屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市鶴見区.....

横浜市鶴見区で屋根工事・雨漏り修理なら街の屋根やさん横浜

令和元年房総半島台風や令和元年東日本台風後、 横浜市鶴見区でまだお家の点検を受けていないという方はいらっしゃいませんか?

令和元年房総半島台風(台風15号)・令和元年東日本台風(台風19号)で被災した横浜市鶴見区のお家の数々
 何日も続いた停電、それが解消したのに流通しない食品、本当に令和元年房総半島台風(台風15号)接近から通過、そしてそれ以降も本当に大変でした。横浜市鶴見区でお家が被災してしまった方も多いのではないでしょうか。現在もブルーシートで屋根を養生されているお家をかなり見かけます。私たち街の屋根やさんもこれまでに被害を受けたお家を養生したり、その復旧のための工事を多く行ってきました。

 「近隣の家は被害を受けたけど、私の家は幸いにも被害を受けなくて良かった」と思っている方もおられるでしょう。そういった場合でも、必ず点検は受けておいてください。私たち街の屋根やさんからのお願いです。点検を受けて「何も問題はありませんでした」ということがハッキリすれば、安心して生活できますよね。もし、被災していた場合は次に同規模の台風が来たら、被害が甚大化してしまう可能性が高いですから、直しておかなくてはなりません。いずれにせよ、信頼できる業者にぜひ、点検をご依頼ください。

 私たち街の屋根やさん横浜では横浜市鶴見区内の建物についてお客様から60軒以上のお問い合わせを承りました。もちろん、私達以外の業者にお問い合わせをした方もいらっしゃるでしょうが、少ないように感じます。「確かに屋根に傷が付き、被災したけど家の中に特別な変化があるわけではないから問題ない」とお考えになっている方もおられるかもしれません。そういった方はそのままにしないでぜひ、点検を受けてください。そのままにしておくと、被害が拡大していく可能性の方が高いのですから。

基準風速以上の風が吹く異常事態

 「50年に一度程度、発生する暴風に対して損傷を生じない」、これは建築基準法が定める暴風などに対する建物の基準です。風の強さは地方によって大きく違いますから、地域ごとに求められる基準となる風速も変わってきます。ちなみに横浜市鶴見区とその周辺の市区町村の基準風速は34m/sです。

今回の台風の怖いところは近隣の被災によって二次災害を受けたお家があることです

 こういった二次災害についての責任はその原因が地震や台風・竜巻のような自然災害であった場合、個人に賠償責任は発生しないとされています。建っている家の維持管理が原因ではないという判断です。ご自宅をしっかりメンテナンスしていても、こういったケースがあることを覚えておきましょう。

さまざま飛来物によってさまざまダメージ受けてしまったお住まい

飛来物で破壊された瓦屋根 飛来物でサッシとともに破壊された窓をベニヤで養生
ブルーシートで養生されたサンルーム 飛来物で破壊された雨戸を応急処置

令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風による建物被害を復旧した施工事例

横浜市鶴見区馬場で令和元年東日本台風により落下した瓦を、瓦差し替え工事で補修しました

before

after

【施工内容】
その他の工事

【使用材料】
日本瓦(オレンジ)

横浜市鶴見区下末吉にて令和元年東日本台風で棟瓦の大半が落下、棟取り直し工事を行いました

before

after

【施工内容】
棟瓦取り直し

【使用材料】

横浜市鶴見区矢向で台風19号により瓦棒屋根が飛散、屋根カバー工法を実施

台風19号の被害を受けた瓦棒屋根

屋根カバー工法を実施

【施工内容】
屋根カバー工法

【使用材料】
カバールーフ455

横浜市鶴見区東寺尾で令和元年東日本台風によって剥がれたアスファルトシングルを、軽量のスーパーガルテクトで屋根カバー工事

before

after

【施工内容】
屋根カバー工法

【使用材料】
スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)

横浜市鶴見区馬場にて令和元年房総半島台風で棟が破損、棟瓦取り直し工事で復旧

台風15号によって被災した棟

棟瓦取り直し工事と瓦の差し替えで屋根の災害復旧工事

【施工内容】
棟瓦取り直し、雨樋工事、その他の工事

【使用材料】
なんばんしっくい、和瓦

横浜市鶴見区鶴見中央で令和元年東日本台風により棟板金の大半が落下、ガルバリウム製の棟板金交換工事を行いました

before

after

【施工内容】
棟板金交換

【使用材料】
ガルバリウム製棟包み

瓦が飛んできて屋根が壊されてしまったなどの被災も火災保険で直せます

 現在では火災保険で台風による風災も補償の対象になることが認知され、「火災保険でお家を直したい」というお問い合わせも多く受けるようになりました。風によって屋根材が剥がされる、飛散してしまうなどの直接的な被害だけでなく、強風による飛来物で壊れてしまった場合もその補償の対象ですのでご安心ください。『瓦が飛んできて屋根が壊されてしまった』等の被害も火災保険で直せます。屋根の上は見えない部分も多いですから、「被災しなかった」と思っている方も瓦が浮いてたいり、棟板金が外れかかっているなどの被害を受けているかもしれません。

 「お家を点検してほしいけど、どこに頼めばいいか分からない」という方は私たち街の屋根やさんの無料点検をご利用するのも1つの選択肢です。春になれば、台風がやってくる可能性もあります。1965年5月下旬には台風6号が房総半島に上陸したというデータも残っています。

火災保険を利用して被災部分の工事を行ったお客様

川崎市にて台風の強風により雨樋が飛散!雨樋交換工事をご提案

お問合せから工事完工までの様子
 令和元年房総半島台風の影響により、雨樋が破損してしまった川崎市にお住まいのK様。インターネットで修理業者を探していたところ、私たち街の屋根やさんを見つけ、お問合せ下さったそうです。記載内容がとてもわかりやすく、親切な会社なのだろうとお問合せをすると、受付の方や担当スタッフの印象も凄く良かったとのことでした。
 「火災保険に加入しているので、使えるなら使いたい」とおっしゃっておりました。私たち街の屋根やさんでは、保険申請に必要な書類を作成し、申請のお手伝いをさせていただきます。申請後、K様より、「保険がおりるので、復旧工事をお願いします」とご連絡を頂きました。

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風により屋根の一部及び瓦が損壊した為。

Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネットの記載内容をみて判断

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問合せしました。

Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
屋根の専門業者であろうと思った事。

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
予想よりも詳しく親切に説明して戴いたので良かったです。

K様 工事前

工事後アンケート

K様 工事後

Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
会社の信用と料金

Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
実績と信頼性

Q3.お見積り提出後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
はい

Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
ネット及び地元業者の比較で専門性があると判断

Q5.工事が終わってみていたがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
お任せして良かったと考えています

火災保険ではなく共済などに加盟しており、費用の負担が心配な方
リフォームローンの活用もお考えください

 免責額以上なら復旧費用のほとんどが補償される火災保険に対して、各種の共済は相互扶助の目的が強いため、復旧費用には満たない金額の保障となります。そのために台風15号・19号以降、お家のことは心配だけど、費用的なことから点検や補修を見合わせている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そういった場合もまずは必ず点検を必ず受けてください。問題なければ、それで良しです。何か不具合が見つかったなら、今までそのことによる被害がでなかったこと、これからの自然災害でその不具合を拡大させてしまう前に見つかったことを喜ぶべきでしょう。

リフォームローンを組むべきか考えてみるのも一つの手です 足場を組む為の費用も高額です

 不具合が見つかった場合、共済による保障金とリフォームローンを活用して直すことをご検討してみてはいかがでしょうか。共済による保障金はお見舞金程度と言われていますが、加入条件によって大きく違います。現にスタッフの知人は65万円のお見積りに対して45万円の保障金が振り込まれました。これだと自己資金20万円で工事が可能です。手痛い出費かもしれませんが後々、安心して住めるとしたらご納得できるのではないでしょうか。
 仮にローンをご利用した場合、45万円が頭金となり、20万円のお借入れとなります。3分の2以上を頭金として納めることができるのですから、悪くはないと思います。言うまでもないことですが現在はこれまでにない低金利時代です。ハッキリ言って、過去から比べれば、借り得の時代でもあるわけです。

最も多くお問い合わせいただいたのは瓦屋根の不具合でした

 通常は台風通過後、最もお問い合わせいただくのは棟板金の飛散や剥がれです。今回もそのようなお問い合わせは多かったのですが、最も多かったのは瓦屋根への被害でした。「瓦が落下した」、「瓦が強風でひっくり返り、何枚も割れてしまった」、「瓦が捲れあがったり、浮いたりしている」というご相談を数えきれないほどご相談がありました。今までの台風でも「瓦が落下した」というお問い合わせは受けることもあったのですが、今回は明らかに数が違います。

台風15号・台風19号による被害が最も見られたのは瓦屋根でした 私たち街の屋根やさんでは、屋根の応急処置も承っております

 逆に言えば、これまでの台風はその強風に瓦が耐えられたということなのでしょう。しかし、今回の台風ではそれを超えてしまったということです。こういった被害を受けた家ではスタッフが点検に訪れた際、できるだけ瓦を元の位置に戻し、割れたり、欠けたりして瓦が足りなくなった部分にはブルーシートなどで養生していきます。見えない・見にくい屋根の上はご自分で確認することは困難です。瓦が捲れあがったり、浮いたりしている場合、街の屋根やさんではその場で養生致します。ブルーシートで養生してあれば、これから先の雨が多くなる季節も安心です。

自治体から助成金が降りるケースもあります

 日本政府は台風15号と台風19号を激甚災害に指定しました。激甚災害に対しては激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律が適用されることになり、都道府県や市町村の地方公共団体と被災者に対する復興支援のため、国が特別の財政援助または助成を行うことが定められています。  現在、神奈川県では災害救助法が適用された9市7町1村において、被災住宅に対する応急修理工事についての助成を行っています。

適用地域

横浜市、平塚市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、厚木市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄、寒川町、大井町、松田町、山北町、箱根町、湯河原町、愛川町、清川村

詳しくは各自治体(市役所)の窓口にお問い合わせください。

横浜市にお住まいの方の相談窓口

令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風に関するブログ一覧

2021/5/13 横浜市鶴見区東寺尾にてスレート屋根調査、強風の影響でいつのまにか棟板金が飛散し貫板が何も保護されておりませんでした
横浜市鶴見区東寺尾にてスレート屋根調査、強風の影響でいつのまにか棟板金が飛散し貫板が何も保護されておりませんでした

 横浜市鶴見区東寺尾にお住まいのK様より、近所の方に屋根が何かが外れているようだと指摘を受け、自分では屋根にも上がれず心配になられてしまい街の屋根やさんへ屋根点検調査のご依頼を頂きました。築20年程経過しているが、お住まいのメンテナンスはされていらっしゃらないとの事でした。さっそく現地調査にお伺いさせて頂きました。  新型コロナウィルス感染拡大防止の為に街...続きを読む

2021/5/2 スレート材が欠落してしまった横浜市鶴見区下野谷町のお住まいに、屋根カバー工法をご提案
スレート材が欠落してしまった横浜市鶴見区下野谷町のお住まいに、屋根カバー工法をご提案

 横浜市鶴見区下野谷町にお住まいのI様は、屋根の部材が庭に落ちてきてしまったので調査と、どういう対処が出来るかを提案してほしいとお問い合わせを下さいました。  調査のため屋根に上らせていただくと、割れていて今にも落ちてしまいそうなスレート屋根材が目に入りました。  こちらはまだなんとか屋根の上で踏み止まっていますが、いつ落下してもおかしくはない状態で...続きを読む

2021/3/25 横浜市鶴見区向井町にて、割れや欠けが見られるスレート屋根にカバー工法での工事をご提案
横浜市鶴見区向井町にて、割れや欠けが見られるスレート屋根にカバー工法での工事をご提案

 ご近隣の方に屋根材が落下しそうになっていると指摘されたので、詳しく調査をしてほしいと横浜市鶴見区向井町にお住まいのK様よりお問い合わせを頂きました。調査のため現地に到着し、お話を伺うと雨漏りの不安もあるが、何よりご近隣にご迷惑をお掛けすることが無いよう早めに何か対策をしておきたいとのことでした。      屋根に上らせていただ...続きを読む

2020/9/2 横浜市鶴見区仲通で令和元年東日本台風で飛散した棟板金の交換工事
横浜市鶴見区仲通で令和元年東日本台風で飛散した棟板金の交換工事

 屋根の頂上部に位置する棟は、強風の影響を最も受けやすい部分です。台風によって飛散してしまったというお問合せも数多くあります。飛散を予防する為にも、定期的に屋根の調査を行うことが大切です。  横浜市鶴見区仲通にあるH様邸は、令和元年東日本台風によって隅棟が一部、飛散してしまいました。現地調査後、被災箇所の棟板金交換工事のご依頼を頂きましたので、今回は工事...続きを読む

2020/8/28 横浜市鶴見区寺谷にて令和元年東日本台風の影響でS型の三州瓦、ケラバ役物が庭先に落下しており早急な修繕が必要な状況でした
横浜市鶴見区寺谷にて令和元年東日本台風の影響でS型の三州瓦、ケラバ役物が庭先に落下しており早急な修繕が必要な状況でした

 庭におそらく屋根の部材と思われる物が落ちているので屋根の調査をしてほしいと、横浜市鶴見区寺谷にお住まいのK様よりご相談を頂きました。台風の影響かは確定できませんが、その後に落ちてきたそうです。K様邸は擁壁の上に建てられており、一階がガレージになっておりました。不幸中の幸いでお車に被害はなかったそうです。  では落下した屋根の部材は何か、またどこから落下し...続きを読む

2020/8/20 横浜市鶴見区仲通にて令和元年東日本台風で棟板金が飛散していました
横浜市鶴見区仲通にて令和元年東日本台風で棟板金が飛散していました

 横浜市鶴見区仲通にお住まいのH様より、屋根点検のご依頼を頂きました。令和元年東日本台風によって屋根の板金が一部、飛散してしまったそうです。雨漏りは発生しておらず、養生も行っていないとのことでした。今回は、屋根調査の様子をご紹介したいと思います。私たち街の屋根やさんでは、「訪問時には必ずマスクを着用する」「お見積り等の書類はできるだけ郵送で送る」などの新型コ...続きを読む

2020/7/15 横浜市鶴見区江ケ崎町で台風19号により被災した屋根の調査、瓦にはズレや破損が生じていました
横浜市鶴見区江ケ崎町で台風19号により被災した屋根の調査、瓦にはズレや破損が生じていました

 令和元年には二つの大型台風が発生しました。普通、台風のお問合せで多いのは棟板金の飛散ですが、今までにない異常事態だった為、瓦に関するお問合せも多くありました。横浜市鶴見区江ケ崎町にお住まいのI様もその一人です。令和元年東日本台風の影響で、瓦屋根が被災してしまいました。お問合せ後、日程調整を行い、屋根の調査へお伺いしました。私たち街の屋根やさんでは、新型コロ...続きを読む

2020/7/2 横浜市鶴見区駒岡で台風19号によって飛散したお住まいの点検、雨樋が破損していました
横浜市鶴見区駒岡で台風19号によって飛散したお住まいの点検、雨樋が破損していました

 台風による被害は屋根とは限りません。横浜市鶴見区駒岡にお住まいのM様邸は、雨樋が破損してしまったようです。「工事自体は急いでいませんが、火災保険を申請する為、お見積りの作成をお願いします。」とご相談を頂きました。台風によって雨樋が破損した場合、火災保険が適用できるケースもありますので、加入している保険を見直すことは大切です。  お見積りを作成するにあた...続きを読む

2019/10/25 横浜市鶴見区駒岡にて強風で破損したカーポートの屋根波板交換工事
横浜市鶴見区駒岡にて強風で破損したカーポートの屋根波板交換工事

強風によってカーポートの波板が飛散 本日は横浜市鶴見区駒岡にて行いましたカーポートのポリカ波板の交換工事の様子です。強風によって数枚はずれてしまったというお問い合わせでしたが、波板自体がかなり年数が経って経年劣化していることもあり、飛散していない波板も含めてすべて新しい波板に交換いたします。 波板は飛散してしまっておりますが、幸いにも骨組み...続きを読む

令和元年房総半島台風と令和元年東日本台風による建物被害を受けてしまったお客様の声

横浜市鶴見区北寺尾で令和元年東日本台風により被災した棟板金交換工事が竣工しました

工事前アンケート

Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風19号によって屋根の板金が落下してきた。雨漏りしないか不安だった。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?

HP

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

すぐ
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?

HPの内容、すぐに来てくれそうな感じがした。

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
すぐに来てくれ、養生も行ってくれた。しっかりしてそうで安心した。
で屋根工事を行ったお客様の声 工事前アンケート

工事後アンケート

Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
悪徳ではないか。
Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?

費用、実績、すぐ来てくれるか

Q3.お見積り提出後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
すぐに頼んだ。
Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

一番よさそうな会社だったから。

Q5.工事が終わってみていたがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
親切かつ、迅速に対応して頂き、ありがとうございました。また台風などで補修が必要な場合には、よろしくお願いします!
で屋根工事を行ったお客様の声 工事後アンケート

台風で屋根が被災した場合の対処法

台風で屋根が被害を受けてしまったときの対応

 毎年台風の季節がやってくると、家屋の被害が気になりますよね。屋根の一部が破損してしまったり、割れてしまうなど、症状は様々です。そのままにしておくと、被害が拡大してしまう可能性がありますので、そうならない為にも、なるべく迅速に屋根の修理業者に連絡をしましょう。火災保険にご加入されている場合には、適用できるのか確認することも忘れてはいけません。
 台風の時期は、屋根業者や保険会社の窓口が混み合いますので、なかなかお電話が繋がらなかったりもすると思います。私たち街の屋根やさんでは、メールでのお問合せも受け付けておりますので、ご利用ください。

信頼のできる業者を選びましょう 屋根修理は街の屋根やさんへお任せください

 定期的にメンテナンスを行っていたとしても、台風の被害を受けてしまうことはあります。被害を受けてしまった際には、まずは落ち着くことが大切です。中には悪徳業者もいますので、「本当に信頼できるのか」をよく考えてから、工事を依頼するようにしましょう。

被災してしまった場合には、復旧工事を行いましょう

 台風で屋根が被災してしまった際には、なるべく早く応急処置を行い、その後復旧工事を行うことが大切です。私たち街の屋根やさんでは、応急処置~復旧工事まで承っておりますので、何でもご相談ください。
 下記より、各工事の流れについてご確認ができます。記載している価格は目安ですので、詳しく知りたい方はお問い合わせください。

切妻屋根60㎡のスレートからスレートへの葺き替えは898,000円~(税抜き) 切妻屋根60㎡の既存屋根を金属屋根材でカバーは698,000円~(税抜き) 棟板金交換を20m交換した場合は120,000~(税抜) 雨樋の一部交換又は部分補修を行った場合は30,000~(税抜)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お問い合わせバナー