屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > 支店長ブログ

支店長ブログ

2018/03/31 横浜市港南区|屋根一面にフィルム!?雨漏り調査
横浜市港南区|屋根一面にフィルム!?雨漏り調査

   本日は横浜市港南区にお住まいのT様宅より、雨漏りのご相談を頂ました。T様宅は築30年、10年程前に建物全体のメンテナンスは行ったそうですが、数年前から2階天井部分に雨染みが確認できる様になったとの事です。そこで、屋根に不具合があるのではと思い、今回、調査の依頼を下さいました。 実は5年程前にも別の業者さんに点検を行ってもらい、屋根の一部を補修したそうですが、その...続きを読む

2018/03/30 茅ヶ崎市|屋根の調査依頼・棟板金の浮き確認
茅ヶ崎市|屋根の調査依頼・棟板金の浮き確認

   本日は茅ヶ崎市のS様宅より、近くで工事を行っている業者さんから「屋根の板金の状態がおかしい」と指摘をされたそうで、気になりご相談をくださいました。ここ最近よく頂くご相談の中の一つでもありますが、近くで工事を行っている業者を名乗っての屋根の不具合の指摘です。直接確認が出来ない屋根への指摘で、不安を煽り、工事の契約を迫る業者もおります。中には屋根にすら上らず工事を進める業者もいる様...続きを読む

2018/03/27 川崎市宮前区|重い瓦を軽い屋根材へ・瓦屋根調査
川崎市宮前区|重い瓦を軽い屋根材へ・瓦屋根調査

   本日は川崎市宮前区にお住いのY様より「重い瓦屋根を軽い屋根材へ葺き替えたい」とのご依頼を頂きました。Y様宅は築40年、定期的にメンテナンスは行っているそうで、実際に現地に伺った際も古さを感じさせないほど、きれいに保たれている印象を感じました。 お話をうかがうと、2,3年前に外壁や付帯部分の塗装を行ったそうです。屋根に関しては10年ほど前に瓦の葺き直しを行い、下地を...続きを読む

2018/03/26 川崎市幸区|バルコニーからの雨漏り、原因は施工不良!?
川崎市幸区|バルコニーからの雨漏り、原因は施工不良!?

   本日は川崎市幸区N様宅のバルコニー補修工事の様子をお伝えいたします。N様宅は築15年、半年前から雨漏りが確認されており、原因は3階に設けられたサービスバルコニーからと断定されておりました。実は3年程前にも同じ箇所から雨漏りがあり、N様ご自身でコーキングなどでの補修を行ったそうですが、ここ最近になって、同じ箇所から漏るようになり、今回、本格的に直すことを決められたとの事です。 ...続きを読む

2018/03/25 横浜市磯子区|アンテナワイヤーの引っ掛かり!?スレート屋根の浮きの調査
横浜市磯子区|アンテナワイヤーの引っ掛かり!?スレート屋根の浮きの調査

   本日は横浜市磯子区にお住いのI様宅より「屋根に留めてあるアンテナワイヤーがスレートに引っかかり、今にも剥がれてしまいそう」とのご相談を頂きました。I様が今朝気付いたそうで、屋根材が剥がれ、アンテナが外れて落ちてしまわないかと心配で、早急に対処をしてほしいとのご依頼です。状況を確認するため、早速現地へ伺ってまいりました。 外から確認した所、アンテナのワイヤーが留めて...続きを読む

2018/03/24 川崎市高津区|波板トタン屋根・補修工事の様子
川崎市高津区|波板トタン屋根・補修工事の様子

   本日は川崎市高津区のA様宅で行われた「波板トタン屋根補修工事」の様子をお伝えいたします。こちらの屋根は風の影響を受け、バタバタと音がすることにより、騒音緩和の為の補修(修理)を行う事になります。もともと設置してあった屋根に増築を行い、後付けで付けられた部分になります。 築も古く、4,5年後には建て替えも考えているとの事で、今回は簡易的に騒音の緩和の為の補強を行いま...続きを読む

2018/03/23 天井に発生した雨漏りは屋根が原因とは限りません|横浜市保土ヶ谷区
天井に発生した雨漏りは屋根が原因とは限りません|横浜市保土ヶ谷区

   天井に発生した雨漏りは屋根が原因とは限りません。建物は屋根以外にも雨漏りの原因となりえる部材で造られてます。雨漏りしている状況にもよりますが、屋根以外にも調査は必要です。屋根以外からの雨漏りでは、外壁やサッシまわり、下屋、霧除けなどから発生することも多いです。外壁では使用されている外壁材が雨漏りを引き起こしやすいということもあり、サッシまわりや下屋、霧除けなどは外壁との取合いに...続きを読む

2018/03/23 横浜市港北区|カーポート屋根の部分的な張り直し
横浜市港北区|カーポート屋根の部分的な張り直し

   本日は横浜市港北区のM様宅より、カーポート屋根の部分的な張り直しの依頼を頂きました。数年前にカーポート屋根の一部が破損し、そのままの状態で過ごしていたのですが、建物のメンテナンスを行って、カーポートの屋根の一部だけが破損したままで目立ち、気になったこともあり、今回、修理を行うことになりました。 M様宅のカーポートは設置してから20年になります。カーポート自体が古...続きを読む

2018/03/22 横浜市栄区|雨樋の部分交換と外壁亀裂補修
横浜市栄区|雨樋の部分交換と外壁亀裂補修

   本日は横浜市栄区のS様宅より、破損した雨樋の部分交換及び外壁亀裂の簡易的補修の様子をお伝えいたします。S様宅の外壁はALCで造られており、雨樋などを固定する際は、ALC用のアンカー(ビス)などを使用して止めるのが理想です。しかし、こちらでは釘を打って雨樋が固定されております。雨樋が破損した原因は、釘を打った部分にできた亀裂が、経年により広がり、釘が抜けてきたところに(雨樋が外れ...続きを読む

2018/03/21 冬の間に化粧スレートが傷みますのでこれから屋根調査をして下さい|横浜市青葉区
冬の間に化粧スレートが傷みますのでこれから屋根調査をして下さい|横浜市青葉区

   化粧スレートは使用年数が経過すればするほど、傷みが進行していきます。冬の間に起こる現象で化粧スレート自体が傷んで脆くなることがあります。横浜市青葉区E様より「屋根が割れているようだから、1度プロの目で確認してほしい」とのお悩みのご相談がありました。横浜市青葉区E様のお宅に到着して、詳しくお話しをお伺いすると「隣で建設中の業者さんから屋根が割れている」とお話があったそうで困ってい...続きを読む

2018/03/20 川崎市高津区でガルバリウム鋼板でカバー工事中
川崎市高津区でガルバリウム鋼板でカバー工事中

   川崎市高津区で工事中の現場です。雨漏りしているタイル張りの斜めになった部分を、ガルバリウム鋼板に石粒を吹き付けた屋根材でカバー工事をおこなっています。タイル貼りの場合、タイル同士の繋ぎ目になっている目地部分から雨水が浸透しやすく、特に斜めになって屋根状になった所は外壁に比べて雨漏りに繋がりやすくなっています。全体を撥水処理したり対処法はありますが、塗装と同じで定期的にメンテナン...続きを読む

2018/03/17 横浜市磯子区|下地の腐食で瓦屋根の一部が崩壊
横浜市磯子区|下地の腐食で瓦屋根の一部が崩壊

   本日は横浜市磯子区のY様宅より「雪の影響で屋根の瓦の一部が落下してしまった」とのご相談を頂きました。ご相談を頂いたのは先月の雪が降った後。屋根から落ちた雪の塊が下屋の軒先に落下、そのまま軒先ごと地面に落ちたとの事です。当時の現地調査の様子です。 下屋軒先へのダメージと割れた瓦が惨事を物語っております。幸い、敷地内で人通りも少ない箇所との事もあり、人に被害は無かっ...続きを読む

2018/03/16 横浜市神奈川区|屋根材のひび割れ・補修方法、処置の仕方
横浜市神奈川区|屋根材のひび割れ・補修方法、処置の仕方

   本日は横浜市神奈川区にお住まいのF様より、屋根外壁塗装に関する調査のご依頼を頂きました。F様宅は築10年、ご近所も同じ時期に建てられた建物が多く、ここ最近になって周りで塗装や建物に関するメンテナンス工事が目に付くようになり、F様もこの期に点検を行い、建物全体の塗装をお考えになったとの事です。 F様宅の外壁はモルタル仕上げになっております。モルタル外壁は、おおよそ...続きを読む

2018/03/14 屋根の葺き替え工事が終わり次は天井張り替え工事|川崎市麻生区
屋根の葺き替え工事が終わり次は天井張り替え工事|川崎市麻生区

   川崎市麻生区の建物です。以前に雨漏りしていて屋根の葺き替え工事をおこないました。瓦が完全に剥がれていて、下地が腐ってそのまま天井へ雨水が入って雨漏りしていましたので、セメント瓦を剥がして屋根の葺き替え工事をおこない完全に雨漏りを止める事が出来ました。今回は雨漏りが完全に止まりましたので、雨漏りで傷んでしまった天井の張り替え工事をおこないます。天井材が落ちてしまった部分もあります...続きを読む

2018/03/11 横浜市戸塚区|水漏れ発覚から、トップライトの撤去を行いました
横浜市戸塚区|水漏れ発覚から、トップライトの撤去を行いました

   本日は横浜市戸塚区K様宅のトップライト撤去工事の様子をお伝えいたします。K様宅は築20年、今回2回目の屋根外壁塗装のンテナンスを行いました。その際、屋根の洗浄を行っていたところ室内に水漏れが発覚。急遽、散水試験を行い水漏れの原因を調査いたしました。そこで、トップライト廻りの板金部分に不備が見つかり(立ち上がり部分の板金がしっかり巻かれておらず)、そこから水漏れが発生したことが確...続きを読む

2018/03/11 瓦が崩れると雨漏りの可能性が高くなります|川崎市麻生区
瓦が崩れると雨漏りの可能性が高くなります|川崎市麻生区

   川崎市麻生区で屋根の調査をおこないました。昨年の台風直後に瓦がズレているのに気付かれたそうなのですが、なかなかお問合せのタイミングが無かったとの事でした。流石に直さないとまずいとご連絡を頂いたのですが、遠くからも見えるくらいに瓦がズレてしまっていて、雨漏りしていないのか心配になるくらいでした。お話を聞くと今のところ雨漏りしていない様ですが、そのままにしておく訳にはいきませんので...続きを読む

2018/03/10 横浜市港北区|カーポート屋根の交換工事を行いました
横浜市港北区|カーポート屋根の交換工事を行いました

   本日は横浜市港北区のY様宅より、雪の影響でたわんでしまったカーポート屋根の交換工事の様子をお伝えいたします。Y様宅では、先月の雪の影響でカーポートの屋根のパネルが3枚ほどたわんでしまいました。雪害とのこともあり、保険の申請を行っていたところ、この度、現状復旧とのことでパネル3枚分は保険で賄える事になりました。Y様のご要望で、7枚のパネルの内、保険適用外の部分はご自身で負担をし、...続きを読む

2018/03/9 下に部屋があるバルコニーは湿気を逃がす防水工事をしましょう|川崎市川崎区
下に部屋があるバルコニーは湿気を逃がす防水工事をしましょう|川崎市川崎区

   川崎市川崎区で防水工事をおこなっています。防水には色々な種類があり、今回はウレタン塗膜防水で工事をおこなう事になりました。下が居室のルーフバルコニーの場合、下から湿気が上がってきて防水によって逃げ道が無くなるので膨れが起こってしまいます。その様にならない為には湿気を逃がす方法で工事をおこなわなければならないので、通気緩衝シートを防水の下に敷いて、通気緩衝工法でウレタン防水をおこ...続きを読む

2018/03/7 斜めのタイル部分をカバー工事で屋根リフォーム|川崎市高津区
斜めのタイル部分をカバー工事で屋根リフォーム|川崎市高津区

   川崎市高津区で屋根リフォームをおこないます。タイル張りの外壁が斜めになっている部分が屋根として納めてあるのですが、雨漏りをしているという事でカバー工事をおこなう事になりました。急勾配の屋根は北側の建物に光が入る様に建物を斜めにカットしてあります。撥水材が塗布されていますが大分劣化している様なので、上からガルバリウム鋼板製の金属屋根を被せて雨漏りを防ぎます。トップライトが二か所あ...続きを読む

2018/03/4 スレート屋根を塗装するかカバー工事をするか判断します|川崎市多摩区
スレート屋根を塗装するかカバー工事をするか判断します|川崎市多摩区

   川崎市多摩区で屋根の調査をおこないました。築14年の建物で今回初めて建物のメンテナンスをおこないます。普段の生活でこれといって不具合が出ている訳ではないそうですが、ネットなどでも新築から10年程度でメンテナンスをしましょう!という内容を良く目にするのでそろそろ自宅もやらないと、という事でお問合せいただきました。屋根はスレート葺きで、メンテナンス方法は塗装工事か葺き替えやカバーな...続きを読む

2018/03/4 横浜市栄区|雨樋の破損と外壁の亀裂、その原因は!?
横浜市栄区|雨樋の破損と外壁の亀裂、その原因は!?

   本日は横浜市栄区のS様宅からのご相談「雨樋が途中から割れて落ちてしまっているので、修理が可能か見てほしい」との事です。早速現地へ伺い、問題個所を拝見すると、竪樋が曲がり部分の途中から割れて外れているのが確認できます。 こちらの外壁はALCが使用されております。ALCの外壁に対し、釘を使って雨樋を固定している様です。建物(外壁)は経年での劣化や地盤沈下、地震の揺れな...続きを読む

2018/03/2 横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化
横浜市旭区|雨樋つなぎ目部分からの水漏れ、原因は経年劣化

   本日は横浜市旭区にお住まいのM様より「雨樋から水漏れがあり、補修が可能かどうか調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。M様宅は築30年ほど、屋根や外壁のメンテナンスは10年おきに行ってきたそうです。また、2,3年後を目途に建物の全体的なメンテナンス、若しくは建て替えなども視野に入れながら計画を練っているそうです。今回ご相談を頂いた雨樋に関しては、ちょうどベランダ上部の位置の軒...続きを読む

2018/02/27 横浜市神奈川区|雨樋の詰まりを未然に防ぐ雨樋清掃
横浜市神奈川区|雨樋の詰まりを未然に防ぐ雨樋清掃

   本日は横浜市神奈川区のO様宅へ雨樋の詰まりの点検と雨樋清掃を行ってまいりました。O様宅は築10年、今回、屋根外壁の塗装工事を行う予定でおります。そこで、足場を組むのならと、落ち葉が多い環境で気になっていた雨樋の点検と清掃も行う事になりました。 O様宅の裏手の敷地は山になっており、十分な管理がされていない状況だそうです。そのため、年中落ち葉や枯れ葉に悩まされている...続きを読む

2018/02/26 防水の裏側に雨水が入り込むと簡単に雨漏りします|横浜市泉区
防水の裏側に雨水が入り込むと簡単に雨漏りします|横浜市泉区

   横浜市泉区で雨漏りの調査に伺いました。二年程前に一度雨漏りの兆候があったのですが、一旦納まったのでそのままにしていたそうです。ここ最近雨漏りの状態が酷くなってきたので、原因究明のためにお問合せを頂きました。天井のボードを一部剥がして天井裏を確認出来る様にしてありましたので中を覗いてみると、雨水によって木が腐食しているのが分かりました。この部分上はバルコニーの床になっているので、...続きを読む

2018/02/26 横浜市神奈川区|雨樋のたわみの原因は雪によるものです
横浜市神奈川区|雨樋のたわみの原因は雪によるものです

   本日は横浜市神奈川区にお住いのY様宅より「雨樋の途中から水が漏れるので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。詳しくお伺いすると、雨の降った翌日、二階のベランダ横の軒樋から水が漏れているのが確認されたそうです。遠目での確認で、はっきりと見えてるわけではないのですが、樋の途中に水が溜まり、そこに穴が開いているのではないかとの事です。 実際に問題の樋を確認すると、問...続きを読む

2018/02/24 横浜市保土ヶ谷区|雨樋の取付けは勾配調整が重要です
横浜市保土ヶ谷区|雨樋の取付けは勾配調整が重要です

   本日は横浜市保土ヶ谷区にあるY様所有のアパートの雨樋取付け工事の様子をお伝えいたします。Y様宅の周辺は山に囲まれており、落ち葉が舞う事で雨樋の詰まりに影響がないか心配していたそうです。そこで今回、外壁の塗装を行うのと併せて、雨樋全体の交換を行い、落ち葉除けのネットを取り付ける工事を行いました。 雨樋の交換と言っても二階以上の高さとなれば足場が必要になります。また...続きを読む

2018/02/23 横浜市都筑区|コロニアル用後付け雪止め設置の様子
横浜市都筑区|コロニアル用後付け雪止め設置の様子

   本日は横浜市都筑区にお住いのS様宅より、雪止めの設置の様子をお伝えいたします。S様宅では先日、雪止め設置のための調査を行いました。ちょうどその時は雪が降った2日後との事もあり、屋根に雪が残っている状況でした。道路側に面した方は高台になっており、実際に屋根に積っていた雪を落としてみたところ、それなりの勢いで道路面に落ちていくのが確認できました。積ったばかりの雪でもそれなりの重さを...続きを読む

2018/02/20 雨漏りしている工場の古いスレート屋根を差し替えます|川崎市多摩区
雨漏りしている工場の古いスレート屋根を差し替えます|川崎市多摩区

   川崎市多摩区で雨漏り修理工事をおこないます。工場の屋根からの雨漏りで古い波型スレートが葺いているのですが、ヒビ割れ補修などを何度かおこなった形跡があり、結構ボロボロな状態なので部分的にスレートを新しいものに差し替える事になりました。使っていない排水管が屋根から飛び出ていたり、重なりが少なかったりと元々雨漏りに繋がりやすい納め方になっていますので、屋根をフラットな状態にして雨漏り...続きを読む

2018/02/19 屋上防水の雨漏りは排水口の回りからが多いんです|川崎市川崎区
屋上防水の雨漏りは排水口の回りからが多いんです|川崎市川崎区

   川崎市川崎区で防水工事が始まりました。雨漏りの原因は屋上の排水口の回りにある事がわかり、全体の防水も劣化しているので、上からウレタン防水をおこなう事になりました。アスファルト防水の上に防水層が劣化しない様にモルタルで保護してありますので、パッと見て防水の劣化を確認する事が出来ませんが、保護モルタルのヒビ割れが酷くなってくると下の防水の劣化が考えられますので、しっかりと直していき...続きを読む

2018/02/19 横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを
横浜市旭区|築30年ならば屋根のメンテナンスには葺き替えを

   本日は横浜市旭区にお住まいのM様からのご相談を受けました。築30年、建物に関して所々で不具合や劣化が目立ち始めてきている現状で、建て替えも検討している中、「仮に塗装を行った場合、改めて10年程の耐久は可能かどうか」とのご相談です。結論から言いますと、持つ事もあるかもしれないが、持たない可能性のほうが高いと言えるでしょう。実際の屋根を調査する中で、屋根材表面の劣化(塗膜の劣化)は...続きを読む

お問い合わせバナー