屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

HOME > ブログ > 漆喰の剥がれと棟瓦の銅線切れは屋根リフォームのきっかけ|横浜市青葉区

漆喰の剥がれと棟瓦の銅線切れは屋根リフォームのきっかけ|横浜市青葉区

更新日:2018年4月30日

築30年以上経過した、横浜市青葉区S様のお宅で瓦屋根の調査を行いました。瓦屋根の場合は、瓦その物以外にもメンテナンスする必要のあるところがあります。横浜市青葉区S様のお宅の瓦屋根では、棟瓦の漆喰と棟瓦の銅線に劣化の傾向が見られました。

 

 

【漆喰の剥がれや銅線切れは屋根リフォームのきっかけ】

屋根リフォーム1

横浜市青葉区S様のお宅は築30年以上が経過した瓦屋根です。以前から定期的にメンテナンスを行っているそうですが、「家の前から屋根を眺めて見ると、漆喰が変色しているように見える」とのことで、不安に思ったことで調査のご依頼がありました。瓦屋根に上がってみると、確かに瓦と瓦の隙間にコーキング打たれてあり、過去にメンテナンスを行った形跡が伺えました。瓦屋根の調査では、まず既存の瓦の状態を確認します。瓦の劣化が進行していると、踏んだだけで割れたりするので状態が分かるまでは用心して歩きます。瓦を歩く際は、凹んだところに足を置くようにして歩きます。

 

 

屋根リフォーム2 屋根リフォーム3

調査を続けていると、棟瓦の下に詰められている漆喰に変色が見られることが分かりました。白い部分と灰色の部分がありますが、灰色の部分は変色しております。これは漆喰が劣化していることを意味します。また、棟瓦を束ねている銅線が切れているところもありました。銅線が切れている下にある漆喰の表面も割れているのが分かります。横浜市青葉区S様のお宅の瓦屋根は、全体的に劣化傾向にありますので直す必要のある状態でした。築30年で屋根を直す場合は、タイミング的には屋根リフォームを行うことも視野に入れて、1度考えてみるのも良いと思います。現在のご自宅を建て直さずに引き続きご利用になるのであれば、築年数の経過もありますので、この際に屋根を軽くするのも良いのではないかと思います。屋根を軽くすることで、今後の建物自体の傷みを軽減することに繋がります。街の屋根やさんでは漆喰や棟瓦の銅線に対するメンテナンスから、屋根を軽くする屋根リフォームまで、屋根に関わる全てに対応しております。屋根を軽くする屋根リフォームも、街の屋根やさんにお任せ下さい。

フリーダイヤル0120-989-936まで。

 

 

 

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      横浜市青葉区のその他のブログ

      2018/05/16 雨漏りをほおっておくと直す範囲も広がります|横浜市青葉区
      雨漏りをほおっておくと直す範囲も広がります|横浜市青葉区

         雨漏りが始まると被害はどんどん拡大します。雨漏りが始まったら早めに直す必要があります。雨漏りをほおっておくと直す範囲も広がります。横浜市青葉区Y様のお宅より、「雨漏りを止めたいので見てほしい」とのお悩みのご相談がありました。この時期は、強風と雨が重なった雨漏りするお宅が多い時期です。雨季や梅雨に入りますので、雨漏りしてる場合は早めに直しましょう。また、雨季や梅雨に入ってから発生...続きを読む

      2018/04/14 ファインパーフェクトベストを使用した塗装による屋根リフォーム|横浜市青葉区
      ファインパーフェクトベストを使用した塗装による屋根リフォーム|横浜市青葉区

         横浜市青葉区D様のお宅の屋根を、屋根リフォームした様子をお伝えします。横浜市青葉区D様のお宅の屋根は化粧スレートで、塗装による屋根リフォームを行いました。「屋根から欠片が落ちてきた」と横浜市青葉区D様よりお悩みのご相談を受けたことで、調査にお伺いして塗装での屋根リフォームを行う運びとなりました。     【化粧スレートは徐々に脆くなり割れるよう...続きを読む

      2018/03/21 冬の間に化粧スレートが傷みますのでこれから屋根調査をして下さい|横浜市青葉区
      冬の間に化粧スレートが傷みますのでこれから屋根調査をして下さい|横浜市青葉区

         化粧スレートは使用年数が経過すればするほど、傷みが進行していきます。冬の間に起こる現象で化粧スレート自体が傷んで脆くなることがあります。横浜市青葉区E様より「屋根が割れているようだから、1度プロの目で確認してほしい」とのお悩みのご相談がありました。横浜市青葉区E様のお宅に到着して、詳しくお話しをお伺いすると「隣で建設中の業者さんから屋根が割れている」とお話があったそうで困ってい...続きを読む

      2017/12/26 横浜市青葉区|瓦屋根の一部が破損(崩壊)点検・調査
      横浜市青葉区|瓦屋根の一部が破損(崩壊)点検・調査

         本日は横浜市青葉区のY様より「瓦屋根の一部が崩れてしまい、補修が可能か調査をしてほしい」とのご依頼です。早速現地へ伺い、状況を確認いたします。 ご覧のとおり、瓦屋根の棟の一部が崩れております。Y様のお話によると、大分前に隣の桜の木が風にあおられて倒れ掛かった際に、枝の一部が屋根の棟を巻き込んで折れたのが原因の様です。その後、特に雨漏りなどもなく、周辺の迷惑になるこ...続きを読む

      2017/12/16 横浜市青葉区|風の影響でスレート屋根の一部が破損、保険の適用は?
      横浜市青葉区|風の影響でスレート屋根の一部が破損、保険の適用は?

         本日は横浜市青葉区にお住まいのU様より「屋根のスレートの一部が欠けて落ちてしまった」とのご相談をいただき、現地に調査へ伺いました。お話を伺うと、先月の台風の影響で屋根のスレート材が落下してきたそうです。また、その後の強風の影響でも一部スレート材ががかけてしまった様で、現在でも欠けた屋根材が屋根の上に乗っかっている状態とのことです。   遠目で見ても今にも落ちてきそう...続きを読む

      2017/12/10 通常の粘土瓦に見えて製造されていないセメント瓦でした|横浜市青葉区
      通常の粘土瓦に見えて製造されていないセメント瓦でした|横浜市青葉区

         「雨漏りが発生した」とお悩みのご相談の横浜市青葉区N様のお宅の屋根を調査いたしました。屋根は和瓦の形状をしているので、通常の粘土瓦に見えましたが、近くで見てみるとセメント瓦であることが分かりました。セメント瓦は現在製造されていない瓦なので、割れてしまっては新しく交換できるものがありません。     【代わりのないセメント瓦は葺き替え工事】 ...続きを読む

      2017/11/27 風の被害を受けた雨押えや棟板金を直します|横浜市青葉区
      風の被害を受けた雨押えや棟板金を直します|横浜市青葉区

         風の影響は屋根のいろいろなところに被害が生じます。横浜市青葉区D様のお宅では、風の被害により雨押えが外れた状態になっておりました。棟板金や瓦などが風の被害を多く受けますが、雨押えも風の被害にあうことがあります。横浜市青葉区D様のお宅の調査では、雨押え以外にも棟板金の釘抜けも確認されましたので、足場を架けるこの機会に交換する運びとなりました。雨押えと棟板金を直します。 &n...続きを読む

      2017/11/15 天井点検口を取付けて雨漏り発生箇所を明確にしましょう|横浜市青葉区
      天井点検口を取付けて雨漏り発生箇所を明確にしましょう|横浜市青葉区

         雨漏りが原因となりお悩みのご相談があるときは、現地にお伺いして雨漏りの原因を究明してからその後のご提案となります。すぐに雨漏りの原因が究明できるときもあれば、なかなかすぐに究明に繋がらないこともあります。屋根から雨漏りが発生しているようであれば、屋根裏や小屋裏内部の状態を確認しなければならないことが多いのですが、その屋根裏や小屋裏内部の状態がか造りによって確認がしづらいこともあ...続きを読む

      2017/10/29 軒下換気口や雨押えにも台風の被害は発生します|横浜市青葉区
      軒下換気口や雨押えにも台風の被害は発生します|横浜市青葉区

         台風21号による影響が各地で発生しております。屋根に関連したところでは、瓦や棟への被害が代表的ではありますが、台風が通過したことによる被害は瓦や棟だけではありません。横浜市青葉区H様、横浜市青葉区D様のお宅では、瓦や棟以外のところに被害が発生しておりました。   【軒下換気口の飛散】 横浜市青葉区H様のお宅では、台風21号の影響により軒下換気口の飛...続きを読む

      2017/10/29 雨漏りの原因は瓦の下の防水紙にあります|横浜市青葉区
      雨漏りの原因は瓦の下の防水紙にあります|横浜市青葉区

         横浜市青葉区で屋根の調査をおこないました。和室の天井から雨水がポタポタと垂れてくるので屋根を見てみると、瓦の下に葺いてある防水紙がボロボロに傷んでいました。瓦は表面だけでなく下にも雨水が流れ込んできます。ボロボロになっていると雨水が流れてきた時にそのまま屋根裏へ雨水が回り込んでしまいますので、そうすると直ぐに雨漏りに繋がってしまいます。建物が古いので全体的に直すのではなく、ピン...続きを読む

      2017/10/13 霧除けや破風の凹んだ板金は直すことが可能です|横浜市青葉区
      霧除けや破風の凹んだ板金は直すことが可能です|横浜市青葉区

         霧除けや破風が板金で仕上がっているお宅があります。昔は木に塗装して仕上げているお宅が多かったですが、板金で仕上げてあるお宅が増えてきました。横浜市青葉区A様のお宅より、「霧除けの板金が凹んでしまった」とお悩みのご相談がありました。板金の凹みは交換をすることで元通りになります。   【凹んだ板金は交換が可能】 初回の調査でお伺いすると、横浜市青葉区A...続きを読む

      2017/09/24 ボロボロに劣化したニチハのパミールでお悩みの方にはカバー工事が最適です|横浜市青葉区
      ボロボロに劣化したニチハのパミールでお悩みの方にはカバー工事が最適です|横浜市青葉区

         横浜市青葉区で調査をおこなった建物は、屋根にスレートが葺いてありました。全国の住宅の屋根でスレートが占める割合は約25%です。4軒に1軒はスレート屋根という訳です。ちなみに、昔からある日本瓦は半分の50%あります。スレート屋根は定期的に塗装などのメンテナンスをしなければ耐久性が落ちてしまう材料なのですが、屋根から小さな欠片が落っこちてきたり屋根を見た時にあちこちで白っぽく見える...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      横浜市青葉区の施工事例一覧

      横浜市青葉区|外壁の腐食を金属外壁ファブリックラインで張替!配管接続で漏水解消

      【施工内容】
      その他の工事

      IG工業 ファブリックライン サンドブラウン

      棟取り直しに乾式自在面戸W、屋根部分葺き替えと外壁塗装|横浜市青葉区

      【施工内容】
      外壁塗装 屋根葺き替え 棟瓦取り直し

      横浜市青葉区の施工事例 棟板金交換工事

      【施工内容】
      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせバナー