屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 板金で造られている瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安とは|横浜市西.....

板金で造られている瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安とは|横浜市西区

更新日:2018年6月27日

 瓦棒葺きとは屋根の工法の一つです。お住まいには様々な屋根がありますが、瓦やスレート、金属屋根など使われている屋根材も様々です。瓦棒屋根は金属屋根の一種ではありますが、費用が抑えられることや勾配の緩い屋根でも雨漏りしないなどの瓦棒葺きには瓦棒葺きの特徴やメリットデメリットが存在します。また、葺き替え時期の目安などをこのページご紹介いたします。

瓦棒葺き屋根

 

屋根の瓦棒葺きとはなんだろう

 瓦棒葺きは、瓦棒(かわらぼう)という木材を(芯木)を一定間隔で縦方向に設置し、そこに金属屋根材のトタンやガルバリウム鋼板を設置する工法です。金属屋根材を加工し瓦棒の形状にかぶさるように取り付け、瓦棒に釘を打ち付けて固定します。また、釘を打ったところから雨水がないらないように、キャップを取り付けます。

瓦棒葺き屋根の施工 瓦棒設置 瓦棒葺き屋根の施工 屋根材設置の様子

 

瓦棒葺きのメリット

 最近では比較的少なくなっている瓦棒葺きの屋根ですが、戦後からとても多くの建物に採用されていました。それにははやり多くのメリットがあったからです。

・屋根が軽量になる

 瓦棒葺き屋根には金属屋根材が使われます。金属屋根材は瓦と比較すると約1/10も軽量で、最近主流のスレートとも比較して1/3程度ととても軽い屋根材です。屋根が軽いと建物を支える躯体にも高い耐久性が必要とされないため、建物自体も安くなり、さらには経年による建物への負荷も軽減できます。

 

・地震に強い

 地震の揺れは屋根が重くなるほど大きくなり、その被害も比例して大きくなります。軽量な瓦棒は地震の揺れに強いことや、瓦のようにずれるような心配がありませんので地震に強いといえます。

 

・傾斜のゆるい屋根でも雨漏りしにくい

 一般的に傾斜があまりない屋根は、屋根材の継ぎ目から雨漏りしやすい傾向にあります。しかし、瓦棒は屋根材の継ぎ目がないので一寸勾配のような傾斜が緩い屋根にも雨漏りの心配がなく安心して使うことができます。

 

・工事が安価である

 使用材料が比較的安いことや、工期が短いことから人件費も削減でき、工事自体の金額を抑えることができます。また、瓦棒葺きはシンプルな工法なので施工できる業者も多いというメリットもあります。

 

雨漏りによる染み 地震で崩れた瓦屋根

 

瓦棒葺きのデメリット

・断熱性が低い

  金属屋根材は屋根材自体の厚みがなく、また金属であることから熱を通しやすい特性があります。そのため、夏場の強烈な日差しによる熱が屋内に伝わりやすいため、屋根への断熱材をしっかり施工する必要があります。

 

・瓦棒が水分で傷むケースがある

 雨漏りしにくい瓦棒葺きですが、瓦棒は木材が使われており、軒先からの水分を吸い上げて腐食することがあります。軒先はどうしても水分が集まる箇所で、十分な雨仕舞をしておいても経年などで隙間などが生じるとそこから水分を吸い上げてしまうケースがあります。

 

・遮音性が低い

 断熱性が低い理由にも共通しますが、屋根材に厚みがないので降雨が屋根にあたった音が、屋内まで響き渡ることがあります。こちらも断熱材を使うことで雨音の軽減にも繋がります。

 

傷んだ瓦棒屋根 瓦棒屋根が錆びている

 

瓦棒葺きの進化版?縦ハゼ葺き(たてはぜぶき)、立平葺き(たてひらぶき)

 瓦棒葺きの弱点、瓦棒が木材であることですが、立平葺きではその弱点が改善され縦平葺きの工法が現在では多く使われています。
 これは芯木を使わずに屋根材を加工して、屋根材同士をつなぎ合わせるための「ハゼ」を締め付けて設置する工法です。このことから、縦平葺きは縦ハゼ葺きとも呼ばれています。
 瓦棒葺きの屋根の場合は瓦棒が傷むと、広範囲の屋根の工事が必要になります。しかし、縦平葺きは木材自体を使わないためそのような心配がなくメンテナンス性に優れているといえます。

立平葺きの施工 ハゼ 立平葺きの屋根

 

瓦棒葺きで使われる屋根材

・トタン

 一昔前は金属屋根と言えばトタンが主流でした。トタンとは鋼板の表面を亜鉛でメッキした鉄板です。鋼板は強度がありますが水分に弱く、錆びやすいためメッキにより水分から保護していますが、亜鉛メッキも経年によって傷んでくるので定期的な塗装を行う必要があります。
 耐用年数は5年~10年と最近主流のガルバリウム鋼板より短いです。

 

・ガルバリウム鋼板

 近年多くの金属屋根で使われているのは、このガルバリウム鋼板です。トタン同様に鋼板ですがメッキの成分に違いがあり、亜鉛43.4%、アルミニウム55%、シリコン1.6%という構成です。特徴としてとても耐久性が高く、耐用年数は20年~30年となっています。

 

横浜市西区で行った瓦棒葺き屋根の現地調査の様子

 瓦棒葺き屋根とは、使用されている材料が板金であることが殆どで、心木という木材に全ての板金を固定して仕上げてあります。この瓦棒葺きは、勾配の緩い屋根にとても有効的で1寸勾配から施工が可能な葺き方です。長く使用していると劣化が進行していろいろなところが傷んできますが、横浜市西区F様のお宅で屋根調査した際にも、代表的なところが傷んでおりました。今回は板金で造られている、この瓦棒葺き屋根の葺き替えの目安をお伝えします。

 

 

【心木に雨水が浸入しいると葺き替えが必要】

瓦棒葺き屋根の調査1

 瓦棒葺き屋根というのは、上の画像のように板金を折り曲げ加工して組み合わせて造られております。等間隔に上に向かって出っ張りが出来ておりますが、この出っ張りの内部に心木という木材が入っております。組む合わせた板金をこの心木に全て固定しております。なので心木に不具合が起こると板金の固定も弱まり、雨漏りの危険性も出てきます。横浜市西区F様のお宅の瓦棒葺きは、板金自体にも傷みが出ており錆びもかなり発生しておりました。この状態ですと、塗装をしても長持ちせずに剥がれてきてしまうこともあり、板金の傷み具合だけを見ても葺き替えという判断になりますが、こうなる前にも心木の状態を間接的に確認することができます。

 

 

瓦棒葺き屋根の調査2 瓦棒葺き屋根の調査3

 上の二つの画像は、左側が問題のない画像で、右側は問題のある画像です。心木の入った出っ張りの一番軒先側に当たります。心木に雨水が浸入していなければ板金が欠けることはありません。心木に雨水が浸入していると、板金の内側を通ってこの軒先の板金に当たって雨樋に落ちます。当たることが繰り返されるのと、板金も傷んでしまい欠けてしまうのです。これはこの瓦棒葺き屋根が傷んでいる状況的証拠であると共に、吹き替えが必要だというシグナルです。心木に問題がなければ屋根カバーという手段もありますが、心木の傷みが出ているのであれば葺き替えが必要です。街の屋根やさんでは様々な葺き方の屋根に対応しております。瓦棒葺きのメンテナンスは、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936。

 

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市西区のその他のブログ

      2021/03/26 横浜市西区伊勢町で雨漏りの調査、天井に染みを見つけたらまずは調査の依頼をしましょう

       雨漏りの発生は建物に起こってはいけないものです。雨漏りをすることで建物の耐久性低下に繋がる恐れがあるからです。ただし、雨漏りがいつ発生するかは誰にも分かりません。そこで必要なのが調査や点検を定期的に依頼することです。調査や点検を定期的に行っておくことで、雨漏り未然に防いだり早期発見で最小限に留めた...続きを読む

      2021/01/17 横浜市西区東久保町にて瓦屋根の調査、棟瓦と屋根下地に劣化が見られたため屋根葺き替え工事をご提案

       横浜市西区東久保町にお住まいのお客様は、瓦屋根の漆喰が剥がれていることに気づき、お問い合わせ下さいました。補修を検討しているとの事で、屋根の点検をご希望されていました。お問い合わせを頂き、現地調査へお伺いしましたので、今回はその様子をご紹介致します。棟の漆喰が剥がれた様子  まずは棟の状態を確認し...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市西区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      35年
      使用材料
      ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる