屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/20更新】

  台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

HOME > ブログ > スレート屋根の汚れが気になる方へ|横浜市瀬谷区

スレート屋根の汚れが気になる方へ|横浜市瀬谷区

更新日:2018年6月29日

本日はは築年数がかなり経ったお宅のスレート屋根の汚れが気になるとのことがきっかけでお問合せ頂き、調査にお伺いいたしました。

スレートはよく「コロニアル」「カラーベスト」等と呼ばれ、現在一番普及されている屋根材になります。

新築時も特に指定をしなければほぼこのスレートで葺いてあると思います。以前はアスベストが使われておりましたが、2004年以降は環境問題の点から使われなくなっております。

よく使われる理由としましては、シンプルな見た目・カラーも豊富・日本瓦などに比べると軽く加工がしやすい・比較的工事価格が安いなどが挙げられます。

ではさっそく見ていきます。

築年数が経ちますと、紫外線や環境によりスレート表面の塗膜がダメージを受けてしまい色褪せなどが発生致します。同時にスレートの保護機能も低下致します。

結果このように汚れが付着したり、コケが生えたりなどの症状が見られます。全体がこのような状態ですと調査のために屋根に上がった私たちも気を付けませんと、スレート屋根材を痛めてしまいますので注意して毎回調査しております。実際歩くとズルズルな状態です。

軒先から棟、屋根の一番高いところを見てみますと、スレートの塗膜が保護機能を失っているのもあり、雨水を弾かず吸ってしまって反りが出ている箇所も見受けられます。

また、塗装をするときにタスペーサーと呼ばれるものをスレートとスレートの間に入れ込み、雨水の通り道を作りますが、このお宅は使われていなく、同じ雨水の流れ道を作る縁切りと呼ばれる作業もしていたかどうか不明です。

屋根材の裏には防水紙(ルーフィング)がありますので、何かしら屋根材表面に不具合が起きてもすぐには雨漏りに繋がることはありませんが、補修せずにいると思わぬところから雨水が伝わり、小屋裏や軒先などから侵入し、雨染みがいつのまにか天井に出てきた、なども御座います。

右の写真のように、雨水を吸ってしまい、寒暖で収縮膨張を繰り返しクラック(ひび割れ)が出てしまうこともあります。このような症状が出たら塗装をするサインです。

もちろん補修をした後に、再塗装で塗膜を復活させてあげましょう。

一度点検をして屋根の状態を把握しておくのがお勧めです。何かあった時に慌てずに済みますし、選択肢が増えていい結果に繋がります。

普段屋根に上がる事はなく、遠目からたまに見る程度だと思いますが、所々痛みが必ず出ているのが私たち専門業者が屋根に上がると分かります。

建物の寿命を延ばすという観点からしても、屋根材の保護の役目を担う塗膜の劣化は気になる所です。築年数が10年は経ったら一度点検をしてみては如何でしょうか。

街の屋根やさんでは点検調査は無料です。お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル 0120-989-936

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市瀬谷区のその他のブログ

      2018/10/26 横浜市瀬谷区にて築13年で初めての屋根塗装、ニチハパミールの為カバー工事のご提案を致しました
      横浜市瀬谷区にて築13年で初めての屋根塗装、ニチハパミールの為カバー工事のご提案を致しました

         築13年、初めての屋根と外壁の塗装の為に細かく現状を調べてもらい提案をしてほしいとのご相談を受けまして、横浜市瀬谷区にありますお宅に調査にに伺いました。 屋根に上がる前にお客様から現在のお悩みやご希望を家の周りを一緒に歩きながらお話し、その時に最初に見た外壁の様子は既にチョーキングが至る所で確認でき、サイディングを使っていたこちらのお宅のコーキングも既に割れが始まっており...続きを読む

      2018/10/7 横浜市瀬谷区にてアマチュア無線アンテナが倒れ瓦が割れてしまい穴が開いてしまいました
      横浜市瀬谷区にてアマチュア無線アンテナが倒れ瓦が割れてしまい穴が開いてしまいました

         趣味でアマチュア無線をやられていたお客様。台風によりアンテナが倒れてしまい瓦屋根が数枚割れてしまうほどの衝撃で見てみたら穴が開いてしまったという横浜市瀬谷区のお宅へ調査に参りました。 ちょうどこの日伺う予定時刻近辺で雨予報があり、降らないうちに調査が終わればいいなと思っていました。 ではさっそく調査の様子をお伝えいたします。 【穴が開いて空が見えてしまう小屋裏】 ...続きを読む

      2018/09/3 横浜市瀬谷区で訪問業者に指摘された棟板金の浮きを調査
      横浜市瀬谷区で訪問業者に指摘された棟板金の浮きを調査

         築30年は経過している建物にお住まいの横浜市瀬谷区のお宅では、築年数が経っていて外観から見て判断され狙われやすいのか、リフォームの訪問営業している方によく棟板金が浮いている、点検したほうがいいとしつこく言われて困っているとの指摘を受けていのがきっかけで今回どれくらい劣化が進んでいるのかを確かめるために調査のご依頼を頂きました。 【訪問業者はなぜか棟板金の指摘が得意です】 ...続きを読む

      2018/07/6 軒天のはがれは雨漏りのサイン|横浜市瀬谷区
      軒天のはがれは雨漏りのサイン|横浜市瀬谷区

         本日は内装を含め家全体をリフォーム中のお客様より、外回りで軒天のはがれがあるので補修できるか知りたいとの事がきっかけで調査依頼を賜りました。 お客様自身も屋根含め色々やり替えないといけないという事はわかっているが、予算的な事も考えできるところから補修して住めるようにしていきたいとこ事でした。 梯子をかける前に下から見てみますと、確かに軒先角部が半分以上剥がれ垂木など...続きを読む

      2017/12/16 竪樋にも色々な種類があります|横浜市瀬谷区
      竪樋にも色々な種類があります|横浜市瀬谷区

         今年も後2週間になってきました。来週末はクリスマスですが、例年に比べて街並みがクリスマスムードになっていない気がするのですが、気のせいでしょうか。今日は雨樋でお困りのお客様です。雨樋は大きく分けて雨水を受ける軒樋と、集めた雨水を排水管へ流すために取り付けてある竪樋に分けられます。軒樋は様々な形状のものがあるのですが、丸い形状の竪樋は直径が60mmと55mmに分けられます。築年数...続きを読む

      2017/09/25 横浜市瀬谷区で足場を架けて棟板金交換するなら外壁塗装も一緒がオススメです
      横浜市瀬谷区で足場を架けて棟板金交換するなら外壁塗装も一緒がオススメです

         横浜市瀬谷区で工事をおこなう建物です。先日の台風の時に屋根の上で大きな音が鳴っているので心配、というお問合せで屋根の調査をおこないました。大きな音の原因は、屋根の頂上に取り付けてある棟板金が外れかかって風に煽られていた事でした。強風によってこの様になりましたので、建物に加入している火災保険の『風災』が適用できます。風災とは、強風によって被害を受けた建物を元に戻すのに使う事が出来...続きを読む

      2017/08/31 横浜市瀬谷区で屋根カバー工事をおこなった建物の定期点検
      横浜市瀬谷区で屋根カバー工事をおこなった建物の定期点検

         横浜市瀬谷区で屋根の定期点検をおこないました。台風15号の影響か、天気が崩れてきて風も段々強くなってきましたね。直撃はしない様ですが、不具合が出ていないかしっかりと見ていきましょう。 もともとの屋根はスレートが葺いてありました。表面の塗装が大分剥がれてきていて、部分的にスレートの基盤が見えているところもありました。軒先の方から除いてみると、隙間が大きな...続きを読む

      2017/07/22 横浜市瀬谷区でご近所から指摘された漆喰の剥がれ調査
      横浜市瀬谷区でご近所から指摘された漆喰の剥がれ調査

         横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。以前に雨樋の修理工事をおこなったお客様で、近所で工事中という業者が来て『瓦の棟部分を直ぐに直さないと崩れてしまう!』と脅かされたとの事で心配になってご連絡頂きました。 屋根は日本瓦葺きです。今日も良い天気で照り返しが暑いですね...近くの業者がどこの事をいっているのか屋根の上を調査してみましょう。 崩れてし...続きを読む

      2017/07/8 横浜市瀬谷区で塗装が出来ないスレート屋根の調査
      横浜市瀬谷区で塗装が出来ないスレート屋根の調査

         横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。数年前に外壁のメンテナンスをしたそうですが、屋根はその時に何も手を掛けなかったそうです。 屋根に葺いてあるのはスレートです。スレート屋根のメンテナンス方法は大きく分けて2種類で、塗装工事か葺き替えなどの屋根工事に分けられます。塗装が出来るか出来ないかはスレートの傷みと築年数が関係しますので、屋根の状態をしっかりとみてみま...続きを読む

      2017/06/14 横浜市瀬谷区でトタン葺きの庇の下地は雨水が回っています
      横浜市瀬谷区でトタン葺きの庇の下地は雨水が回っています

         横浜市瀬谷区で屋根の工事をおこなっています。棟瓦の取り直し工事と一緒に玄関とサッシ上の庇部分の傷みも直していきいます。 トタンの表面は大分傷みが出ていました。たわみも出ていて雨水が溜まっている部分もあります。 トタン葺きの庇は、それ程勾配がありませんのでどうしても雨水が回ってしまうことがありますので、野地板に傷みが出ることが結構あります。庇なので建...続きを読む

      2017/05/15 横浜市瀬谷区で瓦屋根の歪んだ部分を直します
      横浜市瀬谷区で瓦屋根の歪んだ部分を直します

         横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。棟瓦は取り直し工事をおこなうのですが、平らな部分の桟瓦(さんかわら)で気になる部分が何箇所かありました。 屋根は日本瓦のいぶしが使われています。棟瓦の調査をおこなったところ、平らな面の桟瓦(さんかわら)部分に気になるところがありました。 画像をみてお分かりになると思いますが、瓦が浮いているところが何箇所かあ...続きを読む

      2017/05/14 横浜市瀬谷区で漆喰ではなくモルタルが詰めてある棟瓦のメンテナンス
      横浜市瀬谷区で漆喰ではなくモルタルが詰めてある棟瓦のメンテナンス

         横浜市瀬谷区で屋根の調査をおこないました。屋根の状態が気になるということでお問い合わせ頂き、どの様な状況なのか屋根に上って調べさせて頂きました。 屋根は瓦葺きで、傷んでいる部分は棟の漆喰部分という事でした。何となく雨が降り出しそうな雲行きになってきたので、降り出す前にしっかりと調査します。 ここが、棟ののし瓦と桟瓦の間に詰めてある漆喰です。下から見...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市瀬谷区の施工事例一覧

      反りが酷くなったスレート屋根をエコグラーニでカバー工事|横浜市瀬谷区

      【施工内容】
      足場

      エコグラーニ

      横浜市瀬谷区で雨漏りの原因を究明して屋根葺き直し工事

      【施工内容】

      横浜市瀬谷区出来るだけ落雪しない雪止めの設置方法

      【施工内容】
      雪止め設置 足場

      Lアングルタイプ 網タイプ

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー