屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 凍害で表面が破損した瓦屋根の漆喰工事|横浜市鶴見区

凍害で表面が破損した瓦屋根の漆喰工事|横浜市鶴見区

更新日:2017年12月10日

横浜市鶴見区で漆喰工事をおこないました。棟の漆喰が剥がれ落ちていて何箇所か土が削れているとことがありましたので、古い漆喰を剥がしてから新しい漆喰を詰め直しました。剥がれているのをそのままにしていると、土がえぐられて下からの支えが無くなるので棟瓦が崩れてしまう事になります。そうならない為にも漆喰の詰め直しを行う必要があります。また、瓦の表面が剥がれた様な跡がありますが、これは瓦の凍害という症状で、瓦が吸ってしまった水分が凍結によって膨張して瓦の表面を爆裂させてこのようになります。表面が剥がれたとしても雨漏りなどの影響がある訳ではありませんが、凍害が酷くなると瓦が完全に割れて脱落してしまう事もありますので、瓦の欠片が屋根から落ちてくる様な事があれば、凍害で破損した部分を差し替えないとなりません。瓦は長持ちする屋根材ですが、下に葺いてある防水紙は経年によって劣化しますので、定期的に点検をおこなって適切な時期にしっかりとメンテナンスをおこないましょう。

漆喰の剥がれは放置出来ません

漆喰が剥がれると屋根の上に欠片が落ちてきたりと、わかりやすい場合もあります。漆喰の役割は、簡単にいうと棟瓦の支えが雨水によって崩れない様にする事です。漆喰がはがれて土が剥き出しになっていれば、雨が降るたびにドンドン削れていってしまいます、そのままには出来ないんです。あちこちの瓦の表面には凍害の跡がありました。日本瓦の原料は土ですので、吸い込んだ水分にが凍って膨張したり、夏場の表面の温度差などで表面が剥離した状態になります。表面だけであれば雨漏りなどに繋がることはありませんが、酷くなって完全に割れてしまうと脱落する危険もありますので、酷くなる様でしたら破損した瓦の交換などもおこないましょう。

漆喰は詰め増しではなく必ず詰め直しをします

漆喰が重要なのをお伝えしましたが、ただ詰めれば良いという訳ではありません。剥がすのが大変だからと古い漆喰の上から詰め増しをする業者がいますが、これは絶対に止めましょう!漆喰詰めは仕上がりの位置によっては雨水を棟の内部に入れ込んでしまう事になりかねませんので、のし瓦の表面まで漆喰がくる様な施工はやってはダメなんです。

漆喰を詰めるときはのし瓦の二段目よりも奥に仕上がりが来るように納めていきます。漆喰工事は、簡単そうで意外と難しいので、瓦の納まりをちゃんと理解している業者へ頼んで工事をおこなった事で症状が悪化しない様にしていきましょう。横浜市鶴見区の建物は、凍害で表面が剥がれているところが何箇所かありますが全く問題ありませんので、棟瓦の漆喰を詰め直して雨が降っても安心出来るようになりました。

ご質問やご不明な点等ございましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市鶴見区のその他のブログ

      2017/12/20 突風による棟板金の飛散で新しく交換します|横浜市鶴見区
      突風による棟板金の飛散で新しく交換します|横浜市鶴見区

         「敷地に屋根から何か落ちてきた」と横浜市鶴見区F様のよりお悩みのご相談がありました。横浜市鶴見区F様のお宅へお邪魔してみると、棟板金が落ちていることが発覚しました。見つけたのは風の強い日の後だったいうことで、突風により棟板金は落ちたものと思われます。棟板金は屋根を傷ませないためにも大切な部材です。新しく交換して、今後の被害にも備えましょう。    ...続きを読む

      2017/11/3 横浜市鶴見区|台風前のリスク回避、古いトタン屋根の補修と撤去
      横浜市鶴見区|台風前のリスク回避、古いトタン屋根の補修と撤去

         本日は先日の台風の前に工事の依頼を頂いた横浜市鶴見区にある印刷工場の様子をお伝えいたします。当日は台風前で大雨が降っており、その雨の中の作業となりました。なぜ、台風前に工事の依頼があったかというと、今回ご依頼を頂いた工場の屋根は古いトタン屋根で劣化状況も酷く、台風被害を避けるためです。 実は現在、使われていない工場で解体も考えているため、あまり費用をかけずに簡易的...続きを読む

      2017/10/29 横浜市鶴見区|屋根の瓦が一枚ズレての雨漏り~調査
      横浜市鶴見区|屋根の瓦が一枚ズレての雨漏り~調査

         横浜市鶴見区で「屋根の瓦がズレて雨漏りをした」とのご相談を受け、現地へお伺いました。詳しく話をお聞きすると、ひと月前に室内天井から雨漏りを起こし、外から屋根の瓦を見たところ、一枚だけズレているのが確認出来たそうです。そこで、近所の方で梯子を持っている方に相談をし、ズレた瓦を戻してもらったそうで、それからは室内の雨漏りはおさまったとの事です。しかし、その後(先日の)台風の影響で、...続きを読む

      2017/10/8 屋根の上に慣れてるからお役に立てます!工場屋根の樋清掃|横浜市鶴見区
      屋根の上に慣れてるからお役に立てます!工場屋根の樋清掃|横浜市鶴見区

         普段は屋根の工事を行っている街の屋根やさんですが、工事以外にもお役に立てることがありました。横浜市鶴見区の工場より、「工場屋根にある樋の清掃はできませんか?」というご相談がありました。清掃業者に依頼すれば良いのか、屋根業者に依頼すれば良いのかでお悩みになっていたそうです。高所作業でしかも屋根の上。そして工場屋根。確かに場所が場所なだけにお悩みになるお気持ちがわかりました。現地調...続きを読む

      2017/09/24 横浜市鶴見区|10年以上経過した金属屋根はそろそろ塗装を視野にいれましょう
      横浜市鶴見区|10年以上経過した金属屋根はそろそろ塗装を視野にいれましょう

         今回は金属屋根についてお伝えします。近年の屋根メンテナンスといえば、葺き替え工事にしろカバー工事しろ金属屋根がメインとなっております。もともと軽量なのが特徴ですが、それに加え最近では塗膜の耐候性や防錆性も向上してきました。メーカーから細かな保証が付くようにもなり、安心して使用できるようなったのもメインとなった一因と思われます。金属屋根を聞くようになったのは15年くらい前のことで...続きを読む

      2017/08/13 横浜市鶴見区高所作業で難しい工場雨樋のメンテナンス
      横浜市鶴見区高所作業で難しい工場雨樋のメンテナンス

         横浜市鶴見区の工場より工場雨樋のメンテナンスについてご相談がありました。 工場の天井は非常に高く、屋根での作業となると高所作業となります。よって工場雨樋も非常に高い位置に取り付けられているため、メンテナンスするには高いところに慣れていないと難しいです。 こちらの工場では、屋根の形状により中心に谷が出来ております。この谷の雨樋が詰まるとオーバーフロ...続きを読む

      2017/05/20 横浜市鶴見区で雨漏りの原因は瓦屋根の傷みにありました
      横浜市鶴見区で雨漏りの原因は瓦屋根の傷みにありました

         横浜市鶴見区で屋根の調査をおこないました。 雨漏りしているので見て欲しい、というのがお問い合わせの内容で、室内の状況を確認してみると和室の天井が雨漏りによって落ちかかっていました。この様な状態は何年も前からという事でしたので、天井以外の建物の骨組みに影響が出ていないか心配です。 屋根は日本瓦葺きで片流れになっています。屋根が高くなっている棟側からコ...続きを読む

      2017/05/8 横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています②
      横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています②

         横浜市鶴見区にある工場屋根に小波スレートカバー工事をしており、工事も佳境を迎えております。 屋根全体の3分の2以上をカバーしてきました。天候にも恵まれて作業がスムーズに進んでおります。既存の小波スレートも1度も割らずに、工事前に練った安全対策の通りに進めている作業員の方々の賜物です。 ネット1枚で硝子板からポリカーボネートへ交換する作業も最後の箇...続きを読む

      2017/04/30 横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています
      横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています

         横浜市鶴見区にある工場屋根に小波スレートカバー工事をしております。 昨日より葺き始めており、徐々にカバー工事が進んでおります。小波スレートは割れやすく、何もなしに上がると落下の危険性があるため、このようにネットを敷きながら作業を進めていきます。 昨日から行っているので、カバーを終えたエリアは作業員が歩くため、既存の小波スレートが割れて落下していな...続きを読む

      2017/04/23 横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事が始まりました
      横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事が始まりました

         横浜市鶴見区の工場屋根の小波スレートカバー工事が始まりました。 まずは足場を架けて高さ8mでの屋根の作業が円滑に進むようにします。足場の広さだけでも1200㎡以上はあります。支柱や手摺も多く設置して、控え材も等間隔に設置します。足場が風に煽られることのないようにします。 こちらは落下防止用のネットです。小波スレートは大波スレートよりも割れやすい特徴...続きを読む

      2017/04/1 横浜市鶴見区で天井からの雨漏りの原因は屋上の防水です
      横浜市鶴見区で天井からの雨漏りの原因は屋上の防水です

         横浜市鶴見区で雨漏りの調査に伺いました。丁度雨が降ってきたので、雨漏りの原因を特定するには丁度良いタイミングです。 天井には大きな染みが出来ています。真ん中に空いている穴はお客様が水抜の為に開けたそうです。雨が降り始めたばかりでそれ程の量は降っていなかったのですが、ポタポタと穴から雨水が落ちてきていました。 天井の上は屋上になっていて、防水の上に保...続きを読む

      2017/03/26 横浜市鶴見区でスレートの傷みはカバー工事で解消します
      横浜市鶴見区でスレートの傷みはカバー工事で解消します

         横浜市鶴見区で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根で、7年ほど前に塗装工事をされていた様です。   パッと見た印象です。7年にしては傷みが早いな、と思いました。経年によって塗装もどんどん劣化していきますが、見たところ塗装してから15年以上は経過していそうな印象を受けました。 表面にチョーキングといって顔料が粉状に浮いてきてしまう症状が現れてい...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市鶴見区の施工事例一覧

      横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎました

      【施工内容】
      その他の工事

      横浜市鶴見区|リフォーム会社からのご依頼でスレート屋根に雪止め設置工事

      【施工内容】
      雪止め設置

      横浜市鶴見区|屋根葺き替え工事 グラッサ 外壁塗装工事 ナノコンポジットW|小川様

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー