屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/17更新】

  台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

HOME > ブログ > 棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要|横浜市港北区

棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要|横浜市港北区

更新日:2018年7月6日

瓦屋根と言えば、和瓦や洋瓦といくつか種類がありますが、瓦自体は耐久性が高く長持ちする屋根材です。しかし、瓦と瓦の間には隙間がどうしても出来てしまい、特に棟及び棟周辺には漆器やセメントなどが詰められております。棟の内部には土や泥が詰まっており、外部に面したところに漆喰やセメントが使用されております。稀にですが、棟の内部も外部に面したところにもセメントが使用されている屋根もあります。横浜市港北区H様より、「大きなメンテナンスをしていないので、屋根の状態が気になる」とのご相談がありました。調査にお伺いしてみると、横浜市港北区H様のお宅の屋根は、和瓦屋根であることが分かりました。

 

 

【瓦屋根は棟瓦取り直しがメンテナンスとして必要】

棟瓦取り直し1

横浜市港北区H様のお宅の瓦屋根に上がってみると、棟瓦を束ねている銅線が切れており、今にも熨斗瓦が飛び出しそうな状態でした。抜けて下に落ちると大変です。銅線で束ねるやり方で棟瓦を固定している場合は、銅線が切れると瓦が不安定になり落下しやすくなります。一番上に積んである冠瓦も手で掴むとそのまま取れてしまう状態です。

 

 

棟瓦取り直し2 棟瓦取り直し3

このような場合は、棟瓦取り直しが必要となります。「取り直す」とは、「積み直す」ということです。そして詰まってあるものや銅線も全て新しくやり替える事です。まずは、棟に使用されている既存の瓦を撤去してしまいます。そのうえで新しい詰め物を使用して、再び既存の瓦を積み上げていきます。

 

 

棟瓦取り直し4 棟瓦取り直し5

黒い色をしたものが詰め物です。シルガードと言って、漆喰よりも耐久性や防水性に優れた現代版の漆喰のようなもです。このシルガードを、棟の内部にも外部に面したところにも使用します。なので棟瓦取り直しを行う際は、以前のような土や泥、漆喰やセメントなどは使用しません。

 

 

棟瓦取り直し6 棟瓦取り直し7

あらかじめ銅線を下に通しておいてシルガードを盛って、熨斗瓦にシルガードを挟みながら積み上げて、積み上げたシルガードに冠瓦を被せて銅線を結ぶと、棟瓦取り直しは完了となります。棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要です。街の屋根やさんでは、屋根に関わる様々なお悩みやお困りに対応しております。屋根に関することは街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936。

 

 

 

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市港北区のその他のブログ

      2018/11/8 横浜市港北区にて雨樋が台風で外れて庭先に落ちていました
      横浜市港北区にて雨樋が台風で外れて庭先に落ちていました

         築30年以上経過しています横浜市港北区のお宅では気づいたら雨樋が外れており、庭先に先が割れて落ちていたとの事がきっかけで、雨樋の調査依頼を頂きましたのでその様子を紹介致します。 外れていた雨樋は這樋(はいどい)と言われる屋根の上に乗せて設置する樋で、下屋(げや)に使われます。 本来は雨が降った時にまずは軒先にあります軒樋が雨を受け止め、それを集水器に集めた後に竪樋で...続きを読む

      2018/11/6 横浜市港北区にて台風で被害を受けたテラスポートの調査
      横浜市港北区にて台風で被害を受けたテラスポートの調査

         本日は横浜市港北区K様宅より、「先月の台風24号の影響で2階バルコニーに設置してあるテラスポートの屋根が飛散してしまった様なので調査をしてほしい」とのご依頼をいただきました。早速現地へ伺います。 「2階バルコニーのテラスポート屋根の様子」 K様宅はやや高台に位置する場所に建てられており、風の影響を受けやすい環境にもございます。被害を受けたテラスは2階バルコニ...続きを読む

      2018/11/5 横浜市港北区にて棟板金飛散の調査、急勾配には足場の設置が必須です
      横浜市港北区にて棟板金飛散の調査、急勾配には足場の設置が必須です

         本日は横浜市港北区K様宅の屋根調査の様子をお伝えいたします。K様宅では先月の台風の影響により、屋根の棟板金の一部が飛散する被害がございました。幸い人やモノに当たるなどの二次被害は免れたものの、他の板金も心配との事で、屋根全体の点検・調査の依頼を頂きました。 飛散した板金は1m程です。瓦よりは軽いと言われておりますが、屋根の上から落ちてきますので、人やモノに当たった...続きを読む

      2018/10/21 横浜市港北区で陸屋根の天窓ガラスが割れて飛散、防水層にもダメージが…
      横浜市港北区で陸屋根の天窓ガラスが割れて飛散、防水層にもダメージが…

         本日は横浜市港北区のT様より、「先日の台風24号の影響で、工場陸屋根に設置してある天窓ガラスが飛散してしまったため、調査をしてほしい」とのご相談をいただきました。早速現地へうかがい、工場の屋上部分(陸屋根)に上り現状を確かめます。 「天窓ガラスが飛散」 ご覧の様に天窓のガラス部分が割れ、吹き飛ばされております。幸いガラスは屋上の隅に引っ掛かり、止まっておりま...続きを読む

      2018/10/14 横浜市港北区で台風被害、浮いた棟板金の調査でわかった家の本当の傷み
      横浜市港北区で台風被害、浮いた棟板金の調査でわかった家の本当の傷み

         今回の台風24号でやはり多いのが「棟板金」が浮いた、飛散してしまった」のお問合せです。今回も板金が浮いて外れそうとの事でお伺い致しました。 ただ、築年数がまだ10年ちょっと。まだ建てられてから屋根や外壁の塗装もやられていないお宅でしたが、棟板金の調査で屋根に上る過程でその他の家の傷みが多くわかりましたのでそれらの様子もお伝えいたします。 【高台、3階建てに近い片流れの屋...続きを読む

      2018/10/11 横浜市港北区にてスレート屋根の剥がれを調査、一部で下地と断熱材が露出しています
      横浜市港北区にてスレート屋根の剥がれを調査、一部で下地と断熱材が露出しています

         本日は横浜市港北区T様宅より屋根材(スレート)の剥がれの調査のご依頼をいただきました。T様宅では先日の台風の影響で、屋根材の一部が飛散、遠目からの確認で下地、断熱材までが露わになっているとの事です。雨漏りも心配との事で、早急に対処をしてほしいとのご要望です。早速現地にて屋根の状況を確認しますと、 「下地までもが剥がされ、断熱材が露出しています」 屋根材(スレ...続きを読む

      2018/10/6 横浜市港北区にて台風被害、棟板金とスレート屋根材両方巻き込まれました
      横浜市港北区にて台風被害、棟板金とスレート屋根材両方巻き込まれました

         家の前の道路に台風明けの翌日板金が落ちていたというお客様からのお問合せを受けまして、横浜市港北区のお宅に板金の調査に伺いました。 仕事で立会いできないが留守でも緊急な事なので見てほしいと言われておりましたので、後ほど連絡を入れるとのお話をして屋根に上がらせて頂きました。 【棟板金だけでも危険ですが一緒に屋根材も】 築年数が築年数が30年は経っているとは聞いてお...続きを読む

      2018/10/4 横浜市港北区で屋根を調査、入手不可能なモニエル瓦が台風で落下寸前に!
      横浜市港北区で屋根を調査、入手不可能なモニエル瓦が台風で落下寸前に!

         本日は横浜市港北区にてモニエル瓦のお宅の屋根調査を行いましたのでその様子をお伝えいたします。 モニエル瓦は販売していた日本モニエルが既に2010年に日本市場から撤退しており、部分的に補修したくても入手できないため、割れたりすると替えがきかないので大変です。以前は洋風のお宅にこのモニエル瓦はよく使われており、性能自体も決してわるいものではありません。人気商品でした。 【台...続きを読む

      2018/09/8 横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした
      横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした

         本日は台風により屋根が剥がれて今にも落ちそう、点検してほしいとのことで横浜市港北区のお宅に調査にお伺い致しました。 お問合せ時にはトタン屋根が捲れたとの事でしたが、現地について屋根のほうを見上げると確かに何かが浮いています。しかし、見える限りトタン屋根ではなく、化粧スレートの屋根です。しかも軒先の方に捲れているのが確認できます。 寄棟(よせむね)と呼ばれるこちらのお...続きを読む

      2018/08/28 横浜市港北区の屋根工事、ニチハパミールの傷んだスレート材にも屋根カバー工事は行えます
      横浜市港北区の屋根工事、ニチハパミールの傷んだスレート材にも屋根カバー工事は行えます

         本日は横浜市港北区Y様宅で行われました、屋根カバー工事の様子をお伝えいたします。Y様宅の屋根で葺かれている屋根材はニチハのパミールになります。こちらの屋根材は、アスベストの使用を控えたために起こる不具合が問題とされている屋根材です。アスベストは粘着性が高く、強度を保つには優れた素材です。その使用を控えたことにより、層間剥離(ミルフィーユ状に剥がれる現象)やひび割れといった不具合...続きを読む

      2018/08/26 横浜市港北区の築40年の瓦棒屋根、板金のサビや下地の腐食から屋根葺き替えのご提案
      横浜市港北区の築40年の瓦棒屋根、板金のサビや下地の腐食から屋根葺き替えのご提案

         自宅兼工場としてお使いの築40年は経過しているであろう瓦棒葺きトタン屋根の現地調査に参りました。 外部から梯子をかけられないので、1階からの室内階段を一度通り、2階通路に出てから脚立を立て屋根に上がらせていただき現状の調査を致しました。 色々古いのはわかっているが、なかなか屋根にまで気がまわっていなかったと言われるお客様。雨が降るとお隣に雨樋から水が撥ねて鉄砲水みた...続きを読む

      2018/08/25 横浜市港北区で設置後3年の波板屋根からバタバタ音、フックボルトで固定し解消
      横浜市港北区で設置後3年の波板屋根からバタバタ音、フックボルトで固定し解消

         洗濯物を干す場所を増やしたいのと、作業場にするために屋根が欲しいと2階外通路に約3年前波板屋根を設置したお宅で、波板屋根が固定されておらず強風で煽られて大きな音が出るようになってしまったとのことで、固定し近隣迷惑にもなっていた音を鎮めるために作業致しました。 【なぜ音がするのか】 通路はもう既に波板で塞がれていて上がる所がないため、家屋の2階屋根から波板を見たところ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区の施工事例一覧

      箱樋に屋根を被せて雨漏りを根本的に解決します|横浜市港北区

      【施工内容】

      横浜市港北区|落ち葉よけネットの設置して雨樋詰まりを解消

      【施工内容】
      雨樋工事

      パナソニック製・落ち葉よけネット

      雨漏りの原因の箱樋は屋根を被せて問題解決します|横浜市港北区

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー