屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 川崎市川崎区|雨漏り防止に棟瓦漆喰詰め直し工事

川崎市川崎区|雨漏り防止に棟瓦漆喰詰め直し工事

更新日:2017年3月31日

【施工前】
漆喰,剥がれ

【施工後】
漆喰,詰め直し

施工内容漆喰工事、漆喰詰め直し

築年数築35年前後

足場アイコン漆喰詰め直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


賃貸として所有している戸建ての漆喰の補修依頼を承りました。1980年代に建てられた住宅のようで既に築35年前後は経過しているようです。外壁と内装は常に綺麗にメンテナンスをされていたようですが、瓦という事もあり屋根の補修はされた覚えがないようです。
漆喰の剥がれによって住宅にどのような影響を与えるのか、また剥がれてしまった場合の補修方法を紹介していきたいと思います。
賃貸として所有している戸建ての漆喰の補修依頼を承りました。1980年代に建てられた住宅のようで既に築35年前後は経過しているようです。外壁と内装は常に綺麗にメンテナンスをされていたようですが、瓦という事もあり屋根の補修はされた覚えがないようです。
漆喰の剥がれによって住宅にどのような影響を与えるのか、また剥がれてしまった場合の補修方法を紹介していきたいと思います。


担当:富田


【点検の様子】

漆喰の点検になります。瓦屋根の場合、メンテナンス方法はスレート屋根や金属屋根とは少し違います。瓦自体はとても頑丈で、メンテナンス不要の屋根材と言われています。実際、和瓦や陶器瓦の場合は塗装メンテナンスの必要もない為、費用をかける為、長期的にお使いいただける屋根材です。瓦屋根の補修を放置する事でどのような問題が起きるのか見ていきましょう。

漆喰,無料点検 漆喰,継ぎ目

 

瓦であってもメンテナンスは必要です。瓦の点検箇所は漆喰、瓦の並びの状態、そしてスレートや金属屋根材と同じく防水紙です。瓦がずれていることで雨水が侵入し、防水紙の劣化に繋がってしまいます。また浮きやズレの状態によっては強風等に煽られ落下し割れる事も考えられます。

漆喰自体の寿命は20年程度のようです。築年数を考えても仕方がありませんが、漆喰が剥がれることによって雨漏りの原因になりかねません。

漆喰,剥がれ 漆喰,落下

このように屋根の上に漆喰が乗っていると早急に補修する必要があります。漆喰の剥がれた場所に苔が生えていますが、漆喰の内部は泥です。つまり漆喰がなくなってしまうことで泥が流れてしまい、雨が入る隙間が出来てしまいます。また、棟を支える泥も無くなってしまいますので次第に棟が崩れてしまいます。

谷板金,漆喰 防水紙,補修

谷板金にも漆喰が残ってしまっていますね。これで雨水の流れをためてしまうと、思わぬ場所から雨漏りを起こすこともあります。これは漆喰に限らず、草や枝、鳥の巣でも同じことが言えます。気軽に確認できるところではありませんので、定期的にメンテナンス時期を考えて点検を行っていきましょう。

屋根の場合、雨漏りを防いでいるのは屋根材ではなく防水紙(ルーフィング)です。屋根材は防水紙の劣化防止と美観をよくするためです。実際には防水紙が雨水を受け止め、軒に流す役割があります。その為、屋根材に問題が無かったとしても経年劣化によって防水紙が破れてしまえばたちまち雨漏りが発生してしまいます。防水紙の確認を行わなければそもそも屋根の補修はできません。

スレート屋根や金属屋根材とは違い瓦は1枚1枚固定されているわけではなく、部分的に平瓦の取り外しが可能です。防水紙の状態確認をするには瓦は最も優れた屋根材になります。また1枚のみの交換工事も瓦であれば簡単です。スレートや金属屋根材ですとその部分だけと言っても、棟から外していき交換、復旧の作業をしなければなりません。瓦はメンテナンスフリーで補修も比較的容易です。だからこそ定期的な点検をしていつでも問題のない屋根を維持する必要があるのです。

シーリング,補修,漆喰

継ぎ目部分はシーリングで施工されています。漆喰での施工も可能ですが、劣化によって割れる事を考えるとシーリングでの施工も手です。シーリングで施工した場合は瓦にもビッチリくっついてしまうので瓦の剥がしや交換の際には困難になります。瓦の再利用が不可能になる可能性もありますのでご注意ください。

 

【施工の様子】

漆喰,剥がれ 漆喰,剥がれ

今回は漆喰の詰め直し工事を行います。剥がれた場合、詰め増し(上から被せる工法)工事をお勧めすることもありますが、それは比較的軽いヒビ程度の場合です。剥がれた漆喰の上から塗り重ねても下地の漆喰が剥がれてしまえば一緒に剥離してしまいます。その場合は一度剥がしてもう一度漆喰の詰め直しをする必要があります。

漆喰を剥がすと泥がこのように崩れて出てきてしまいます。必要に応じて水を付けて接着力をあげたり泥の流出を防いだりといった処置も必要です。

漆喰,剥がれ 漆喰,詰め直し

一度清掃をした後に漆喰の補修工事を行います。漆喰にも近年では「漆喰」「南蛮漆喰」「南蛮漆喰」と3種類が存在します。漆喰は昔ながら高級と言われる漆喰です。南蛮漆喰には2種類、1つは油が混ぜられ耐水性を向上させた漆喰、もう一つは石灰や樹脂を混ぜた南蛮漆喰です。市販のものや、多く使用されているのは、石灰や樹脂を混ぜた南蛮漆喰になります。軽量で漆喰仕上げが不要な、漆喰に近い材料の為使用する傾向があります。

漆喰詰め直し工事 漆喰補修

漆喰を奥まで塗り入れて清掃をして漆喰補修工事は終了です。簡単に出来るのでは?と考える方も多いかもしれませんが、間違った施工をすると逆に雨漏りの原因に繋がってしまいます。漆喰を詰めれば詰めた分だけいいわけでもなく、形だけ良く見せようなどは以ての外です。漆喰が瓦屋根の雨漏りを防止するためのものですし、高所での作業は大変危険ですので、気になっている方は一度ご相談くださいませ。

瓦,割れ,補修

最後に割れが見られた瓦をシーリングで補修して屋根工事は完了となります。築20年程度を境に漆喰も防水紙にも寿命が訪れます。メンテナンス時期を考え、雨漏りとは無縁の住宅を維持してください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な屋…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む
漆喰(しっくい)工事 
漆喰(しっくい)工事 
 瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。漆喰工事には大きく分けて2種類の工事がありま…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      漆喰工事
      築年数
      築32年
      使用材料
      強力なんばんしっくい

      施工内容
      棟瓦取り直し,漆喰詰め直し
      築年数
      築42年
      使用材料
      南蛮漆喰

      川崎市川崎区と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)


      同じ工事のブログ一覧

      鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

      2020/07/27 鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

       鬼瓦とは瓦屋根の棟の軒先部分に設置された役瓦です。名前に「鬼」が入っているため、きっと由来があるとお思いの方も多いと思いますが、古来から家を災いから守るという厄払いとして鬼瓦を屋根に設置するという文化がありました。  名前の通り鬼の面の鬼瓦もあれば、雲や家紋、植物などの装飾がされたものも存在しま...続きを読む

      部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

      2020/07/18 部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

       まだまだ高い人気を誇る瓦屋根ですが、瓦と一言で言っても様々な名称がつけられており、部位によって使う瓦が違うことはご存じでしょうか? 化粧スレートの場合、屋根材と板金(棟・ケラバ・軒先・谷)で屋根ができますが、瓦の場合は目視確認できる場所で板金を使用する部分は谷ぐらいでしょう。塗装が必要ない、錆びな...続きを読む

      海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

      2020/05/26 海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

       ご自宅の屋根に使用されている屋根材も、近年ではたくさんの種類が存在します。たくさんの種類が存在している中でも、瓦を使用している屋根はまだたくさんあります。海老名市社家にお住いになられているY様のお宅は、築30年以上が経過した建物で屋根も新築当初から同じ屋根材を使用しておりました。瓦といっても種類は...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン