屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 川崎市幸区|バルコニーからの雨漏り、原因は施工不良!?

川崎市幸区|バルコニーからの雨漏り、原因は施工不良!?

更新日:2018年3月26日

本日は川崎市幸区N様宅のバルコニー補修工事の様子をお伝えいたします。N様宅は築15年、半年前から雨漏りが確認されており、原因は3階に設けられたサービスバルコニーからと断定されておりました。実は3年程前にも同じ箇所から雨漏りがあり、N様ご自身でコーキングなどでの補修を行ったそうですが、ここ最近になって、同じ箇所から漏るようになり、今回、本格的に直すことを決められたとの事です。

N様宅 アスファルトマスチック化粧板「バリキャップ」

こちらの床には「バリキャップ」と言われるアスファルトマスチック化粧板が貼られております。3年前の雨漏りでは、その下の防水の劣化が原因と考え、至る所にコーキングを施し、一時的に雨漏りを止めたそうですが、はっきりとした原因箇所の特定までには至っていなかったそうです。今回は事前に散水試験を行い、原因箇所の特定を行っております。

窓廻りコーキング跡 立上り部分の施工不良!?

原因は窓まわりの施工不良、立ち上がり部分に防水処理がされていないことによるものと断定されました。本来なら何かしらの処理が行われていなければいけない箇所にも関わらず、下地がむき出しのまま、化粧版に覆い隠されておりました。雨水は床面に落ち、排水溝へ流れる仕組みではありますが、横殴りの雨などは、立ち上がりや壁面に当たります。その水が化粧版の下の下地(防水処理がなされていない木自体)に浸透し、劣化を伴い、雨漏りへとつながった経緯になります。その問題箇所を伝って窓枠まわりの木下地、全体の腐食も確認される事態です。ここまで至っては補修で済ます工事ではありません。窓まわりを解体し、腐食した下地をやり直してからの防水処理が必要になります。

L字アングルでの補強 防水工事

しかし、今回はN様のご要望やご予算の都合もあり、現段階での雨漏りを改善させるのを第一優先とし、下地はそのままでこれからの雨水の浸透を防ぐ目的で、上からの防水処理を行うことになりました。方法は雨漏りの原因箇所(腐食部分)の窓まわりにL字のアングルをかませて補強を行い、その上からウレタン防水処理を行います。あくまでも補修の一環で、下地の腐食した状態はそのままなので、モノを置いたり、踏んだりすることがない様、注意が必要です。

ウレタン防水処理 立上り部分の処理

幸い、サービスバルコニーで、特に人の出入りがある訳ではないので行えた工事ではありますが、理想は腐食部分を解体撤去し、作り直すことです。勿論、それなりの費用はかかります。当時の施工不良だとしても、15年前であれば保険や補償は適用されず、自己負担になるので、判断が難しい事もあります。

防水工事完了

それでも補修での最善は尽くしておりますので、これからの雨に関しては心配ないでしょう。今後も定期的な点検とメンテナンスを意識しながら、建物全体を見守っていきたいと思います。

防水工事に関するご相談は街の屋根やさんへ(フリーダイヤル0120-989-936)点検・調査・お見積りは無料です。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な屋…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      川崎市幸区のその他のブログ

      2021/05/14 川崎市幸区東小倉のお住まいのスレート屋根には、苔の繁殖が全体に広がっており、棟板金にも危険な劣化症状が確認されました

       屋根が傷んできているようなので、調査をお願いしたいと川崎市幸区東小倉にお住まいのT様よりお問い合わせを頂きました。  現地に到着し、屋根に上らせていただくと、屋根材のスレートには汚れの付着や苔の繁殖が見られ、板金にも錆などの多くの劣化症状が見られました。 各部分を細かく調査をしていきます。なお、街...続きを読む

      2021/02/16 川崎市幸区神明町にてスレート屋根から、金属屋根スーパーガルテクトへの屋根カバー工法の様子をご紹介

       今回は川崎市幸区神明町にお住まいのY様にご用命頂いている、スレート屋根からスーパーガルテクトという屋根材を使用して行う屋根カバー工法の工事の様子をご紹介いたします。既存の屋根面を平らに 足場を設置後、既存の屋根材の上に新しい屋根材を取付けるためには屋根面を平らにする必要があります。そのため、既存の...続きを読む

      2019/11/29 川崎市幸区古市場にて雨漏りからの屋根の部分葺き直しと棟瓦取り直し工事

      棟付近からの雨漏りによって天井や壁面に染みが発生本日ご紹介いたしますのは川崎市幸区古市場にて実施いたしました屋根葺き直し工事と棟瓦取り直し工事の様子です。お問い合わせのきっかけは雨漏りしていることから、まずは雨漏りの原因調査とその工事を検討されているということです。現地調査の結果、棟部分の漆喰が剥が...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      川崎市幸区のその他の施工事例

      施工内容
      屋根塗装
      築年数
      築18年
      使用材料
      コロニアルクァッド
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      築32年
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み,スレート屋根材

      その他の施工事例一覧→

      防水工事を行った現場ブログ

      2021/05/8 横浜市鶴見区江ケ崎町で雨漏りの調査、天井裏の木材が傷んでおりました

       横浜市鶴見区江ケ崎町にお住いになられているW様より「家の天井に染みがいくつかできた」とご不安なご相談がございました。天井に染みが出来ているということは雨漏りや水漏れが発生している可能性がありますので、天井に染みが出来ている建物は専門業者に調査を依頼することをおすすめいたします。雨漏りや水漏れは原因...続きを読む

      2021/04/20 横浜市旭区白根でマンションのALCの斜壁は防水工事で保護します

       横浜市旭区白根で外壁の塗装工事をおこなっています。3階建てのマンションで鉄骨造で外壁にALCパネルが張ってあります。 一部壁が斜めになっている斜壁(しゃへき)があり、そこにもALCが使用されているのですが、経年劣化によって表面に塗装した会った塗膜が剥がれALC自体が掛けたり割れたりしている部分があ...続きを読む

      2021/04/18 横浜市瀬谷区阿久和西でバルコニー床の点検、トップコートの剥がれは早めに塗り替えが必要です

       屋根や外壁をメンテナンスしていかなければならないのはご存知の方も増えて参りましたが、住宅にあるベランダやバルコニーの床もメンテナンスが必要になります。アルミ製の後付けバルコニーは床がデッキになっておりますが、床に防止層が施してある場合はメンテナンスが必要になってきます。防水層はメインとなる主剤には...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      防水工事を行った施工事例

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる