屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 大和市下鶴間で令和元年東日本台風の影響でズレたセメント瓦を、.....

大和市下鶴間で令和元年東日本台風の影響でズレたセメント瓦を、棟瓦取り直し工事で元に戻しました

更新日:2020年9月11日

【施工前】

【施工後】

築年数21年

平米数4.7m

施工期間1日

使用材料シルガード(黒)

費用19.7万円

ハウスメーカーハウスメーカー不明

足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:佐々木


 屋根に使用する瓦には色々な種類があります。和瓦や洋瓦は形状に違いがあり、和瓦を使用すると日本風の外観になります。また、洋瓦を使用するとヨーロッパ風の外観になります。和瓦や洋瓦以外にも色々な形があるので、建物のデザインによって選ぶことが出来ます。
 瓦には形やデザイン以外にも違いがあります。それは造られている材質です。瓦を造っている材質でも選ぶことが出来ます。大和市下鶴間にお住いになられているE様のお宅の屋根では、セメントで造られているセメント瓦と呼ばれる屋根材を使用しておりました。一時期瓦のような重厚感を持ちながら、瓦よりも軽量かつ色も豊富ということで需要がございました。
 しかし、現在では生産しているメーカーが1社も無く、現在屋根に使用しているセメント瓦が割れてしまったら、交換する同じセメント瓦が無い状態にあります。瓦1枚の大きさは商品やメーカーによってそれぞれ違いますので、どれでも交換可能という訳ではございません。なのでご使用されているセメント瓦をこれからも使用していくのならば、割らないように維持していかなくてはなりません。
 大和市下鶴間E様のお宅のセメント瓦は、令和元年東日本台風の影響により棟がズレてしまいました。本来であればしっかりと固定されているのでズレたりはしませんが、築年数の経過と共に固定力も低下していきます。固定力が低下しているところに風圧のある台風が通過すると、瓦が飛散したり倒壊したりしてしまうのです。
 屋根面の頂上にあたる棟に使用されている瓦がズレておりました。この部分を直すためには、棟瓦取り直し工事を行う必要がございました。瓦自体の固定力が上昇し、詰め物も新しくすることが可能である棟瓦取り直し工事で破損した棟を元に戻しました。
 新型コロナウイルス(covid-19)の影響により、ウィズコロナやアフターコロナと呼ばれるようになりました。街の屋根やさんでは、マスク着用やソーシャルディスタンスなどの対策を講じており、これからも行い続けて参ります。
 屋根に使用する瓦には色々な種類があります。和瓦や洋瓦は形状に違いがあり、和瓦を使用すると日本風の外観になります。また、洋瓦を使用するとヨーロッパ風の外観になります。和瓦や洋瓦以外にも色々な形があるので、建物のデザインによって選ぶことが出来ます。
 瓦には形やデザイン以外にも違いがあります。それは造られている材質です。瓦を造っている材質でも選ぶことが出来ます。大和市下鶴間にお住いになられているE様のお宅の屋根では、セメントで造られているセメント瓦と呼ばれる屋根材を使用しておりました。一時期瓦のような重厚感を持ちながら、瓦よりも軽量かつ色も豊富ということで需要がございました。
 しかし、現在では生産しているメーカーが1社も無く、現在屋根に使用しているセメント瓦が割れてしまったら、交換する同じセメント瓦が無い状態にあります。瓦1枚の大きさは商品やメーカーによってそれぞれ違いますので、どれでも交換可能という訳ではございません。なのでご使用されているセメント瓦をこれからも使用していくのならば、割らないように維持していかなくてはなりません。
 大和市下鶴間E様のお宅のセメント瓦は、令和元年東日本台風の影響により棟がズレてしまいました。本来であればしっかりと固定されているのでズレたりはしませんが、築年数の経過と共に固定力も低下していきます。固定力が低下しているところに風圧のある台風が通過すると、瓦が飛散したり倒壊したりしてしまうのです。
 屋根面の頂上にあたる棟に使用されている瓦がズレておりました。この部分を直すためには、棟瓦取り直し工事を行う必要がございました。瓦自体の固定力が上昇し、詰め物も新しくすることが可能である棟瓦取り直し工事で破損した棟を元に戻しました。
 新型コロナウイルス(covid-19)の影響により、ウィズコロナやアフターコロナと呼ばれるようになりました。街の屋根やさんでは、マスク着用やソーシャルディスタンスなどの対策を講じており、これからも行い続けて参ります。


担当:佐々木


【調査の様子】

ドローンでセメント瓦を調査

 令和元年東日本台風が通過した後に屋根の形が一部変形していることに気が付いた、大和市下鶴間にお住いになられているE様のお宅にお伺いして調査を行いました。セメント瓦は生産が中止となっている屋根材で代わりがありません。

 年数の経過したセメント瓦は割れやすいため迂闊に衝撃や負担をかけることができません。このようなときに街の屋根やさんでは、ドローンを使用して屋根の状態を確認することが可能です。

 

セメント瓦の棟が倒壊寸前 セメント瓦の棟がズレている

 ドローンを飛行させてセメント瓦を使用した屋根を見ていくと、確かに棟に異常が見られました。大和市下鶴間E様のお宅の屋根の棟は、2種類の異なった造りをしている棟がありました。1種類は洋瓦のような納め方で、もう1種類は和瓦のような納め方となっておりました。

 E様は洋瓦のような納め方をしているところに異変を感じておられたのですが、和瓦のような納め方をしている棟にもズレが生じておりましたので、異常のある棟のみ棟瓦取り直し工事を行いました。

 

 

【施工の様子】

棟瓦取り直し工事工事前 まずは棟瓦を取合ずします

 棟瓦取り直し工事は、まず既存の棟を撤去して崩してしまうことから始まります。屋根の勾配が緩い場合は、足場を架ける必要はございませんが、屋根の勾配が急な屋根では足場を架ける必要がございます。

 大和市下鶴間E様のお宅の屋根は、6寸の急な勾配であることと使用している瓦が割れやすいセメント瓦なので足場を架けて工事を進めました。瓦は再利用して詰め物と固定している銅線を新しくする工事が棟瓦取り直し工事です。

 

棟瓦を順に撤去していきます 瓦内部の土を取っていきます

 既存の瓦の中には再利用できない傷んだりすぐに割れそうな瓦が存在することもございます。その場合はその瓦の分だけを新しい瓦と交換することもございますが、セメント瓦で代わりが存在しませんので、屋根の上ではより慎重に工事を進めていきます。

 瓦を撤去していくと、既存の詰め物が出てきますので金槌で叩いて砕きながら撤去していきます。撤去した瓦を避難させて詰め物は集めて屋根から降ろします。

 

撤去して清掃 ホコリや土を撤去

 一度棟瓦や詰め物が全く無い状態を造ります。棟瓦が無くなった状態を見て分かると思いますが、棟には瓦と瓦との間に出来てしまう隙間があるのです。この部分を隠して雨や風から護るために棟瓦があるといっても過言ではございません。

 ルーフィングが瓦の下に敷いてあると言っても、極力雨や風は侵入させたくはありません。屋根面と比べて重厚な造りをしているのはそれなりの理由があるのです。

 

シルガードを載せていく 詰め物を成形

 新しい詰め物としてシルガードを使用します。シルガードは、現代版の漆喰のような材料です。南蛮漆喰の一種で漆喰に防水性や強度を高くするためにシリコンなどを含めて製造されております。桟瓦の上に載せたシルガードは、鏝(こて)を使用して形成します。そのうえで熨斗瓦を綺麗に並べていきます。

 シルガードを形成するときも熨斗瓦を載せて並べていくときも、予め糸を張っておいて綺麗な形に仕上がるように進めていきます。

 

 

熨斗瓦を載せて銅線を仕込む セメント瓦をした屋根の棟瓦取り直し工事

 大和市下鶴間E様のお宅の棟瓦には、2種類の異なった造りをしている棟があります。それぞれに造りに合わせてシルガードの模っていきます。模ったシルガードの上に熨斗瓦を載せていきます。洋瓦のような造りをしている部分は、熨斗瓦を載せずに丸瓦を載せて銅線で固定します。

 この作業の途中で新しい銅線を仕込んでおいて、冠瓦を被せてから銅線を結びます。巴瓦の下にもシルガードが詰まっております。巴瓦がある逆側の端部は断面になっておりますので、断面全体にシルガードを詰めて均して仕上げます。

 

 

【完成】

セメント瓦の棟瓦取り直し工事の完成 銅線でしっかりと固定

 終わった瓦の表面は解体した際に落とした土やシルガードなどで汚れてしまいます。最後は瓦の表面を綺麗に拭きとって終わります。瓦屋根の棟は普段からメンテナンスが必要な箇所です。

 棟瓦取り直し工事は既存の瓦を再利用することが可能です。破損してどうしても使用できない瓦のみ新しい瓦を交換します。瓦よりも先に劣化しやすい銅線や詰め物を新しくするが出来る工事です。これからは台風シーズンが到来しますので、棟瓦取り直し工事を行って台風に備えるのも良いのではないでしょうか。

 この度はご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 屋根材というと現在でも瓦というイメージが強いのか、どんな屋根材でも瓦と呼ばれがちです。スレート(カラーベスト・コロニアル)はスレート瓦と呼ばれますし、成型金属屋根材も金属瓦と呼ばれます。小さなピースを幾重にも並べて屋根を形成する屋根材の場合、そのような傾向が高いようです(トタンはトタン瓦と呼ばれな…続きを読む
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
台風対策に向けたお住まいのチェックポイント!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!実際の台風被害の様子【台風被害例1:軒天の破損】軒天のモルタルが剥がれてしまった例です。台風の強風で、弱っている部分は破壊されてしまいます。補修…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      28年
      使用材料
      シルガード(黒)

      大和市と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      28年
      使用材料
      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)


      同じ工事のブログ一覧

      海老名市社家の瓦屋根は、瓦が割れて棟に詰められた漆喰が無くなっておりました

      2020/11/14 海老名市社家の瓦屋根は、瓦が割れて棟に詰められた漆喰が無くなっておりました

       「家の屋根が傷んでいるらしい」とお困りのご相談がございましたのは、海老名市社家にお住いになられているM様からでした。お隣にお住いになられている方から教えてもらったそうです。聞くところによると、海老名市社家M様のお宅の屋根は、典型的な瓦を使用した屋根とのことでした。建てられてから40年以上が経過して...続きを読む

      茅ヶ崎市室田で瓦屋根の不具合、鬼瓦が倒れて棟瓦の銅線が切れておりました

      2020/09/16 茅ヶ崎市室田で瓦屋根の不具合、鬼瓦が倒れて棟瓦の銅線が切れておりました

       茅ヶ崎市室田にお住いになられているE様より「自宅の瓦屋根が傷んでいるようだ」とお困りのご相談がございました。築40年近い茅ヶ崎市室田E様のお宅の屋根は、新築当初から和瓦を使用した屋根でした。定期的にメンテナンスを行ってきてはいるものの、前回のメンテナンスからは20年近く経過しているようです。今回は...続きを読む

      横浜市港北区岸根町で台風19号により被災した瓦屋根の復旧工事を行いました

      2020/09/3 横浜市港北区岸根町で台風19号により被災した瓦屋根の復旧工事を行いました

       横浜市港北区岸根町にお住まいのお客様は、昨年に発生した令和元年東日本台風によって瓦屋根が破損してしまいました。お見積りを提出後ご依頼を頂き、屋根の復旧工事を実施しました。(現地調査の様子はこちら)私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルス対策として、お見積り書等の書類は郵送にてお送りしています。...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン