屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 横浜市港北区|棟瓦取り直し工事・瓦に付いたコーキング材はしっかりと落とします

横浜市港北区|棟瓦取り直し工事・瓦に付いたコーキング材はしっかりと落とします

更新日:2018年6月24日

本日は横浜市港北区のN様宅で行われました、棟瓦取り直し工事の様子をお伝いえたします。調査のご依頼を下さった経緯は、室内に現れた染みになります。雨漏りが確認された訳ではないそうですが、雨漏りの影響がありそうな箇所の点検と補修のご依頼です。築も古く、全体的なメンテナンスも十数年行われていない様です。ただ、近い将来、建て替え・建て壊しなども検討していることもあり、最低限の補修でのメンテナンスのご要望です。

漆喰の劣化・棟の歪み

調査時では、屋根下地の状況や瓦のズレ具合などからも、屋根全体の葺き替え(葺き直し)が妥当なメンテナンスと判断できる状況でした。しかし、先々の建て替えなどを考慮に入れれば、ここで屋根全体を葺き替えるのにコストを掛けるのは考え深いところでもございます。そこで、最低限(目先数年間を目安にした)雨漏り対策として行っておくべき補修・メンテナンスとして、棟瓦の取り直し工事のご提案させていただきました。所々で漆喰の劣化(剥がれや崩れ)が確認される状況で、棟の並び自体も歪んでいるのがはっきり確認できる状況です。今回は大屋根の棟の取り直しと下屋部分(土居熨斗)の漆喰の詰め直し工事を行うことになりました。

補修痕 コーキング痕

まず、棟瓦の取り直しには既存の棟部分の瓦の撤去を行います。再度詰み直すので、取り外しは慎重に行います。しかしここで一つ問題がございます。N様宅の棟瓦には、部分的にコーキングを使用しての補修が施されておりました。本来なら、中に入った水の逃げ道の確保として、瓦の取り合い部分を完全に塞ぐのは良くないのですが、経年でのズレを抑えるためにでしょうか、コーキング材でびっしりと固められているのが窺えます。

棟瓦取り外し 削り作業

棟瓦の取り直しは、既存の棟・熨斗瓦を外し、下地を整え、南蛮漆喰を土台に棟を詰み直すのですが、棟・熨斗瓦にこびり付いたままのコーキング材を放っておく訳にはいきません。詰み直すのなら見た目もきれいしたいものです。そこで今回の棟瓦取り直し工事で一番の大仕事になったのが、無理に付けられてしまったコーキング材の処理作業です。

コーキング材の処理作業の様子

とにかく地道にカッターなどを使用しての削り作業です。外した瓦を地面に降ろす手間も掛けられない事もあり、炎天下の中、屋根の上での地道な削り作業をです。今回は地道に細かな作業をこなす職人の様子をお伝えさせて頂きました。後日、改めて棟瓦取り直し・漆喰詰め直し工事の様子をご紹介いたします。
(屋根に関してのご相談は(フリーダイヤル0120-989-936)街の屋根やさんまで)

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
        会社概要はこちら
    1. お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      横浜市港北区のその他のブログ

      2018/09/8 横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした
      横浜市港北区の築40年の木造住宅、トタン屋根が剥がれたと思っていたら剥がれたのは棟板金でした

         本日は台風により屋根が剥がれて今にも落ちそう、点検してほしいとのことで横浜市港北区のお宅に調査にお伺い致しました。 お問合せ時にはトタン屋根が捲れたとの事でしたが、現地について屋根のほうを見上げると確かに何かが浮いています。しかし、見える限りトタン屋根ではなく、化粧スレートの屋根です。しかも軒先の方に捲れているのが確認できます。 寄棟(よせむね)と呼ばれるこちらのお...続きを読む

      2018/08/28 横浜市港北区の屋根工事、ニチハパミールの傷んだスレート材にも屋根カバー工事は行えます
      横浜市港北区の屋根工事、ニチハパミールの傷んだスレート材にも屋根カバー工事は行えます

         本日は横浜市港北区Y様宅で行われました、屋根カバー工事の様子をお伝えいたします。Y様宅の屋根で葺かれている屋根材はニチハのパミールになります。こちらの屋根材は、アスベストの使用を控えたために起こる不具合が問題とされている屋根材です。アスベストは粘着性が高く、強度を保つには優れた素材です。その使用を控えたことにより、層間剥離(ミルフィーユ状に剥がれる現象)やひび割れといった不具合...続きを読む

      2018/08/26 横浜市港北区の築40年の瓦棒屋根、板金のサビや下地の腐食から屋根葺き替えのご提案
      横浜市港北区の築40年の瓦棒屋根、板金のサビや下地の腐食から屋根葺き替えのご提案

         自宅兼工場としてお使いの築40年は経過しているであろう瓦棒葺きトタン屋根の現地調査に参りました。 外部から梯子をかけられないので、1階からの室内階段を一度通り、2階通路に出てから脚立を立て屋根に上がらせていただき現状の調査を致しました。 色々古いのはわかっているが、なかなか屋根にまで気がまわっていなかったと言われるお客様。雨が降るとお隣に雨樋から水が撥ねて鉄砲水みた...続きを読む

      2018/08/25 横浜市港北区で設置後3年の波板屋根からバタバタ音、フックボルトで固定し解消
      横浜市港北区で設置後3年の波板屋根からバタバタ音、フックボルトで固定し解消

         洗濯物を干す場所を増やしたいのと、作業場にするために屋根が欲しいと2階外通路に約3年前波板屋根を設置したお宅で、波板屋根が固定されておらず強風で煽られて大きな音が出るようになってしまったとのことで、固定し近隣迷惑にもなっていた音を鎮めるために作業致しました。 【なぜ音がするのか】 通路はもう既に波板で塞がれていて上がる所がないため、家屋の2階屋根から波板を見たところ...続きを読む

      2018/07/28 台風が過ぎ去ったあとに化粧スレートが割れている|横浜市港北区
      台風が過ぎ去ったあとに化粧スレートが割れている|横浜市港北区

         台風は建物の色々なところに傷跡を残していきます。特に屋根は被害を受けやすいです。棟板金の飛散や瓦の落下は台風が通過するたびにお悩み・お困りのご相談があります。建てられている周囲の環境にもより、全く台風により被害が起こらないところもありますが、台風による被害が頻繁に起こるところもあります。台風が過ぎ去ったあとでもあまり気付き難いのが、化粧スレート屋根です。もともとが平らな形状をし...続きを読む

      2018/07/28 横浜市港北区|急勾配屋根、棟板金交換・屋根塗装工事
      横浜市港北区|急勾配屋根、棟板金交換・屋根塗装工事

         本日は横浜市港北区O様宅で行われました、棟板金交換・屋根塗装工事の様子をお伝えいたします。O様宅は築25年、今回が2度目の塗装によるメンテナンスになります。当初は屋根の塗装のみのご要望でしたが、調査の段階で棟板金の浮きや釘浮きなども確認できる状況でした。また、O様宅の屋根は勾配がきつく、一部、屋根用の足場も必要と判断でき、複雑な足場の設置も考慮に入れれば、この期に屋根全体をしっ...続きを読む

      2018/07/23 横浜市港北区|築12年での屋根材の劣化状況・ニチハ パミール
      横浜市港北区|築12年での屋根材の劣化状況・ニチハ パミール

         本日は横浜市港北区にお住いのY様より、「屋根の様子がおかしいので調査をしてほしい」とのご相談を頂きました。Y様がたまたま遠くからご自宅を眺めた際に、屋根の表面が全体的に浮いている様に見えたそうです。直接屋根に上って確認をする訳にもいかず、メンテナンスを踏まえ、点検調査のご依頼を下さった経緯にございます。 築は12程で、現在に至るまで雨漏りなどの不具合は無く、全体的なメ...続きを読む

      2018/07/16 雨水が溜まり歪んでしまっていた雨樋の補修|横浜市港北区
      雨水が溜まり歪んでしまっていた雨樋の補修|横浜市港北区

         本日も港北区の現場にて、着工したら補修しますとお話していた歪みが出ている雨樋の補修した様子をお伝え致します。 雨の日によく裏でばしゃばしゃ溜まった水が落ちるような音がしていたという事でしたので、その場所の軒樋を見てみます。   近くで見てみますと、本来鼻隠しに止まっているはずの吊り金具が複数か所、ビスが外れて部分的に落ち込んでいました。 ...続きを読む

      2018/07/15 雨漏りを防ぐタスペーサー|横浜市港北区
      雨漏りを防ぐタスペーサー|横浜市港北区

         本日は港北区N様宅での屋根塗装の途中、タスペーサーを差し込む工程に入りましたのでその様子をお伝えいたします。 ちょうど足場を架け、養生シートを張り、高圧洗浄が終わってさぁこれから塗装に入る。その前に行う作業です。 台風時や大雨など、想定外の雨が降った時などに屋根材の下に雨水が入り込んでしまいます。この内部に構造上どうしても入ってしまう雨水を排出させるために、...続きを読む

      2018/07/9 横浜市港北区|漆喰の劣化、棟の歪み・棟瓦取り直し工事の様子
      横浜市港北区|漆喰の劣化、棟の歪み・棟瓦取り直し工事の様子

         本日は横浜市港北区N様宅で行われました、棟瓦取り直し工事の様子をお伝いえたします。前回は棟・熨斗部分の撤去を行い、瓦に付いたコーキング材の処理作業の様子をお伝えいたしました。今回は棟取り直しの流れをお伝えいたします。 まず、既存の棟・熨斗の撤去を行い、土台の役割を担っていた土や漆喰をきれいに取り除きます。新たな土台造りとしては南蛮漆喰を使用します。南蛮漆喰は漆喰...続きを読む

      2018/07/7 積水化学エスロンΣ(シグマ)90雨樋の調査|横浜市港北区
      積水化学エスロンΣ(シグマ)90雨樋の調査|横浜市港北区

         本日は既に着工となり、これから屋根外壁塗装に入る港北区のお宅より、雨樋調査の様子をお伝えいたします。 屋根外壁の現地調査の際に、雨樋の事もお伺いした時「そういえば雨のときバシャバシャ水が落ちてる音がする」と仰られていました。 足場を架けた際、さらに詳しく調査し原因特定と補修をするとのお話になっていましたので、さっそく調べてみます。 端から見てみますと...続きを読む

      2018/07/6 棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要|横浜市港北区
      棟瓦取り直しは瓦屋根の定期的なメンテナンスとして必要|横浜市港北区

         瓦屋根と言えば、和瓦や洋瓦といくつか種類がありますが、瓦自体は耐久性が高く長持ちする屋根材です。しかし、瓦と瓦の間には隙間がどうしても出来てしまい、特に棟及び棟周辺には漆器やセメントなどが詰められております。棟の内部には土や泥が詰まっており、外部に面したところに漆喰やセメントが使用されております。稀にですが、棟の内部も外部に面したところにもセメントが使用されている屋根もあります...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市港北区の施工事例一覧

      箱樋に屋根を被せて雨漏りを根本的に解決します|横浜市港北区

      【施工内容】

      横浜市港北区|落ち葉よけネットの設置して雨樋詰まりを解消

      【施工内容】
      雨樋工事

      パナソニック製・落ち葉よけネット

      雨漏りの原因の箱樋は屋根を被せて問題解決します|横浜市港北区

      【施工内容】

      ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市港北区|漆喰の劣化、棟の歪み・棟瓦取り直し工事の様子

      横浜市港北区|漆喰の劣化、棟の歪み・棟瓦取り直し工事の様子

      本日は横浜市港北区N様宅で行われました、棟瓦取り直し工事の様子をお伝いえたします...続きを読む

      横浜市港北区|棟瓦取り直し工事・瓦に付いたコーキング材はしっかりと落とします

      横浜市港北区|棟瓦取り直し工事・瓦に付いたコーキング材はしっかりと落とします

      本日は横浜市港北区のN様宅で行われました、棟瓦取り直し工事の様子をお伝いえたしま...続きを読む

      横浜市鶴見区|集合住宅の屋根瓦、棟取り直し工事調査

      横浜市鶴見区|集合住宅の屋根瓦、棟取り直し工事調査

      本日は横浜市鶴見区にある集合住宅の屋根調査に伺ってまいりました。マンションタイプ...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      藤沢市でハイロールを使った棟取り直し工事
      藤沢市でハイロールを使った棟取り直し工事
      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      使用材料
      棟取り直しに乾式自在面戸W、屋根部分葺き替えと外壁塗装|横浜市青葉区
      棟取り直しに乾式自在面戸W、屋根部分葺き替えと外壁塗装|横浜市青葉区
      施工内容
      外壁塗装,屋根葺き替え,棟瓦取り直し
      築年数
      使用材料

      お問い合わせバナー