屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 横浜市鶴見区馬場で令和元年東日本台風により落下した瓦を、瓦差.....

横浜市鶴見区馬場で令和元年東日本台風により落下した瓦を、瓦差し替え工事で補修しました

更新日:2020年9月1日

【施工前】
before

【施工後】
after

施工内容 瓦差し替え

築年数33年

使用材料日本瓦(オレンジ)

費用詳しくはお尋ねください

保証お付けしておりません

台風アイコン

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


 横浜市鶴見区馬場にお住まいのY様より「瓦が10枚ほど落下した」とご相談がありました。令和元年東日本台風の影響で瓦が落下してしまったようです。お住まいに伺い、点検調査を行ったところ、数カ所で瓦の落下が見つかりました。瓦が落下した部分には新しい瓦を設置し、一部が破損している部分は現在の瓦を撤去して新しい瓦に差し替えます。瓦屋根は1枚ごとの差し替えが可能で、他の屋根材に比べると補修しやすい屋根材です。
 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っておりますので、ご安心ください。
 横浜市鶴見区馬場にお住まいのY様より「瓦が10枚ほど落下した」とご相談がありました。令和元年東日本台風の影響で瓦が落下してしまったようです。お住まいに伺い、点検調査を行ったところ、数カ所で瓦の落下が見つかりました。瓦が落下した部分には新しい瓦を設置し、一部が破損している部分は現在の瓦を撤去して新しい瓦に差し替えます。瓦屋根は1枚ごとの差し替えが可能で、他の屋根材に比べると補修しやすい屋根材です。
 私たち街の屋根やさんでは新型コロナウイルス対策を徹底して点検調査に伺っておりますので、ご安心ください。


担当:谷


点検の様子

落ちた瓦 養生
 点検調査に伺うと庭に落下した瓦が集められていました。落下した瓦の量からも広い範囲が破損しているのがわかります。確認のために屋根に登ってみると、瓦が剥がれた部分に雨が入らないように養生がしてありました。養生箇所は2箇所あり、やはり広範囲に被害がでていました。

 

養生している 欠けた瓦

 屋根の調査を続けると、養生されている部分以外にも瓦が欠けているのを見つけました。放置すれば瓦がない部分から雨水が侵入し、屋根を傷めてしまいますので補修を行います。

 

棟 棟瓦

 瓦屋根の台風による被害が多い棟瓦も調査を行いました。被害はなく棟瓦も綺麗に一直線に揃っており、安心しました。瓦は耐久性に優れていますが、棟瓦を支える漆喰は10〜15年でメンテナンスが必要です。漆喰が剥がれると棟瓦が歪んできます。台風後でなく日頃から棟瓦の歪みをチェックするために点検を行いましょう。

瓦差し替え工事の様子

新しい瓦 瓦差し替え

 Y様の屋根と同じオレンジ色の日本瓦を使用します。瓦はスレートなどとは違い1枚から差し替えができるのが特徴です。

瓦差し替え 瓦屋根

 瓦の差し替えは、まず不具合が発生している瓦をハンマーを使って壊し、取り除きます。このとき、他の瓦が割れないように近くの瓦にくさびを挟み込みます。瓦を取り除いたら、新しい瓦を差し込んで固定します。

 

瓦差し替え工事完了

工事後

 瓦の差し替えが完了しました。これで雨漏りの心配はありません。瓦の色も現在の瓦と同じ色ですので、台風前の状態に戻りました。瓦屋根は長寿命なのが魅力ですが、メンテナンスを行わないと耐用年数より早く劣化してしまいます。定期的にメンテナンスを行うと台風がきても安心できるかと思いますので、一度お住まいの点検をすることをお勧めします。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
台風対策に向けたお住まいのチェックポイント!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!実際の台風被害の様子【台風被害例1:軒天の破損】軒天のモルタルが剥がれてしまった例です。台風の強風で、弱っている部分は破壊されてしまいます。補修…続きを読む

横浜市鶴見区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。横浜市鶴見区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する横浜市鶴見区特設ページはこちら

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京 東京都の方はこちら
      街の屋根やさん千葉 千葉県の方はこちら
      街の屋根やさんポータル 全国版はこちら

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      街の屋根やさん東京

      東京都の方はこちら

      街の屋根やさん千葉

      千葉県の方はこちら

      街の屋根やさんポータル

      全国版はこちら

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し,雨樋工事,その他の工事
      築年数
      使用材料
      なんばんしっくい、和瓦

      横浜市鶴見区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料
      カバールーフ455


      同じ工事のブログ一覧

      横浜市保土ヶ谷区川辺町で、雨漏りの原因を特定するために散水試験を行いました

      2020/11/29 横浜市保土ヶ谷区川辺町で、雨漏りの原因を特定するために散水試験を行いましたNEW

       以前に雨漏りでお悩みのご相談をいただいていた、横浜市保土ヶ谷区川辺町にお住いになられているN様のお宅より散水試験のご依頼がございましたのでお伺いいたしました。1階のお部屋から雨漏りしておりましたが、どこから雨水が侵入しているか分からなかったそうです。そこで前回の調査時に散水試験のご提案をさせていた...続きを読む

      寒川町一之宮で屋根に打たれているコーキングの点検、コーキングが切れていると雨漏りの危険性があります

      2020/11/7 寒川町一之宮で屋根に打たれているコーキングの点検、コーキングが切れていると雨漏りの危険性があります

       現代の建物に一番多く使用されている建築資材はコーキングではないでしょうか。隙間を埋めるための役割があるコーキングですが、別な役割にも使用されるケースが増えて参りました。隙間を埋める以外の理由や役割で使用することは控えた方が良いのですが、それでも使用されるのは簡単に誰でも使えて、使い勝手が良いからで...続きを読む

      藤沢市本藤沢でパラペットに使用された瓦の点検、銅線のは切れやすくなるので交換しましょう

      2020/11/6 藤沢市本藤沢でパラペットに使用された瓦の点検、銅線のは切れやすくなるので交換しましょう

       藤沢市本藤沢にお住いになられているT様のお宅の屋根を点検いたしました。築30年以上が経過した屋根の点検になります。屋根の周囲が立ち上がってある形状になっており、その天端には瓦が使用されておりました。天端の部分は雨漏りに繋がる可能性が高いことから、何かしらの材料を被せて雨水が侵入しないように造られて...続きを読む

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる

      イオン銀行住宅ローン