屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

1月22~23日、2月1~2日の雪害調査、お任せください

1月22~23日、2月1~2日の雪害調査、お任せください

HOME > ブログ > 横浜市緑区|3階建てのお家、屋根の棟板金の釘浮き調査

横浜市緑区|3階建てのお家、屋根の棟板金の釘浮き調査

更新日:2018年1月23日

本日は横浜市緑区のお家に屋根棟板金の釘浮き調査に伺ってまいりました。こちらのお宅は築20年、いままで屋根のメンテナンスは一度も行った事がないそうです。今回は近くで工事を行っていた業者さんより、屋根の棟板金が浮いているとの指摘を受け、点検の依頼をしたとの事です。

ここ最近のご相談で多いのが「近くで工事を行っていた業者さんに屋根の異常を指摘された」との事です。屋根の上になるとご自身では簡単に確認はできない事もあり、指摘されれば気になるので点検の依頼をするというケースが増えてきています。指摘をする業者さんは屋根に上らず、遠目からの確認しただけの様ですが、屋根に関しては上って近くで確認をしない限り、板金の浮きや下地の状況に異常があるかの判断は出来ません。中には板金の浮きを指摘された方の調査で伺ってみると、一段高く設置されている事による勘違いや、形状が違う換気棟を棟が外れていると勘違いするなど、施工上問題がないケースも結構ございます。勿論、指摘をされれば気になるのは当然ですが、この様なケースもある事を知っておくと適切な判断、対応が出来るでしょう。

建物・外壁 ケラバ部分

早速、屋根に上り調査を行いたいところでしたが、こちらのお宅は3階建てになります。梯子を掛けて上るにも、架けるスペースや高さの問題で、外から上る事が困難です。そこで、バルコニー部分をお借りして、屋根に上る事を試みたのですが、ケラバ部分が出ている為、そこからも上る事が出来かねます。何とかのぞき込むことは出来ましたので、確認ができる範囲で点検を行いました。

棟板金釘浮き

すると、板金自体は浮いている訳ではないのですが、板金を止めている釘が所々浮いている(外れかけている)のが確認できます。おそらく経年による劣化が原因でしょう。釘が打たれているところの貫板が腐食していることも考えられます。また、風などの影響で外れてしますこともございます。強風などで板金が飛散してしまう原因の一つです。早く対処を行うに越したことはございません。

屋根表面 屋根材の劣化状況

板金自体に問題はなくとも下地の劣化がうかがえるのであれば、棟板金と貫板の交換工事が必要になります。下地に問題が無ければ、上からビスを打ち直す補修でまかなえることもございます。ただ、今回の場合、築20年でメンテナンスを行った事がないことを考慮に入れ、最低でも交換を行うのが良いでしょう。屋根材表面を見ても塗膜の劣化が顕著ですので、理想は全体的なメンテナンスを行う事です。

屋根の様子 3階建ての建物

今回のお宅では屋根に上るにしても足場の仮設が必要です。もし、棟板金の補修、工事を行うのなら、この機会に全体を見据えての工事を検討するのも一つです。今回は棟板金の調査ですが、後日、建物全体の点検・調査も行い、その上で工事内容を決めていく方向でお話が進みました。

街の屋根やさんでは点検・調査は無料です。工事を行うべきかなど、ご質問やお悩みがございましたら(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にご相談ください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市緑区のその他のブログ

      2018/02/16 横浜市緑区|セメント瓦屋根から雨漏り、部分補修か一面葺き替えか!?
      横浜市緑区|セメント瓦屋根から雨漏り、部分補修か一面葺き替えか!?

         本日は横浜市緑区にお住まいのF様宅より、リビングの明り取り「天窓」からの雨漏りでのご相談を頂きました。雨漏りは2~3年前から確認されていたそうで、先日の雪の影響で室内クロスが酷い状況になってきたことから、本格的に調査の依頼を考えたとの事です。 築27年、7年前に屋根外壁の塗装は行ったそうですが、天窓に関しては、今まで一度もメンテナンスを行った事がないそうです。天...続きを読む

      2018/01/30 横浜市緑区|セメント瓦の塗装とリスク
      横浜市緑区|セメント瓦の塗装とリスク

         本日は横浜市緑区にお住まいのT様宅にて、塗装のための調査に伺ってまいりました。T様宅は築14年、今回が初めてのメンテナンスになります。周辺の住宅もほぼ同じ時期に建てられた建物が多く、その周りの方が塗装などの工事を行っているのを観て、T様も建物に関するメンテナンスを意識するようになったそうです。 外壁に関しては汚れや色あせなどが目立ち始めてきているので、手を加える必...続きを読む

      2018/01/21 化粧スレートが反ってくると塗装の目安|横浜市緑区
      化粧スレートが反ってくると塗装の目安|横浜市緑区

         「そろそろ家のメンテナンスがしたい」とのことで、横浜市緑区T様より調査のご依頼がありました。築13年目とのことで、メンテナンスが必要な時期に入っております。横浜市緑区T様のお宅の屋根は化粧スレートの屋根でした。化粧スレートには塗装をしなければならない目安がいくつかあります。今回はその中で、「化粧スレートの反り」についてお伝えします。横浜市緑区T様のお宅の化粧スレートも反っており...続きを読む

      2018/01/15 塗装された屋根もチョーキングが発生します|横浜市緑区
      塗装された屋根もチョーキングが発生します|横浜市緑区

         横浜市緑区F様のお宅より、「屋根の状態を見て欲しい」とのご依頼がありましたので、調査にお伺いしました。「屋根を見ていると昔と色が違う感じがする」というお話がありましたが、横浜市緑区F様のお宅では、築17年で7年前に屋根塗装を行っておりました。さっそく屋根に上がって調査してみます。     【屋根の塗膜もチョーキングが発生】 横浜市緑...続きを読む

      2017/12/17 劣化の進行した化粧スレートは凍結により割れだします|横浜市緑区
      劣化の進行した化粧スレートは凍結により割れだします|横浜市緑区

         劣化の進行した化粧スレートは凍結により割れだします。「屋根が凍結?」とあまりピンと来ない方もいらっしゃると思いますが、屋根は気温の低下により凍ることがあります。特に冬になればなるほど、海に面している神奈川県でも凍ります。気温によりますので、神奈川県でも沿岸部よりは内陸部にあたる地域のほうが発生する回数は多いです。横浜市緑区S様のお宅へ屋根や外壁の調査にお伺いしましたが、凍結した...続きを読む

      2017/11/28 防水の劣化は即雨漏りに繋がります|横浜市緑区
      防水の劣化は即雨漏りに繋がります|横浜市緑区

         横浜市緑区で雨漏りの調査をおこないました。マンションの1階で雨漏りしていて、真上は2階のバルコニーになっていました。バルコニーが原因なのは間違いないのですが、どの様な傷みなのかをちゃんと調べる必要があります。2階のバルコニーを見てみると、防水がヒビ割れだらけになっているのがわかりました。これでは雨漏りしてしまうのもうなずけます。また、タイルの目地部分のコーキングも割れや隙間だら...続きを読む

      2017/08/25 横浜市緑区で雨漏りしている瓦屋根を直します
      横浜市緑区で雨漏りしている瓦屋根を直します

         横浜市緑区で雨漏りの調査をおこないました。先日の豪雨で2階の天井から雨漏りしたそうで、何が原因なのか屋根に上ってみてみましょう。 2階にある和室の敷目天井が雨漏りで捲れているのが分かります。先週の豪雨の時に急に雨漏りしてしまったそうで、結構な量の雨が流れてきたとの事でした。天井の上には屋根がありますので、原因になっている屋根の状態を見に上ってみました。 ...続きを読む

      2017/08/12 横浜市緑区で雨が降る前に葺き替え工事が完成しました
      横浜市緑区で雨が降る前に葺き替え工事が完成しました

         横浜市緑区で工事中の現場が完成しました。今日は雨が降ったり止んだりハッキリしない天気でしたが、工事は雨が降る前に完成して良かったです! 雨漏りしていたセメント瓦を撤去したあとに新しい屋根の下地になる野地板を張ります。合板を張ることで新しい屋根下地としての約割と屋根の補強にもなります。 野地板を張ったあとは防水紙(ルーフィング)を敷いていきます。屋...続きを読む

      2017/08/11 横浜市緑区で雨漏りしているセメント瓦の葺替え工事です
      横浜市緑区で雨漏りしているセメント瓦の葺替え工事です

         横浜市緑区で工事中の現場です。雨漏りしている屋根を新しく葺き替え工事をおこなっています。 最近毎日のように天気予報が変わって工事の予定がなかなか組みにくいのですが、天気を見極めてしっかりと工事を進めていきます。 屋根にはセメント瓦が葺いてあります。築年数が結構古い建物で、向かいは良く使われていた屋根材です。現在では造られていませんので部分的な葺き替え...続きを読む

      2017/07/29 横浜市緑区で雨漏りしているセメント瓦屋根の点検
      横浜市緑区で雨漏りしているセメント瓦屋根の点検

         横浜市緑区で屋根の調査をおこないました。 2階の天井から雨漏りしている、というのがお問い合わせの内容で、原因調査の為に伺いました。 屋根にはセメント瓦が葺かれていました。築50年近い建物で以前に屋根の半分は雨漏りのために葺き替え工事をおこなったそうです。その時残した部分から雨漏りしていました。 2階の押入れの天井板をどかして小屋裏の...続きを読む

      2017/07/15 横浜市緑区で雪で壊れてしまった雨樋を交換します
      横浜市緑区で雪で壊れてしまった雨樋を交換します

         横浜市緑区で屋根の調査をおこないました。 お問い合わせの内容は雨樋が壊れてしまったので見て欲しいという事でした。雨樋が壊れてしまったのは何故なのか、早速見てみましょう。 確かに雨樋が歪んでいて外側に傾いているのが分かります。お客様に話をお聞きすると、雪の時に壊れてしまったという事でした。実は屋根の上には太陽光パネルが設置してあるので、屋根の上に留ま...続きを読む

      2017/06/14 横浜市緑区アパートやマンションの大容量雨といも対応します
      横浜市緑区アパートやマンションの大容量雨といも対応します

         横浜市緑区のアパートで雨といの不具合とのことで調査にお伺いしました。 雨が降るとバシャバシャと2階の通路に落ちてくるそうです。落ちてくる箇所は1箇所だけではないとのこと。まずは現状を把握します。 雨といを確認します。雨といはアパートやマンションに使用される大容量雨といでした。一般の雨樋と比べるとサイズが大きいのが特徴です。アパートやマンションの屋...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市緑区の施工事例一覧

      横浜市緑区|瓦からジンカリウム鋼板エコグラーニへ葺き替え工事で屋根軽量化!

      【施工内容】
      瓦屋根から金属屋根へ屋根葺き替え

      ディーズルーフィング エコグラーニ(ONIX)

      横浜市緑区のアパートを断熱材付き金属系屋根材でカバー工事

      【施工内容】
      屋根カバー工法

      スーパーヒランビーきわみ

      横浜市緑区で大雪で破損した雨樋交換工事

      【施工内容】
      雨樋工事 雨樋交換

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー