屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/15更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

HOME > ブログ > 横浜市中区|屋根の調査依頼・棟板金の釘浮き、屋根材の劣化

横浜市中区|屋根の調査依頼・棟板金の釘浮き、屋根材の劣化

更新日:2018年4月6日

本日は横浜市中区にお住いのU様より、屋根の調査依頼を頂きました。先日、別の業者さんより棟板金の浮きを指摘され、調査を行ってもらったそうですが、突然来られた業者さんだけに工事を依頼するのは心配との事で、改めての調査の依頼を下さいました。U様宅は築35年、2年前に中古で購入された建物になります。メンテナンスは行われていたそうですが、最後に行ったのは十数年前との事の様です。

屋根の様子 屋根材の状況

屋根の状況はご覧の通り、屋根材表面の劣化が顕著です。色褪せ、コケやカビの繁殖も見受けられます。築年数から考えて、下地の劣化も考慮する必要がございます。雨漏りは起きておらず、足で踏んだ感触も浮いたところはない状況ではあります。下地の状況次第では屋根の上に軽い屋根材を被せるカバー工法を行う選択もございます。

棟板金の釘浮き 外壁の様子

棟板金については、所々での浮きが確認できます。釘が抜けているところもあり、強風などでの飛散のリスクがございます。板金下の貫板の腐食(劣化)がうかがえます。こちらは早めの処置が必要でしょう。板金部分の劣化と屋根材の劣化を考慮すると、塗装ではなく、カバーか葺き替えを行うのが妥当と判断できます。外壁に対しても塗膜の劣化、チョーキング(白亜化)がはっきり現れておりましたので、建物全体のメンテナンスが必要な時期ではあります。後はご予算の都合などもございますので、現状報告を行った上で、今後のプランを考えていきたいと思います。

U様宅

今回は屋根カバー・葺き替えを行ったプランと外壁塗装を行ったプランでのお見積りを作成いたします。また、ご予算次第では、先に棟板金だけでも補修を行いたいとのご要望もございましたので、棟板金を交換した際のお見積りも作成することにいたしました。
街の屋根やさんでは、調査・お見積りは無料で行っております。建物に関するお問い合わせは(フリーダイヤル0120-989-936まで)お気軽にご相談ください。

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市中区のその他のブログ

      2018/10/15 横浜市中区で台風被害を受けた瓦屋根の漆喰(しっくい)調査
      横浜市中区で台風被害を受けた瓦屋根の漆喰(しっくい)調査

         本日は横浜市中区にお住いのO様より、「先月の台風の影響で屋根の上から漆喰(しっくい)の欠片が落ちてきたので調査をしてほしい」とのご依頼を頂きました。O様宅は築40年以上は経っている瓦屋根の建物です。屋根のメンテナンスは今までに一度だけ行ったことがあるそうですが、数十年前との事です。また、5、6年後には建て壊しを考えていることもあり、ここで予算を使いたくないのがご希望の様です。早...続きを読む

      2018/10/12 横浜市中区で以前に交換した銅製雨樋の色がいい感じに変わっていました
      横浜市中区で以前に交換した銅製雨樋の色がいい感じに変わっていました

         別件でのご依頼があり横浜市中区Y様のお宅にお伺いしました。以前から度々工事のご依頼を頂いており、2年前には玄関庇に取付けられた銅製雨樋を交換させていただきました。取付けたばかりの銅製雨樋やすでに緑青がふいているものは街中で目にすることはありますが、ピカピカな状態から緑青がふくまでの中間の状態を見たことはありませんでした。銅は経過により色合いが変化していきます。変改してく様子を見...続きを読む

      2018/08/18 横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?
      横浜市中区で行った瓦屋根の谷板金塗装は意外な盲点?

         スレート屋根を塗装する場合はスレート部分はもちろんのこと、棟板金や谷板金、ケラバ水切りなどの板金を加工されて造られているところも一緒に塗ります。日本瓦や洋瓦などを使用している瓦屋根はどうでしょうか。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根の場合、棟に関しては棟用の瓦が使用されておりますが、谷に関しては板金をしています。日本瓦や洋瓦などの瓦屋根はそのまま使用し続けても、塗装せずに長期間維持するこ...続きを読む

      2018/08/3 横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します
      横浜市中区で雨樋点検・50年程前から使用の軒樋半月、劣化状況を確認します

         本日は横浜市中区A様より、雨樋の点検調査のご依頼を頂きました。A様は築50年は経っている平屋の建物にお住まいです。2年ほど前に屋根の修理工事を行ったそうですが、雨樋に関しては現在に至るまで手を付けていないそうです。当時、屋根工事と併せて交換をお考えの様でしたが、ご予算の都合上、見送ることにしたそうです。 さすがに屋根は直したばかりとの事もあり、状態は良好です。し...続きを読む

      2018/07/25 雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区
      雨漏りに気づかなくて急に天井が落ちてきた|横浜市中区

         外壁より内側に樋がある場合、それを箱樋と呼んだりします。箱のような形の樋をしており、雨水がそこに溜まるようになっているのですが、屋根材に板金を使用した箱樋形状の屋根で雨漏りは発生しました。横浜市中区E様より、「暫く使用してない部屋の天井が急に落ちてきた」とお悩み・お困りのご相談がありました。     【最近の集中豪雨も天敵】 先ほど申...続きを読む

      2018/06/28 瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区
      瓦は問題なくても他の要因で雨漏りに繋がります|横浜市中区

         瓦は何かあっても一枚から交換できます。他の屋根材と違い瓦自体はメンテナンスがほぼいらないと言われるほど長持ち致します。 ではどこが原因で雨漏りに繋がったりするのでしょうか。 もちろん瓦の割れからの雨漏りもありますが、多くは漆喰が剥がれて棟瓦がズレていたり、雨水が多く集まる谷部に長年ポタポタ落ちる水滴による摩耗によって穴が空いてそこからの雨水の侵入であったり、瓦の隙間...続きを読む

      2018/06/23 強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区
      強風で落下した洋瓦を元に戻してお悩みを解決|横浜市中区

         横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、洋瓦を使用している屋根のことでお悩みやお困りのご相談をよく受けます。横浜市中区H様より。「落下した洋瓦を元に戻してほしい」とのお困りのご相談がありましたので、調査にお伺いして早速工事に取り掛かりました。     【小さな瓦工事もお任せ下さい!!】 ケラバの一番軒先側に取...続きを読む

      2018/06/19 洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区
      洋瓦屋根のメンテナンスに棟瓦取り直し工事|横浜市中区

         横浜市中区の山手町周辺では、昔から洋館が建ち並んでいたこともあり、外観の風合いを今も大切になさらる方が多い地域柄のようです。屋根に使用されている瓦は洋風の洋瓦が今も多く点在しております。和瓦も同様ですが、瓦屋根も定期的なメンテナンスが必要となり、メンテナンスの有無には調査を行いわないとなりません。横浜市中区山手町E様のお宅より、屋根調査のご依頼がありました。横浜市中区山手町E様...続きを読む

      2018/06/11 横浜市中区|トタン屋根の補修・点検調査依頼
      横浜市中区|トタン屋根の補修・点検調査依頼

         本日は横浜市中区より、現在は誰も住んでいない建物の屋根(トタン屋根)の補修の為の調査に伺ってまいりました。ご依頼を下さったオーナー様によると、大分古い建物で、10年以上前から誰も住んでおらず、今後の建て替えなどの見通しも立っていないとのこと。年に2,3回は確認する中、トタン部分の屋根の劣化が著しいこともあり、雨漏り防止のための補修を施したいとのことでご相談をくださいました。 ...続きを読む

      2018/05/25 横浜市中区|落ち葉よけネット設置工事の様子
      横浜市中区|落ち葉よけネット設置工事の様子

         本日は横浜市中区のO様宅で行われました「落ち葉よけネット設置工事」の様子をお伝えいたします。O様宅は築半年ほどのまだ新しい建物になります。周辺は木々に囲まれ、静かな環境にございます。現状、建物に関しての不具合は無い様ですが、後々を考え、周辺の木々から落ちてくる枯れ葉などで雨樋が詰まってしまうのではないかとの事で、今回、事前に雨樋に落ち葉よけ用のネットを設置することになりました。...続きを読む

      2018/05/19 特にアパート屋根で棟板金の釘抜けや浮きがご心配のオーナー様へ|横浜市中区
      特にアパート屋根で棟板金の釘抜けや浮きがご心配のオーナー様へ|横浜市中区

         長く同じ建物に住んでいると、「急に業者が訪問してきて指摘された」なんてことがあると思います。特に屋根では棟板金に関する指摘が多いです。急に訪問してきて指摘されると、そんなときはちょっと不安になりますよね。訪問業者は営業トークとして言ってくることが殆どですが、実は訪問業者があまり訪問しない建物があります。それはアパートです。アパートと聞いてすでにピンとくる方もいらっしゃると思いま...続きを読む

      2018/04/23 雨季や梅雨に備えて破損した雨樋を直しましょう雨樋工事|横浜市中区
      雨季や梅雨に備えて破損した雨樋を直しましょう雨樋工事|横浜市中区

         雨樋は雨が降っているときに役立ちます。長年使い続けますので、気が付くと不具合が起こっていることがあります。雨樋の敵は風や重さです。台風や大雨、積雪などがそれに当たります。割れたり、撓んだり、無くなったりします。これからは雨季や梅雨といった時期に入っていきますので、必要なときに役立つようにしておきましょう。     【破損した雨樋は直しましょう】...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市中区の施工事例一覧

      横浜市中区の施工事例 屋根カバー工事 外壁塗装工事

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根カバー工法 屋根カバー工事

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市旭区で棟板金への台風被害、剥がれかけた一部が屋根に残っている事もあるので注意が必要です

      横浜市旭区で棟板金への台風被害、剥がれかけた一部が屋根に残っている事もあるので注意が必要です

      今回の台風被害の猛威はすごいものがあり、屋根にある様々なものが吹き飛ばされており...続きを読む

      横浜市都筑区で屋根の棟板金が道路に落下、よくみたら自宅のものだったので調査を依頼

      横浜市都筑区で屋根の棟板金が道路に落下、よくみたら自宅のものだったので調査を依頼

      本日は先日の台風21号が過ぎ去った後に自宅前の道路になにやら板が落ちているなぁと...続きを読む

      横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした

      横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした

      本日は台風により屋根が剥がれて今にも落ちそう、点検してほしいとのことで横浜市港北...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      横浜市戸塚区で浮き上がったケラバの板金補修です
      横浜市戸塚区で浮き上がったケラバの板金補修です
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー