屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 茅ヶ崎赤松町の15年が経過したスレートは、表面が傷んでひび割.....

茅ヶ崎赤松町の15年が経過したスレートは、表面が傷んでひび割れておりました

更新日:2019年8月9日

スレートは塗装でメンテナンスを行うことでより長持ちするようになります。茅ヶ崎市赤松町にお住いになられているU様のお宅より「屋根の色が変わってきたので一度見てほしい」とご不安なご相談がございましたのでお伺いいたしました。茅ヶ崎市赤松町U様のお宅で使用している屋根材はスレートでした。15年の間に塗装でのメンテナンスは一度も行っていなかったそうです。スレート屋根の点検を行うためにお邪魔いたしました。

15年が経過した塗装をしていないスレート

 

塗装していないスレートはひび割れが起こっておりました

ひび割れ始めたスレート 見づらいスレートのひび割れを拡大

茅ヶ崎市赤松町U様のお宅に到着して、さっそくスレート屋根に上がらせていただきます。スレートを至近距離で見ていくと汚れに隠れて見えづらかったひび割れが複数個所で確認出来ました。ひび割れには傾向があり、全てのひび割れが縦方向にひび割れておりました。スレートは傷んでくるとひび割れや欠損が発生するようになります。スレートは割れる屋根材であると認識しておかなくてはなりません。

 

スレートは塗装でのメンテナンスが必要になってきます

傷み始めた塗装をしていないスレート 表面が傷み始めたスレート

ひび割れや欠損は、たまたま強い風の影響により発生することがありますが、ひび割れや欠損が起こりやすい状態になっていることで発生することが殆どです。表面をよく見ると分かりますが、黒く染みになっておりその部分が傷んでおります。この状態は早めに塗装でメンテナンスを行わないと、塗装でのメンテナンスを行っても長持ちしなくなってしまいます。街の屋根やさんでは、屋根材をより長持ちさせるための屋根塗装工事も承っております。屋根材をより長持ちさせるための屋根塗装工事は、街の屋根やさんのお任せ下さい。

 

屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      茅ヶ崎市のその他のブログ

      2020/11/3 茅ヶ崎市浜竹でカーポートの屋根材が破損、屋根材だけの交換工事も行えます

       茅ヶ崎市浜竹にお住いになられているS様より「家の駐車場にあるカーポート」が破損してしまったと、お困りのご相談がございました。令和元年東日本台風の際に飛来物により割れてしまったそうです。気が付くのが遅かったということもありますが、カーポートを直す業者がどこにあるのか最初は分からなかったそうです。イン...続きを読む

      2020/10/2 茅ヶ崎市小和田で雨漏り発生、原因不明な場合は散水試験が効果的です

       「雨が降ると室内に漏れてきている」と雨漏りのご相談がございましたのは、茅ヶ崎市小和田にお住いになられているA様からでした。雨漏りが発生すると室内が濡れますので慌てる方も多いと思いますが、建物的にもとても良くありません。塗れる想定されて造られていない箇所が濡れますので、腐食や傷みが発生する危険性が出...続きを読む

      2020/09/16 茅ヶ崎市室田で瓦屋根の不具合、鬼瓦が倒れて棟瓦の銅線が切れておりました

       茅ヶ崎市室田にお住いになられているE様より「自宅の瓦屋根が傷んでいるようだ」とお困りのご相談がございました。築40年近い茅ヶ崎市室田E様のお宅の屋根は、新築当初から和瓦を使用した屋根でした。定期的にメンテナンスを行ってきてはいるものの、前回のメンテナンスからは20年近く経過しているようです。今回は...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      茅ヶ崎市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      24年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      スタンビー(セピア)

      その他の施工事例一覧→

      屋根塗装を行った現場ブログ

      2021/05/8 横浜市青葉区あざみ野のお住まいの屋根はスレート屋根材の割れや欠けの他、棟板金飛散の危険もありました

        横浜市青葉区あざみ野にお住まいのT様より、築15年が経過し、屋根のメンテナンスをお考えになっているとお問い合わせを頂きました。どのようなご提案が最適なのかを判断するためにも、屋根の状態を現地にて確認させていただきます。街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコー...続きを読む

      2021/05/5 横浜市金沢区長浜でスレート屋根の点検、棟板金の浮きとスレートの劣化が確認されました

       屋根で使用されている屋根材の種類はたくさんはありますが、スレートを使用している屋根が現在は一番多いです。スレートは元々割れる材質です。使用年数の経過とともに割れやすくなります。従ってスレートは塗装でのメンテナンスを行うことで長持ちしていく屋根材なのです。横浜市金沢区長浜にお住いになられているY様よ...続きを読む

      2021/05/1 横浜市都筑区茅ヶ崎東で築18年のスレート屋根を点検、スレートの表面が傷んで棟板金が無くなっておりました

       スレートは割れる物であり塗装を行うことでより長持ちする屋根材です。横浜市都筑区茅ヶ崎東にお住いになられているU様のお宅は、築18年が経過しておりスレートを使用した屋根でした。これまでに塗装でのメンテナンスを行ったことは無いそうで、「そろそろメンテナンスが必要なのではないか」と思われたことで点検のご...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根塗装を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      屋根 色 耐久性に関連するブログ

      2021/05/05 寺院の雨漏り、屋根修理などで知っておきたいポイント6選
       街の屋根やさんにおいて、その対象となる建物は様々です。一般的なお住まいだけでなく工場や倉庫、商業施設など大型の建物もあります。また、今回ご紹介します寺院など伝統的な屋根の工事などについても、使われている屋根材が茅葺きや檜皮葺(ひわだぶき)、柿葺(こけらぶき)など特殊な工法が必要でない場合は施工が可能です。  多くの寺院では瓦や金属などが使われているので ...続きを読む
      2021/05/03 川崎市麻生区栗木台でボロボロになったニチハパミールを葺き替え工事で直します
       川崎市麻生区栗木台で屋根の調査をおこないました。道路から屋根を見た時に大分ボロボロに見えるので一度状況を見て欲しいというご要望でした。  屋根はスレート葺きでニチハというメーカーのパミールが葺かれています。パミールはノンアスベストの化粧スレート材なのですが、スレート自体が何層にも剥離してしまう欠陥がある製品です。一般的にスレート屋根は塗装工事でのメンテナ ...続きを読む
      2021/05/01 瓦や棟だけじゃない!屋根の用語を知って屋根工事に役立てよう
       屋根の補修などを行う場合、いざ修理会社に連絡しようと思っても屋根の修理したい部分がなんという名称なのかわからないため、説明に困ったことはないでしょうか?一口で「屋根」といっても部分を指す名称はたくさんあり、その一つ一つに機能を有しています。このページでは修理やリフォームを行う上で最低限押さえておきたい代表的な用語についてご紹介いたします。なお、私達街の屋根 ...続きを読む
      2021/04/30 横浜市神奈川区白幡西町のお住まいの瓦屋根では、漆喰の劣化により棟瓦がズレてしまっていました
       今回は横浜市神奈川区白幡西町で瓦屋根の調査を行ったときの様子をご紹介いたします。  屋根面と屋根面とがぶつかり合う箇所を棟と呼びます。その棟にある瓦を棟瓦といいます。上の写真を見ると、本来真っ直ぐであるはずの棟が蛇行しているように見えます。  なぜこうなってしまったのかの原因を探っていきたいと思います。  街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対 ...続きを読む

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー