屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 横浜市緑区青砥町で反りが酷くなってきたスレート屋根をカバー工.....

横浜市緑区青砥町で反りが酷くなってきたスレート屋根をカバー工事でメンテナンス

更新日:2021年3月22日

 横浜市緑区青砥町で屋根の調査をおこないました。スレート葺き屋根で棟板金の浮きを指摘されたというお問合せをいただき、屋根に上って実際の状況を調べました。

 スレート葺き屋根は塗装工事をおこなわないと表面がどんどん劣化していきます。元々は黒や茶色などの着色されていますが、紫外線や風雨に曝されている事で劣化して粉状になるチョーキングが起きてしまします。撥水性も落ちるのでどんどん汚れやコケなどが付着して見た目も悪くなり、スレート自体が反っていきます。一旦反りが出てしまったら元には戻りませんので、更に割れなどにより劣化が進んでしまいます。

 定期的に塗装でのメンテナンスが必要なスレート屋根ですが、劣化の状況によっては塗装ではなく葺き替え工事やカバー工事などの屋根工事をお勧めします。今回は建物の状況などを総合的にみたうえで屋根カバー工事をご提案しました。

スレートの劣化状況を確認

スレート葺き屋根 表面が大分劣化しています

 スレート屋根の表面が劣化していてズルズルと滑ってしまう状態です。まだら模様に見えるのは、劣化した塗膜と汚れやコケが付着しているからです。表面に粉が乗っているのと同じ状態ですので、調査で歩くときにも滑らない様に注意が必要です。

スレートの反りが大分進行しています

 表面の撥水性が落ち雨水を弾かなくなることで、雨が降ると雨水を吸い込み濡れて乾いてを急激に繰り返す事で反りが出てきます。ペンの先がズボっと入るくらい反りが全体的に出ているのですが、この状態は強風などが吹き込んで割れてしまう事もありますし、余計な雨水が吹き込んでしまう原因にもなってしまいます。一度反りが出てしまったスレートは元に戻す事が出来ませんし、塗装工事で効果が出るのはあくまでもスレートの表面だけですので、この状態のスレートにはあまりメンテナンスとしての効果はありません。

棟板金も貫板に傷みが出ています

釘が抜けた跡 重なり部分が浮いています

 屋根面と屋根面が合わさった部分には棟板金が取り付けてあります。棟板金はスレートを葺いた後に貫板を屋根に固定し、板金を被せて横から釘を打って固定してあります。

 よく見ると釘が浮いていたり抜けている部分が有るのですが、これは下地の貫板が劣化している為に釘が緩んでしまったからです。木製の下地材ですので、経年により木が痩せる事もありますし、雨水によって腐食している事もあります。この様になってしまうと貫板を新しくしなければ強風などで棟板金が飛ばされてしまう危険もあります。

 横浜市緑区青砥町で調査したスレート葺き屋根は、塗装工事でのメンテナンスはお勧めできません。下地に傷みがありませんでしたので、上からガルバリウム鋼板などの金属屋根を被せる屋根カバー工事でのメンテナンスをご提案します。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心してお任せください。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介
 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。  実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法
 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市緑区のその他のブログ

      2021/03/19 横浜市緑区いぶき野でスレート屋根の点検、うろこな形のスレートが割れて無くなっておりました

       屋根に使用されている屋根材の中で、近年一番多く使用されている屋根材はスレートです。スレートは規則正しい長方形のように見えるデザインが多く使用されておりますが、実はそれ以外のデザインも散在します。時折そのデザインであることでスレートと思われていないこともあります。それはうろこのような形をしたスレート...続きを読む

      2021/03/16 横浜市緑区中山で雨漏りしている瓦棒葺き屋根を葺き替え工事で直します

       横浜市緑区中山で屋根の調査をおこないました。2階建ての屋根はトタンの瓦棒葺きで雨漏りしているので直したいというお問合せでした。 屋根はシンプルな造りの切り妻屋根で2面で屋根が構成されています。何回か塗装工事をおこなった事があるそうで、所々サビが出ていますがトタン自体はそれ程傷んではいませんでした。...続きを読む

      2021/02/21 横浜市緑区白山でスレート屋根の点検、棟板金を固定している釘が抜けていて交換が必要な状態でした

       近年建てられている住宅の屋根で一番使用されている屋根材はスレートです。それ故スレート屋根を点検する回数も多い訳ですが、スレート屋根はスレート以外にも使用されている材料があります。横浜市緑区白山にお住いになられているY様のお宅で行ったスレート屋根点検では、スレート以外の箇所に不具合が起こっておりまし...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市緑区のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      31年
      使用材料
      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2021/05/4 川崎市中原区下小田中でコロニアルNEOは屋根カバー工事でメンテナンス

       川崎市中原区下小田中で屋根の調査をおこないました。築16年のスレート葺き屋根で、葺かれているのはコロニアルNEOです。ノンアスベストのスレート材で割れや欠けなどの不具合が出てしまう屋根材です。塗装工事をおこなっても割れや欠けを止める事が出来ませんので、塗装でのメンテナンスが出来ない屋根材です。 コ...続きを読む

      2021/04/29 築15年の横浜市保土ヶ谷区星川のお住まいの屋根では棟板金などの板金に塗膜の劣化や釘の浮きが多く見られました

       横浜市保土ヶ谷区星川にお住まいのS様は、訪問業者に屋根の板金が飛びそうになっていますと言われたそうです。屋根に上ったわけでもないのに、どうしてわかったのかと疑問に思いながらも、ご近隣に迷惑を掛けてしまうかもと不安になり、調査をお願いしたいとお問合せくださいました。  屋根に上らせていただ...続きを読む

      2021/04/28 横浜市港北区大倉山で瓦屋根の点検、表面が剥がれ出している傷み方はセメント瓦でした

       築年数が30年以上経過している一般住宅の屋根には、瓦が使用されていることが多いです。瓦は屋根材の中では頑丈な部類に属しますが、瓦屋根には瓦以外にも使用されている部材があります。定期的なメンテナンスが必要な箇所もありますので、点検や調査を行ってご自宅の瓦屋根の状態を築年数の経過に合わせて確認していく...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      18年
      使用材料
      エコグラーニ(ブラックオニキス)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる