屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎまし.....

横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎました

更新日:2017年4月15日

【施工前】
笠木交換前

【施工後】
笠木交換工事完了

施工内容 笠木交換工事

足場アイコン

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


横浜市鶴見区の現場になります。外壁塗装工事中でしたが、施工中に笠木がしっかりと固定されていない、フカフカするような感覚があるという事で、交換工事のご相談を頂きました。
笠木はベランダや手摺の上にかぶさっている仕上げ材の事で、躯体を腐食から守る役割を持っています。劣化や誤った補修工事をしてしまうと雨水が入り込みやすくなり、腐食の原因になってしまいますので、点検の上新たに交換工事を行いました。
横浜市鶴見区の現場になります。外壁塗装工事中でしたが、施工中に笠木がしっかりと固定されていない、フカフカするような感覚があるという事で、交換工事のご相談を頂きました。
笠木はベランダや手摺の上にかぶさっている仕上げ材の事で、躯体を腐食から守る役割を持っています。劣化や誤った補修工事をしてしまうと雨水が入り込みやすくなり、腐食の原因になってしまいますので、点検の上新たに交換工事を行いました。


担当:富田


笠木交換 塗装シーリング

どの住宅にも様々な所に笠木というものは取り付けられています。あまり馴染みのない箇所ですが、塀やベランダの手すり・腰掛の一番上に取り付けられている物を笠木とまとめて言います。素材は住宅によって異なりますが、割と新しい住宅は金属製のものが多く、工務店の図面等はパラキャップとも呼ばれています。

金属製の他にセメント・石・木材と、その住宅の雰囲気にあった素材で躯体を雨水から守っています。しかし、笠木の取付場所は紫外線や雨水も良く当たり、過酷な環境下に置かれている事でしょう。 その環境下の経年劣化により、笠木もしくは笠木の継ぎ目が腐食し、内部もろとも腐食を起こしてしまいます。

 

また、劣化を認められなくとも、仮に笠木を補修したことがあったとしても誤った施工をしていた場合腐食に繋がります。例えば笠木と外壁の取り合いは雨水が吹き込まないようにシーリング施工で塞ぐことが必要です。しかし、施工の段階で笠木の長さがあまりに短い、水切りがないもしくは塞がれていると言った現場・補修施工はまだまだ多く、トラブルを引き起こすことがあります。

錆び,腐食 表面,錆び

住宅にはどのような場所にも隙間は存在します。当然雨水が当たり、侵入する箇所は塞がなければなりませんが、水が通り抜けられるようにあえて隙間を設けている箇所もあります。住宅の構造と取り付けている意味を理解し、補修に当たる必要があるというわけです。 こちらの笠木は表面が経年劣化によって錆が表面に発生しているようでした。このまま保護をせずにいると錆が進行・金属そのものが腐食し穴あきを起こしてしまいます。金属は頑丈ですし、ガルバリウム鋼板は亜鉛メッキ鋼板と比較してもその耐久性の違いは雲泥の差です。が、無機系の素材ではありませんのでいずれは必ず腐食してしまいます。

笠木捲れ 接着

フカフカした印象がありましたので剥がしてみました。笠木は一度取り外してしまうと曲がり再利用できなくなってしまいますね。今後、交換工事をさせて頂きますが疑わしいと思う根拠がない限り、剥がしたくはないものですね

木材下地 下地

笠木の内部です。下地の木材が雨水が侵入したことによって木材に水が溜まり腐食してしまっています。こうなると下地が傷み、固定も弱く、フカフカというような感触になるかもしれませんね。木材の下、モルタルがつぎはぎの様になってはいますが、笠木によって隠れることを前提とし設計・建築されていますので施工上は問題ありません。

笠木交換 シーリング施工

笠木約30m近くの交換工事が完了です。笠木の継ぎ目にはしっかりとシーリングで防水施工を行い、雨水が入らないように施工していきます。麻木は住宅によって幅も長さもそれぞれですので、現場加工が多くなります。しかし、適切な施工をすることで雨水の侵入を防いでいます。重ね・シーリングは特に注意し、隙間のない笠木を取り付ける必要があります。

シーリング 取り合い

コーナー・取り合いにシーリング施工を行い工事は完了です。アルミ等既製品ではない限り、下地上に防水紙を張り雨水による腐食が起きないように施工します。笠木ん取り付け後は、錆が発生しないように表面を傷つけないようにしていきましょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り
意外と多い笠木が原因のベランダ・バルコニーからの雨漏り
 お住まいの天敵である雨漏り。雨漏りというと「屋根から」というイメージをお持ちの方が大半だと思いますが、実はベランダやバルコニーから、さらには笠木が原因となり雨漏りが発生することが意外に多いということをご存じでしたでしょうか?  建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの手すり壁…続きを読む
屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法
屋根工事と雨漏り補修に必要なシーリングやコーキングの種類と使用法
 一般的な戸建て住宅だけでなく、ビルなどの建物においてもさまざまな箇所に使われているのがコーキング剤やシーリング材と呼ばれる充填剤です。容器に入っている時は半固体状の粘弾性を持ち、乾燥して固まるとゴムのような弾性を持つ物質になります。主に建築資材と資材の隙間に充填され、それらの接触による破損を防ぐ緩…続きを読む

横浜市鶴見区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市鶴見区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市鶴見区特設ページはこちら

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法,その他の工事
      築年数
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)、雨樋(半丸105 黒)

      施工内容
      屋根新設,その他の工事
      築年数
      30年
      使用材料
      鎌倉製作所 特注ドーム型トップライト

      横浜市鶴見区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      25年
      使用材料
      ファインパーフェクトベスト(Jブラック)


      施工内容
      その他の工事
      築年数
      33年
      使用材料
      日本瓦(オレンジ)


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市磯子区杉田のお住まいで強風による、ベランダテラス屋根のポリカーボネート板の落下被害

      2021/02/18 横浜市磯子区杉田のお住まいで強風による、ベランダテラス屋根のポリカーボネート板の落下被害

       横浜市磯子区杉田にお住まいのM様より、先日の強風で2階ベランダのテラス屋根が1枚外れてしまったので、修理の見積りをしてほしいとのお問い合わせをいただきました。早速調査のため現地に伺うと、写真のように2階ベランダ部分の屋根が一部外れてしまっているのがお住まいの正面からでも確認できました。  現在新...続きを読む

      横浜市南区六ッ川で笠木の調査、手摺の柱と笠木の隙間は雨漏りの危険性があります

      2021/01/20 横浜市南区六ッ川で笠木の調査、手摺の柱と笠木の隙間は雨漏りの危険性があります

       雨漏りは建物の色々な箇所から発生する危険性があります。屋根からと思われている方も多いようで、もちろん屋根から発生する雨漏りが件数的には一番多いですが、屋根以外からの発生する可能性のある箇所も注意しておかなくてはなりません。横浜市南区六ッ川にお住いになられているT様のお宅でも雨漏りに繋がりそうな箇所...続きを読む

      横浜市青葉区あざみ野にて強風が吹いた翌日に訪問業者に指摘された屋根点検調査を行いました

      2021/01/11 横浜市青葉区あざみ野にて強風が吹いた翌日に訪問業者に指摘された屋根点検調査を行いました

       横浜市青葉区あざみ野にお住まいのS様より、最近強風が続いたとある日に訪問業者にお宅の屋根材が飛びそうですから修繕した方がいいと言われたが、信用できないのでしっかりと点検してくれる所を探していた所、街の屋根やさんへご相談を頂きました。  築は古いが数年前に屋根葺き替え工事を行っているとの事で、指摘...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる