横浜市栄区犬山町で、銅線が切れたことで倒壊した棟瓦を棟瓦取り直し工事で復旧しました

HOME > 施工事例 > 横浜市栄区犬山町で、銅線が切れたことで倒壊した棟瓦を棟瓦取り.....

横浜市栄区犬山町で、銅線が切れたことで倒壊した棟瓦を棟瓦取り直し工事で復旧しました

更新日:2021年01月29日

【施工前】

【施工後】

施工内容棟瓦取り直し

築年数36年

平米数4.5m

施工期間1日

使用材料シルガード(黒)

費用8.8万円

ハウスメーカーハウスメーカー不明

棟瓦取り直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 三州瓦を使用した瓦屋根の棟は、いくつかの種類の瓦で造られております。釘で固定している棟瓦と銅線で固定されてる棟瓦が存在しており、近年多く存在しているのは銅線で固定されている棟瓦です。
 横浜市栄区犬山町にお住いになられているA様のお宅の瓦屋根も三州瓦をしようしている瓦屋根で、棟瓦は銅線で固定されておりました。しかし、その銅線が切れてしまっていたようで、棟瓦に使用されている瓦が倒壊してしまいました。
 銅線で固定されている棟瓦は、銅線が切れると簡単に取れてしまいます。銅線が切れている状態の棟瓦は、手でも簡単に瓦を取り外すことが可能なくらいです。銅線が切れいる状況であれば、強風が吹いただけで倒壊してしまいます。瓦が敷地内に落ちていたことで異変に気付いたそうです。
 瓦屋根の棟は、棟瓦が倒壊してしまうと雨漏りに繋がる可能性が高く、そのままにしておくのは非常に危険です。倒壊した際に飛散した瓦が、他の瓦に当たって割れてろいました。三州瓦は関東地方で一番使用されている瓦で、一番手に入りやすい瓦です。割れたしまった分の瓦を買い足して、飛散した瓦は再利用して新しく棟瓦を積み直さなくてはなりません。倒壊した棟瓦は、棟瓦取り直し工事と呼ばれる工事を行うことで復旧します。
 既存の棟瓦は、漆喰と土で瓦と瓦の隙間を埋めておりましたが、今回の棟瓦取り直し工事ではシルガードと呼ばれる詰め物を使用しました。シルガードは漆喰や土と比べて耐久性や防水性が高く、現代版の漆喰のような材料です。以前と比べて耐久性と防水性が向上した状態になるということです。
 冬になってからというもの、新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数や重症者数が急増しております。街の屋根やさんでは、手指のこまめな消毒やこまめなうがい、マスクの着用などの対策を引き続き行って参ります。
 三州瓦を使用した瓦屋根の棟は、いくつかの種類の瓦で造られております。釘で固定している棟瓦と銅線で固定されてる棟瓦が存在しており、近年多く存在しているのは銅線で固定されている棟瓦です。
 横浜市栄区犬山町にお住いになられているA様のお宅の瓦屋根も三州瓦をしようしている瓦屋根で、棟瓦は銅線で固定されておりました。しかし、その銅線が切れてしまっていたようで、棟瓦に使用されている瓦が倒壊してしまいました。
 銅線で固定されている棟瓦は、銅線が切れると簡単に取れてしまいます。銅線が切れている状態の棟瓦は、手でも簡単に瓦を取り外すことが可能なくらいです。銅線が切れいる状況であれば、強風が吹いただけで倒壊してしまいます。瓦が敷地内に落ちていたことで異変に気付いたそうです。
 瓦屋根の棟は、棟瓦が倒壊してしまうと雨漏りに繋がる可能性が高く、そのままにしておくのは非常に危険です。倒壊した際に飛散した瓦が、他の瓦に当たって割れてろいました。三州瓦は関東地方で一番使用されている瓦で、一番手に入りやすい瓦です。割れたしまった分の瓦を買い足して、飛散した瓦は再利用して新しく棟瓦を積み直さなくてはなりません。倒壊した棟瓦は、棟瓦取り直し工事と呼ばれる工事を行うことで復旧します。
 既存の棟瓦は、漆喰と土で瓦と瓦の隙間を埋めておりましたが、今回の棟瓦取り直し工事ではシルガードと呼ばれる詰め物を使用しました。シルガードは漆喰や土と比べて耐久性や防水性が高く、現代版の漆喰のような材料です。以前と比べて耐久性と防水性が向上した状態になるということです。
 冬になってからというもの、新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数や重症者数が急増しております。街の屋根やさんでは、手指のこまめな消毒やこまめなうがい、マスクの着用などの対策を引き続き行って参ります。


担当:佐々木


【調査の様子】

倒壊した棟瓦

 屋根の上とは地上からでは見づらいものです。横浜市は比較的に高低差ある地形が多いため、遠くからご自宅の屋根を眺めることが可能なケースがございますが、横浜市栄区犬山町にお住いになられているA様のお宅の屋根は見えづらい環境でした。

 自宅の屋根に使用している瓦が青色なのは知っていたため、落ちていた瓦が青色であると分かり屋根に異変が起こっている疑いを持ったようです。お伺いして屋根の上に上らせていただくと、瓦や土が散乱しておりました。

 

銅線が切れた棟瓦は不安定 漆喰の剥がれは雨漏りに繋がる可能性

 倒壊していない棟瓦では土が見えることは基本的にはございませんが。棟瓦の内部で土が使用されております。屋根民にも白い漆喰が転がっており、棟が倒壊していない箇所でもメンテナンスが必要な状況が起こっているのは間違いなさそうです。

 また、棟瓦を束ねている銅線も切れている箇所が散見されていたため、このままではまだ倒壊していない棟瓦もゆくゆくは倒壊していまう可能性が高い状況にありました。

 

 

【施工の様子】

施工前の棟瓦取り直し工事 既存の破損した棟瓦を一度全て撤去

 棟瓦取り直し工事を始める当たっては、まずは散乱している瓦を一つ一つ取り除いていきます。ここで大切なのが散乱していない桟瓦(さんかわら)や散乱した瓦が割れていないかの確認を行うことです。もし割れている場合は、割れている分だけ新しい瓦を買い足さなければなりません。

 横浜市栄区犬山町A様の倒壊した棟瓦周辺でも。実際に桟瓦が割れている箇所が見つかりました。桟瓦は棟に使用する瓦ではございませんが、もし気が付かなかったらそのまま放置されることになります。本工事では割れた桟瓦も新しい桟瓦と交換したします。

 

糸を張って位置取り シルガードと熨斗瓦

 既存の土や漆喰、棟に使用されている瓦を取り除いて棟に何も載っていない状態にします。何もない状態から新しく造り直していきます。遠くからでも分かりやすい色をした水糸を引いて横幅の確認を行います。そのラインからはみ出さないように詰め物を載せて瓦を再び積み上げていきます。

 使用している詰め物は、シルガードと呼ばれる詰め物です。現代版の漆喰のような材料で、漆喰よりも防水性や耐久性が優れており漆喰を製造しているメーカーさんが販売している商品です。

 

シルガードを綺麗に盛っていく 2段目の熨斗瓦を綺麗に載せていく

 寄棟屋根の棟瓦には、熨斗瓦(のしかわら)、冠瓦(かんむりかわら)、鬼瓦(おにかわら)と呼ばれる3種類の瓦が使用されております。シルガードを挟むようにもしくは隙間を埋めるように詰めていきながら、熨斗瓦とシルガードを交互にの載せるようにイメージで作業は進められます。

 横浜市栄区犬山町A様のお宅の倒壊した棟瓦は、熨斗瓦が2段でしたので2回同じような作業を繰り返します。もし、熨斗瓦が3段であった場合は3段分繰り返すことになります。

 

割れた熨斗瓦の分を買い足し

 割れてしまった熨斗瓦の分は、新しく購入したものを使用します。瓦にも種類がありこの瓦は三州瓦と呼ばれている瓦です。同じ種類の瓦を購入すれば割れた部分の代わりを果たすことが可能です。2段分の熨斗瓦を積み直したら、シルガードをまた載せて冠瓦を被せます。

 熨斗瓦とシルガードを積み上げている間に仕込んでおいた銅線を、結びが冠瓦の頂点に来るように固定します。詰め物や銅線を新しくすることで、再び棟瓦は長持ちするようになります。シルガードは黒色を使用しておりますが、乾燥すると色が薄いくなり灰色になります。

 

 

【完成】

棟瓦取り直し工事の完成

 横浜市栄区犬山町A様のお宅の棟瓦取り直し工事が完成いたしました。これで棟瓦の固定力が元に戻ります。棟瓦取り直し工事は部分的に行うことが困難な工事です。1箇所だけ銅線が切れていたとしても、上から下まで取り直さないと完全な棟瓦取り直し工事となりません。

 近年は今まで以上に勢力ある台風が到来するケースが増えてきており、勢力の強い台風が通過すると棟瓦の倒壊や瓦の飛散が多く見受けられます。瓦を1枚の重量が重いため、飛ばされてしまうと二次被害に繋がることが多く、お隣様の建物やお車の破損や通行人の怪我などに繋がりかねません。瓦屋根の棟は定期的にメンテナンスが必要です。

 

 

【ドローンで撮影】

施工後のドローン撮影

 屋根の上に立って撮影すると施工範囲全体を捉えることが出来ないときがあります。私達、街の屋根やさんでは、施工範囲全体を屋根の上から捉えることが難しいときに、ドローンを飛行させて撮影させていただいております。

 私達、街の屋根やさんでは、ドローンを飛行させた撮影も行っております。工事後の全体を捉えることに適しております。また、屋根に上ることが困難な屋根や雨上がりで上れない屋根など調査でも効果を発揮します。もし、ご自宅の屋根をドローンで撮影してみたい方は街の屋根やさんにお任せください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年01月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

棟瓦からの雨漏りは取り直し工事で解決【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事   漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま…続きを読む

 瓦屋根にお住いの方へ。 飛び込み業者から「棟がずれている」「漆喰が剥がれている」という指摘を受けた経験はありませんか? 街の屋根やさんにも、このようなご相談いただくことが多くあります。 悪質業者からお住いを守るためにも、棟瓦の修理は早めに行いましょう! 瓦屋根にお住いの方々へ、棟周辺が劣化しやすい…続きを読む
 最近では台風や地震が頻繁に発生し、瓦屋根に不安を感じている方も多いのではないでしょうか? 重くて堅固な瓦が地に落ちると、まず間違いなくその着地点の物を傷つけ、破壊してしまいます。自分の敷地内であればまだしも、お隣に被害を及ぼしてしまった場合、問題が複雑化します。 頑丈で重い屋根材故に、適切なメンテ…続きを読む
 日本の伝統的な屋根材と言えば「瓦」。昔から馴染みがある屋根材で、瓦と聞いただけでイメージが頭に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 しかし、ひとくちに「瓦」と言っても、神社などの建築で使われる和風な瓦から、外国を彷彿させるような洋風な瓦までさまざまあります。色や形状などの見た目はもちろん、材質や特…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し,その他の工事
      築年数
      40年以上
      使用材料
      釉薬瓦

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      11年
      使用材料
      南蛮漆喰 シルガード(黒)

      横浜市栄区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      使用材料


      同じ工事のブログ一覧

      相模原市中央区横山で強風で崩壊した棟瓦を点検・調査しました

      2024/05/28 相模原市中央区横山で強風で崩壊した棟瓦を点検・調査しました

      屋根が崩れてしまったので見に来てほしい  相模原市中央区横山にお住まいのお客様より、ご自宅の瓦屋根のてっぺん部分が崩れてしまったので状態を確認して欲しいとお問合せをいただき、現地調査にお伺いしてきました。      早速屋根に登ってみると、棟瓦が崩壊している状態でした...続きを読む

      棟瓦の読み方・役割とは?|棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材を併せてご紹介!

      2024/04/16 棟瓦の読み方・役割とは?|棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材を併せてご紹介!

      棟瓦は、一般的に瓦屋根の頂点など面と面の合わさり部に設置されます!  それでは、棟瓦はどの様な役割があるのでしょうか(・・?  今回は棟瓦の読み方・役割をはじめ、棟瓦を構成する「のし瓦」などの部材の位置やそれぞれの役割をご紹介いたします! 棟瓦の読み方・役割  棟瓦は「むねがわら...続きを読む

      コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

      2024/03/7 コーキングとシーリングの違いとは?施工を必要とする工事事例をご紹介!

       コーキング・シーリングと聞きますと、何となく「浸水を防ぐ役割を持っている」と分かるもののその違いについて分からないと言う方も多いのではないでしょうか(・・?  この記事では、コーキングとシーリングの違いや役割と併せて必要とする施工箇所の一例をご紹介致します! コーキングとシーリングの違...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!