屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 茅ヶ崎市高田で傷み過ぎたスレート屋根に、立平葺きのスタンビー.....

茅ヶ崎市高田で傷み過ぎたスレート屋根に、立平葺きのスタンビーを使用して屋根カバー工事

更新日:2020年9月18日

【施工前】

【施工後】

築年数28年

平米数81.2㎡

施工期間5日間

使用材料スタンビー(セピア)

費用140.3万円

保証10年間

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコン屋根カバー工法

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 屋根の勾配が緩い屋根を低勾配な屋根と呼びますが、この低勾配な屋根は、雨が降った後に雨水が屋根面に留まりやすいため、屋根材によっては傷みのが速くなる恐れがございます。また雨漏りに繋がることがございます。ですので、低勾配な屋根にとって使用する屋根材と言うのは慎重に選ばなくてはなりません。特に3.5寸というのは目安になっているようで、3.5寸よりも低勾配な屋根で使用可能な屋根材は、本当はかなり絞られております。
 茅ヶ崎市高田F様のお宅の屋根は、低勾配でありながらスレートを使用した屋根でした。勾配が3.5寸でしたので使用しても問題はございませんが、雨が降った後に雨水の流れが悪く溜まりやすいため、スレートの傷みの進行が速かったようです。スレートの端部が割れ出していて欠損が複数個所ございました。また、このスレートに塗装でメンテナンスされていた形跡があり、タスペーサーを差し込んだ箇所がことごとく割れておりました。茅ヶ崎市高田F様のお宅は道路よりも少し下がった位置に建てられており、屋根が道路から見えやすい環境にあったため気が付くことが出来たそうです。
 このように低勾配な屋根のメンテナンスでは、屋根カバー工事であったとしても屋根葺き替え工事であったとしても板金屋根が適しております。板金屋根の中でも横方向に継ぎ目がある横葺きよりも、縦方向に継ぎ目のある縦葺きがより適しております。茅ヶ崎市高田F様のお宅で行った今回の屋根カバー工事では、縦葺きの中の一種となる立平葺きで仕上げました。稲垣商事さんのヒランビーを使用して屋根カバー工事を行いました。
 新型コロナウイルス(covid-19)の影響が後を絶ちません。私達、街の屋根やんでは、マスク借用やソーシャルディスタンス、zoomを利用しての打合せなどの対策を行っております。
 屋根の勾配が緩い屋根を低勾配な屋根と呼びますが、この低勾配な屋根は、雨が降った後に雨水が屋根面に留まりやすいため、屋根材によっては傷みのが速くなる恐れがございます。また雨漏りに繋がることがございます。ですので、低勾配な屋根にとって使用する屋根材と言うのは慎重に選ばなくてはなりません。特に3.5寸というのは目安になっているようで、3.5寸よりも低勾配な屋根で使用可能な屋根材は、本当はかなり絞られております。
 茅ヶ崎市高田F様のお宅の屋根は、低勾配でありながらスレートを使用した屋根でした。勾配が3.5寸でしたので使用しても問題はございませんが、雨が降った後に雨水の流れが悪く溜まりやすいため、スレートの傷みの進行が速かったようです。スレートの端部が割れ出していて欠損が複数個所ございました。また、このスレートに塗装でメンテナンスされていた形跡があり、タスペーサーを差し込んだ箇所がことごとく割れておりました。茅ヶ崎市高田F様のお宅は道路よりも少し下がった位置に建てられており、屋根が道路から見えやすい環境にあったため気が付くことが出来たそうです。
 このように低勾配な屋根のメンテナンスでは、屋根カバー工事であったとしても屋根葺き替え工事であったとしても板金屋根が適しております。板金屋根の中でも横方向に継ぎ目がある横葺きよりも、縦方向に継ぎ目のある縦葺きがより適しております。茅ヶ崎市高田F様のお宅で行った今回の屋根カバー工事では、縦葺きの中の一種となる立平葺きで仕上げました。稲垣商事さんのヒランビーを使用して屋根カバー工事を行いました。
 新型コロナウイルス(covid-19)の影響が後を絶ちません。私達、街の屋根やんでは、マスク借用やソーシャルディスタンス、zoomを利用しての打合せなどの対策を行っております。


担当:佐々木


【調査の様子】

棟板金と換気棟

茅ヶ崎市高田にお住いになられているF様のお宅の屋根は、スレートを使用した屋根で過去に屋根塗装を行っておりました。屋根塗装をしてから5年ほど経過しておりますが、すでにスレート屋根が傷みだしているとのことでした。

 実際に茅ヶ崎市高田F様のお宅にお伺いして屋根に上ってみると、全体的に白っぽい染みのような模様が出来ておりました。屋根塗装をしてから5年しか経過していないとは思えない状態でした。実際に白っぽい部分を近くで見てみました。

 

端部に染みが出来ているスレート 欠損部からタスペーサーが見えているスレート

 スレートに出来ている白っぽい染みには規則性があることが分かりました。それはスレート1枚1枚の端部に染みが出来ているということです。屋根塗装をした際にタスペーサーが差し込んでおいたようですが、タスペーサーが差し込んである部分に欠損が多く見られました。

 茅ヶ崎市高田F様のお宅の屋根勾配は非常に緩く低勾配です。スレートは取り付ける屋根の勾配が緩い方が傷む速度が速い傾向がございます。紫外線を受けやすいのと、雨が止んだときにスレートの表面に雨水が滞留しやすからです。傷み過ぎたスレートにメンテナンスを行っても十分に効果が得られませんので、屋根カバー工事でメンテナンスすることになりました。

 

 

【施工の様子】

粘着型ルーフィング

 屋根カバー工事は既存の屋根材を撤去せずに新しい屋根材を取り付ける工法です。まずは軒先に設置されていた雪止め金具と取り除きます。サンダーなどの切断することの出来る工具を使用して立ち上がった部分を切断していきます。そして棟板金とその貫板も取り外してしまいます。これにより屋根面が平らになります。

 屋根面を平らにするのは、この次の工程でルーフィング(防水紙)を敷設する際の障害を無くすという理由がございます。

 

 

【ルーフィングを敷設】

田島のルーフィング 屋根カバー工事を行うための下葺き

 茅ヶ崎市高田F様のお宅の屋根カバー工事で使用したルーフィング(防水紙)は、粘着型のルーフィングを使用しました。田島ルーフィングさんのタディスセルフカバーというルーフィングを使用いたしました。

 ロール状に梱包されているタディスセルフカバーはロールを解くと裏紙が貼ってあります。この裏紙を剥がすと粘着する面が出てきます。ロールを解いて横方向に移動させながら位置取りを行い、それから裏紙を剥がしてスレートの表面に貼っていきます。軒先側から棟側に向かって横方向に敷設していきます。

 

 

【新しい屋根材を取付け】

立平葺き 立平葺きの本葺き

 ルーフィング(防水紙)の敷設が終わると新しい屋根材を設置していきます。新しい屋根材は、低勾配な屋根に抜群の効果を発揮するガルバリウム鋼板製の縦葺きです。稲垣商事さんが販売しているスタンビーを使用しました。

 屋根カバー工事に入る前に屋根の全体の寸法を詳細に出して、それ基づいて予めある程度の形にして現地に運び込みます。現場で行う作業が減るため、現場での施工がスムーズに進行して工期も短くなります。

 

 

【棟納め】

棟納め 樹脂製貫板を取付け

 スタンビーを屋根面に固定し終えると、棟の納めに入ります。棟というのは屋根の頂上部分のことを指します。屋根面の角度が変わるところのことです。この部分は屋根材と屋根材に隙間が埋めれてしまう箇所でるために、この部分専用の部材を被せるように固定します。

 予め貫板と呼ばれる棟に被せる板金を固定するための下地を取付けたうえで固定します。最近では木製の貫板よりも樹脂製の貫板が主流になりつつあります。樹脂製の貫板は木製の貫板と比べると腐食しませんので耐久性に優れてります。

 

樹脂製貫板取付け 新規換気棟取付け

 茅ヶ崎市高田F様のお宅の棟には元々換気棟が1箇所設けられておりましたので、屋根カバー工事でも新しい換気棟へ取り換えます。換気棟は、小屋裏内部にこもった熱気や湿気を排出するための換気方法の際に用いられる装置です。

 熱気や湿気は上に向かっていきますので、棟部分に排出する装置があると換気されやすのです。換気棟の部分だけ隙間出が来ますが、雨が降っても雨水が入り込まないように設計されております。

 

 

【雪止め金具取付け】

雪止め金具設置立平葺き Lアングル型の雪止め

 軒先側には雪止め金具を設置します。一般的な雪止め金具は1つ1つは独立して固定されておりますが、今回取り付けた雪止め金具はL型のアングルを使用して端から端までより雪が止まりやすいように造りました。

 ガウルバリウム鋼板などの金属を使用した屋根面をとても滑りやすくスレートとは滑り具合が全く違います。茅ヶ崎市高田F様のお宅の隣にはマンションが建てられており、小さいお子さんがよく駆け回っているとのことでしたので、あえてより止まりやすい雪止めを設置しました。

 

 

【完成】

立平葺き完成

 茅ヶ崎市高田F様のお宅の屋根カバー工事が完成いたしました。スレートを使用していたときと違ってかなり規則正しい模様に見えます。色はセピアと呼ばれる焦げ茶色やチョコレート色と呼ばれる色を使用いたしました。

 「板金を使った屋根は古い感じがする」と最初は心配だったようですが、工事が進むにつれて不安が安心に変わったそうです。ヒランビーは勾配の緩い低勾配な屋根に最適であり、横葺きの屋根と比べると雨漏りのリスクは低く、瓦棒葺きのように固定するときに木材も使用しませんので傷むリスクも軽減された葺き方なのです。勾配の緩い低勾配な屋根にスタンビーはおすすめです。

 

 

【一ヵ月点検、ドローン撮影】

屋根ドローン撮影

 茅ヶ崎市高田F様のお宅の屋根カバー工事が完工して約一か月が経過致しましたので一か月点検を実施行いました。縦と横のラインが規則正しくピシッとした感じが映えて見えます。ドローンは施工した範囲全体を捉えることが可能なのが特徴です。これは足場の上や屋根面からでは撮ることが出来ません。ドローンでしか撮影の出来ない上空から見下ろした外観は、お客様にとって一つの楽しみとなるようです。

 施工した範囲全体が納まっている写真があった方が、より確認しやすくご安心いただけるとのご意見を頂戴しております。街の屋根やさんではドローンを導入した現地調査や定期点検も行っております。よろしくお願いいたします。

 

 

 

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事の種類
屋根工事の種類
皆さまの屋根は大丈夫でしょうか?みなさん自分の住宅の屋根に上ったことがあるでしょうか?殆どのみなさんは上った事がないのが普通ではないでしょうか?なぜなら、まず屋根に上るだけも危険ですし、せっかく上ってみても屋根に関しての専門知識ががなければ状態を判断する事は難しいでしょう。わたしたちはこれまで10,…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法,雨漏り修理,庇工事
      築年数
      30年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブラウン

      茅ヶ崎市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      24年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック


      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      18年
      使用材料
      コロニアルクァツド(メロウオレンジ)


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市中区本牧元町にて築30年以上ノーメンテナンスのスレート屋根調査、隅棟の差し棟板金が外れており内部にある防水紙が傷んでおりました

      2021/01/16 横浜市中区本牧元町にて築30年以上ノーメンテナンスのスレート屋根調査、隅棟の差し棟板金が外れており内部にある防水紙が傷んでおりました

       横浜市中区本牧元町にお住まいのK様より、とおりがかりの業者に屋根の何かが外れそうと指摘されて心配になり街の屋根やさんへ屋根のご相談を頂きました。  お話をお伺いしますと、とある日自宅横に坂道を下りてきた訪問業者より、屋根が見えたら何か板みたいな物が外れそうだと指摘を受けたそうです。自分でも坂道に...続きを読む

      横浜市金沢区並木にて築20年一度もメンテナンスをしていなかったスレート屋根、強風の影響にて棟板金が下地材ごと飛散してしまいました

      2021/01/10 横浜市金沢区並木にて築20年一度もメンテナンスをしていなかったスレート屋根、強風の影響にて棟板金が下地材ごと飛散してしまいました

       横浜市金沢区並木にお住まいのK様より、最近の強風の影響だと思うが自宅の屋根材の何かが外れて庭先に落ちているので見に来てほしいとご相談を頂きました。まだその時点では自宅の物かわからないけれど、どいうことでしたのでさっそくお打合せをし現地調査にお伺いさせて頂きました。  現在年末年始にかけ新型コロナ...続きを読む

      横浜市鶴見区朝日町で塗装されたスレートのひび割れ、屋根全体のメンテンナンスが必要でした

      2020/12/23 横浜市鶴見区朝日町で塗装されたスレートのひび割れ、屋根全体のメンテンナンスが必要でした

       近年多くの住宅の屋根に使用されているスレートは、傷んでくるとひび割れたり亀裂が入ったりしますが、元々新品の段階から割れることのある屋根材です。横浜市鶴見区朝日町にお住いになられているU様のお宅では、過去に塗装を行っているスレート屋根でしたが、「屋根がひび割れているようだ」とご不安なご相談がございま...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン