屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 藤沢市湘南台にて乾式洋瓦であるモニエル瓦のケラバが外れて落下.....

藤沢市湘南台にて乾式洋瓦であるモニエル瓦のケラバが外れて落下してしまっていました

更新日:2019年11月7日

 皆さんはモニエル瓦と呼ばれる屋根材をご存じでしょうか?近年住宅を建てられた方やリフォームされた方は「聞いたことがない」でしょう。それもそのはず、モニエル瓦は40年近く前に使用されていた瓦ですが、既に販売されていない製品になっています。つまり現在モニエル瓦を使用されているお住まいで雨漏りや破損が起きてしまうと、葺き替え工事でしか補修できません。ではそもそもなぜモニエル瓦が販売されたのか、なぜ廃盤になってしまったのか、今回はモニエル瓦について詳しくご紹介したいと思います。

1.点検の様子 

 今回屋根の調査依頼を頂きましたのは藤沢市湘南台にて塗装工事をしている最中のO様からでした。塗装工事中に、屋根の部材がなくなっていると言われ見てみると確かになくなっていたとの事。足場も架かっているので補修するなら一緒にとその塗装業者さんに見積もってもらったところ高額に感じられたとの事でした。

 本当にその工事が今必要なのかどうかも含めて屋根の点検調査をご希望されておりましたので、しっかり調査を実施致しました。

 

トップライトが3つも設置されている珍しいお住まいにモニエル瓦が使用されていました

単管パイプの足場は不安定で作業がしにくい

 

 塗装工事中との事でしたので当然足場は架かっておりましたが、現在ではほぼ使われない単管パイプのみで足場が組まれていました。

 ただ、ビルとビルの間や狭小地では逆に単管パイプしか足場を架けられない事もある為、今でもよく使われますが一般的な戸建て住宅のリフォーム現場では作業効率も悪く、屋根に上がるのも梯子を架ける時と同様な感じです。

2.モニエル瓦とは? 

モニエル瓦のメンテナンス方法について

 和風瓦やS瓦よりも聞きなれないモニエル瓦ですが、単刀直入に説明するとコンクリートでできた瓦です。粘土を焼いて形成した瓦とは根本が違うという事がわかりますよね?コンクリートが耐久性に優れている点から1970年~1980年代に普及しました。陶器 瓦とは違い型に入れ固めるだけですので製造も簡単ですし、もともとヨーロッパで普及している瓦でしたので信頼度も高かったのでしょう。1973年には日本モニエルという会社が代理店となり販売を続けていましたが、2010年には廃盤となったモニエル瓦にはどのような問題があったのでしょう?

 

メーカーが廃業しており今では手に入りません

モニエル瓦は小口に凹凸がある 日本モニエル株式会社は既に会社が存在しておらず、かわりが手に入りません

 

 モニエル瓦と他セメント瓦の違いとしては、屋根材が重なる端部を小口と呼びます。そちらがスパっと切れているか左写真の様に凹凸があるかないかで判断可能です。

 屋根にあがりまずセメント瓦で違いを判断するために見ますが、ここだけでモニエルと分かります。瓦をめくってみますとモニエルの刻印があるのがわかります。

 問題なのは、2010年に既に販売元が廃業してしまい屋根材の製造がなく、たとえ瓦1枚だけ欲しくても手に入りません。ですのでお住まいにモニエル瓦が使われていて屋根が傷んでしまっていたり雨漏りしている時は、ほぼ屋根葺き替え工事しか選択肢がないのが現状です。

 製品が廃盤になる理由としては改良された新製品が販売され始めたり、流行から外れてしまったりと様々な背景があります。ただモニエル瓦は代替製品が出るわけでもなく完全にその痕跡すら残さない結果になっています。
その原因として一つは重さが挙げられます。陶器瓦は重たいという事はご存じですよね?コンクリート製のモニエル瓦はさらにその上をいく重量になってしまったのです。昔は画期的と言われたモニエル瓦も異常気象が多く地震も多い日本では、屋根の重さが建物の倒壊に繋がる可能性もあるという点から敬遠され始めました。

 もう一つの原因はメンテナンス性の悪さです。粘土瓦の場合焼成することで陶器のような仕上がりで塗装の必要性はありません。

苔や藻が付着したモニエル瓦 モニエル瓦の割れ

 しかしコンクリート製のモニエル瓦は吸水すると劣化してしまうので塗装が欠かせない屋根材なのです。塗装と一言で言っても喪に終える瓦は特殊です。表面にスラリー層と呼ばれる塗膜を施すことで劣化しにくいメリットがあったのですが、塗装を行う際にスラリー層に塗膜が密着せず剥がれてしまう問題が起こりました。現在はモニエル瓦塗り替え用塗料がありますが、十分な知識がないとコンクリート瓦とモニエル瓦の違いを見極められないという業者もいます。

更に形状は瓦ですので棟等には漆喰施工が必要です。化粧スレートと瓦のメンテナンスを必要とするモニエル瓦は、一時的には瓦よりも安価に導入することができても長期的に見たメンテナンス費用が負担になってしまう、そのような問題が廃盤に追い込まれたデメリットなのです。

 塗装できる屋根材なのですが、知識と技術も必要です。また「瓦」という言葉が先行してしまいメンテナンスをしていらっしゃらなかったお住まいも多く、点検でお伺いすると大抵築20年以上経過しており、屋根に多く苔が生えていたりすることも多く、また先ほど説明したように瓦自体が手に入らない為屋根工事をするしかない事が多いのです。

 では屋根のどこがなくなっているのか調べてみます。

 

ケラバ役物がなくなっています ケラバ部分は雨水を吸って下地が柔らかくなってしまっていました

 

 屋根全体を見てみると写真のように「ケラバ」と呼ばれる場所にあるはずの役物がなくなっていました。ケラバの下地木材を確認すると長年水を吸っている影響で腐ってしまっているのが確認できました。もともと役物を載せていき横から釘を打ち込み固定している物ですが、下地が腐食してしまい釘を受け止めて固定できるだけの力がなくなってしまい、ケラバが落下してなくなってしまっていたようです。

 実際に使用されているモニエル瓦はどのようにメンテナンスを行えばよいのか、それは状態次第で大きく異なります。

1.漆喰の剥がれ

 棟や雨押えに施工されている漆喰ですが、瓦同様に経年劣化により剥がれてしまうことがあります。瓦屋根同様に漆喰の剥がれが瓦のずれや雨漏りを起こすことがありますのでメンテナンスが必要です。

2.瓦の割れ・欠損

モニエル瓦の欠損 代替製品によるモニエル瓦の補修

 既に廃盤となったモニエル瓦は既存瓦での修復が非常に困難な為、同サイズの瓦があれば差し替えで対応します。しかしモニエル瓦は陶器瓦と比較すると若干サイズが大きいケースが多いため同サイズの瓦が見つからなかった場合は板金を加工し対応、それも難しい破損範囲の場合は葺き替え工事を行うしかありません。

3.塗膜の劣化

モニエル瓦屋根塗装

 モニエル瓦は塗装が必要な屋根材に分類されます。ただ表層にスラリー層がありますので十分な高圧洗浄を行い、スラリー層にしっかり密着する専用の下塗り塗料を使用する必要があります。ただここで注意いただきたいのがモニエル瓦の施工時期はもう数十年前、傷んでしまった屋根材は必然的に塗膜の密着性が悪いため塗装直後に雨漏りを起こすことも考えられます。この点を踏まえ塗装を行うかを検討しましょう。

4.雨漏り

雨漏り 葺き替え工事

 雨漏りを起こしてしまった場合、化粧スレートの場合は屋根カバー工法、陶器瓦の場合は葺き直し工事が可能なのですがモニエル瓦の場合はほとんどのケースで葺き替え工事一択です。築年数から考えても下地補修を考慮した葺き替え工事が必要な時期だとは思いますが、一時的な支出は大きくなります。モニエル瓦を使用されているお住まいは必ず、今後のメンテナンスを頭に入れておかなければなりません。

野地板増し張り補強 軽量な金属屋根材への葺き替え工事

 今回はこのケラバ一つでも同じものは手に入らない事と、築年数を考え新しい屋根材を使い下地から新しくする屋根葺き替え工事をご提案しご用命頂きました。

 モニエル瓦が使われている事がわかったら、塗装でのメンテナンスも可能ですが先々の事を考え、屋根葺き替え工事を検討することをお薦めします。

葺き替え工事の施工手順

①まずモニエル瓦を全て撤去します。
 先ほどモニエル瓦の弱点は重さとご説明しました。皆様がイメージする瓦である粘土瓦は1枚あたり約2.7kgであるのに対し、モニエル瓦は1枚あたり約4.5kgもあり大変重い屋根材です。

②防水紙の撤去
 どの屋根材の下にも防水紙が敷かれています。名前の通りその役割は屋根から侵入してきた雨水を、防水紙の下へ通さないようにすることです。防水紙も経年で劣化しますので、交換が必要です。また防水紙は、ルーフィングや屋根下地とも呼ばれ、種類もたくさんあります。

③野地板の増し張り
 防水紙の下には野地板と呼ばれる木材があります。野地板が傷んでいる場合は新しいものと交換します。既存の野地板の上に新たに野地板を重ねることで屋根の強度をあげることができます。

④防水紙の設置
 野地板の上に新たに防水紙を設置します。防水紙の結合部から雨が侵入しないように防水紙同士の重なる幅を十分にとって設置していきます。

⑤新しい屋根材の設置
 金属屋根、スレート屋根など新しい屋根材を設置し、棟部分に貫板、棟板金を設置してしっかりと固定したら完了です。

まとめ

 安い・高耐久といわれたモニエル瓦ですが、実際後々の支出が高くなってしまいました。このように屋根材はメリット・デメリットを併せ持っています。現在はモニエル瓦のような致命的な弱点を持っている屋根材は少なくなりましたが、導入コスト・メンテナンスコストはしっかり考えておかなければなりません。私たち街の屋根やさんでは点検時にその屋根材の特徴はもちろん、メンテナンス方法もしっかりご説明させていただきます。特徴さえ把握していればいざというときに素早い行動を起こし更なる被害を止めることができるからです。現在新型コロナウイルスの影響もありますが住宅の経年劣化や雨漏りは待ってはくれません。心配・不安を感じていらっしゃる方は新型コロナウイルス対策を講じている私たち街の屋根やさんへお任せください。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 一般的な日本家屋に使用される陶器瓦と比較しても価格の安いセメント瓦やモニエル瓦。これらの瓦は高度経済成長期の住宅不足を解消する一端を担い、1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及しました。 現在ではすっかり影をひそめ、新築でも使用されることがなくなり、手に入れることも困難になってきた屋根…続きを読む
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
 多くのお住まいに採用されている化粧スレート屋根材、その特徴や正しいメンテナンス方法を知っているという方も多くなったように見受けられます。スレートに限らず屋根材が劣化もしくは破損することで雨漏りが起きる可能性が非常に高くなりますが、雨漏りを起こす意外な部位として『ケラバ』が挙げられます。&…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ
 洋瓦をご存知ですか。洋瓦はその名の通り、西洋由来の瓦です。「洋瓦なんて洋風の家以外似合わないよ」とお考えの方も多いでしょうが、実は純和風でも似合う洋瓦があるのです。現在、瓦屋根のお家にお住まいなら、洋風のお家の方はもちろんのこと、和風の家の方も洋瓦へ葺き替えを検討してみてください。絶対に素敵なお家…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      藤沢市のその他のブログ

      2021/06/18 藤沢市本鵠沼で苔の繁殖したスレートに、遮熱塗料による屋根塗装工事をご提案しました

       藤沢市本鵠沼にお住いのM様は、築15年目を迎えたご自宅の屋根塗装をご検討されておりました。同じ時期に建てられた近隣のお宅が塗装工事を行っていて、ご自身のお住まいもそろそろかもしれないと思ったことがきっかけとなり、街の屋根やさんにご相談を頂きました。屋根材にはスレートが使用されており、築年数から考え...続きを読む

      2021/05/27 藤沢市遠藤の瓦屋根では漆喰が剥がれ、隅棟の銅線が切れている箇所もありました

       藤沢市遠藤にお住いのM様より、街の屋根やさんに漆喰補修のご依頼を頂きました。瓦屋根はメンテナンスフリーとの認識が広まっておりますが、今回ご相談いただきました漆喰の異常を放置してしまうと、雨漏りや棟の崩壊に結びつきます。他の屋根材と違って塗装の必要はないのですが、瓦屋根を構成する部材には適切な交換時...続きを読む

      2021/05/12 藤沢市辻堂東海岸にて屋根点検、スレート屋根が色褪せて藻が発生していました

       藤沢市辻堂東海岸にお住まいになられているI様より、「築24年になり、屋根塗装を検討している」とのご相談をいただきました。お話を伺うと12年前に屋根塗装を行ったそうで、そろそろメンテナンス時期かと思い、今回の塗装をご検討されたようです。藻や色褪せを確認  さっそく現地調査にお伺いし屋根に上がってみま...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      藤沢市のその他の施工事例

      その他の施工事例一覧→

      屋根葺き替えを行った現場ブログ

      2021/06/20 横浜市青葉区美しが丘にて築30年経過した屋根に葺かれていたモニエル瓦の点検調査、既に手に入らないモニエル瓦ですのでこの機会に屋根葺き替え工事をご提案致しました

       横浜市青葉区美しが丘にお住まいのK様より、長年ご両親がお住まいだったお住まいの屋根がどうなっているか分からない。一度点検をし必要な工事があれば提案してほしいと私たち、街の屋根やさんへご相談を頂きました。さっそく現地にお伺いし屋根の状態を見させて頂く事に致します。 新型コロナウィルス感染拡大防止のた...続きを読む

      2021/06/19 横浜市泉区中田西のお住まいでは屋根塗装時の縁切り作業が不十分で、屋根材のスレートが水を吸って変色してしまっていました

        横浜市泉区中田西にお住まいのW様より屋根調査のご依頼を頂きました。4年前に塗装した屋根が、白っぽく見えるようになってきたので不安になり、街の屋根やさんにお問い合わせくださいました。調査のため屋根に上らせていただくと、黒で塗装されたと思われる屋根が、色落ちとは違う変色の仕方をしているよう...続きを読む

      2021/06/17 横浜市旭区川井本町にて築30年以上経過し雨漏りに悩んでいるお住まいの屋根点検調査、腐食が酷く屋根裏には木材腐朽菌が繁殖しておりました

       横浜市旭区川井本町にお住まいのS様より、以前から二階室内へ雨漏りしていた。最近特に雨漏りが激しくなったので本格的に修繕しなくてはと街の屋根やさんへお問合せを頂きました。築30年以上は経過しているとの事と、一回屋根外壁を塗装でメンテナンスをされているとの事でした。さっそく現地にお伺いし雨漏りの様子と...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根葺き替えを行った施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      48年
      使用材料
      オーウェンスコーニング オークリッジスーパー
      色:オニキスブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる