屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 神奈川県綾瀬市で折半屋根のカバー工事をおこないました

神奈川県綾瀬市で折半屋根のカバー工事をおこないました

更新日:2015年11月3日

 折半屋根とは金属屋根の一種で、鉄板を折り返した形状になった屋根材です。用途は一般住宅よりも倉庫や工場、商業施設、プレハブなどで比較的大きな規模の建物に使われることが多いです。金属なので放置した状態が続くとサビたり腐食によって穴があきますので、定期的な塗装をすることで長持ちさせることも可能です。メンテナンスを行っていくことでだいたい15年から20年ほどが耐用年数になり、それを過ぎる前に屋根の交換が必要になります。交換には屋根葺き替え以外に屋根カバー工法といって、既存の屋根に新しい屋根を作る工法があり、廃材が少なく工期も短い、結果費用が安くなる利点があります。
 このページでは折半屋根における屋根カバー工法についてご紹介いたします。

折半屋根

 

折半屋根でメンテナンスが必要なサイン

 時期を見て定期的にメンテナンスをすることは大事ですが、その時期が来る前にメンテナンスが必要な場合は何かしらサインがあります。それらが見られた場合も速やかに対応する必要があります。

 

塗膜の剥がれ、変色

 折半屋根に塗られた塗料も時間の経過とともに劣化します。その目安として最初に色あせなどの変色、その状態がさらに続くと塗膜が剥がれるといった状態になります。塗膜が傷むとサビや腐食に発展しますので、早めに屋根塗装をする必要があります。

 

サビの発生

 折半屋根は金属なので、塗膜が薄れて錆止め効果などがなくなると水分によってサビが発生します。屋根材だけでなく、それを固定するためのボルトなども腐食するため最近はサビに強いステンレスのビスを使います。また、屋根材もサビ・腐食に強い金属であるガルバリウム鋼鈑のものも最近使われれるようになりました。

 

屋根材の穴あき、変形

 腐食による穴あきだけでなく、台風などの強風で飛来物があたって穴が空いたり変形することがあります。屋根材に穴が空いてしまうとそこから雨水が入り込んで雨漏りも引き起こすことになります。
 屋根材の損傷などでも、軽度のものであれば補修可能ですが多くの場合は屋根材の交換が必要になるため屋根葺き替えやカバー工法を行うこととなります。

折半屋根がサビている 折半屋根の塗膜のひび割れ

 

 

折半屋根をカバー工法するメリット・デメリット

メリット1:廃材が少ない
 屋根葺き替え工事の場合は古い屋根材を撤去し、新しい屋根材に変更します。古い屋根材が大量に廃材となるため、その処分には費用がかかりますが、屋根カバー工法では廃材が出ないので割安になります。

メリット2:工期が短い
 屋根材の撤去が不要なので、その分の作業時間がなくなり工期が短くなります。折半屋根が使われる建物は工場や商業施設なども多いため、工事をする上で運営上の調整が必要になります。工期が短ければその調整もしやすくなるでしょう。

メリット3:屋根を剥がさないので屋内への影響が少ない
 屋根材を撤去する場合などは、屋内に落下物が落ちる危険もあるため、その区画は工事中は立入禁止にするといった対応が必要になります。それに伴い店舗の営業ができない、工場を稼働できないといった問題がでてきますが、屋根カバー工法ではそのような心配がなくなります。

メリット4:費用が安い
 屋根葺き替え工事と比較し、廃材が出ないことや工期が短い(人件費が削減できる)ことから費用が安くなります。

メリット5:屋根の断熱効果や遮音効果が高まる
 折半屋根は比較的遮熱効果が低く、雨音なども通しやすいのですが、屋根カバー工法をすることで屋根が二重になるので夏場の屋根からの温度上昇が和らぎ、雨音なども静かになります。

 

デメリット
 屋根カバー工法は、他の屋根材では瓦に施工ができないことや、重量が増すなどのデメリットがありますが、折半屋根においてはあまりデメリットがありません。屋根が二重になるので重量は少し増しますが、瓦やスレートなどよりも金属屋根材は軽量なので、その影響はそこまで大きくありません。

 

折半屋根のカバー工法で使われる金属

 

 ガルバリウム鋼板かカラーガルバリウム鋼板が最近の主流です。ガルバリウム鋼鈑はサビに強く長寿命な材で、カラーガルバリウム鋼板はガルバリウム鋼鈑をベースに、塗膜を施しカラーバリエーションなどの色調だけでなく、つや消しなどの質感など意匠性に優れた材です。
 これまではトタンが使われており、塗装でメンテナンスをしていても15年程度で屋根材の交換が必要になりました。ガルバリウム鋼鈑であれば20年以上もちますので安心です。

ガルバリウム鋼鈑の折半屋根 ガルバリウム鋼鈑の折半屋根(全体)

ガルバリウム鋼鈑についてもっと詳しく知りたい方は専用ページを御覧ください。

 

折半屋根の応急処置

 屋根カバー工法が必要な場合、屋根から雨漏りしているというケースも多いです。工事を実施するまでの間、屋内に雨水が入り込んだ状態が続くと木部を腐食させたり、屋内での作業にも支障が出てしまいます。私達街の屋根やさんでは応急処置として、ブルーシートによる仮養生や、小規模な穴あき箇所はコーキングなどで一時的な対応をとらせていただきます。

ブルーシートで養生 折半屋根のボルト部分の養生

折半屋根のカバー工法の様子

 先日より神奈川県綾瀬市で着工している現場です。工場屋根の小波スレートの屋根をガルバリウム鋼板の折板でカバー工事します。

 スレートの上にタイトフレームいう金具を取り付けます。この様な工場で使用しているスレートは、非常にもろくなっており、作業中に踏み抜いてしまうこともあるので注意が必要です。タイトフレームの上に新しい折板屋根を設置していきます。

 端から設置していき、途中の二箇所は明り取り部分です。既存の壁との取り合い部分は後で雨押えの板金で仕上げます。

 折板が設置し終わったらポリカーボネート製の明り取りの設置です。素材の違う材料を組み合わせるときは、雨漏りしないように雨仕舞いをしっかりとおこないます。

 壁の取り合い部分は板金を差し込んでコーキングで雨仕舞いをします。細かな納まりはまだ残っていますが、屋根自体は葺き上がりました。雨漏りが原因でしたが、これで安心できる屋根に変わりました。

 

折半屋根の固定方法

・はぜ締め
 タイトフレーム(梁にある屋根材を固定するための部分)に金具を取り付け、そこへ折半屋根材を巻き込んで固定する方法です。はぜ締めは、ボルトやナットを使用しないため、屋根材に穴が空かず雨漏りのリスクが低くなります。また、ボルトやナットがないことで、メンテナンスの費用を抑えることができます。一方でほかの施工方法に比べて固定力が弱いといったデメリットもあります。屋根の見た目はすっきりとした印象になります。

・重ね
 折半屋根でよく使われる方法が重ねです。折半屋根材を重ねた部分をボルトとナットで固定します。重ねは固定力が高く、台風時に屋根が飛ばされたといった被害が起きにくくなります。しかし、ボルトとナットで屋根材に穴をあけるので、隙間から雨が侵入する可能性があります。

・嵌合(かんごう)
 屋根材を固定しているボルト部分にキャップをかぶせて、ボルトを見えないようにする工法です。雨が侵入する可能性のあるボルト部分を覆うため、防水性が高まります。また、重ねのようにボルトやナットを使用して固定するので、強風にも強くなります。はぜ締めと重ねのいいとこどりをしたような施工方法ですが、他の工法に比べると費用は高いです。


 ご質問やご不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にお問い合わせください。

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

折板屋根の改修方法、塗装・屋根カバー・葺き替えを徹底比較
折板屋根の改修方法、塗装・屋根カバー・葺き替えを徹底比較
 「折板屋根」、一般の方々はあまり耳にしない言葉ではないでしょうか。しかし、その形状を聞けば、どなたもその存在を思い出すはずです。体育館や自転車置き場、バス停などの身近な建物に使われるこが多い屋根で、台形が連続した凸凹の金属屋根が折板屋根です。ご自宅の車庫や倉庫、カーポートが折板屋根という方も多いと…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      綾瀬市のその他のブログ

      2019/09/20 綾瀬市深谷南にて経年劣化したスレートを金属屋根材(ヒランビー)へ屋根カバー工法実施

      スレート屋根は定期的なメンテナンスが必要です本日は綾瀬市深谷南にて実施いたしました屋根カバー工法をご紹介いたします。スレート屋根は定期的に塗装をすることで長持ちしますが、何年もメンテナンスをしていないと苔の発生やカビ、変色から始まり、それがさらに経過するとひび割れや欠け、それによる雨漏りなどまでに発...続きを読む

      2019/09/19 綾瀬市寺尾西で瓦屋根からガルバリウム鋼板の金属屋根への屋根葺き替え工事

      築年数がかなり経っている屋根の葺き替え工事本日ご紹介いたしますのは綾瀬市寺尾西で行いました屋根葺き替え工事の様子です。屋根材である瓦は数十年持つとても耐久性のあるものですが、その下の野地板が傷んできていることや、この機会に軽量な屋根材への交換をということで屋根葺き替え工事を行うこととなりました。野地...続きを読む

      2019/09/4 綾瀬市深谷上にて棟板金からの雨漏り発生、棟板金交換で雨漏りを改善

      雨漏りによって発生した染みや腐食は別途工事が必要本日は綾瀬市深谷上にて実施いたしました棟板金交換工事をご紹介いたします。空き家で使っていない建物というこですが、長年雨漏りしておりとりあえずは養生をしてしのいでいたということです。雨漏りで時間が経っているということは、それだけ長い時間建物が水分にさらさ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      綾瀬市のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      築50年以上
      使用材料
      シルガード
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクアッド(アイリッシュグリーン)

      その他の施工事例一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2021/07/31 鎌倉市津西にて築26年のスレート屋根に塗装工事が可能か調査を行いました

       鎌倉市津西にお住いのT様より、「屋根の塗装メンテナンスを考えています」とのお問い合わせを頂きました。お住まいは築26年が経過したスレート屋根で、新築時から一度もメンテナンスは行っていないとのことです。屋根塗装によるメンテナンスが最適かどうかを確認するため、現地へ調査にお伺いさせていただきました。ス...続きを読む

      2021/07/29 川崎市中原区宮内で雹の被害を受けたスレート屋根をカバー工事で直します

       川崎市中原区宮内で屋根の調査をおこないました。 15年ほど前に瓦屋根からスレートに葺き替え工事をおこなったそうですが、屋根材に大分傷みがでていて彼方此方で割れが出ています。スレート屋根は塗装工事でのメンテナンスが必須の屋根材ですので、塗装工事をおこなわないと撥水性が落ちてしまい反りやコケの付着など...続きを読む

      2021/07/24 鎌倉市岩瀬ではアスファルトシングルの一部が強風によって剥がされている状態でした

       鎌倉市岩瀬にお住いのS様より、「アスファルトシングルが何枚か剥がれてしまったので直したい」とのご相談をいただきました。アスファルトシングルは日本でのシェア率が低いために見かけることの少ない屋根材ですが、アメリカでは実に8割近くの屋根に使用されています。剥がれた原因と可能なメンテナンス方法を確認する...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      ディートレーディング ディプロマットスター 
      色:カフェ
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      屋根材:エコグラーニ 色:グリーン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる