのメンテナンス【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?  重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。 自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。  頑丈で重い屋根材故に、適切…続きを読む
瓦の種類はたくさん!粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦など瓦の種類や見分け方、メンテナンス方法について詳しく解説!
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2024/04/16 棟瓦の読み方・役割とは?|棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材を併せてご紹介!

      棟瓦は、一般的に瓦屋根の頂点など面と面の合わさり部に設置されます! それでは、棟瓦はどの様な役割があるのでしょうか(・・? 今回は棟瓦の読み方・役割をはじめ、棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材の位置やそれぞれの役割をご紹介いたします!棟瓦の読み方・役割 棟瓦は「むねがわら」と読み、冒頭でもお伝え致し...続きを読む

      2024/03/7 コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

       コーキング・シーリングと聞きますと、何となく「浸水を防ぐ役割を持っている」と分かるもののその違いについて分からないと言う方も多いのではないでしょうか(・・? この記事では、コーキングとシーリングの違いや役割と併せて必要とする施工箇所の一例をご紹介致します!コーキングとシーリングの違い 結論からお話...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      11年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      30年以上
      使用材料
      馬場商店 ハイロール

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム



      お名前
      必須

      例:屋根 一郎

      ふりがな
      【任意】

      例:やね いちろう

      ご住所(工事地住所)
      必須

      ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号
      -

      番地・ビル・マンション名

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      【任意】
      例:045-XXX-XXXX
      お問い合わせ
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して入力内容確認画面へお進みください。

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!