屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 座間市入谷で玄関庇から雨漏りしている決定的瞬間を捉えました

座間市入谷で玄関庇から雨漏りしている決定的瞬間を捉えました

更新日:2019年6月3日

座間市入谷にお住いのN様より「玄関の屋根が柔らかくなっている」とご不安のご相談がございました。調査にお伺いして分かったのが、玄関の屋根とは玄関庇(げんかんびさし)のことで、屋根はフラットルーフと言う陸屋根形状になっておりました。人が乗れる屋根形状になっていたので。柔らかくなっていたのはフラットルーフの床で、表現としてはたわんでいると言った方が良いかもしれません。まずはその床の状態を確認してみます。

玄関庇のフラットルーフがたわんでいる 玄関庇のフラットルーフを調査

 

フラットルーフの防水層がすり減っております

防水層がすり減っている 防水層がすり減ってメッシュ状のものが見えている

玄関庇のフラットルーフに上がり歩いてみると、確かに床が抜けそうなほどたわんでおりました。フラットルーフの表面は防水層が設けられており、排水ドレンから外に流す仕組みなっておりましたが、その防水層を見てみるとメッシュ状のものが見えます。防水層がすり減って補強用の布が露出している状態であることが分かりました。防水層がすり減るということは、防水が出来ていないことを意味します。雨水が溜まったときに玄関庇を構築している木材に浸みこんでいる可能性があり、この防水層が原因で床が抜けそうなほど撓んでいるのかもしれません。

 

雨漏りしている決定的瞬間を捉えました

雨漏りしている決定的瞬間

フラットルーフの真下は玄関の外側です。脚立で降りてフラットルーフの下側を確認してみようとしたところ、角に水滴が集まっていることに気が付きました。角にはひび割れがあり、そのひび割れを伝うように流れて集まっております。これはひび割れから出てきた水で、上にあるフラットルーフから雨漏りしている証拠になります。これは雨漏りしている決定的瞬間になります。フラットルーフの床を通って、玄関庇を構築している木材に浸み込んで、傷んでいたり腐食している可能性が極めて高く、直すためには一度部分的に解体して内部を確認してみる必要がございまず。フラットルーフ床の防止工事だけで済む場合と、玄関庇全体を解体して新しく造り直す場合が考えられます。街の屋根やさんでは屋根にかんすること以外に、雨漏りという現象にも対応してります。雨漏りでお困りの際は街の屋根やさんにお任せください。

 

 

雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
とても重要!雨漏りを防止する雨仕舞い
 「防水」は一般の方でも馴染みのある言葉だと思いますが、「雨仕舞い」は聞いたことがないという方がほとんどではないでしょうか。屋根やさんなどの建設関係者でなければ、聞く機会がない「雨仕舞い」、雨漏りを防ぐためにとても重要な考え方なのです。雨水を残留させないのが雨仕舞いの基本的な考え方 雨を仕舞うと書い…続きを読む
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法
お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法
 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。  最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けて…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です
 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な屋…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
雨漏り修理・雨漏り工事は街の屋根やさんへ
 雨漏りは屋根から漏ると思われがちですが、原因が屋根以外である事も普通です。よくある窓回り、外壁、ドレインからの他、異常気象で雨水が吹き上がって軒天の隙間から入り込んだり、太陽光パネルの設置による下地の破損など、原因が多様化しているのが最近の傾向です。そのため、気がついた時にはすでに様々な経路を伝っ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      座間市のその他のブログ

      2020/11/8 座間市南栗原でセメント瓦の点検、表面が劣化したセメント瓦は雨水を吸い込んでしまいます

       座間市南栗原にお住いになられているE様より「屋根が傷んできているようなので点検してほしい」とご心配なご相談がございました。築30年以上が経過している座間市南栗原E様のお宅は、瓦を使用している屋根でした。瓦は瓦でも製造している原材料はそれぞれで、その中でもセメントで造られているセメント瓦を使用してお...続きを読む

      2020/10/21 座間市栗原でスレート屋根が破損、棟板金が外れて無くなっておりました

       座間市栗原にお住いになられているE様より「前から棟板金が屋根から無くなっている箇所がある」とご心配なご相談がございました。築年数は30年以上が経過した建物で、屋根はスレートを使用した屋根でした。これまでに何度か棟板金が落ちてきて、そのたびに部分的に板金を被せ直したりしてきたそうですが、また今回も棟...続きを読む

      2020/10/13 座間市ひばりが丘で落ちていた棟板金、スレート屋根の棟板金交換工事が必要でした

       「バルコニーに見慣れない物が落ちている」とご不安なご相談がございましたのは、座間市ひばりが丘にお住いになられているM様からでした。築22年ほど経過した建物とのことでしたが、これまでに建物のメンテナンスを行ったことが無いそうです。バルコニーの落ちていた物が何なのか。そもそも座間市ひばりが丘M様のご自...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      座間市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      22年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sモスグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年
      使用材料
      スタンビー(シルバーブラック)

      その他の施工事例一覧→

      雨漏り修理を行った現場ブログ

      2021/05/11 横浜市緑区長津田みなみ台でサッシ回りからの雨漏り修理工事をおこないます

       横浜市緑区長津田みなみ台で雨漏り修理工事をおこないます。 雨漏りしているのはサッシの横側で、散水試験をおこなって雨漏りの原因が壁の中にある事が分かりました。サッシ回りからでしたので、防水処理がしっかりとおこなわれていない可能性がありますので、サッシ回りの外壁を解体して防水処理工事をおこなう事になり...続きを読む

      2021/04/24 棟板金が落下してしまった、横浜市保土ヶ谷区新井町のお住まいの調査を行い、棟板金交換工事をご提案致しました

       屋根の板金が落ちてきてしまったようなので、調査をしてほしいとのお問い合わせを横浜市保土ヶ谷区新井町にお住まいのS様よりいただきました。  現地に到着し、屋根に上らせていただくと、屋根面と屋根面がぶつかり合う棟と呼ばれる箇所を覆う棟板金がなく、中の木材が剝き出しになってしまっていました。こ...続きを読む

      2021/04/20 横浜市旭区白根でマンションのALCの斜壁は防水工事で保護します

       横浜市旭区白根で外壁の塗装工事をおこなっています。3階建てのマンションで鉄骨造で外壁にALCパネルが張ってあります。 一部壁が斜めになっている斜壁(しゃへき)があり、そこにもALCが使用されているのですが、経年劣化によって表面に塗装した会った塗膜が剥がれALC自体が掛けたり割れたりしている部分があ...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      雨漏り修理を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      30年
      使用材料
      IG工業 スーパーガルテクト 色:Sシェイドブラウン

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる