屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 地震や台風対策強化に瓦の全固定義務化が検討されています

地震や台風対策強化に瓦の全固定義務化が検討されています

更新日:2020年9月14日

 台風や地震は毎年発生しているものの、ここ数年は甚大な被害が非常に目につきます。最近では2020年9月1日に発生し九州地方の西側を通過した台風10号、去年は北海道や熊本での大地震や豪雨、千葉県に直撃した台風15号など各所に大きな爪痕を残し未だ、復旧が完了していない地方があります。

台風により瓦の飛散

 中でも大きく被害を受ける住宅として、築年数が経過している瓦屋根住宅が多い印象を受けます。これは瓦の固定に問題があるとされていますが、そもそも瓦屋根住宅は土葺きから始まり1923年の関東大震災時に【引っ掛け桟工法】にシフトしていきました。瓦を乗せるだけではなく、釘で桟木と呼ばれる下地木材に釘固定することで地震や強風時の落下を防ぐためです。

引っ掛け桟工法 棟のみ釘止め工法

 しかし瓦のメリットは1枚1枚差し替えが可能という点ですので、〇㎡のうちの数枚のみを固定するという事が非常に多かったようです。そのうち「防災瓦」として釘で全固定する瓦も販売され瓦屋根の耐風性・耐震性は格段に向上しました。
2001年に設定された全瓦連(全日本瓦工事業連盟)のガイドラインにも瓦が強風・地震に耐えられるよう施工方法について詳しく記載されていますが、その中には《基準風速32m/s以上、38m/s未満地域は、基本として平部全数の留め付け》とあります。つまり現在は防災瓦にかかわらず、瓦の全固定が推奨されているのです。もちろん強風や地震による瓦の落下を全固定により防げることが出来れば、多少費用が掛かっても致し方ないと感じる方もいるでしょうし、強制力がない指針の為、「まあ大丈夫だろう」と全固定を行わない方もいらっしゃるでしょう。ただこの瓦の固定、近隣住宅への被害も生じることから国としても動き出したようです。

 2020年9月9日のニュースにありましたが、国土交通省は台風や地震で瓦が落下しないよう、新築時は瓦を1枚ずつ固定することを義務化する方針を固めました。ちなみに現在は軒先の瓦のみを固定することを義務としています。また既存住宅への改修費用の支援も検討しているとのことですので、自己負担の軽減にもつながりそうです。

 瓦の全固定義務化の施行時期は未定ですが、もし瓦の全固定を行うといった場合、通常の工事費用よりも1割ほど高くなることが予想されます。自然災害が多い中火災保険料の増額も更なる不安ポイントとなりますので、十分な支援対策を期待したいと思います。

台風による瓦屋根破損 田んぼに落ちている瓦屋根

 この発表の1年前に令和元年房総半島台風で7万棟の住宅が被害を受けました。そのうちの8割近くが瓦屋根の住宅だったことから今回対策に踏み切ったのではないかと感じます。国としても瓦屋根住宅に住まわれる方も今一度台風・地震対策を考え、不安のない生活を取り戻してほしいと切に願います。私たち街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底し、塗装だけでなく屋根の調査も行っております。次回の台風や地震による被害が心配、外壁塗装に合わせ屋根補修も行いたいと検討されている方はお早めにご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる