屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業いたします。


※1月7日より通常営業いたします。

 年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業致します。


1月7日より通常営業致します。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

HOME > ブログ > 横浜市栄区|雨樋の破損と外壁の亀裂、その原因は!?

横浜市栄区|雨樋の破損と外壁の亀裂、その原因は!?

更新日:2018年3月4日

本日は横浜市栄区のS様宅からのご相談「雨樋が途中から割れて落ちてしまっているので、修理が可能か見てほしい」との事です。早速現地へ伺い、問題個所を拝見すると、竪樋が曲がり部分の途中から割れて外れているのが確認できます。

雨樋の外れ部分

こちらの外壁はALCが使用されております。ALCの外壁に対し、釘を使って雨樋を固定している様です。建物(外壁)は経年での劣化や地盤沈下、地震の揺れなどによって、ヒビ割れ(クラック)などが起きます。それにより、打たれた釘が徐々に抜けていき、風などの影響を受け、外れてしまう事が考えられます。S様宅の裏手は崖になっており、風が抜けやすい環境です。おそらく、抜けかかった竪樋が強風に煽られ、途中で割れて外れてしまった事がうかがえます。また、外壁をよく見ると、亀裂が入っているのが確認できます。

外壁亀裂部分 雨樋破損部分

釘が打たれていた所から縦、横に入っています。経年によるものとも考えられますが、ALCの外壁に対して、長い釘を打ち付けた時にひびが入ってしまう事も想像ができます。こちらの外壁材に対しては釘よりもALC用のアンカー(ビス)を使用するのが理想です。外壁材にも負担を掛けず、抜けにくくもなるので、今回の様に亀裂が入ったり、風に煽られ外れてしまうリスクも減らせます。勿論、今回改めて取り付ける際は、ビスを使用して止めます。また、外壁にできた亀裂に関しても補修が必要です。このままの状態ですと、雨などが入り込み、下地に影響を与えてしまします。小さな亀裂が原因で建物全体の劣化に繋がってしまう事もあるのです。亀裂の大きさによっては、外壁材自体を部分的にでも交換するのが良いのですが、今回、S様からは補修で済ませたいとのご要望もございますので、コーキングで釘穴と亀裂部分を埋めるかたちを取ります。

ソケット 雨樋繋ぎ部分

雨樋自体は割れた部分から交換になります。上に残ったソケットは使えますので、繋ぎの部材を使用して、竪樋を繋ぎ合わせれば問題はございません。あとは外壁に対してビスで固定し直せば良いでしょう。ただ一つ気になるのが、他の雨樋も同じように釘で止められており、部分的に外れかかっていたり、外壁に亀裂が見受けられるところもございます。時間の問題で今回の様に破損してしまう事も考えられます。S様には現状を把握していただき、場合によっては全体的にメンテナンスが必要な事もお伝えさせて頂きました。全体的に見直すにはそれなりの費用も掛かってきますので、事前に準備をしておくのにも良いでしょう。
街の屋根やさんでは、調査・お見積りは無料です。建物に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-989-936まで)

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市栄区のその他のブログ

      2018/11/2 横浜市栄区の雨樋破損の調査、屋根や破風板が傷んできていることに気づきました
      横浜市栄区の雨樋破損の調査、屋根や破風板が傷んできていることに気づきました

         台風の影響により「雨樋が破損した」とお困りのご相談がありましたのは、横浜市栄区にお住いのS様からでした。台風21号は屋根に関わるいろいろなところを破壊していきましたが、横浜市栄区S様のお宅の雨樋に被害が出たようです。今回の台風の影響による被害の調査では、それ以外のところで経年劣化による傷みが発生しているのを見かけることがあります。このような機会に建物全体の調査をしてみるのもあり...続きを読む

      2018/09/13 横浜市栄区築40年木造住宅でリビングへの雨漏り、直しに来たという業者が被害を広めた形跡を見つけました
      横浜市栄区築40年木造住宅でリビングへの雨漏り、直しに来たという業者が被害を広めた形跡を見つけました

         室内への雨漏りの原因究明をしてほしいとのご依頼を受け、横浜市栄区のお宅にお伺いした時の様子をお伝えいたします。 元々以前にほかの業者さんになぜ雨漏りしているか点検してほしいと頼んで作業してもらっていたらしく、雨漏りしてクロスも剥がれ雨染みが相当広がっている天井にその業者さんが作った点検口がありました。しかし、これで大丈夫と特に詳しい説明もなく帰った後もまだ雨漏りが止まらず...続きを読む

      2018/09/2 横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の劣化によるものです
      横浜市栄区で屋根の棟板金を調査、釘浮きの原因は下地(貫板)の劣化によるものです

         本日は横浜市栄区にお住いのM様より、「他の業者さんから棟板金の浮きを指摘されたので、改めて調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。M様宅は築30年で4年程前に塗装のメンテナンスは行ったそうです。当時施工を行った業者さんからは、棟板金に関しての不具合は指摘されていなかったそうですが、塗装工事直後に別の業者さんより、棟板金の浮きの指摘を受けたとの事です。当時は工事直後との事もあり...続きを読む

      2018/09/1 横浜市栄区で棟瓦の調査、銅線が切れると瓦の倒壊や落下する危険性あり
      横浜市栄区で棟瓦の調査、銅線が切れると瓦の倒壊や落下する危険性あり

         瓦屋根にある棟は、熨斗瓦(のしがわら)、冠瓦(かんむりかわら)、鬼瓦(おにがわら)が使用されており、棟の内部に土が詰まっており隙間は漆喰が詰められております。平らな部分に比べて棟に色々な種類の瓦や材料が使われております。なので棟の造りは複雑です。横浜市栄区K様より、「瓦屋根の棟にある銅線がなかったりズレたりしている」とお悩みのご相談がありました。棟にある銅線とは、最終的に棟を束...続きを読む

      2018/03/22 横浜市栄区|雨樋の部分交換と外壁亀裂補修
      横浜市栄区|雨樋の部分交換と外壁亀裂補修

         本日は横浜市栄区のS様宅より、破損した雨樋の部分交換及び外壁亀裂の簡易的補修の様子をお伝えいたします。S様宅の外壁はALCで造られており、雨樋などを固定する際は、ALC用のアンカー(ビス)などを使用して止めるのが理想です。しかし、こちらでは釘を打って雨樋が固定されております。雨樋が破損した原因は、釘を打った部分にできた亀裂が、経年により広がり、釘が抜けてきたところに(雨樋が外れ...続きを読む

      2018/01/13 瓦屋根の降り棟や丸瓦が交差する部分は雨漏りしやすい|横浜市栄区
      瓦屋根の降り棟や丸瓦が交差する部分は雨漏りしやすい|横浜市栄区

         横浜市栄区S様のお宅より、雨漏りが発生したことでお悩みのご相談がりました。天井より2箇所雨漏りが発生しており、屋根に上がり調査させて頂きました。屋根は和瓦を使用した屋根で入母屋造り。まずは室内の雨漏り地点を確認して、それから屋根に上がり、どの部分が雨漏りの原因となっているのかを調べます。入母屋造りの屋根には、実は雨漏りしやすいところがあります。   【どうして...続きを読む

      2017/10/16 バルコニーからの雨漏りの原因になる部分は一箇所とは限りません|横浜市栄区
      バルコニーからの雨漏りの原因になる部分は一箇所とは限りません|横浜市栄区

         バルコニーから下のお部屋へ雨漏りしてお困りの横浜市栄区のお宅へ伺いました。天井に染みが出来ていて、その上がバルコニーになっているのでそこから雨漏りしているのではないか?というお問合せがありました。 バルコニーの床にはなにかしらの防水が施工してありますが、その防水が劣化してしまうと雨漏りに直結してしまいます。今回の雨漏りも防水に原因がありましたが実は他にもある事がわかり、可...続きを読む

      2017/08/18 横浜市栄区メンテナンスを行っていない31年目のセメント瓦
      横浜市栄区メンテナンスを行っていない31年目のセメント瓦

         横浜市栄区で過去にメンテナンスを1度も行っていない31年目のセメント瓦を調査です。 セメント瓦の原料となっているのは石灰石です。水を混ぜて瓦の形にしたのがセメント瓦です。和瓦や洋瓦、フラットなタイプと色々な形のものがあります。また耐火性にも優れております。 鬼瓦や隅瓦が青色なので、おそらく昔は青色の屋根だったのでしょう。今では全体的に青色が薄くな...続きを読む

      2017/08/17 横浜市栄区でスレート屋根からの雨漏りの原因
      横浜市栄区でスレート屋根からの雨漏りの原因

         横浜市栄区で屋根の調査をおこないました。雨漏りしているので見て欲しいというお問い合わせでしたので、早速見てみましょう。 壁際の天井から雨漏りしていて壁紙が剥がれています。何箇所かまだ雨水が溜まっていてクロスが膨らんでいる所がありました。結構な量が雨漏りしている様で、雨が降ると天井からポタポタと垂れてくるそうです。 屋根はスレート葺きで5年ほど前に塗...続きを読む

      2017/08/1 横浜市栄区で雨漏り修理工事をおこないました
      横浜市栄区で雨漏り修理工事をおこないました

         横浜市栄区で雨漏り修理工事をおこないました。今日は午後から物凄い量の雨が降って雷で停電になったところもあったみたいですね。ゲリラ豪雨という言葉がある様に、昔と比べて雨の降り方が変わってしまいました。さて、今日は雨漏りしている建物の修理工事をおこないました。 遠くの方から黒い雲が流れ始めてきていたので、天気が崩れる前に終わって良かったです。 雨漏りは...続きを読む

      2017/07/23 横浜市栄区ほんの少しの隙間からでも雨漏りは発生します
      横浜市栄区ほんの少しの隙間からでも雨漏りは発生します

         横浜市栄区のお宅で雨漏りが発生しました。初めて雨漏りが発生したそうですぐに調査にお伺いしました。 木造3階建ての建物で、雨漏りが発生したのは2階の階段付近です。初めて雨漏りしたということで天井のクロスも染みは出来ておりませんでした。 室内の雨漏り地点が外部から見てどの辺りかを確認します。外部から見てみると、雨漏りした天井があるところの真上には小さ...続きを読む

      2017/07/9 横浜市栄区で雨漏りの原因は庇の隙間でした
      横浜市栄区で雨漏りの原因は庇の隙間でした

         横浜市栄区で雨漏りの調査をおこないました。先週の台風の後は晴天が続いていますが、まだ梅雨は明けていませんので雨漏りの対策は早目におこなっていきます。 壁に染みがあるのが分かると思いますが、先日の台風の時に結構な量の雨漏りしていたそうです。普段の雨だと雨漏りしないそうなので、風によって吹き込んで雨漏りしている可能性が高いと想定出来ます。 雨漏りして...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市栄区の施工事例一覧

      横浜市栄区|搬出作業の為に一時的に金属屋根(折板)の撤去工事

      【施工内容】
      その他の工事

      横浜市栄区の施工事例 物置の波板板金葺き替え

      【施工内容】
      屋根葺き替え

      横浜市栄区の施工事例 増築 葺き替え 雨漏り

      【施工内容】
      屋根葺き替え 足場

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横須賀市で台風により雨樋が破損、火災保険を利用した修理のご相談

      横須賀市で台風により雨樋が破損、火災保険を利用した修理のご相談

      本日は横須賀市にお住いのS様より、「先月の台風24号で雨樋の一部が破損、火災保険...続きを読む

      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

      横浜市旭区|雨樋補修工事・這樋のズレを直します

      本日は横浜市旭区のM様宅より、雨樋補修工事の様子をお伝えいたします。M様宅の雨樋...続きを読む

      雨樋の外れ・破損はすぐに直しましょう|横浜市金沢区

      雨樋の外れ・破損はすぐに直しましょう|横浜市金沢区

      本日は雨樋補修の前の仮養生の様子をお伝えいたします。 横浜市金沢区のN様宅...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      お問い合わせバナー