屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > ブログ > 逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起き.....

逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起きないように早めの修繕が必要な状況でした

更新日:2020年11月6日

 逗子市新宿にお住まいのO様より、最近の強風で屋根から瓦が落ちてきたので早急に点検調査と修繕が可能な所を探しているとご相談を頂きました。

お住まいは築30年程経過しており、屋根は和瓦で葺かれておりましたが屋根に関してのメンテナンスは一度もされていなかったようです。外壁は塗装でのメンテナンスをされていらっしゃったようで綺麗な外観でした。

 落ちていた瓦はO様が集めて保管されていたそうです。瓦は棟と呼ばれる部分の熨斗(のし)瓦と冠(かんむり)瓦でした。どうやらO様邸の屋根は棟が倒壊していると、この時点で分かりました。さっそく屋根に上がり状況を見てみます。

 季節の変わり目、再度拡がりつつあるコロナ禍にありますが、街の屋根やさんでは引き続きマスク着用やアルコール消毒などを徹底し、引き続き現地対応にあたらせて頂いておりますのでご安心ください。

 

棟のメンテナンスは和瓦も洋瓦も必要です

屋根から落下していた棟瓦 屋根に上がるといたるところに養生テープが貼られている

 

 屋根に上がる前に写真左の落下していたという瓦を確認し、屋根にあがってみますと想定通り棟が一部倒壊してしまっている様子が確認できました。知り合いの大工さんにとりあえずビニールシートと粘着テープで養生をしてもらっていたようです。ここで気になるのが、養生はいいのですがその方法です。今回、結果からお伝えしますとO様には築年数も考慮し屋根葺き替え工事をご提案させて頂きました。

 しかし、様々な事からとりあえず今回は傷んでいる棟の修繕、棟取り直しを行い原状復旧のみとなった場合に困るのが養生に使用された粘着テープです。よく養生に防水ブチルテープや室内用の養生テープが使用されていますが、陶器瓦に粘着テープを一度ども貼ってしまうと剥がしたときに跡が残ってしまい汚くなってしまいます。

 瓦には瓦用の養生の仕方がありますので、緊急性が高いが修繕工事まで時間がどうしてもかかってしまう時に行う養生には後々の事も考え専門業者に任せましょう。確かに大工さんというと万能で何でもできると思われがちですが、専門外という事を忘れずにいた方が良いでしょう。

 

漆喰のメンテナンスをしていなく経年で歪んだ棟は強風で倒壊しやすい

漆喰のメンテナンスをしていない棟は倒壊しやすい

 

 近くで確認している様子です。一番上に被せる形でのせている冠瓦とその下にある平板の熨斗瓦が部分的になくなってしまっており、こうするしか今はなかったのかもしれません。隣家や公道が目の前にあり、さらに隣家にはカーポートもありました。それらに養生をしないままにし瓦が再度落下し損害を与えてしまう二次被害が出てしまったら大変危険です。

 原因は築年数30年近く経過しておりましたが、棟を支える葺き土が雨水を吸わないように棟の両側面から保護する「漆喰」のメンテナンスをしていなかった事と思われます。この漆喰は紫外線の影響や外的要因により必ず傷んでしまう箇所ですので定期的に詰め直しや取り直しでメンテナンスが必要です。

 

桟瓦をめくると野地板が雨水や湿気を吸い込んでたわんでしまっておりました 雨水をはじくルーフィングが切れてしまっていては、瓦同士の隙間や棟から入り込んだ雨水を吸って雨漏りしてしまいます

 

 その他にも、桟瓦をランダムに捲ってみますとどこの箇所でもルーフィングが傷んでしまって機能していない事がわかりました。棟や瓦同士の重なりなどから裏側に雨水が入り込んだ時に受け流し雨漏りしないように敷設してありますルーフィングですが切れてしまっており、その近辺の野地板は雨水を吸って押してみると絨毯の様に柔らかくたわんでしまう程でした。

 以上の事から、今回はまだ今後手入れをして長くお住まいになりないとのO様のご希望もありましたので、棟の修繕だけではなく屋根全体の修繕として自然災害にも強くなる軽量なガルバリウム鋼板、スーパーガルテクトを使用しての屋根葺き替え工事をご提案させて頂きご用命頂きました。

 私達、街の屋根やさんでは今必要な修繕は何か、またそれをしなかった場合近い将来起こり得る事をしっかりとした現地調査にてわかりやすくご説明させて頂くように心がけております。

屋根の事ならどんな事でも街の屋根やさんへお任せください。

 

 

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事
【2020年最新】火災保険が適用される屋根工事
保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?    特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      逗子市のその他のブログ

      2020/11/1 逗子市沼間でスレート屋根の棟板金を点検、風に煽られて外れそうでした
      逗子市沼間でスレート屋根の棟板金を点検、風に煽られて外れそうでした

       逗子市沼間にお住いになられているF様より「家の屋根が壊れているようだ」とお困りのご相談がございました。近隣の方から教えていただいたそうです。住んでいる方はご自宅の屋根が見づらいとは思いますが、ご自宅の周囲にお住いになられている建物との関係上、周囲の建物からは丸見えということもございます。近隣の方のお宅の窓から見させていただいたことで、ご自宅の屋根が壊れていることを確信したそう...続きを読む

      2020/10/23 逗子市逗子で2階の天井に染みを発見、天井に出る染みは雨漏りの可能性があります
      逗子市逗子で2階の天井に染みを発見、天井に出る染みは雨漏りの可能性があります

       逗子市逗子にお住いになられているT様より「天井が歪んできている」とご心配なご相談がございました。理由なしに天井が歪むことはありません。何かしらの原因が必ずあります。建物は築年数の経過により傷んできます。それによりおちこちで不具合が起こりやすくなります。まずは逗子市逗子T様のお宅にお伺いして調査をいたしました。新型コロナウイルス(covid-19)の感染者数がやや増加傾向のよう...続きを読む

      2020/09/29 逗子市久木で陥没した屋根の調査、屋根を構築している下地から替える必要がありました
      逗子市久木で陥没した屋根の調査、屋根を構築している下地から替える必要がありました

       逗子市久木にお住いになられているY様より「天井から雨漏りしている」とお困りのご相談がございました。雨が降ると天井の端から雨水が漏れてくるそうです。お伺いしてみると、この日は雨が降っておりませんでしたが、天井の端が黒くなっており確かに天井に雨水が流れ出している形跡がございました。逗子市久木Y様のお宅の屋根は梯子で上がれる環境ではございませんでしたので、足場を架けてそれから屋根に...続きを読む

      2020/09/9 逗子市逗子で天井から雨漏り発生、原因は真上に施されたFRP防水にありました
      逗子市逗子で天井から雨漏り発生、原因は真上に施されたFRP防水にありました

       建物に使用されている建築資材は全て徐々に傷んで劣化していきます。定期的なメンテナンスが必要であることを覚えていただきたいと思います。逗子市逗子にお住いになられているS様より「家の天井に染みが出来ており、どうやら雨漏りしているようだ」とお困りのご相談がございました。築16年が経過した逗子市逗子S様のご自宅は、2階にリビングがあり、そのリビングの天井に染みが出来ているようです。ま...続きを読む

      2020/08/10 逗子市桜山にて強風の影響で棟瓦が倒壊、すぐ隣の新築現場に二次被害が起きそうになっておりました
      逗子市桜山にて強風の影響で棟瓦が倒壊、すぐ隣の新築現場に二次被害が起きそうになっておりました

       逗子市桜山にお住まいのT様より「強風が続いた翌日、瓦屋根の一部が倒壊していると近所の人に教えてもらった。とりあえず知り合いに養生だけしてもらっているが専門家ではない為に原因究明と施工をお願いできる業者さんを探している。」とご相談がございました。お話をお伺いいたしますと、T様邸は築30年程経過しており今まで一度も外装リフォームをされた事がなかったそうです。さっそく屋根調査にお伺...続きを読む

      2020/07/26 逗子市桜山で雨漏り調査、滴ってこなくても天井に出来た染みは雨漏りです
      逗子市桜山で雨漏り調査、滴ってこなくても天井に出来た染みは雨漏りです

       雨漏りは室内に滴ってきた現象を雨漏りと思われている方がいらっしゃいます。雨漏りは雨水が建物外部から室内に侵入することを指します。室内に滴ってきて室内に置いてある物が濡れてしまうことも問題ですが、雨水が侵入したことによって建物を構築している木材が濡れてしまうことも大きな問題なのです。雨水の侵入が繰り返されることによって、建物を構築している木材が傷んだり腐食してしまうのは、建物に...続きを読む

      2020/06/27 逗子市沼間でアパート鉄骨階段や共用部の錆び、錆びる前に塗り替えましょう
      逗子市沼間でアパート鉄骨階段や共用部の錆び、錆びる前に塗り替えましょう

       「アパートの鉄骨階段や共用部を補修してほしい」とメンテナンスのご相談が御座いましたので、逗子市沼間にあるアパートにお邪魔いたしました。築35年以上が経過したアパートですが、これまでにも部分的にメンテナンスを行ってきたそうです。かれこれ10年近くメンテナンスを行っていないので、補修を考えてのご相談でした。逗子市沼間のアパートは、築年数の経過したアパートによく見られる鉄骨階段と共...続きを読む

      2020/06/25 逗子市池子にて経年劣化により歪んでしまった軒樋から雨水があふれてしまう時は雨樋工事が必要です
      逗子市池子にて経年劣化により歪んでしまった軒樋から雨水があふれてしまう時は雨樋工事が必要です

       逗子市池子に三階建て賃貸物件を所有のオーナー様より、雨の日に雨樋が雨水があふれてしまって困っているとの事でご相談を頂きました。  建物は20年以上は経過しており、外装リフォームはしたことはあるが雨樋に関しては特になにもされていないとの事でした。さっそく現地に伺いあふれてしまう原因を調査致しました。  街の屋根やさんではコロナウィルスに対しても引き続き対策を講じております。...続きを読む

      2020/06/17 逗子市逗子で傷んだ棟板金とその貫板を、棟板金交換工事で直します
      逗子市逗子で傷んだ棟板金とその貫板を、棟板金交換工事で直します

       逗子市逗子にお住いになられているE様のお宅で棟板金交換工事を行いました。棟板金とは、屋根面の角度が変わる棟と呼ばれる箇所に被せてある板金のことです。屋根面の角度が変わるために屋根材をそこに使用することが出来ないため、あえて板金を被せて納めてあります。スレート屋根や板金屋根の棟は棟板金が使用されていることが多いです。逗子市逗子E様のお宅では、棟板金が外から見ると浮いている箇所が...続きを読む

      2020/06/12 逗子市沼間で雨漏り発見、気が付いていなかった天井の雨染みを見つけました
      逗子市沼間で雨漏り発見、気が付いていなかった天井の雨染みを見つけました

       逗子市沼間にお住いになられているI様のお宅で屋根調査を行った際に、室内の雨漏りの有無を確認するために2階のお部屋に通していただきました。屋根カバー工法をご希望でしたので、雨漏りをしていないことを確認するために確認いたします。屋根カバー工法は雨漏りで野地板が傷んでいると固定に問題が発生しますので、雨漏りしている屋根に対しての屋根カバー工法はすすめ出来ません。新型コロナウイルス(...続きを読む

      2020/05/27 逗子市池子のスレート屋根で、片流れの棟板金が風の影響で捲れてしまいました
      逗子市池子のスレート屋根で、片流れの棟板金が風の影響で捲れてしまいました

       スレート屋根の端は板金で納められているこが多く、近年ではガルバリウム鋼板が使用されていることが多いようです。逗子市池子にお住いになられているA様より「屋根のフチが剥がれてしまっているので、その修理をお願いしたい」とお悩みのご相談がございましたので、状況を確認するために調査へお伺いいたしました。逗子市池子A様のお宅は、高い擁壁の上に建てられてあり、階段を上って辿り着く場所にあり...続きを読む

      2020/04/30 逗子市沼間にて強風の影響でズレてしまっていた平瓦と雪止め金具を補修致しました
      逗子市沼間にて強風の影響でズレてしまっていた平瓦と雪止め金具を補修致しました

       逗子市沼間にお住まいのI様より、遠目から見ると自宅屋根の瓦がめくれているように見え、雨漏りしたら困るとのことがきっかけで点検調査のご依頼を頂きました。築年数はご両親がお住まいの頃からなので不明との事ですが、少なくとも三十年は経っているとの事。  全体を点検し、必要な修繕とめくれているように見える場所の特定をします。       釘で...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      逗子市の施工事例一覧

      逗子市桜山で令和元年東日本台風で破損した瓦屋根を、棟瓦取り直し工事で災害復旧しました

      【施工内容】
      棟瓦取り直し

      シルガード(黒)

      逗子市久木にてベランダ下にある傷んでしまっていた瓦棒葺きの下屋根へガルバリウム鋼板を使用しカバー工事を行いました

      【施工内容】
      屋根カバー工法 破風板板金巻き工事 雨樋工事

      JFE鋼板 和みFIT

      逗子市久木にて令和元年房総半島台風の影響でスレート屋根が飛散、スーパーガルテクトにて屋根カバー工事

      【施工内容】
      屋根カバー工法

      スーパーガルテクト Sシェイドブラック

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      座間市南栗原でセメント瓦の点検、表面が劣化したセメント瓦は雨水を吸い込んでしまいます

      座間市南栗原でセメント瓦の点検、表面が劣化したセメント瓦は雨水を吸い込んでしまいます

       座間市南栗原にお住いになられているE様より「屋根が傷んできているようなので点検...続きを読む

      逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起きないように早めの修繕が必要な状況でした

      逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起きないように早めの修繕が必要な状況でした

       逗子市新宿にお住まいのO様より、最近の強風で屋根から瓦が落ちてきたので早急に点...続きを読む

      鎌倉市材木座にて築30年ノーメンテナンスの化粧スレートは苔やカビで覆われて雨漏りが心配です

      鎌倉市材木座にて築30年ノーメンテナンスの化粧スレートは苔やカビで覆われて雨漏りが心配です

       鎌倉市材木座にお住まいのM様より、少し遠目から自宅屋根を見ると真っ黄色に見える...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      座間市相武台で雨漏りで腐食した屋根を、下地から造り直して屋根葺き替え工事を行いました
      座間市相武台で雨漏りで腐食した屋根を、下地から造り直して屋根葺き替え工事を行いました
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年
      使用材料
      スタンビー(シルバーブラック)

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン