屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業いたします。


※1月7日より通常営業いたします。

 年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

年末年始休業のお知らせ


12月29(土)~1月6日(日)まで休業致します。


1月7日より通常営業致します。年末年始はほとんどの業者がお休みになってしまいます。急な雨漏りなどでお困りにならないよう年越し前に街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。

お問い合わせはこちら

HOME > ブログ > 横浜市緑区|セメント瓦屋根から雨漏り、部分補修か一面葺き替えか!?

横浜市緑区|セメント瓦屋根から雨漏り、部分補修か一面葺き替えか!?

更新日:2018年2月16日

本日は横浜市緑区にお住まいのF様宅より、リビングの明り取り「天窓」からの雨漏りでのご相談を頂きました。雨漏りは2~3年前から確認されていたそうで、先日の雪の影響で室内クロスが酷い状況になってきたことから、本格的に調査の依頼を考えたとの事です。

天窓からの雨漏り 室内壁紙の状況

築27年、7年前に屋根外壁の塗装は行ったそうですが、天窓に関しては、今まで一度もメンテナンスを行った事がないそうです。天窓も経年で劣化します。基本的に10年前後で窓まわりのパッキン・シール材の劣化が予想されます。点検を行い、劣化が激しい場合は打ち替える必要があります。20年もすれば天窓自体の寿命も考えなければなりません。周りの木枠や窓まわり、屋根と接している板金部分や屋根まわりの下地や防水紙などの絡みも考え、本体の交換が必要な場合が出てくる時期でもあります。F様宅は約27年間、天窓に関してはメンテナンスを行っていないとの事もあり、経年での劣化が原因で雨漏りを引き起こした可能性が高いと考えられます。

セメント瓦 モニエル瓦

まず、気になったのが、屋根に葺かれている瓦です。こちらはセメント瓦のモニエルといって、現在製造が中止されており、この種類の瓦は廃盤となっております。また、塗装が必要な瓦ではありますが、塗装の仕方も独特で、表面のスリラー層を確りと除去した後に、セメント瓦専用の塗料で塗装を行います。扱いを間違えると、早い段階で表面が剥がれてしまいます。また、廃盤により在庫がないので調査中や工事中に割ってしまった時の替えがございません。割れた際に補修で対処できるならいいのですが、セメントなので、場合によってはガャシガシャに割れてしまうことも十分に考えられます。取り扱うにはリスクが高い屋根材と心得ておく必要がございます。

塗膜の劣化 補修痕

ご覧の通り、7年前に塗装をしたにしては塗膜の劣化が酷いのがうかがえます。また、割れてしまい、替えがないことにより補修を施した痕も確認できます。今回雨漏りの原因とされている天窓を交換、または撤去するにしても、天窓のまわりの瓦が割れてしまうリスクと、天窓を撤去した後に埋めるための瓦がない事も考慮に入れなくてはなりません。セメント瓦の場合、天窓を交換か撤去かの選択ではなく、その後の屋根材の復旧への配慮の方が重要になってきます。

天窓まわり 板金部分

調査を行った結果、雨漏りの原因は天窓の劣化、天窓周辺の屋根材との絡みが原因であると判断できました。雨漏りの解消には天窓の交換及び周辺の下地の補修、または天窓自体を撤去した後に穴を塞ぐ工事を行う事です。いずれにしても、何枚かの瓦を用意する必要があります。勿論、廃盤により在庫がないので代用品として中古のモニエル瓦を探し集めるしかありません。似た状況で探される方もいますので、そう簡単に数が集まるものでもございません。実際に、周辺の問屋さんをあたって数枚ずつ確保して行くのがやっとの状況です。

天窓のある屋根一面

今回F様からのご要望は天窓の撤去になります。現状からのご提案としては二つ。まず、代用品の瓦を集め、埋めるための瓦と、割れたときの予備用としての瓦を確保します。その後、天窓を撤去し、周辺の下地を直し、代用品の瓦を葺く方法です。もう一つは、天窓がある面の瓦全体を撤去し、平板瓦を用いて葺き直す方法です。周りの下地の劣化状況から、せめて天窓がある面(一面)の瓦を剥がし、下地を整えて葺き直すのが現状の雨漏り解消の確実な対処方法といえるでしょう。勿論コストはそれなりにかかります。

F様からは「部分的な補修を行った場合と、一面を葺き替えた場合の金額の差を確かめたい」との事ですので、まずはセメント瓦(モニエル瓦)の在庫の確保を試みます。街の屋根やさんでは、点検、調査、お見積りは無料です。常にお客様の最善を考えた上でのご提案をいたします。建物に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-989-936)お気軽にお声掛けください。

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市緑区のその他のブログ

      2018/10/3 横浜市緑区で台風により隅棟が崩壊、復旧の為に調査しました
      横浜市緑区で台風により隅棟が崩壊、復旧の為に調査しました

         台風24号の影響はまだ続いております。本日も台風が過ぎた後にお隣さんから、「お宅の瓦が落ちて来た」と言われたようです。 屋根を見てみると、屋根の一番高い所にあります大棟から下っている隅棟(すみむね)が崩れてしまっているとなり、復旧の為に調査の依頼を頂きましたので早期に復旧できるよう、二次被害が起きる前に屋根に残っている崩れてしまった瓦なども撤去しつつ調査します。 【築年...続きを読む

      2018/09/28 横浜市緑区にて瓦の補修と漆喰(しっくい)の詰め直し工事を行いました
      横浜市緑区にて瓦の補修と漆喰(しっくい)の詰め直し工事を行いました

         本日は横浜市緑区のK様宅より、屋根瓦の漆喰(しっくい)補修工事の様子をお伝えいたします。K様宅は築38年の瓦屋根にございます。今回、たまたま近くで工事を行っていたと言う業者さんより、瓦の棟のズレの指摘を受けた事をきっかけに屋根の点検を行っておりました。調査の結果は、指摘をされていた棟のズレなどの異状は特に見受けられず、築年数や下地の状況を考慮に入れるのであれば、屋根全体の改修を...続きを読む

      2018/08/24 横浜市緑区で台風によりカーポートの屋根が破損、火災保険を使い補修のご提案
      横浜市緑区で台風によりカーポートの屋根が破損、火災保険を使い補修のご提案

         横浜市緑区のお客様から、先日の台風でカーポートの屋根の一部が破損し、割れてしまっているとの事がきっかけでお問合せを頂きました。 本日はその時の現場調査に伺ってきた様子をお伝え致します。 伺った際、建物は築40年程経っており、カーポートはいつ設置したか分からないとの事でした。だいたい15年前位かなと最後にお聞きしました。 よく支柱などにメーカー名や型番などが記し...続きを読む

      2018/08/4 遮熱塗料サーモアイを使う横浜市緑区の屋根外壁塗装の現場にて
      遮熱塗料サーモアイを使う横浜市緑区の屋根外壁塗装の現場にて

         スレート屋根塗装施工中の現場から。今回日本ペイント、遮熱効果が抜群のサーモアイシリーズを使うのですが、塗装の工程で一つ大事なところがあります。 縁切り(えんきり)と呼ばれていまして、塗装した後に何かしらの原因で屋根材の裏に雨水が入り込んでしまっても大丈夫なように、カッター等で切り込みを入れて雨水が留まらない様逃げ道を作る作業です。現在では時間や手間やコストの面、せっかくキ...続きを読む

      2018/08/4 横浜市緑区築15年スレート屋根を塗装する前に棟板金をビスで補強
      横浜市緑区築15年スレート屋根を塗装する前に棟板金をビスで補強

         本日は築15年、現在弊社で屋根外壁塗装中の現場より、本格的に下塗りからの塗装を始める前に、現場調査時にわかっていた棟板金の補強の様子をお伝え致します。 15年でそんなに棟板金の釘って抜けるもの?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、早い所では10年も経ちますと、よく現場調査でありますのが釘が抜けて飛んでなくなってしまっていたり、指で触るだけで回転するところなど、補強や...続きを読む

      2018/07/7 横浜市緑区|トップライトからの雨漏り、考えられる原因は!?
      横浜市緑区|トップライトからの雨漏り、考えられる原因は!?

         本日は横浜市緑区にお住いのN様より「最近の雨で、トップライト付近から雨漏りが確認されるようになったので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。N様宅は築15年、実は去年に屋根・外壁の塗装工事を行ったばかりだそうで、その時は屋根やトップライトについては特に不具合を指摘されたこともなく、雨漏りも起こしたことが無かったそうです。 室内から雨漏りが起こる箇所、軌道を確...続きを読む

      2018/06/14 築15年初めての屋根点検|横浜市緑区
      築15年初めての屋根点検|横浜市緑区

         本日は、築15年。初めての建物点検依頼を頂きました。 今回はスレート屋根調査になります。屋根もちょっと離れて見てみますと少しは状態がわかりますが、実際屋根に上がってさらに調べるとなりますと、とても危険なため点検は専門業者にお任せください。 屋根に上がらないと分からない事も御座いますので、全体をしっかり見させて頂きます。 きちんと安全を確保し梯子を架け...続きを読む

      2018/05/26 横浜市緑区|築、間もない建物での雨樋の詰まり・点検調査
      横浜市緑区|築、間もない建物での雨樋の詰まり・点検調査

         本日は横浜市緑区にお住まいのF様より、「雨が降る度に雨樋から水が溢れ、雨樋が機能していない様なので、一度、調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。F様宅は去年建てられたばかりの建物で、屋根の形状は片流れになっている特長的な建物になります。 片流れなので雨樋は片側だけに設置してあります。雨水は片側に設置してある雨樋に集中的 に流れる仕組みです。勿論、集水が追いつくよ...続きを読む

      2018/04/20 横浜市緑区|瓦屋根のトップライトを撤去いたしました
      横浜市緑区|瓦屋根のトップライトを撤去いたしました

         本日は横浜市緑区にお住いのF様宅のトップライト撤去工事の様子をお伝えいたします。F様宅では数年前から、強風を伴う雨の日などには、トップライト付近から雨漏りが確認されておりました。ここ最近になって、通常の雨でも漏れが確認され、内装の壁紙が剥がれる程になってきたことにより、今回、原因のトップライトの撤去工事を行うことになりました。 F様宅の屋根はモニエル瓦を使用した...続きを読む

      2018/01/30 横浜市緑区|セメント瓦の塗装とリスク
      横浜市緑区|セメント瓦の塗装とリスク

         本日は横浜市緑区にお住まいのT様宅にて、塗装のための調査に伺ってまいりました。T様宅は築14年、今回が初めてのメンテナンスになります。周辺の住宅もほぼ同じ時期に建てられた建物が多く、その周りの方が塗装などの工事を行っているのを観て、T様も建物に関するメンテナンスを意識するようになったそうです。 外壁に関しては汚れや色あせなどが目立ち始めてきているので、手を加える必...続きを読む

      2018/01/23 横浜市緑区|3階建てのお家、屋根の棟板金の釘浮き調査
      横浜市緑区|3階建てのお家、屋根の棟板金の釘浮き調査

         本日は横浜市緑区のお家に屋根棟板金の釘浮き調査に伺ってまいりました。こちらのお宅は築20年、いままで屋根のメンテナンスは一度も行った事がないそうです。今回は近くで工事を行っていた業者さんより、屋根の棟板金が浮いているとの指摘を受け、点検の依頼をしたとの事です。 ここ最近のご相談で多いのが「近くで工事を行っていた業者さんに屋根の異常を指摘された」との事です。屋根の上になると...続きを読む

      2018/01/21 化粧スレートが反ってくると塗装の目安|横浜市緑区
      化粧スレートが反ってくると塗装の目安|横浜市緑区

         「そろそろ家のメンテナンスがしたい」とのことで、横浜市緑区T様より調査のご依頼がありました。築13年目とのことで、メンテナンスが必要な時期に入っております。横浜市緑区T様のお宅の屋根は化粧スレートの屋根でした。化粧スレートには塗装をしなければならない目安がいくつかあります。今回はその中で、「化粧スレートの反り」についてお伝えします。横浜市緑区T様のお宅の化粧スレートも反っており...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市緑区の施工事例一覧

      横浜市緑区のビルでウレタン防水工事と目地シーリング補修を行い下階への雨漏りを改善

      【施工内容】
      防水工事 足場

      野地板を部分的に交換しながらオークリッジスーパーに葺き替え|横浜市緑区

      【施工内容】
      足場

      オークリッジスーパー

      横浜市緑区|瓦からジンカリウム鋼板エコグラーニへ葺き替え工事で屋根軽量化!

      【施工内容】
      瓦屋根から金属屋根へ屋根葺き替え 足場

      ディーズルーフィング エコグラーニ(ONIX)

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市港南区にて台風により壁伝いにある物置の屋根が飛散

      横浜市港南区にて台風により壁伝いにある物置の屋根が飛散

      既に築年数30年は経っているという横浜市港南区の物置小屋の屋根が台風により飛散し...続きを読む

      横浜市都筑区で笠木板金が台風により飛散、庭先に変形して落ちていました

      横浜市都筑区で笠木板金が台風により飛散、庭先に変形して落ちていました

      台風により屋根の上の棟板金が飛散してしまったなどのお問合せも多く頂いておりますが...続きを読む

      横浜市保土ヶ谷区にていつもより日差しを感じると思ったら庇のポリカがなくなっていました

      横浜市保土ヶ谷区にていつもより日差しを感じると思ったら庇のポリカがなくなっていました

      台風後にベランダに出たらいつもと何か違うと見回した所、ベランダにあります庇のポリ...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      横浜市金沢区で天窓からの雨漏りをスレート屋根葺き替え(天窓撤去)で改善
      横浜市金沢区で天窓からの雨漏りをスレート屋根葺き替え(天窓撤去)で改善
      施工内容
      屋根葺き替え,雨漏り修理,足場,火災保険
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー