藤沢市長後にて強風の影響で空き家にしている屋根の棟板金が飛散、近隣への二次被害を防ぐ為部分的な棟板金交換工事を行いました | 横浜の屋根工事、屋根リフォーム、屋根塗装は街の屋根やさん横浜

HOME > 施工事例 > 藤沢市長後にて令和元年東日本台風の影響で空き家にしている屋根.....

藤沢市長後にて令和元年東日本台風の影響で空き家にしている屋根の棟板金が飛散、近隣への二次被害を防ぐ為部分的な棟板金交換工事を行いました

更新日:2021年08月03日

【施工前】
台風の影響で棟板金が飛散し貫板が保護されていない

【施工後】
ガルバリウム鋼板製棟板金交換工事

施工内容棟板金交換

築年数32年

平米数6.7m

施工期間1日間

使用材料ガルバリウム鋼板製 棟板金

費用

詳しくはお問い合わせください

詳しくは
お問い合わせください

ハウスメーカー地元工務店

火災保険アイコン台風アイコン棟板金交換

【お問い合わせのきっかけ】


担当:新海


 普段は空き家にしていて近々建て壊す予定だったとの事でしたが、強風の影響でいつのまにか屋根の頂点に設置されているはずの棟板金がなくなっていると久々に訪れた際に近所の方に教えてもらい、状態の確認と必要な修繕の提案をしてほしいと藤沢市長後にお住まいのS様よりご相談がございました。

 築は30年以上で過去に一度塗装でのメンテナンスをした程度との事でしたのでまずは屋根に上がろうとしましたが隣地との距離も近い為、お隣の敷地に許可を得て入らせて頂きそちらから梯子を架けて屋根に上がると、大棟と呼ばれる棟板金だけが飛散しており無くなっておりました。貫板と呼ばれる下地木のみ残っており、そちらを見ると長年の雨水や湿気を吸った影響で腐食が酷く進んでおり、そこへ強風が直撃し飛散した物と思われます。

 今回は近々建て壊すと決まっている建物でしたので、他箇所も同様に飛散する危険はございましたがそちらはビス打ちで補強し、飛散した部分だけの棟板金交換工事を行う事となりました。緊急性が高かった為に足場を架けずに安全に気を付けて作業を行う事となりました。塗装でのメンテナンスをされていない化粧スレート屋根はチョーキングが起きており、足裏にチョーキング跡がべったりくっつき調査時から移動が大変な屋根でした。6寸勾配という急勾配に入る切妻屋根の棟違い屋根でしたが、無事棟板金交換を終える事ができました。

 また、S様は「風災」の項目がある火災保険にご加入されていたとの事でご用命後に保険申請の書類を作成、申請のお手伝いをさせて頂き工事代金へ充てる事ができました。

 新型コロナウィルスの猛威は続いております。私たち、街の屋根やさんでは新型コロナウィルス感染拡大防止の為にソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底を実施しております。また、施工する職人もこの時期は熱中症に注意しながらできるかぎりマスク着用を行うようにしております。
 普段は空き家にしていて近々建て壊す予定だったとの事でしたが、強風の影響でいつのまにか屋根の頂点に設置されているはずの棟板金がなくなっていると久々に訪れた際に近所の方に教えてもらい、状態の確認と必要な修繕の提案をしてほしいと藤沢市長後にお住まいのS様よりご相談がございました。

 築は30年以上で過去に一度塗装でのメンテナンスをした程度との事でしたのでまずは屋根に上がろうとしましたが隣地との距離も近い為、お隣の敷地に許可を得て入らせて頂きそちらから梯子を架けて屋根に上がると、大棟と呼ばれる棟板金だけが飛散しており無くなっておりました。貫板と呼ばれる下地木のみ残っており、そちらを見ると長年の雨水や湿気を吸った影響で腐食が酷く進んでおり、そこへ強風が直撃し飛散した物と思われます。

 今回は近々建て壊すと決まっている建物でしたので、他箇所も同様に飛散する危険はございましたがそちらはビス打ちで補強し、飛散した部分だけの棟板金交換工事を行う事となりました。緊急性が高かった為に足場を架けずに安全に気を付けて作業を行う事となりました。塗装でのメンテナンスをされていない化粧スレート屋根はチョーキングが起きており、足裏にチョーキング跡がべったりくっつき調査時から移動が大変な屋根でした。6寸勾配という急勾配に入る切妻屋根の棟違い屋根でしたが、無事棟板金交換を終える事ができました。

 また、S様は「風災」の項目がある火災保険にご加入されていたとの事でご用命後に保険申請の書類を作成、申請のお手伝いをさせて頂き工事代金へ充てる事ができました。

 新型コロナウィルスの猛威は続いております。私たち、街の屋根やさんでは新型コロナウィルス感染拡大防止の為にソーシャルディスタンスやこまめな消毒、マスク着用の徹底を実施しております。また、施工する職人もこの時期は熱中症に注意しながらできるかぎりマスク着用を行うようにしております。


担当:新海


【棟板金飛散、調査の様子】

急勾配な切妻屋根 大棟の板金が飛散してしまっていた

 

 S様邸と隣家との間があまりなく鋭角に梯子を架けざるを得ず、調査中に倒れないようにロープで梯子を結んで置き屋根に上がりました。

 S様邸に葺かれていた屋根材はスレートで、長い間メンテナンスをされていない影響が色濃く出ており、軒先から棟に上がるにもズルズル滑る状態でした。スレート屋根表面にチョーキングが起きており、歩くと足裏やグローブに屋根と同色の粉が大量に付着するほどです。なんとか飛散している棟を確認しようと上り終えた所、大棟の棟板金のみ飛散してしまっている状態でした。下地である貫板も経年での劣化とメンテナンス不足により腐食が進んでいるようです。

 

原因は貫板の腐食

 

 棟板金が飛散してしまう一番の原因は、下地木である貫板の劣化や腐食です。貫板に被せるようにしてガルバリウム鋼板製の棟板金を設置し側面から釘で固定してあるのですが、釘が緩く浮いてしまう事が多くあり、そこに今回の強風や台風などの横殴りの強風が当たると飛散してしまうケースが多いようです。棟板金が錆びてなどの飛散は調査時に見る事はあまり多くはありません。

 写真の貫板をご覧頂くとお分かり頂けますが、野地板へ向けて打ってある釘頭も赤錆が出てしまっており、また貫板自体も腐食が進みすぎて割れてしまっています。これらが原因による棟板金の飛散が一番多いようです。普段見えない所ですので分かりにくい場所ではありますので、日ごろのメンテナンスが重要と分かります。

 

母屋下がりになっている箇所の隅棟まで全て飛散していた 飛散した棟板金を棟違い部に下り側面から見ると内部の腐食が窺えます

 

 大棟以外に飛散した箇所はないか確認したところ、大棟のみの飛散で済んでおりました。お住まいの一番高い所に設置されている大棟ですので、風の影響は受けやすいので早めのメンテナンスをお勧め致します。

 棟違いになっている屋根に下りて飛散した棟の内部を見てみると、野地板やルーフィングの劣化も窺えます。本来お住まいになられているのであれば、棟板金の交換工事ではなく築年数や天窓が設置されている事も考え屋根葺き替え工事をご提案するところですが、近々建て壊すと決まっているならば補強と交換で十分と思われます。また、近隣への二次被害等も考慮しておかなければなりません。

 今回はあくまで現在空き家になっている事も考慮したご提案と施工の内容となっております。

 

 

【棟板金交換工事の様子、貫板の撤去】

 

既存の貫板の撤去 釘を抜いて新しい貫板の設置

 

 棟板金交換の様子です。まずは既存の屋根に残っている貫板を撤去せねばなりません。釘抜きと呼ばれる工具を用います。釘頭にヘッドを充ててハンマーで叩くと大抵の釘はすぐ抜けます。

今回の工事で一番の問題は緊急性が高く足場仮設が間に合わない為、急勾配の屋根の不安定な場所での施工となった事です。まだ化粧スレートの劣化も少なくチョーキングも起きていない様な状態であればそうでもないかもしれませんが、劣化した屋根に上がり作業となると時間も手間もかかってしまいます。

 

【新規貫板の取付】

 

防腐処理済の杉板を用意し野地板へ向けてビスで固定致します 急勾配になればなるほど屋根の上での作業が困難になります

 

 既存の腐食した貫板を撤去した後は防腐処理された貫板を新たに設置致します。SUS製のビスを使用し野地板めがけてしっかりと固定致します。貫板は屋根の面毎に一つずつ必要ですので、切妻屋根の二面ある屋根の場合は二本使用致します。滑りやすい状況の中しっかりと貫板の設置が完了致しました。

 

【新規棟板金取付開始、SUSビスを使用して固定】

 

側面から貫板へ向けてビスで固定 街の屋根やさんでは釘ではなくビス止めが標準施工です

 

 貫板の設置後は、ガルバリウム鋼板製の棟板金を被せ、側面からSUS製ビスで貫板めがけてインパクトドライバーを使用してしっかりと固定させます。水平に打ち込むのではなく屋根勾配なりに角度がついている貫板へ、斜めに打ち込んでおきます。なれないと中々ビスが入っていきませんが、職人さんの作業は安心して見ていられます。

 

【棟板金の継ぎ目にシーリング打ち込み】

 

棟板金の継ぎ目には必ずシーリングを打ちます 隅棟と分かれる箇所にも厚くシーリングを打っておきます、雨漏りのリスクを極力減らします

 

 棟板金をある程度設置してきますと、必ず写真の様に棟板金の継ぎ目が生まれてしまいます。そのままでは風を伴う雨が降った時に雨水が棟板金の継ぎ目から入ってしまいます。それらを防ぐ為に継ぎ目にはコーキングをしておき、雨仕舞をしておきます。今回は建て壊しが決まっており短期間だけ持てばいいとの事ですが、何かあってはいけませんので通常通りしっかりとコーキングを打っておき、棟板金の継ぎ目からの雨水の侵入を抑え貫板が雨水を吸わないようにしておきます。

 

最後に被せて仕上げです 通常は飛散した部分以外も交換のご提案をしますが、お住まいやお客様ごとにご要望は変わってまいります

 

 コーキングを打ち終えたら隅棟へとぶつかる箇所まで大棟の棟板金を設置致します。どうしても滑りやすく屋根に手をつく機会が多い為にチョーキングの粉がグローブについてしまい、棟板金にチョーキングの跡がついてしまいます。施工中はどんな工事でもある程度汚れたり、使用した建材のゴミが残ってしまったり致しますが最後屋根から下りる際にできる限り清掃をしておきます。無事隅棟へとつながる部分まで大棟の棟板金を設置し終えました。この後目が細かりウェスで棟板金表面に付着したチョーキング跡をできる限りふき取り施工完了です。

 

【棟板金交換工事完了】

 

仕上がった後にウェスで棟板金を清掃しましたが、どうしてもチョーキング跡が残ってしまいます。数回雨が降れば綺麗になります

 

 藤沢市長後S様が所有していらっしゃった今は空き家になっていると言われるお住まいの棟板金交換工事が無事に完了致しました。

他部分の棟板金も同様に傷んでいる事が想定できるためにできる限りの事として棟違いになっている箇所の棟板金にビス打ちをし補強をさせて頂きました。施工にはお客様のご要望を極力取り入れさせて頂き、その上で現状最低限は行っておかなければいけない施工もご提案させて頂きました。

 棟板金も経年で表面の棟板金部分に錆が出てしまったり、内部にあります貫板の腐食が原因により棟板金が台風や強風時に飛散し二次被害を引き起こしてしまう事もございます。屋根カバー工事や葺き替え工事を行っていたとしても棟板金は定期的なメンテナンスが必要です。

 また、棟板金単独での交換をご希望されている場合はお色もお選び頂けます。今回の施工の様に色は気にしないからなるべく早く対応してほしいとご要望があるときは別ですが、ある程度余裕をもってリフォームをされる場合は棟板金も既存の屋根の色に合わせてある程度は自由が利きます。JFE鋼板やヨネキンの高品質なガルバリウム鋼板製の棟板金を使用致します。

 この度はご利用いただきましてありがとうございました。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年08月03日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 「前回の台風で屋根が壊れてしまった」 街の屋根やさんでは、季節に関わらず台風によるお問い合わせが増加しています。そして、損傷した屋根の多くは、台風の季節が来る前に点検やメンテナンスを実施していれば未然に回避できた可能性が高いと言えます。 『事前にメンテナンスしておけばよかった』との後悔を避けるため…続きを読む

 毎年9月と10月になると、台風の影響により「棟板金の交換・修理」に関するお問い合わせを特に多く頂きます。 屋根の上で「異音が聞こえる」「屋根の頂上が浮いている」といった変化に不安を感じている方はいらっしゃいませんか? 台風以外でも、春一番や竜巻、木枯らしといった突発的な強風で棟板金が被害を受けるこ…続きを読む
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
 普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多い…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店
      街の屋根やさん横浜支店
      お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根塗装,棟板金交換
      築年数
      約20年
      使用材料
      日本ペイント ファインパーフェクトベスト チョコレート

      藤沢市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根補修工事,屋根カバー工法,雨漏り修理
      築年数
      20年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト


      同じ工事のブログ一覧

      貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

      2024/05/14 貫板の場所や役割・読み方|劣化進行は棟板金の捲れ・飛散被害に繋がります!

       屋根に使用される部材として連想されることが多いのが、瓦やスレートなどの屋根材だと思います。  ですが、屋根は屋根材だけで構成される訳では無く、さらに目視では確認できない部材も多いです(>_<)  「貫板」もそうした部材の一つと言えます!  今回は、貫板の場所や読み方と併せて貫...続きを読む

      浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

      2024/05/8 浮き・捲れ・剥がれが生じている棟板金の屋根修理方法とは?棟板金の場所・劣化症状と併せてご紹介!

       棟板金は屋根の面同士の合わさり部に設置される部材であり、合わさり部に生じた隙間の保護や屋根材同士を固定する役割を担っています!  しかし、その一方で強風の影響を受けやすい特徴も持っており、棟板金の固定先である「貫板」の劣化が進行している場合は特に注意が必要です😥  今回は、...続きを読む

      飛び込みの訪問営業を断るコツ|よく指摘される「屋根の板金」とは?

      2024/05/7 飛び込みの訪問営業を断るコツ|よく指摘される「屋根の板金」とは?

       街の屋根やさんにいただくご相談の中でも非常に多いのが「訪問業者に屋根の異常を指摘されて困っている(>_<)」というご相談で、その中でも指摘を受ける事が多いのが「屋根の板金」です!  そうした場合、点検にお伺いさせて頂きますと本当に異常が生じているケースもありますが、残念ながら「何...続きを読む

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問合せ下さい!


      お電話でのお問い合わせは

      通話料無料

                                 

      0120-989-936

      8時30分~20時まで受け付け中!