屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市磯子区でシルガードを使って漆喰詰め直し工事

横浜市磯子区でシルガードを使って漆喰詰め直し工事

更新日:2017年3月15日

 シルガードとは住宅に使われる南蛮漆喰の商品名です。一般的な漆喰よりも防水性が高く屋根の棟や取り合い部などに使われています。シルガードの中でもさらに白と黒に分かれているため、その違いや用途、さらに漆喰工事の様子などをこのページでご紹介いたします。

 

シルガードの用途について

 屋根には古くは葺き土として粘土などを使っていました。棟や平部の瓦がずれないようにこの土を使っていましたが、棟においては土が表面に出てしまわないよう、漆喰で塗り固める必要がありました。シルガードなどの南蛮漆喰は、この葺き土の代わりとしても使えますし、漆喰としての役割もこなすため、現在多くのお住いで使われています。
 実際に葺き土を使うよりも、シルガードを使ったほうが耐久性が高いことや、防水性にも優れているため街の屋根やさんでも使用しております。

 

南蛮漆喰と通常の漆喰との違い

 そもそも漆喰とは消石灰や粘土、海藻のりなどを混ぜ合わせたものです。主成分は消石灰で、それだけでは安定しないため、つなぎとして海藻のりなどの糊成分や繊維質を使っていますが、地域などによって一言で漆喰といっても成分に違いがります。
また、漆喰は古くは湿気や乾燥を防ぐことや、さらには気密性にも優れておりお部屋を快適に調整してくれます。他にも漆喰は燃えにくいということから、防火対策としても古くから住宅に使われてきました。
 一方、南蛮漆喰はというと、通常の漆喰にさらに特殊なシリコンなどの防水材が使われており、屋根など常に風雨にさらされる環境においても高い耐久性を発揮できるものです。ですので、南蛮漆喰=屋根用と捉えているかたも多いです。

 

シルガードには白と黒がある

 インターネットの検索でシルガードと検索すると、シルガード(白)とシルガード(黒)と2種類出てくるので、不慣れな方はどんな違いがあるのか迷ってしまうのではないでしょうか。
 実はこの白と黒、成分や性能面では違いがなく、極論では色の違いだけということです。屋根によっては黒のシルガードを使うと違和感が出るといった場合は白を使うことや、黒は外観に影響ないところで使うなどの用途に分けて使います。しかし、値段には違いがあり、白の方が高価になります。

 

シルガードの耐用年数と交換時期のサイン

 一般的にシルガードを含む南蛮漆喰の耐用年数は10年から15年ほどです。耐用年数を過ぎ、経年劣化が進むと様々な問題が発生してきます。漆喰の劣化によって起こる代表的な問題は、漆喰剥がれによる雨漏りです。南蛮漆喰は通常の漆喰に防水性を高めるためにシリコンが含まれています。これにより水分が屋内に入るのを防いでいるのですが、漆喰が剥がれるとそこから水分が浸水して雨漏りを引き起こすのです。
他にも棟瓦の土台に使われた漆喰が剥がれると中の土が出てきてしまったり、さらには棟の歪み、最終的には棟が崩れるといったケースもあります。
それでは漆喰の交換時期を知らせるサインをご紹介いたします。

 

・変色や苔の発生
 漆喰が古くなると水分によって変色したり苔が生えてきたりします。苔が生えると、その部分は余計に水はけが悪くなるので傷みを促進させます。

 

・ひび割れや欠け
 劣化が進むと漆喰にヒビや欠けが発生します。漆喰の補修時に既存の漆喰の上から漆喰が塗られていますが、漆喰の状態が悪いと上から塗った漆喰も剥がれてしまうため基本的には古い漆喰を剥がしてから新しい漆喰を塗ることが望ましいです。

 

漆喰の状態を確認するために屋根に上るのは危険です

 この記事をご覧になって、ご自分で屋根の漆喰の状態を確認しようとお考えの方。ちょっとお待ち下さい。
屋根に上るのは大変危険ですし、素人目には問題だと判断できない場合もあります。また、屋根の上を歩いて瓦などを割ってしまったりと余計なトラブルを引き起こす可能性があります。
 街の屋根やさんでは漆喰はもちろん、屋根や外壁などお住まいをトータルで無料点検させていただきます。漆喰に傷みが出てきているとすると、それ相当の年数が経過しているため他の箇所にも問題が出ている可能性も高いため、漆喰だけでなくお住まい全体を調査しておくことが必要です。
私達街の屋根やさんでは調査だけでなく、もし問題が見つかった場合には工事のお見積書も無料で作成いたします。
お住まいのことで気になることがあればお気軽にご相談ください。
無料点検はこちらからお問い合わせください

 

シルガードを使った漆喰詰め直し工事の様子

 横浜市磯子区で屋根のメンテナンス工事をおこないました。瓦屋根で棟に詰めてある漆喰が落っこちてしまったという事で、詰め直し工事をおこなう事になりました。

20161120_9677

 『しっくい』といって現在使われている材料の殆どが、このシルガードです。耐久性と施工性に優れている漆喰なので、非常におススメの材料ですので、弊社ではこちらを使っております。

 最初に点検に伺った時の状態です。屋根の上に剥がれ落ちた漆喰の欠片が転がっていました。右の写真は剥がれて下地の土が見えてる部分にコケがビッシリと生えていました。結構前からこの状態なのがわかります。土が剥き出しになっていると、雨が降るたびに土が削られてしまい、棟が崩れる原因になりますので、放置できる状態ではありません。

 漆喰工事は古いしっくいを剥がすところから始めます。古い漆喰の上から塗る業者もいる様ですが、簡単に剥がれてしまったり、、棟の下に雨水が回り込んで雨漏りしてしまうこともありますので、必ず『詰め直し』工事をしてください。

 古い漆喰を綺麗に剥がした跡は、シルガードを詰めていきます。のし瓦という平たい瓦が2段積んであるのですが、上の段の外側よりもはみ出さない様に詰めていきます。この詰める位置も重要で、雨水が隙間から入ったとしても漆喰の外側に流れるようになるからです。

 綺麗に仕上がりましたがどうでしょう?棟の漆喰は美観だけではなくて雨漏りを防ぐ重要な役割をしていますので、剥がれたり欠片が落っこちてきましたら、早急に直してあげましょう。横浜市磯子区のお客様もシルガードを使った漆喰詰め直しの仕上がりをみて、満足して頂きました。

 

漆喰の劣化が進んでいるときは棟瓦取り直し工事

 シルガードなど漆喰の劣化が進んでいる場合や台風後に棟が歪んでしまった場合には、漆喰詰め直し工事ではなく、棟瓦取り直し工事を行います。漆喰詰め直し工事は表面を補修するイメージですが、棟取り直し工事は土台から補修するので今後台風が来た時も安心です。棟瓦取り直し工事の手順をご紹介いたします。

①棟の撤去
 棟を構成している棟瓦、のし瓦、葺き土などを全て撤去し、清掃を行います。

②新しい土を盛る
棟瓦をまっすぐ並べられる様に糸で目印をつけ、それに合わせて棟の土台となる土を盛ります。

③棟瓦を乗せる
 土の上にのし瓦、その上に棟瓦を乗せていきます。のし瓦と屋根瓦の間にシルガード(漆喰)を詰め、棟が崩れないように銅線でしっかりと固定します。最後に、鬼瓦を設置し、鬼瓦の周りにもシルガードを塗って固定したら棟瓦取り直し工事の完了です。

 瓦屋根は重量があるため、他の屋根材に比べて耐震性が劣ってしまいます。棟瓦を乾式工法で施工するだけでも、屋根が軽量化されて耐震性がアップするのでおすすめです。

 

 瓦屋根についてご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市磯子区のその他のブログ

      2021/04/23 横浜市磯子区森で笠木の点検、アルミ笠木の継ぎ目のコーキングが傷んでおりました

       ベランダやバルコニーには笠木と呼ばれる手摺壁の上に被せる部材があります。マンションやアパートにあるパラペットの天端にも使用されておりますが、この笠木から雨漏りが発生する危険性があるのです。横浜市磯子区森にお住いになられているT様のお宅の建物調査では、この笠木に傷んでいる箇所がございました。笠木には...続きを読む

      2021/04/16 横浜市磯子区栗木のお住まいでは、塗装が雨水の通り道を塞いで屋根材が水を吸ってしまっていました

       横浜市磯子区栗木にお住まいのH様より、4年前に屋根塗装をしたが屋根の色が変わってきて違和感があるので調査をしてほしいとお問い合わせをいただきました。  調査のため屋根に上らせていただくと、ところどころで黒っぽい塗装が白くなってしまっているのが確認できました。原因を調べていきます。&nbs...続きを読む

      2021/02/20 横浜市磯子区磯子台にて屋根の調査、塗装が剝がれ劣化したセメント瓦の屋根は金属屋根への葺き替えがおすすめです

       横浜市磯子区磯子台にお住まいのN様より、屋根の葺き替えを検討しているので、見積もりをしてほしいとお問い合わせをいただきました。 N様のお住まいの屋根にはセメント瓦という屋根材が使用されていました。一般的な瓦は粘土を原料として造られるのに対して、セメント瓦とはその名の通りセメントを原料としています。...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市磯子区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      18年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      使用材料
      スぺリアルⅡグラッサ グラッサ・ブラック

      その他の施工事例一覧→

      漆喰詰め直しを行った現場ブログ

      2021/04/30 横浜市神奈川区白幡西町のお住まいの瓦屋根では、漆喰の劣化により棟瓦がズレてしまっていました

       今回は横浜市神奈川区白幡西町で瓦屋根の調査を行ったときの様子をご紹介いたします。 屋根面と屋根面とがぶつかり合う箇所を棟と呼びます。その棟にある瓦を棟瓦といいます。上の写真を見ると、本来真っ直ぐであるはずの棟が蛇行しているように見えます。 なぜこうなってしまったのかの原因を探っていきたいと思います...続きを読む

      2021/02/19 川崎市高津区溝口で屋根瓦が浮き上がっており、漆喰も劣化していました

       川崎市高津区溝口にお住まいのK様より、ふと屋根を見上げたら屋根瓦がズレていたので雨漏りなどが心配なので見てほしいとお問い合わせを頂きました。 瓦は耐久性の高い屋根材であるために、メンテナンスをしなくても大丈夫だと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし、瓦にも経年劣化などは起こりますし、台風の...続きを読む

      2020/07/18 部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

       まだまだ高い人気を誇る瓦屋根ですが、瓦と一言で言っても様々な名称がつけられており、部位によって使う瓦が違うことはご存じでしょうか? 化粧スレートの場合、屋根材と板金(棟・ケラバ・軒先・谷)で屋根ができますが、瓦の場合は目視確認できる場所で板金を使用する部分は谷ぐらいでしょう。塗装が必要ない、錆びな...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      漆喰詰め直しを行った施工事例

      施工内容
      漆喰詰め直し
      築年数
      使用材料
      南蛮漆喰(黒)
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      築42年
      使用材料
      南蛮漆喰

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる