屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

台風21号、22号でお家に被害を受けた方・受けたかもしれない方へ

お家のダメージが深刻になる前に弊社にご相談ください!

屋根だけでなく、お家全体の無料点検はこちらをクリック!

HOME > ブログ > 横浜市鶴見区でスレートの傷みはカバー工事で解消します

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

横浜市鶴見区でスレートの傷みはカバー工事で解消します

更新日:2017年3月26日

横浜市鶴見区で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根で、7年ほど前に塗装工事をされていた様です。

 

パッと見た印象です。7年にしては傷みが早いな、と思いました。経年によって塗装もどんどん劣化していきますが、見たところ塗装してから15年以上は経過していそうな印象を受けました。

表面にチョーキングといって顔料が粉状に浮いてきてしまう症状が現れていて、見た目以上にズルズルになっていました。もともと赤い屋根だったところをグリーンに塗ってあるのですが、ところどころ下の色が見えてしまっていました。この様な状態は塗装工事の施工に問題があった事は間違いなさそうです。塗装の工程の、高圧洗浄と下塗りがしっかりと施工されていない場合に、仕上げの塗料の付着が悪くなってしまいこの様になる事があります。

棟板金を固定する釘も抜け始めていましたが、下地の抜き板には問題はありません。それよりも気になるのは雨染みの跡です。スレートとスレートがくっついているところが染みで濃くなっているのが分かりますか?これは雨水が上手く流れずに溜まってしまった事で起こる症状です。その原因は下の写真を見てい頂くとわかると思います。

まず一つは屋根の勾配が緩いことです。約2寸勾配の屋根で(詳しくはこちら)スレート屋根で必要な最小勾配よりも緩い角度なんです。そのために、屋根の表面もそうですが、裏側に回り込んで防水紙の上を流れる雨水も流れが遅くなり溜まってしまうことになります。もう一つはスレートの重なり部分が塗膜を塞がっていることです。この重なり部分は、裏側に回り込んだ雨水の重要な抜け道として隙間が空いていなければならないのですが、塗装工事をした事で塞がってしまい雨水が溜まった状態になってしまっています。塗装工事を行う際には、重なりに切れ目を入れたり、タスペーサーという縁切りの材料を差し込んだり対応しなければならないんです。しかし、縁切りをしていたとしても屋根の勾配が緩いことには変わりありませんので、緩い勾配に対応出来る屋根に変えることが必要になります。棟から軒先まで一枚の屋根材で造られているタテ葺きにすれば途中で雨水の浸入や逆流する心配が無くなりますので、安心出来ますね。塗装屋さんが見れば『塗装できますよ!』というと思いますが、横浜市鶴見区のこちらの建物のようにスレートの傷みもそうですが、根本的な施工の問題を解消させる為にも、今の屋根の上に新しい金属屋根を被せるカバー工事をご提案致します。建物の症状をしっかりと調べて最適なご提案をさせて頂きます。

屋根工事についてご質問や御不明な点など御座いましたら、フリーダイヤル0120-989-936までお気軽にご相談・お問い合わせください。

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市鶴見区のその他のブログ

      2017/11/3 横浜市鶴見区|台風前のリスク回避、古いトタン屋根の補修と撤去
      横浜市鶴見区|台風前のリスク回避、古いトタン屋根の補修と撤去

         本日は先日の台風の前に工事の依頼を頂いた横浜市鶴見区にある印刷工場の様子をお伝えいたします。当日は台風前で大雨が降っており、その雨の中の作業となりました。なぜ、台風前に工事の依頼があったかというと、今回ご依頼を頂いた工場の屋根は古いトタン屋根で劣化状況も酷く、台風被害を避けるためです。 実は現在、使われていない工場で解体も考えているため、あまり費用をかけずに簡易的...続きを読む

      2017/10/29 横浜市鶴見区|屋根の瓦が一枚ズレての雨漏り~調査
      横浜市鶴見区|屋根の瓦が一枚ズレての雨漏り~調査

         横浜市鶴見区で「屋根の瓦がズレて雨漏りをした」とのご相談を受け、現地へお伺いました。詳しく話をお聞きすると、ひと月前に室内天井から雨漏りを起こし、外から屋根の瓦を見たところ、一枚だけズレているのが確認出来たそうです。そこで、近所の方で梯子を持っている方に相談をし、ズレた瓦を戻してもらったそうで、それからは室内の雨漏りはおさまったとの事です。しかし、その後(先日の)台風の影響で、...続きを読む

      2017/10/8 屋根の上に慣れてるからお役に立てます!工場屋根の樋清掃|横浜市鶴見区
      屋根の上に慣れてるからお役に立てます!工場屋根の樋清掃|横浜市鶴見区

         普段は屋根の工事を行っている街の屋根やさんですが、工事以外にもお役に立てることがありました。横浜市鶴見区の工場より、「工場屋根にある樋の清掃はできませんか?」というご相談がありました。清掃業者に依頼すれば良いのか、屋根業者に依頼すれば良いのかでお悩みになっていたそうです。高所作業でしかも屋根の上。そして工場屋根。確かに場所が場所なだけにお悩みになるお気持ちがわかりました。現地調...続きを読む

      2017/09/24 横浜市鶴見区|10年以上経過した金属屋根はそろそろ塗装を視野にいれましょう
      横浜市鶴見区|10年以上経過した金属屋根はそろそろ塗装を視野にいれましょう

         今回は金属屋根についてお伝えします。近年の屋根メンテナンスといえば、葺き替え工事にしろカバー工事しろ金属屋根がメインとなっております。もともと軽量なのが特徴ですが、それに加え最近では塗膜の耐候性や防錆性も向上してきました。メーカーから細かな保証が付くようにもなり、安心して使用できるようなったのもメインとなった一因と思われます。金属屋根を聞くようになったのは15年くらい前のことで...続きを読む

      2017/08/13 横浜市鶴見区高所作業で難しい工場雨樋のメンテナンス
      横浜市鶴見区高所作業で難しい工場雨樋のメンテナンス

         横浜市鶴見区の工場より工場雨樋のメンテナンスについてご相談がありました。 工場の天井は非常に高く、屋根での作業となると高所作業となります。よって工場雨樋も非常に高い位置に取り付けられているため、メンテナンスするには高いところに慣れていないと難しいです。 こちらの工場では、屋根の形状により中心に谷が出来ております。この谷の雨樋が詰まるとオーバーフロ...続きを読む

      2017/05/20 横浜市鶴見区で雨漏りの原因は瓦屋根の傷みにありました
      横浜市鶴見区で雨漏りの原因は瓦屋根の傷みにありました

         横浜市鶴見区で屋根の調査をおこないました。 雨漏りしているので見て欲しい、というのがお問い合わせの内容で、室内の状況を確認してみると和室の天井が雨漏りによって落ちかかっていました。この様な状態は何年も前からという事でしたので、天井以外の建物の骨組みに影響が出ていないか心配です。 屋根は日本瓦葺きで片流れになっています。屋根が高くなっている棟側からコ...続きを読む

      2017/05/8 横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています②
      横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています②

         横浜市鶴見区にある工場屋根に小波スレートカバー工事をしており、工事も佳境を迎えております。 屋根全体の3分の2以上をカバーしてきました。天候にも恵まれて作業がスムーズに進んでおります。既存の小波スレートも1度も割らずに、工事前に練った安全対策の通りに進めている作業員の方々の賜物です。 ネット1枚で硝子板からポリカーボネートへ交換する作業も最後の箇...続きを読む

      2017/04/30 横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています
      横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事をしています

         横浜市鶴見区にある工場屋根に小波スレートカバー工事をしております。 昨日より葺き始めており、徐々にカバー工事が進んでおります。小波スレートは割れやすく、何もなしに上がると落下の危険性があるため、このようにネットを敷きながら作業を進めていきます。 昨日から行っているので、カバーを終えたエリアは作業員が歩くため、既存の小波スレートが割れて落下していな...続きを読む

      2017/04/23 横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事が始まりました
      横浜市鶴見区工場屋根の小波スレートカバー工事が始まりました

         横浜市鶴見区の工場屋根の小波スレートカバー工事が始まりました。 まずは足場を架けて高さ8mでの屋根の作業が円滑に進むようにします。足場の広さだけでも1200㎡以上はあります。支柱や手摺も多く設置して、控え材も等間隔に設置します。足場が風に煽られることのないようにします。 こちらは落下防止用のネットです。小波スレートは大波スレートよりも割れやすい特徴...続きを読む

      2017/04/1 横浜市鶴見区で天井からの雨漏りの原因は屋上の防水です
      横浜市鶴見区で天井からの雨漏りの原因は屋上の防水です

         横浜市鶴見区で雨漏りの調査に伺いました。丁度雨が降ってきたので、雨漏りの原因を特定するには丁度良いタイミングです。 天井には大きな染みが出来ています。真ん中に空いている穴はお客様が水抜の為に開けたそうです。雨が降り始めたばかりでそれ程の量は降っていなかったのですが、ポタポタと穴から雨水が落ちてきていました。 天井の上は屋上になっていて、防水の上に保...続きを読む

      2017/03/8 横浜市鶴見区でメンテナンスに向けた大波スレートや小波スレートの調査
      横浜市鶴見区でメンテナンスに向けた大波スレートや小波スレートの調査

         横浜市鶴見区で大波スレートや小波スレートのメンテナンスに向けた調査を承っております。 大波スレートや小波スレートとは、法定不燃材として防火構造に使用することが可能で、鉄骨造建物の屋根や壁に使用して準耐火建築物とすることの出来る材料です。主に工場や倉庫、車庫などの建物に使用されることが多いのが特徴です。今回は横浜市鶴見区の工場で調査を行いました。 ...続きを読む

      2017/03/5 横浜市鶴見区のお客様から瓦屋根についてのご質問
      横浜市鶴見区のお客様から瓦屋根についてのご質問

         横浜市鶴見区のお客様からご質問がありました。自宅の屋根が瓦なのはわかっているけど、どんな種類の瓦なのかが良く分からない、との事でした。 確かに『瓦』と一言で表現しますが様々な種類の瓦がありますので、住宅の屋根に使われている瓦を何種類かご説明させて頂きます。 瓦は日本に昔からある屋根材で、1400年以上前に奈良の飛鳥寺で使われたのが最初だそうです。見...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市鶴見区の施工事例一覧

      横浜市鶴見区|新規笠木交換シーリング防水処理で腐食を防ぎました

      【施工内容】
      その他の工事

      横浜市鶴見区|リフォーム会社からのご依頼でスレート屋根に雪止め設置工事

      【施工内容】
      雪止め設置

      横浜市鶴見区|屋根葺き替え工事 グラッサ 外壁塗装工事 ナノコンポジットW|小川様

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根葺き替え

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市神奈川区で傷みが出始めたスレート屋根をカバー工事で直します

      横浜市神奈川区で傷みが出始めたスレート屋根をカバー工事で直します

      横浜市神奈川区で屋根の調査をおこないました。今日はポカポカ陽気で暖かかったので、...続きを読む

      横浜市鶴見区でスレートの傷みはカバー工事で解消します

      横浜市鶴見区でスレートの傷みはカバー工事で解消します

      横浜市鶴見区で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根で、7年ほど前に塗装...続きを読む

      横浜市港北区|屋根材劣化により屋根カバー工法をご提案

      横浜市港北区|屋根材劣化により屋根カバー工法をご提案

      横浜市港北区のお客様より屋根の調査とリフォームのお見積りをご依頼いただきました。...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      相模原市南区傷んだ屋根にスーパーヒランビーきわみでカバー工事
      相模原市南区傷んだ屋根にスーパーヒランビーきわみでカバー工事
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料
      横浜市緑区のアパートを断熱材付き金属系屋根材でカバー工事
      横浜市緑区のアパートを断熱材付き金属系屋根材でカバー工事
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー