屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎまし.....

横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎました

更新日:2017年4月15日

【施工前】
笠木交換前

【施工後】
笠木交換工事完了

足場アイコン

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:魚住


横浜市鶴見区の現場になります。外壁塗装工事中でしたが、施工中に笠木がしっかりと固定されていない、フカフカするような感覚があるという事で、交換工事のご相談を頂きました。
笠木はベランダや手摺の上にかぶさっている仕上げ材の事で、躯体を腐食から守る役割を持っています。劣化や誤った補修工事をしてしまうと雨水が入り込みやすくなり、腐食の原因になってしまいますので、点検の上新たに交換工事を行いました。
横浜市鶴見区の現場になります。外壁塗装工事中でしたが、施工中に笠木がしっかりと固定されていない、フカフカするような感覚があるという事で、交換工事のご相談を頂きました。
笠木はベランダや手摺の上にかぶさっている仕上げ材の事で、躯体を腐食から守る役割を持っています。劣化や誤った補修工事をしてしまうと雨水が入り込みやすくなり、腐食の原因になってしまいますので、点検の上新たに交換工事を行いました。


ITS事業部:魚住


笠木交換 塗装シーリング

どの住宅にも様々な所に笠木というものは取り付けられています。あまり馴染みのない箇所ですが、塀やベランダの手すり・腰掛の一番上に取り付けられている物を笠木とまとめて言います。素材は住宅によって異なりますが、割と新しい住宅は金属製のものが多く、工務店の図面等はパラキャップとも呼ばれています。

金属製の他にセメント・石・木材と、その住宅の雰囲気にあった素材で躯体を雨水から守っています。しかし、笠木の取付場所は紫外線や雨水も良く当たり、過酷な環境下に置かれている事でしょう。 その環境下の経年劣化により、笠木もしくは笠木の継ぎ目が腐食し、内部もろとも腐食を起こしてしまいます。

 

また、劣化を認められなくとも、仮に笠木を補修したことがあったとしても誤った施工をしていた場合腐食に繋がります。例えば笠木と外壁の取り合いは雨水が吹き込まないようにシーリング施工で塞ぐことが必要です。しかし、施工の段階で笠木の長さがあまりに短い、水切りがないもしくは塞がれていると言った現場・補修施工はまだまだ多く、トラブルを引き起こすことがあります。

錆び,腐食 表面,錆び

住宅にはどのような場所にも隙間は存在します。当然雨水が当たり、侵入する箇所は塞がなければなりませんが、水が通り抜けられるようにあえて隙間を設けている箇所もあります。住宅の構造と取り付けている意味を理解し、補修に当たる必要があるというわけです。 こちらの笠木は表面が経年劣化によって錆が表面に発生しているようでした。このまま保護をせずにいると錆が進行・金属そのものが腐食し穴あきを起こしてしまいます。金属は頑丈ですし、ガルバリウム鋼板は亜鉛メッキ鋼板と比較してもその耐久性の違いは雲泥の差です。が、無機系の素材ではありませんのでいずれは必ず腐食してしまいます。

笠木捲れ 接着

フカフカした印象がありましたので剥がしてみました。笠木は一度取り外してしまうと曲がり再利用できなくなってしまいますね。今後、交換工事をさせて頂きますが疑わしいと思う根拠がない限り、剥がしたくはないものですね

木材下地 下地

笠木の内部です。下地の木材が雨水が侵入したことによって木材に水が溜まり腐食してしまっています。こうなると下地が傷み、固定も弱く、フカフカというような感触になるかもしれませんね。木材の下、モルタルがつぎはぎの様になってはいますが、笠木によって隠れることを前提とし設計・建築されていますので施工上は問題ありません。

笠木交換 シーリング施工

笠木約30m近くの交換工事が完了です。笠木の継ぎ目にはしっかりとシーリングで防水施工を行い、雨水が入らないように施工していきます。麻木は住宅によって幅も長さもそれぞれですので、現場加工が多くなります。しかし、適切な施工をすることで雨水の侵入を防いでいます。重ね・シーリングは特に注意し、隙間のない笠木を取り付ける必要があります。

シーリング 取り合い

コーナー・取り合いにシーリング施工を行い工事は完了です。アルミ等既製品ではない限り、下地上に防水紙を張り雨水による腐食が起きないように施工します。笠木ん取り付け後は、錆が発生しないように表面を傷つけないようにしていきましょう。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法,その他の工事
      築年数
      15年
      使用材料
      スーパーガルテクト 
       (Sシェイドモスグリーン)

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      12年
      使用材料
      ポリカーボネート

      横浜市鶴見区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年
      使用材料
      コロニアル遮熱グラッサ 


      同じ工事のブログ一覧

      座間市さがみ野にて屋根調査、塗装せず20年以上経過したコロニアル屋根の傷みとは

      2020/05/30 座間市さがみ野にて屋根調査、塗装せず20年以上経過したコロニアル屋根の傷みとは

       塗装が必要な屋根材であるコロニアル・化粧スレート屋根を長い間リフォームしていないと、きちんと屋根材の機能を果たしてくれず、雨漏りに繋がります。  本日は座間市さがみ野にて、屋根葺き替え工事を検討されていらっしゃるお客様よりお問合せを頂き調査に伺った際の様子をご紹介致します。こちらの建物は下屋が建...続きを読む

      藤沢市遠藤にて強風によりスレート屋根が破損、屋根葺き替え工事の着工までにこれ以上傷まないよう養生を行いました

      2020/05/25 藤沢市遠藤にて強風によりスレート屋根が破損、屋根葺き替え工事の着工までにこれ以上傷まないよう養生を行いました

       本日は藤沢市遠藤にて屋根葺き替え工事着工までの間に、今以上屋根の傷みが広がらないように「養生」を行った時の様子を紹介します。  屋根葺き替え工事を行うことになったきっかけは強風によりアンテナが倒れていざ調べてみたら想像以上にスレート屋根に傷みが広がっていました。小屋裏に湿気が溜まりやすい構造にな...続きを読む

      茅ヶ崎市鶴嶺で起こった雨漏りの原因は、屋根のように見えて外壁でした

      2020/05/19 茅ヶ崎市鶴嶺で起こった雨漏りの原因は、屋根のように見えて外壁でした

       雨漏りが発生する原因は屋根だけではございません。建物かたちや造りによって屋根が原因のように見えて他のところであることもございます。茅ヶ崎市鶴嶺にお住いになられているA様のお宅では、「以前に増築し境目から雨漏りしているようだ」と、お困りのご相談がございました。確かに増築した部分と既存の建物の境目は雨...続きを読む

      お問い合わせバナー

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!