屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

強風で屋根の被害を受けた方火災保険が適用できます

HOME > ブログ > 凍害で表面が破損した瓦屋根の漆喰工事|横浜市鶴見区

凍害で表面が破損した瓦屋根の漆喰工事|横浜市鶴見区

更新日:2017年12月10日

横浜市鶴見区で漆喰工事をおこないました。棟の漆喰が剥がれ落ちていて何箇所か土が削れているとことがありましたので、古い漆喰を剥がしてから新しい漆喰を詰め直しました。剥がれているのをそのままにしていると、土がえぐられて下からの支えが無くなるので棟瓦が崩れてしまう事になります。そうならない為にも漆喰の詰め直しを行う必要があります。また、瓦の表面が剥がれた様な跡がありますが、これは瓦の凍害という症状で、瓦が吸ってしまった水分が凍結によって膨張して瓦の表面を爆裂させてこのようになります。表面が剥がれたとしても雨漏りなどの影響がある訳ではありませんが、凍害が酷くなると瓦が完全に割れて脱落してしまう事もありますので、瓦の欠片が屋根から落ちてくる様な事があれば、凍害で破損した部分を差し替えないとなりません。瓦は長持ちする屋根材ですが、下に葺いてある防水紙は経年によって劣化しますので、定期的に点検をおこなって適切な時期にしっかりとメンテナンスをおこないましょう。

漆喰の剥がれは放置出来ません

漆喰が剥がれると屋根の上に欠片が落ちてきたりと、わかりやすい場合もあります。漆喰の役割は、簡単にいうと棟瓦の支えが雨水によって崩れない様にする事です。漆喰がはがれて土が剥き出しになっていれば、雨が降るたびにドンドン削れていってしまいます、そのままには出来ないんです。あちこちの瓦の表面には凍害の跡がありました。日本瓦の原料は土ですので、吸い込んだ水分にが凍って膨張したり、夏場の表面の温度差などで表面が剥離した状態になります。表面だけであれば雨漏りなどに繋がることはありませんが、酷くなって完全に割れてしまうと脱落する危険もありますので、酷くなる様でしたら破損した瓦の交換などもおこないましょう。

漆喰は詰め増しではなく必ず詰め直しをします

漆喰が重要なのをお伝えしましたが、ただ詰めれば良いという訳ではありません。剥がすのが大変だからと古い漆喰の上から詰め増しをする業者がいますが、これは絶対に止めましょう!漆喰詰めは仕上がりの位置によっては雨水を棟の内部に入れ込んでしまう事になりかねませんので、のし瓦の表面まで漆喰がくる様な施工はやってはダメなんです。

漆喰を詰めるときはのし瓦の二段目よりも奥に仕上がりが来るように納めていきます。漆喰工事は、簡単そうで意外と難しいので、瓦の納まりをちゃんと理解している業者へ頼んで工事をおこなった事で症状が悪化しない様にしていきましょう。横浜市鶴見区の建物は、凍害で表面が剥がれているところが何箇所かありますが全く問題ありませんので、棟瓦の漆喰を詰め直して雨が降っても安心出来るようになりました。

ご質問やご不明な点等ございましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問合せください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      横浜市鶴見区のその他のブログ

      2019/02/17 横浜市鶴見区下野谷町にて瓦棒葺き屋根の棟板金交換の様子 NEW
      横浜市鶴見区下野谷町にて瓦棒葺き屋根の棟板金交換の様子

         本日は横浜市鶴見区下野谷町W様宅にて、瓦棒葺き屋根の棟板金交換工事の様子をお伝えいたします。W様宅は築40年は経っている建物で、屋根は昔ながらの瓦棒葺きです。 「瓦棒葺き屋根」 大分昔に一度、塗装のメンテナンスは行ったとの事ですが、それ以来殆ど手をかけてきていないそうです。近い将来に建て替えや建て壊しも検討する中、先月の強風時に棟板金の一部が飛散する被害がご...続きを読む

      2019/02/15 横浜市鶴見区梶山にて雨が降ると雨樋から水があふれている気がするとの事で雨樋調査に伺いました
      横浜市鶴見区梶山にて雨が降ると雨樋から水があふれている気がするとの事で雨樋調査に伺いました

         大雨小雨関わらず雨が降ると玄関横に雨樋から水が溢れて落ちてきている気がするとの事がきっかけで、調査のご依頼を頂きました。 横浜市鶴見区梶山にあるこちらの建物は三階建てで、築20年経ってはいるが一度屋根と外壁塗装をしているとのお話でした。 確かに現地に着くと外壁の方は塗装してまだ汚れが目立っていないのが分かりました。 屋根は雨樋と一緒に見れる範囲で一緒に見てみる...続きを読む

      2019/02/14 横浜市鶴見区豊岡町にて昨年の台風24号後、屋根から異音がするとの事で点検調査を致しました
      横浜市鶴見区豊岡町にて昨年の台風24号後、屋根から異音がするとの事で点検調査を致しました

         屋根から音がするとの事がきっかけで弊社に屋根の点検調査の依頼を頂きました、横浜市鶴見区豊岡町のお宅へ伺がいました。 まず現地にて屋根にあがる前でのお話の中では、二階にいるとたまに聞こえる気がするとの事でした。 それと10年程前に一度屋根の葺き替え工事を行っているとの事で、葺き替えしたとの安心感から今までそれ以降はメンテナンスをしていなかったとの事でした。 それ...続きを読む

      2019/02/11 横浜市鶴見区尻手にて這樋(はいとい)の復旧工事を行いました
      横浜市鶴見区尻手にて這樋(はいとい)の復旧工事を行いました

         本日は横浜市鶴見区尻手S様宅にて、雨樋の復旧工事を行いました。S様宅では先日の強風時に雨樋の一部が外れる被害がございました。外れた箇所は下屋根部分に沿って取り付けてある「這樋(はいとい)」です。 「雨樋(這樋)の外れ」 外れた当初は不具合がある訳でもなさそうとの事で、そのまま放置していたそうです。しかし、雨が降ると庭に水が溜まり、バシャバシャと音も気になる...続きを読む

      2019/02/2 横浜市鶴見区北寺尾にて築30年のアパート屋根の調査、緩い勾配で水捌けが悪く汚れも溜まっていました
      横浜市鶴見区北寺尾にて築30年のアパート屋根の調査、緩い勾配で水捌けが悪く汚れも溜まっていました

         本日は横浜市鶴見区北寺尾にありますとある賃貸アパートの物件オーナー様より、屋根カバー工事を検討しているとのお話を頂きましたので屋根の調査に伺いました。 その時の屋根の状態やカバー工事ができるか否かの判断など、調査の様子をお伝えいたします。 事前の情報では、何が原因 かはわかっていないとの事でしたが葺き替え工事をしているとの事でした。 ただ今後も建物を維持してい...続きを読む

      2019/01/20 横浜市鶴見区北寺尾にて屋根カバー工事の為に屋根調査、意外な落とし穴もあります
      横浜市鶴見区北寺尾にて屋根カバー工事の為に屋根調査、意外な落とし穴もあります

         本日は一度葺き替え工事を行っている屋根に、カバー工事を考えているというアパートのオーナー様からお問合せを頂きまして、横浜市鶴見区北寺尾にありますアパートの屋根調査に伺ってきた時の様子をお伝えいたします。 事前の情報では築30年だが10年程前に葺き替え工事を行っているとの事でした。カバー工事ができる屋根かどうかも含めたご依頼です。 (カバー工事についてはこちらをご覧く...続きを読む

      2018/11/23 横浜市鶴見区にて台風の二次災害による破風板破損の調査
      横浜市鶴見区にて台風の二次災害による破風板破損の調査

         本日は横浜市鶴見区にお住いのK様より、「先月の台風時、お隣の屋根材が飛んできて自宅の破風板が破損してしまった」とのご相談をいただきました。台風による直接の被害ではなく、二次被害によるご相談です。初めは自宅周辺に屋根材が落ちていたので、自宅の屋根が被害を受けたのかと思ったそうですが、お隣の屋根材と分かり、その屋根材が自宅の破風板に当たって破損したとの事です。 二次...続きを読む

      2018/11/13 横浜市鶴見区で瓦棒葺き屋根の棟板金交換工事
      横浜市鶴見区で瓦棒葺き屋根の棟板金交換工事

         本日は横浜市鶴見区W様邸で行いました、棟板金交換工事の様子をお伝えいたします。W様宅は築40年程、大分昔に塗装によるメンテナンスは行ったそうですが、それ依頼、屋根に関しては手を付けていないとの事です。今回は先月の台風の影響により、棟板金が飛散。近所の方からの指摘により気が付いたそうです。先々建て替えなども視野に入れているため、屋根全体の工事は考えておらず、被害を受けた部分の修理...続きを読む

      2018/10/27 横浜市鶴見区にて瓦棒葺き屋根の葺き替え前調査
      横浜市鶴見区にて瓦棒葺き屋根の葺き替え前調査

         本日は横浜市鶴見区S様宅より、瓦棒葺き屋根の点検調査の様子をお伝えいたします。S様宅では先日の台風により、屋根の一部が破損(捲れ上がる)被害がございました。築年数も経っていることもあり、被害箇所だけではなく、屋根全体の改修を考慮に入れた上での調査のご依頼になります。 「経年での劣化が窺える屋根材」 台風で被害を受けた箇所はS様ご自身で補修を行ったそうですが、...続きを読む

      2018/10/5 横浜市鶴見区の工場にて、波板トタン屋根の張替え工事の調査
      横浜市鶴見区の工場にて、波板トタン屋根の張替え工事の調査

         本日は横浜市鶴見区にある工場にて、波板トタン屋根張替えの為の調査に伺ってまいりました。ご依頼を下さった法人様の敷地内にはいくつもの作業場(工場)がございます。その中の一つで、設置されてから30年以上は経つ工場の屋根、波板トタン屋根の劣化が激しいために張替えを検討との事で、調査のご依頼を頂きました。 ここでは車などの整備が行われる場所につき、野外工場との印象が強い場所に...続きを読む

      2018/07/20 築14年スレート屋根の調査|横浜市鶴見区
      築14年スレート屋根の調査|横浜市鶴見区

         本日は築14年、そろそろ外壁も含め塗装をやり直したとのお話を受け、現地調査をさせて頂きましたのでその様子をお伝え致します。 下からパッと見た感じですと寄棟の様でしたが上がってみるとちょっと違っていました。板金の重なり部が多く、本谷まであり色々な絡みが出ている屋根になっていました。 棟板金近くのスレートが縦に割れています。クラックが複数見受けられました。また右...続きを読む

      2018/07/5 築40年初めての雨樋点検調査|横浜市鶴見区
      築40年初めての雨樋点検調査|横浜市鶴見区

         本日は、下野に置かれているエアコン室外機のドレンホースからの排水が雨樋に留まってしまい、溢れてしまうという事がきっかけでお問合せを頂きましたお宅へ調査にお伺い致しましたのでその様子をご紹介致します。 一度も補修などを行ったことはないという事で見てみましたが、ちょうど雨樋がルーバーと呼ばれる化粧カバーと鼻隠しの中に納まっており、外側からは雨樋が直接は見えない様になっておりま...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市鶴見区の施工事例一覧

      横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎました

      【施工内容】
      その他の工事

      横浜市鶴見区|リフォーム会社からのご依頼でスレート屋根に雪止め設置工事

      【施工内容】
      雪止め設置

      横浜市鶴見区|屋根葺き替え工事 グラッサ 外壁塗装工事 ナノコンポジットW|小川様

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー