屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 大和市桜森で台風被害、漆喰の劣化と台風により棟が倒壊してしま.....

大和市桜森で台風被害、漆喰の劣化と台風により棟が倒壊してしまいました

更新日:2019年9月11日

大和市桜森にお住まいのI様より、台風後に屋根から瓦が落ちてきたとの事がきっかけで屋根の調査依頼を頂きました。

築30年以上経過しているとのことですが、足場を架けてのメンテナンスは一度もした記憶がないとの事です。

幸い落下した瓦で被害はなかったそうです。

 

落下していたのは冠瓦と熨斗瓦でした

高台に建っており風の影響を受けやすい 落下した冠瓦

 

お伺いしますとI様邸は坂の途中、高台に建てられており風の影響を受けやすい立地でした。

現地にてお話を伺い、屋根に上がる前に落下した瓦がどれかを確認させて頂くと、写真右の丸い冠瓦とその下に通常置かれている熨斗瓦が割れた状態で庭先に落ちていたそうです。

ここだけでは棟の一部という事は分かりますが、どのあたりが崩れているのか分かりません。屋根にあがり場所を特定します。

 

鬼瓦もかろうじて残っている状態

鬼瓦も落下しそうな状態だった隅棟

 

屋根に上がって確認しますと、道路に面した側の隅棟が一部崩れてしまっており、土台の葺き土なども散乱している状態です。

このままですと、なにも固定されていない状態ですので緊急に修繕が必要です。特に道路側に面している事もあり、二次被害の可能性もあります。

 

少し離れてみると危険な状態である事がすぐに分かります 棟瓦の土台には化粧漆喰が使われています

 

崩れた所を少し引いたところです(写真左)。屋根に残っている他の冠瓦も辛うじて残っていてくれている状態です。原因は台風のみと考えがちですが他にも原因はあります。

土台に使われている化粧漆喰が剥がれて中に雨水が入り込んでしまい、表面に苔やカビが生えてしまっていました(写真右)。

漆喰は瓦同士の接着としての役目もあり、漆喰が意味を成さなくなると瓦同士の固定が崩れ歪みに繋がります。歪んだままにしてしまいますと、そのうちに正常に棟が固定できなくなってきて今回の様に台風が来ていなくても棟が崩れてしまいます。陶器瓦の屋根は長持ちで丈夫なのですが、土台に使われる漆喰は定期的なメンテナンスが必要です。

今回は他の部分も今後同様な状態になる事も十分予想できるために、崩れた部分だけではなく全ての棟の修繕として、棟取り直し工事を行う事となりました。

歪んでいる棟は雨漏りを引き起こす事もあります。雨漏りする前に定期的にメンテナンスをし建物を守りましょう。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。  地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。【動画で確認…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビの放置は絶対ダメ!?
 新築時や外装リフォーム後は綺麗だった屋根や外壁も時が経つにつれ、だんだんと汚れてきます。その中で屋根や外壁に苔や藻、カビが生えてしまうのは珍しいことではありません。苔や藻、カビは「汚れている・お手入れされていない」という美観の問題だけでなく、建材の劣化を早めてしまう可能性もあるのです。【動画で確認…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2021/07/17 大和市福田にて棟板金交換工事に伴い遮熱塗料サーモアイSiで屋根塗装!

       夏は室内の温度が高いため、エアコンを使用する頻度も多くなると思います。テレワークやお家時間が増えた現在では、電気代が掛かりお悩みの方もいらっしゃるでしょう。暑さ対策として、遮熱塗料を使用した屋根塗装を行うのも一つの手です。 大和市福田にお住まいのお客様は棟板金交換工事に伴い、遮熱塗料を使用した屋根...続きを読む

      2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。 K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォー...続きを読む

      2020/10/8 大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました

       大和市下鶴間にお住まいのN様より、ここ数字の強風で雨樋が壊れて庭に落ちてしまっているので、一度見に来てほしいと点検調査のご依頼がございました。 N様のお住まいは綺麗な青緑瓦が使われている屋根でしたが、今までに屋根に関するメンテナンスは一度もされていないそうです。現地に伺いどの部分が壊れてしまってい...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2021/07/2 横浜市都筑区川和町で瓦屋根が破損、瓦屋根の棟のメンテナンスは必須です

       築年数が30年を超えている屋根に使用されていることの多い瓦屋根。瓦自体がとても頑丈なためメンテナンスを行う必要が無いように思われがちですが、実はメンテナンスが必須な箇所が存在します。横浜市都筑区川和町にお住いになられているI様の屋根は瓦屋根でしたが、建てられてからメンテナンスを行っては来ておりませ...続きを読む

      2021/06/5 川崎市川崎区中島の瓦屋根のお住まいには、棟瓦取り直し工事をご提案致しました

       川崎市川崎区中島にお住まいのT様は、屋根の瓦が剥がれ落ちそうになっていると訪問業者に指摘をされたそうです。指摘を受けたことで不安になり、他のところにも調査をお願いしたいと街の屋根やさんにお問い合わせを下さいました。 現地に伺い、調査のため屋根に上らせていただくと、すぐに剥がれ落ちそうな瓦はございま...続きを読む

      2021/05/27 横浜市戸塚区品濃町にて築40年程経過した瓦が使用された屋根の点検調査、漆喰が傷みすぎており棟が歪み鬼瓦が倒壊しておりました

       庭先に屋根瓦の破片みたいなものが落ちている、と横浜市戸塚区品濃町にお住まいのN様より街の屋根やさんへ屋根の点検調査のご依頼を頂きました。以前から所々修繕はしてきたつもりとのお話でしたので、落ちた瓦の破片と思い割れるものの確認と屋根の調査を行わせて頂くため現地調査にお伺いさせて頂きました。 新型コロ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる