屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 青葉区で和瓦屋根を葺き直し工事

青葉区で和瓦屋根を葺き直し工事

更新日:2015年9月15日
足場アイコン

2cb2de16cc4e8afd8de19fab545b1519

【ビフォー】

f84848e3c176905e52f060ec600908da

【アフター】

近くで工事をしていた、業者に指摘され、そろそろ、メンテナンスの時期かなと思い。飛び込みの業者では心配なので、一度点検して見積もりしてほしいというお問い合わせ。

e02551312eaadb741b23e66123d9b025

大きな問題はなく、平部の歪みもそれほどありません。こまめにメンテナンスしている印象で、雨漏り等もしていません。

319aa9470bfe52088ee561225bae6c25

強いて挙げれば、鬼瓦と漆喰が劣化しているくらいです。

2b57c6cedd7af66116cdc3b2677284c8

ただ、大きなソーラー温水器システムが搭載されていますので、工事の時には移動しなくてはなりません。

e51cbc9b6c27543c2d50b37e8983a1b0

その、温水器システムの廻りがコードやパイプに引っ張られて少し歪んでいるくらいです。

a0ed0743e6d909436b69aaa09a592620

まずは、既存の瓦を一枚一枚丁寧に剥がしていきます。

d0da449b4386e0171c23db42e28cc532

列と順番ががわかるように、並べておきます。

c7b2f1ad09fdeb6a290babaa0138ce8d

続いて、桟を外していき、防水紙の状態にします。

1f3a027689f0164b992e2035ff8b7505

軒先から新しい防水紙を貼っていきます。防水紙が2重になります。

bcddeb5d5591134f2226f64b57f2be22

続いて瓦がずれないように、縦に縦桟(キズリテープ)を貼って、横桟を取り付けます。

11d6301d44b2fcc4dbfeb1fb01be304f

0a430813d421c87ebfb686e95d8e1a3b

半面終わったら、ソーラー温水器を移動して、同じ手順で葺き直します。

9e07b1619cb1908ce899b405281cf81b

あとは、棟の部分を取り付けるだけです。

b2d434a38b40e84f19dc8f2350f8196a

土台になる部分に漆喰をもって骨を作り、その上にノシ瓦を乗せて銅線を挿しこんでおきます。

6caba12598f3fa7092513b888149e305

ノシ瓦の上に丸瓦を乗せるため、漆喰を積んでいきます。

0bb531b0a158a9255037fcea19b525e4

丸瓦を乗せながら、銅線で固定していきます。

ba0a5fc0c8fae0be67c0fca5a3bd06fe

鬼瓦の廻りも漆喰で成形します。

f0e04e25d6bc813771d1776f2bbe15fe

最後に面戸を鶴首というコテのようなもので綺麗に均していきます。

e02551312eaadb741b23e66123d9b025

完成です。一部のズレもない完璧な状態になりました。工事前とあまり大きく変わりませんが、中身は大きく変わります。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根葺き直し
      築年数
      6年
      使用材料
      ケイミュー コロニアルクァッド

      施工内容
      部分塗装,屋根葺き直し,破風板・軒天部分補修,雨樋交換
      築年数
      28年
      使用材料
      ケイカル板

      横浜市青葉区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      築30年以上
      使用材料
      IG工業 ファブリックライン サンドブラウン


      同じ工事のブログ一覧

      大和市つきみ野で発生した雨漏り、原因は劣化した下葺き材の可能性が高いです

      2020/02/23 大和市つきみ野で発生した雨漏り、原因は劣化した下葺き材の可能性が高いです

      築年数の経過した瓦屋根は、台風や大雨、長時間降り続ける雨によって発生する雨漏りが多い現状があります。屋根から雨漏りが発生する原因は、一つとは限りませんが、瓦屋根の場合は原因がたくさんある訳ではございません。瓦屋根の中で特に築年数の経過した瓦屋根では、瓦の下にある下地であったり下葺き材に原因があること...続きを読む

      鎌倉市津西で塗装されたスレート屋根をドローンで調査

      2020/02/21 鎌倉市津西で塗装されたスレート屋根をドローンで調査

      鎌倉市津西にお住いになられているU様より「築30年以上が経過しているの一度屋根を見てほしい」と屋根調査のご依頼がございましたので、鎌倉市津西U様のお宅にお邪魔いたしました。屋根材はスレートを使用されておりました。一般的なスレートではなく、デザイン性に優れたアーバニーと呼ばれるスレート屋根材でした。1...続きを読む

      海老名市社家で瓦の破損、出てきた中身は傷んでおりました

      2020/01/22 海老名市社家で瓦の破損、出てきた中身は傷んでおりました

      海老名市社家にお住いになられているH様の宅より「瓦が破損して無くなっているところがある」とお悩みのご相談がございました。瓦は重い部類に入る屋根材ですが、風により飛んだり飛んできた物が当たって破損して無くなることもございます。瓦屋根は使用年数が経過してくると固定が弱くなる傾向がございますので、定期的な...続きを読む

      お問い合わせバナー