屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > 施工事例 > 逗子市桜山で令和元年東日本台風で破損した瓦屋根を、棟瓦取り直.....

逗子市桜山で令和元年東日本台風で破損した瓦屋根を、棟瓦取り直し工事で災害復旧しました

更新日:2020年10月10日

【施工前】

【施工後】

築年数28年

平米数11.8m

施工期間3日間

使用材料シルガード(黒)

費用32.5万円

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 風圧の強い台風では、瓦屋根が破損する被害件数が非常に多く発生します。令和元年東日本台風やその1か月程前に発生した令和元年房総半島台風は、非常に風圧の強い台風でした。そのため神奈川県でも被害件数が多く、逗子市桜山にお住いになられているW様のお宅もその中に該当しておりました。普段は固定されている瓦ですが、風圧により抜け落ちたり、倒壊したり、飛ばされて落下したりします。また、飛来物によって割れることもございます。
 逗子市桜山W様のお宅の瓦屋根では、切妻と呼ばれる形状の屋根の先端に取り付けられている巴瓦(ともえかわら)がズレてしまいました。それに気が付いたことで点検にお伺いいたしましたが、点検の中では熨斗瓦(のしかわら)が抜け落ちていることが分かり、桟瓦(さんかわら)と熨斗瓦(のしかわら)に詰められている漆喰も剥がれ出しておりました。また、飛来物が当たったことで桟瓦が割れておりました。
 割れた桟瓦は新しいものと交換すれば良いのですが、複雑な造りをしている棟に関わっている部分に関しては、棟瓦の造りを一度解体して、新しく造り直す必要がございます。逗子市桜山W様のお宅での瓦屋根は、割れた瓦の交換と棟瓦取り直し工事が必要な状態でした。
 現在、新型コロナウイルス(covid-19)の影響が拡大しております。街の屋根やさんでは、マスク着用やこまめな消毒、ソーシャルディスタンスなどの対策を行い続けており、打合せや商談などもzoomを使用することを推奨しております。
 風圧の強い台風では、瓦屋根が破損する被害件数が非常に多く発生します。令和元年東日本台風やその1か月程前に発生した令和元年房総半島台風は、非常に風圧の強い台風でした。そのため神奈川県でも被害件数が多く、逗子市桜山にお住いになられているW様のお宅もその中に該当しておりました。普段は固定されている瓦ですが、風圧により抜け落ちたり、倒壊したり、飛ばされて落下したりします。また、飛来物によって割れることもございます。
 逗子市桜山W様のお宅の瓦屋根では、切妻と呼ばれる形状の屋根の先端に取り付けられている巴瓦(ともえかわら)がズレてしまいました。それに気が付いたことで点検にお伺いいたしましたが、点検の中では熨斗瓦(のしかわら)が抜け落ちていることが分かり、桟瓦(さんかわら)と熨斗瓦(のしかわら)に詰められている漆喰も剥がれ出しておりました。また、飛来物が当たったことで桟瓦が割れておりました。
 割れた桟瓦は新しいものと交換すれば良いのですが、複雑な造りをしている棟に関わっている部分に関しては、棟瓦の造りを一度解体して、新しく造り直す必要がございます。逗子市桜山W様のお宅での瓦屋根は、割れた瓦の交換と棟瓦取り直し工事が必要な状態でした。
 現在、新型コロナウイルス(covid-19)の影響が拡大しております。街の屋根やさんでは、マスク着用やこまめな消毒、ソーシャルディスタンスなどの対策を行い続けており、打合せや商談などもzoomを使用することを推奨しております。


担当:佐々木


【調査の様子】

漆喰が変色している

 令和元年東日本台風の影響により瓦屋根に異変が起こっていた逗子市桜山にお住いになられているW様お宅の屋根を調査いたしました。瓦屋根の先端に取り付けてある巴瓦(ともえかわら)の位置がズレておりました。

 瓦屋根の隙間を埋めている漆喰の色もかなり変色しており、築30円以上が経過した瓦屋根は令和元年東日本台風によって復旧工事が必要な状態になっておりました。巴瓦の上にある緑色のものは銅線です。銅線が緑青をふいている状態のものです。

 

漆喰がひび割れている 今にも熨斗瓦が抜けそう

 雨水や風が激しく当たったことで漆喰の表面も削れた状態になってります。基本的に漆喰が詰められている箇所は、雨水が侵入しては困る箇所です。雨水は侵入してしまうと雨漏りを引き起こしたり、他の建築資材を傷ませてしまうことに繋がります。

 棟瓦を見てみると、熨斗瓦(のしかわら)が今にも抜けそうになっておりました。本来は熨斗瓦がこのように抜け出ることはございません。これも雨水や風の影響があったといえます。

 

 

【施工の様子】

棟瓦取り直し工事前 棟瓦取り直し工事するために棟瓦を解体

 棟に絡んだ瓦に不具合が起こっていたということで棟瓦取り直し工事で復旧いたします。棟瓦取り直し工事は、既存の瓦を再利用することが出来る工事です。破損具合が著しい瓦のみを新しく交換するだけで良い工事です。しかし、既存と同じ瓦が存在しなければ行うことができない工事とも言えます。

 逗子市桜山W様のお宅の瓦はとても一般的な瓦で、交換が可能でしたので棟瓦取り直し工事行えました。一度既存の棟瓦を解体して棟瓦無くしてしまいます。

 

棟瓦を解体して何もない状態

 一度解体した瓦は、端に寄せておくか下に降ろしておくかしておきます。棟瓦があった箇所は使用していた土や泥などが散乱いたしますので、清掃を行って新しい棟瓦を造る準備を行います。赤く見える糸は、棟瓦を新しく造るときに必要なラインです。このラインを外側に超えないうよに進めて参ります。

 今回は漆喰の代わりにシルガードと呼ばれる材料を使用していきます。漆喰を製造しているメーカーさんが販売している現代版の漆喰がです。

 

シルガードの上に熨斗瓦を載せる 熨斗瓦を積み重ねる

 シルガードは漆喰よりも耐久性や防水性に優れており、シルガードを使用する際には土や泥を使用いたしましせん。まずはシルガードを棟にある瓦と瓦の間に積んでいきま。シルガードは鏝で均されて極力平らな状態を造り出し、その上に熨斗瓦を積んでいきます。軽く叩きながら合わせていきます。

 最初のこの部分が平らになっていることが後々とても重要になってきます。シルガードを使用して更に熨斗瓦を載せるという作業を、熨斗瓦の段数分だけ繰り返し行って参ります。

 

棟瓦を積み上げて固定する 新しい銅線で棟瓦を束ねる

 熨斗瓦は全部で3段あり、設置した熨斗瓦の隙間にシルガードを詰めて均す作業を3段分繰り返します。この作業の途中で新しい銅線を仕込んでおき、3段積み重なった熨斗瓦の上にさらにシルガードを詰めて冠瓦を載せます。新し銅線を冠瓦の上まで束ねるように回して固定するように括ります。

 棟瓦取り直し工事は、棟瓦を一度解体して新しい詰め物と銅線を使用して、新しく既存の瓦を積み直す工事です。これによりズレた巴瓦や抜け出てきた熨斗瓦も直ります。

 

割れた瓦を交換します 割れた桟瓦を交換しました

 台風の際は飛来物により割れたり欠けたりすることがあります。棟瓦取り直し工事を行っている作業中に、調査時に見つけた割れた桟瓦も交換いたしました。生産を行っている瓦であれば、このように破損した瓦だけを交換することが可能です。

 新しい瓦と比べると、既存の瓦の方が色が薄くなって傷んでいるように見えますが、茅ヶ崎市松林W様のお宅の瓦は、人が歩いても全く割れることのない瓦でしたので交換いたしました。

 

 

【完成】

棟瓦取り直し工事で台風被害を復旧

 茅ヶ崎市松林W様のお宅の令和元年東日本台風の影響で不具合が生じた瓦屋根を、棟瓦取り直し工事で復旧することが無事に出来ました。台風が通過した後、ご自宅の屋根の不具合に気づくのはなかなか難しいかと思います。ただ、台風が通過したあとに不具合が生じているお宅は非常に多いの実状です。

 私達、街の屋根やさんでは、点検・調査・お見積を無料で承っております。瓦屋根でお困り・お悩み・ご心配がございましたら、街の屋根やさんの点検・調査をご利用ください。この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

工事を行ったY様のご感想をご紹介いたします

Y様のアンケート

【工事前】

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風で2階屋根の先端部にズレが生じた 高所の為不具合の程度、構造等がわからないこと
Q2.弊社をどのように探しましたか?
市内の業者さんに電話で調査を依頼したが非常に忙しく対応出来ないとのことでネットで検索して探した
Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問い合わせの電話をしたが全く知らない業界なので会社の信用度合がわからない
Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
特にない。ネットの順番かな
Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
直ぐに対応してもらった不具合部分の説明もわかりやすかった 又、地元出身とのことで、近身感を感じた。
工事前アンケート

【工事後】

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
・確実に工事をすること ・日程を守ること ・工事中に近所に迷惑を掛けない
Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
ネットで他の業者に見積りを依頼した
Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
見積費用
Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
予定通り終って良かった 後は時間がたっても不具合が出ないようにと思う
Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
★"足場の組立、解体から屋根修理まで安心してまかせられる会社"
工事後アンケート

Y様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
 近年建築されている住宅をみていると、瓦屋根のお住まいをほとんど見かけなくなったとしみじみ思います。代わりに多くのお住まいで施工されているのはスレート屋根材や金属屋根材等、薄く軽量な屋根材ばかりです。これらは住宅の耐震性を高める為の施工だと言われていますね。しかし屋根材を軽くしただけで住宅の倒壊を免…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      31年
      使用材料
      シルガード(黒)

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      36年
      使用材料
      シルガード(黒)

      逗子市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法,破風板板金巻き工事,雨樋工事
      築年数
      45年
      使用材料
      JFE鋼板 和みFIT


      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      スーパーガルテクト Sシェイドブラック


      同じ工事のブログ一覧

      川崎市麻生区細山でズレた棟瓦のメンテナンスに棟取り直し工事をご提案

      2021/02/15 川崎市麻生区細山でズレた棟瓦のメンテナンスに棟取り直し工事をご提案

       川崎市麻生区細山で屋根の調査をおこないました。瓦葺き屋根でお客様が下から見た時に何となくズレている様な気がする、というお問合せをいただきました。  瓦屋根はメンテナンスが必要無い屋根と思われている方も多いと思いますが、実際には棟の漆喰(しっくい)が剥がれたり、瓦の下に葺いてある防水紙も経年によっ...続きを読む

      横浜市旭区川井本町にて瓦屋根の調査、漆喰が劣化し剥がれると棟が歪んでしまい雨漏りに繋がりますので棟取り直し工事をしておきましょう

      2020/12/28 横浜市旭区川井本町にて瓦屋根の調査、漆喰が劣化し剥がれると棟が歪んでしまい雨漏りに繋がりますので棟取り直し工事をしておきましょう

       屋根の上から白い塊が落ちてきているので、一度屋根を見てほしいと横浜市旭区川井本町にお住まいのM様より屋根のご相談を頂きました。お話を伺いますとM様邸は築35年程経過しており、今まで瓦だから何もしなくても大丈夫だろうと一度もメンテナンスをしたことがなかったようです。さっそく現地に伺い屋根の点検調査を...続きを読む

      海老名市社家の瓦屋根は、瓦が割れて棟に詰められた漆喰が無くなっておりました

      2020/11/14 海老名市社家の瓦屋根は、瓦が割れて棟に詰められた漆喰が無くなっておりました

       「家の屋根が傷んでいるらしい」とお困りのご相談がございましたのは、海老名市社家にお住いになられているM様からでした。お隣にお住いになられている方から教えてもらったそうです。聞くところによると、海老名市社家M様のお宅の屋根は、典型的な瓦を使用した屋根とのことでした。建てられてから40年以上が経過して...続きを読む

      お問い合わせバナー