屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

台風14号による被害を受けてしまった方・受けたかもしれない方、街の屋根やさんが実施しているお住まいの無料点検をご利用ください

台風14号による被害を受けてしまった方・受けたかもしれない方、街の屋根やさんが実施しているお住まいの無料点検をご利用ください

HOME > ブログ > シーリング材とコーキング材って違うの?用途や種類を屋根工事の.....

シーリング材とコーキング材って違うの?用途や種類を屋根工事のプロがご紹介します

更新日:2020年6月5日

シーリング材やコーキング材、どちらも屋根や外壁の防水や気密性を高めるために使われます。人によってシーリング材という人もいればコーキング材という人もいて、それぞれは同じものなのか?その違いはあるのか?そのような疑問をもっている方もいるのではないでしょうか?このページではシーリング材とコーキング材の違いや、種類、屋根リフォームにおけるシーリング材の用途などについてご紹介いたします。

 

シーリングとコーキングは何が違うの?

シーリング材もコーキング材も実は違いはありません。同じものを違う呼び名で呼んでいるだけです。日本工業規格ではシーリング材は「構造体や建材の目地や隙間に充填して防水性や気密性を高めるための材料」と定義されています。それに対してコーキングは、油性コーキング材として規定されており天然油脂や合成油脂、アルキド樹脂などの展色材と石綿や炭酸カルシウムなどの鉱物質充填剤を混ぜ合わせて作成したペースト状のものとしています。
また、コーキングは「隙間を埋める」といった意味があり、シーリングは「密閉する」という理由があることから建設現場ではシーリングもコーキングも同じ意味で使われています。このページでは便宜上、シーリングと表現してお話しさせていただきます。

シーリング材

 

シーリング材の用途とは

建材の隙間を埋めたり、防水に使われるシーリング材ですが、具体的にどんなところに使われているのかご紹介いたします。

 

サイディングなどの目地

外壁材のサイディングやALCパネルは一枚の板状の建材をつなぎ合わせて壁面を仕上げていきます。その外壁材同士の繋ぎ部分を「目地」といいますが、ここには気密性や防水性を高めるためにシーリング材を充填させます。外壁塗装を行うタイミングで目地補修も合わせて行うことが多いのですが、リーリングは10年以上経つと硬質化してひび割れを発生したり、痩せて隙間が発生するため定期的に交換する必要があります。
ちなみにシーリング材が目地に使われる理由は、気密性、防水性の向上はもちろん、建物自体が地震の揺れや気温の変化で伸縮することに追従できるように柔軟性が必要だからです。シーリング材は実際に触ってみるとゴムのような弾力があり、この弾性により建物の揺れや伸縮に対応しています。

目地のシーリングがひび割れしている サイディングの目地のシーリング処理

 

接着剤としての用途

スレートが割れてしまった場合、シーリング材を使って補修するケースがあります。他にも棟板金のつなぎ目にもシーリングを充填させますが、これは接着剤としての処理に加え、内部への水分が入らないようにする防水の意味もあります。

スレートのひび割れ補修 スレートのひび割れをシーリングで補修

 

屋内のキッチンや洗面所、お風呂などの水場

水を扱うバスタブやシンクの壁や床にはシーリング材を使って防水し、水分が壁面から内部に浸透するのを防いでいます。このように屋外でも屋内においてもシーリング材は様々な用途で使われていますが、実は用途によって使われるシーリング材の機能にも違いがあります。お風呂やキッチンにはお湯を使うので、耐水性だけでなく耐熱性にも優れたシリコン系のシーラリング材を使います。

 

 

雨漏りの補修や応急処置

雨漏りの原因はとなる雨水の侵入口を塞ぐためにシーリング材を使います。ちょっとした隙間や軽微なひび割れや穴でしたらシーリング材を充填して雨漏りを止めることができます。例えば板金の穴あきや釘穴の抜けた箇所、他にもサッシのシーリングの劣化などによる雨漏りなどがあります。これらの補修にシーリング材を使うことは、あくまで一時的な応急処置であり、本格的な補修工事は後程行う必要があります。

棟板金の釘穴をシーリング処理 シーリング材で雨漏りの応急処置

 

他にも多くの箇所でシーリング材は使われています

上で紹介しました用途以外にお住まいの中では色々な箇所でシーリング材は使われています。下屋と外壁の取り合いであったり、サッシと外壁の取り合い、笠木の防水や雨樋の接合部など用途は様々です。

サッシまわりのシーリング 笠木のシーリング処理

 

シーリング材の種類

シーリング材は大きく分けてシリコン系(変成シリコン)、ウレタン系、アクリル系があります。そのかなでもサイディングの目地に使われるシーリング材は外壁塗装に合わせてシーリング材も打ち直すことから、外壁の塗装と一緒に塗装することを前提として塗装可能な変成シリコンのシーリングがお勧めです。また、屋外であることから紫外線や温度変化による劣化がしにくい耐用年数が長めというのもポイントです。
また、お風呂場などお湯を使う箇所には耐熱性のあるシリコン系が使われます。

シリコン系

耐久性がいことや紫外線に強い特徴があります。また、塗装ができるので外壁の目地に使われます。サイディングの目地だけでなく、ALCの目地やサッシ廻り、配管やダクト周辺などにも使われます。

 

ウレタン系

ALCのパネル目地やモルタルのひび割れ補修に使われます。弾性が高いことからクラック補修にも良く使われますが、紫外線に弱い特徴があり、サッシまわりなどには使われません。紫外線から守るために上から塗装をして使用するケースが多いです。他にもウレタン防水の下地処理にも使われます。

 

アクリル系

耐久性があまり高くないため、あまり外装リフォームでは使用されません。特徴として硬化すると弾性体になり湿気がある箇所でも施工できます。

 

シリコン系シーリング ALCのひび割れ

 

シーリングの補修方法

 シーリングの補修方法は2つあります。劣化症状に合った補修を行わないと、すぐに不具合が生じてしまいます。

・打ち替え
 現在のシーリング材を全て取り除き、新たにシーリング材を充填する方法です。劣化したシーリング材を取り除くので、寿命が伸びます。外壁の目地などほとんどのシーリング補修には打ち替えを行うのが理想的です。一方で、手間がかかるので費用は高くなります。

・打ち増し
 現在のシーリングの上に新しいシーリング材を重ねて補修する方法です。打ち替えのように劣化したシーリング材を取り除く手間がないので、打ち替えよりも費用は抑えられます。しかし、劣化したシーリングがそのまま残っているので、新しく充填したシーリング材とともに剥がれてしまってすぐに補修を行わなければならない可能性があります。窓のサッシ周りなどシーリング材を取り除くことができない場合に打ち増しを行います。

 シーリングは非常に重要な部分ではありますが、とても傷みやすい部分でもあります。そのため定期的にメンテナンスをする必要があります。「メンテナンスが面倒でシーリングを長持ちさせたい」という方には、耐用年数の高いオートンイクシードがお勧めです。耐用年数15年以上と言われており、耐久性に優れています。

 

シーリング材を使ったDIYはお勧めできない?

ホームセンターにいくとシーリング材は多くの種類が売られております。実際に家のひび割れなどのちょっとした補修を自分で修理してみようと意気込んでみたが、うまくいかずに街の屋根やさんにお問い合わせをいただくケースがあります。DIYが最近ブームになっているため、インターネットなどでも「自分でできる」といった文句でいかにも簡単に直すことができそうな印象があります。しかし、お住まいの事はなななか難しく、傍目ではシーリング材を埋めて治ったと思っても、逆に水分を引き込んで悪化させてしまったなんてこともあります。特に梯子が必要な屋根の上などは落下の危険がありお勧めできません。
私達街の屋根やさんではお住まいの無料点検を実施しており、お住まいの状況からどのような工事が最適かご提案させていただきます。また、工事が必要な場合は費用のお見積りも無料でお作りいたしますので、長く安心してお過ごしいただくためにも屋根の専門家である街の屋根やさんにお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

被害が出る前!? 出た後!? 屋根工事のタイミングはどちらがオトク
被害が出る前!? 出た後!? 屋根工事のタイミングはどちらがオトク
 建物の屋根に不具合が発生した場合、部分補修で済ますべきなのか、それとも思い切って全面的な改修をしてしまうのか、迷うことがあると思います。金銭的に余裕があるならば、全面改修の方が間違いはないのですが、世の中にそういう方は少数です。部分補修と全面改修、時と場合によってを使い分けるのが賢い屋根リフォーム…続きを読む
屋根工事のお見積りで気を付ける3つのポイント、見積もり項目や見方をご紹介
屋根工事のお見積りで気を付ける3つのポイント、見積もり項目や見方をご紹介
 そう思ったら、まずは情報収集ですよね。新聞の折り込み広告やインターネットで調べてみます。すると、何となく良さそうと思える業者が数社、見つかりました。どの業者もお見積もりは無料だそうです。ネットには『数社からお見積もりを取れば価格も比較できるし、相場も分かる』と書かれていたので早速、数社に連絡して…続きを読む
プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例
プロが見た!リフォーム現場での間違いだらけの屋根工事施工例
皆様がお家の新築を建てたい、リフォームをしたいと思ったら、ハウスメーカーや工務店、地元の施工業者等に相談することがほとんどだと思います。懇意にしている業者がいるという方は少ないでしょうし、一般の方がお家に関しての知識をほとんど持っていないからです。 大抵の場合、打ち合わせの段階で詳細な内容を聞いて、…続きを読む
屋根工事に関する工事別必要日数
屋根工事に関する工事別必要日数
 屋根工事をご発注いただく場合、気になることの一つに工事日数があると思います。確かに工事中は普段とは違い、施工スタッフなどがお住まいを出入りするので通常の生活が送れずご不便に感じることも多いと思います。最初に工事の日数がある程度わかっていれば、ご安心という声もよく伺います。 建物の大きさや工事の内容…続きを読む
最長15年の長期保証で屋根工事・屋根リフォーム後も安心できます
最長15年の長期保証で屋根工事・屋根リフォーム後も安心できます
 新築を建てた際、建物には保証が付いてくるのが一般的です。 大体、どこのハウスメーカーも似たりよったりの保証です。建物の構造物と雨漏りに関しては10年、その他の付帯部に関しては2年というところが多いのではないでしょうか?  そして雨漏りの保証もメーカーによりますが大体は「室内の仕上げ面を汚染し室内に…続きを読む
屋根工事・屋根リフォームを相談するのが初めての方に、相談の仕方をご紹介
屋根工事・屋根リフォームを相談するのが初めての方に、相談の仕方をご紹介
 「屋根のことで悩んでいるけど、どこに相談したらよいか分からない」、「一度、電話をかけるとしつこく営業されそう」、「屋根の状態が悪いことは分かっているけど、各部の名称が分からないから、話がうまく伝わるか分からない」、こういったことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。  街の屋根やさんではお電話…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      シーリング材に関連するブログ

      2020/09/08 瓦のずれを防止するラバーロック工法の注意点と正しい施工方法を知りましょう
       昔ながらの瓦を使用しているお住まいの方で「以前は強風でもこれほどずれることが無かったのに…」と思った経験はございませんか?瓦は1枚単体でも交換できるように釘止めされていないお住まいもございますが、瓦の凹凸部分をかみ合わせるように取り付けていることから風が吹いてもずれにくい設計になっています。塗装が必要ない瓦は漆喰やずれを補修していれば長く使用できますが、瓦 ...続きを読む
      2020/07/06 冬では遅い!屋根に雪止めを付けるメリットと安く設置を行う方法をご紹介
       天候の変動が多い近年、猛暑もさながら降雪や豪雨なども多いと感じます。皆さん冬に近づくにつれ、積雪対策を検討していくのですが実際は雪がいつ降るかは見当もつきませんよね?天気予報を確認し「雪止めを付けなければ」「カーポートの補強をしなければ」なんて思ったタイミングではすでに遅いのです。また冬は霜が降り屋根が濡れることで本来は出来るはずの屋根工事の時間も短くなっ ...続きを読む
      2020/05/22 台風後にチェックするべきケラバのメンテナンス方法と破風板との違い
       屋根リフォーム・メンテナンスの際によくわからない部位が見積もりに記載されていることがありませんか?建築の専門用語は言葉からどこかというのがイメージしにくく難しいですよね? 皆さんはその中でも「ケラバ」というのがどこか、またどのようなメンテナンスが適しているのかをご存じでしょうか?おそらくどの部位かもわからないという方が多いかと思いますので、今回は場所か ...続きを読む
      2020/05/14 意外と多い笠木からの雨漏りを防ぐ方法を一挙ご紹介
       住宅は経年劣化によって屋根や外壁、バルコニーなど様々な場所から雨漏りを起こすリスクを抱えています。中には雨漏りの原因がわからず困っている、なぜかバルコニーの防水工事をしたにも関わらず雨漏りが止まらないなど解決できない雨漏りに頭を抱えていらっしゃる方もいます。実は雨漏りを起こす原因として最も高いのは屋根や屋根と外壁の取り合い部分が挙げられますが、「笠木」から ...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン