屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > ブログ > 藤沢市円行にて築30年経過した切妻屋根に設置してある樋隠しの.....

藤沢市円行にて築30年経過した切妻屋根に設置してある樋隠しの傷みを調査しました

更新日:2020年5月28日

 本日は藤沢市円行にお住まいのK様より、雨樋を新築後塗装もしないでそのままにしてあるので一度見てほしいとの事で点検調査の依頼を頂きましたので、その時の様子をお伝えいたします。お電話で内容をお伺した時は、雨樋の外側にカバーがしてあるとの事でした。では実際の現地の様子をご覧ください。

 

 

雨樋にカバーで大体は予想しておりましたが軒樋を隠すように設置してある「隠し樋」の事でした

軒樋に金属でカバーがしてありました。これは意匠の為の樋隠しと呼ばれるものです。 竪樋はさすがに隠れませんが、軒樋の外側に、雨樋を守る、隠すように設置してあります。

 

 雨樋にカバーとは、写真の様に通常屋根の端に設置してある雨樋が見えないように金属板が設置されています。こちらは「樋隠し」と呼ばれ意匠性の為に使われる事が昔の建物には多くありました。最近でも稀に見かける事ができます。写真右は下から見上げた時の樋隠しの内側です。樋の外側に板金が設置されており、軒樋がすっぽりと隠れているのが分かります。内樋とも呼ばれます。

 雨樋自体は築年数を考えますと通常割れている箇所があってもおかしくない年数ですが、問題は雨樋よりも樋隠し自体の劣化でした。

 

 

雨樋よりも樋隠しを支える金具を打ち込んである鼻隠し・破風板の腐食が気になります

雨樋も経年で支持金具などの錆びが見受けられますが打ち込まれている鼻隠し、破風板の腐食が気になります。

 

 雨樋が設置してある軒には、必ず鼻隠しと呼ばれる板が設置してあります。雨樋は築年数なりの傷みでしたが、こちらの鼻隠し板の腐食の方が心配です。写真をご覧いただくと分かる用に一度塗装はしているみたいですが、相当前から塗膜が剥がれていた様で、鼻隠し板を触るとどこもジメジメと湿っています。このままですと、樋隠しを支える金具自体が固定できなくなり、強風で煽られたりした場合、最悪飛散する可能性もあります。

 ここまで塗膜も膨れて剥がれてしまっているため、今回は特に必要としていないとのお話でしたので樋隠しを撤去し、こちらの鼻隠し板をガルバリウム鋼板で巻いてこれ以上の腐食を防ぎ、さらに30年経過した雨樋を新規に設置するご提案をする事に致しました。

 通常屋根外壁塗装の流れでこちらの鼻隠しや破風板なども塗装するのですが、今回の様にあまりにも雨水を吸い込み腐食が進んでしまっていると再塗装しようとしても、塗料がうまく建材にくいついてくれなく、すぐに塗った塗料が剥がれる事があります。その為のガルバリウム鋼板です。

 

 

よくみると、部分的に新しく板金が既に巻かれています。 ただし、雨樋の支持金具などは交換していないために劣化したままでした。

 

 よく見ると、途中から既に板金が巻かれている箇所が一部ありました。しかし樋隠しを支える金具や、雨樋の支持金具は築年数なりの状態ですので、錆びも見えて(写真右)おり、いつ機能しなくなるか分からない状態です。台風時や強風に煽られ樋隠しが飛散したなどのお問合せも弊社では多くございます。あまり年数が経過している建材は全く同じものが取り寄せられない事や、雨樋も既に生産されていない物で、全て新しくしなくてはならないなど、急な出費に繋がる事も多いために何かしら屋根工事を行う時は樋隠しや雨樋も同じくリフォームを考えておくと良いでしょう。(雨樋工事の流れはこちら。)

 私達、街の屋根やさんでは今回の様な破風板金巻き工事も多く施工実績がございます。同様な事でお悩みであればお気軽にご相談ください。

 まだまだ気を抜けない新型コロナウイルスの影響もございますが、街の屋根やさんでは対策を講じて引き続き現場対応をさせて頂いております。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨漏りしにくく経済的な切妻屋根、三角屋根のメンテナンスを徹底解説
雨漏りしにくく経済的な切妻屋根、三角屋根のメンテナンスを徹底解説
 現在では太陽光発電を数多く載せられる片流れ屋根や招き屋根と言った形状の屋根が増えてきましたが、それでも新築の4割以上は屋根の中でも最もシンプルな形状である切妻屋根が占めています。切妻屋根というといささか専門用語過ぎて、分からない方も多いとは思いますが、街中で最も目にすることができる三角屋根と言えば…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなとこ…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      藤沢市のその他のブログ

      2020/11/6 藤沢市本藤沢でパラペットに使用された瓦の点検、銅線のは切れやすくなるので交換しましょう
      藤沢市本藤沢でパラペットに使用された瓦の点検、銅線のは切れやすくなるので交換しましょう

       藤沢市本藤沢にお住いになられているT様のお宅の屋根を点検いたしました。築30年以上が経過した屋根の点検になります。屋根の周囲が立ち上がってある形状になっており、その天端には瓦が使用されておりました。天端の部分は雨漏りに繋がる可能性が高いことから、何かしらの材料を被せて雨水が侵入しないように造られております。屋根の周囲の立上りはパラペットと呼ばれており、天端には瓦以外にも板金や...続きを読む

      2020/09/25 藤沢市湘南台にて訪問業者に指摘されたという化粧スレートの傷みは想像以上に拡がっておりました
      藤沢市湘南台にて訪問業者に指摘されたという化粧スレートの傷みは想像以上に拡がっておりました

       藤沢市湘南台にお住まいのK様より、とある日に訪問業者に屋根がはずれそうだと指摘を受けたとの事で街の屋根やさんへ訪問業者の話はそのまま受け取れず不安だったために、屋根の点検調査をしてほしいとご相談がございました。築30年近く経過し今までに屋根のメンテナンスは塗装を一度されていたそうです。現地に伺い指摘されたと言われる屋根の状態はどうなのかしっかりと点検調査させて頂きます。  ...続きを読む

      2020/07/19 藤沢市片瀬にて築40年ノーメンテナンスの日本瓦屋根、棟に使用される漆喰は定期的なメンテナンスしましょう
      藤沢市片瀬にて築40年ノーメンテナンスの日本瓦屋根、棟に使用される漆喰は定期的なメンテナンスしましょう

       藤沢市片瀬にお住まいのI様より、瓦屋根のメンテナンスを考えているがどのようなメンテナンスが一番自宅にとって良いか調査してほしいとご相談がございました。  お話をお伺いいたしますとI様邸は築40年以上経過しており、瓦屋根だから大丈夫だろうとの事で一度も足場を架けて等のメンテナンスをした事がなかったそうです。今回はしっかりと屋根全体の点検をさせて頂き、I様にお住まいの現状をご報...続きを読む

      2020/07/5 藤沢市藤沢にて瓦屋根がずれていると指摘されたお住まいの点検調査、棟の漆喰が剥がれており棟取り直し工事が必要です
      藤沢市藤沢にて瓦屋根がずれていると指摘されたお住まいの点検調査、棟の漆喰が剥がれており棟取り直し工事が必要です

       藤沢市藤沢にお住まいのI様より「庭先に屋根の瓦の一部が落ちているようなので、一度点検調査をしてほしい。」とご相談を頂きました。築30年以上経過し、屋根に関しては一度もメンテナンスをされていなかったそうです。昔ながらの瓦はメンテナンスをしなくても良いと思われていらっしゃったようですが、どんな屋根材も必ずメンテナンスが必要な箇所がございます。  庭先に落ちていたのは、果たして屋...続きを読む

      2020/07/3 藤沢市川名にてトップライトからの雨漏りはコーキングと本体の経年劣化が原因でした
      藤沢市川名にてトップライトからの雨漏りはコーキングと本体の経年劣化が原因でした

       藤沢市川名にお住まいのM様より、三階建ての屋上に設置してあるとトップライト周辺から強風を伴う降雨時にのみ雨漏りしておりどう対処していいか適切な工事を提案してくれる業者さんを探しているとの事でご相談を頂きました。  現地にお伺いしお話をお聞きしますと、雨漏りはどうやら数年前から始まっておりその都度出来る範囲で室内から漏れているであろう箇所にコーキングを打って凌いでいたそうです...続きを読む

      2020/06/21 藤沢市湘南台にて塗装でのメンテナンスが無駄になってしまう化粧スレートの調査を致しました
      藤沢市湘南台にて塗装でのメンテナンスが無駄になってしまう化粧スレートの調査を致しました

       自宅の屋根を遠目から見る機会があり、その時に見た屋根の一部が無くなっている、消えているように見えたので屋根の点検調査をしてほしいと藤沢市湘南台にお住まいのY様よりご相談を頂きました。まだ築12年前後、数年前に外壁塗装のメンテナンスはされていたそうですが、屋根塗装までしたか覚えていないとの事でした。さっそく現地に伺い屋根に上がらせて頂き「無くなっている、消えているように見えた」...続きを読む

      2020/06/18 藤沢市石川にて訪問業者に指摘された屋根の経年劣化、今すぐ屋根工事が必要なのかを調査し不安を解消致します
      藤沢市石川にて訪問業者に指摘された屋根の経年劣化、今すぐ屋根工事が必要なのかを調査し不安を解消致します

       藤沢市石川にお住まいのK様より、街の屋根やさんへご相談がございました。訪問業者に地上から見てすぐにわかるほど屋根が劣化していて、早急に屋根工事をしたほうがいいと言われて不安になってしまったとの事でした。訪問業者の言う事をすぐに聞いても大丈夫かどうかという考えもあり、一度屋根の総点検をしてほしいとのご要望でした。  K様の不安になられている事を解消すべく屋根調査をさせて頂きま...続きを読む

      2020/06/6 藤沢市大庭にて竪樋(たてどい)から水が漏れている原因を調査します
      藤沢市大庭にて竪樋(たてどい)から水が漏れている原因を調査します

       本日は藤沢市大庭にお宅で、2階から降りてきている竪樋がはずれたようになってそこから雨が降るたび雨水が直接地面に流れ落ちるようになってしまっているとのことで、どんな様子か調査致しました。  まだ築12年ほどとお伺いしておりますので、そこまで樋自体には不具合はでなそうですが、調査致しました。  現在コロナウィルスの影響が続いており不安な毎日が続きますが、お伺いする街の屋根やさ...続きを読む

      2020/05/25 藤沢市遠藤にて強風によりスレート屋根が破損、屋根葺き替え工事の着工までにこれ以上傷まないよう養生を行いました
      藤沢市遠藤にて強風によりスレート屋根が破損、屋根葺き替え工事の着工までにこれ以上傷まないよう養生を行いました

       本日は藤沢市遠藤にて屋根葺き替え工事着工までの間に、今以上屋根の傷みが広がらないように「養生」を行った時の様子を紹介します。  屋根葺き替え工事を行うことになったきっかけは強風によりアンテナが倒れていざ調べてみたら想像以上にスレート屋根に傷みが広がっていました。小屋裏に湿気が溜まりやすい構造になっており、野地板から室内の吹き抜け天井まで10センチほどしかなかった建物でした。...続きを読む

      2020/05/23 藤沢市打戻にてガレージに設置されている雨樋が車にぶつけられ破損、部分交換にて対応可能です
      藤沢市打戻にてガレージに設置されている雨樋が車にぶつけられ破損、部分交換にて対応可能です

       道路に面しているガレージに設置してある雨樋、二階から落ちてきている竪樋がおそらく車にぶつけられ割れて破損してしまった事がきっかけで藤沢市打戻のH様より調査の依頼を頂きました。敷地内なのですが、塀が設置してあるわけではないために何回か今までも破損したりしていたそうです。さっそく現地にお伺いさせて頂きます。  現在コロナウィルスの影響が続いておりますが、街の屋根やさんでは対策を...続きを読む

      2020/05/22 藤沢市長後にて築40年経過したアパートの屋根調査、瓦棒葺きのトタン屋根が一面パコっとめくれている場合は葺き替え工事が必要です
      藤沢市長後にて築40年経過したアパートの屋根調査、瓦棒葺きのトタン屋根が一面パコっとめくれている場合は葺き替え工事が必要です

       藤沢市長後にて築40年以上は経過しているアパートの屋根が強風により飛散した事がきっかけで弊社にお問い合わせを頂きましたので、本日はその様子をお伝えいたします。  こちらの賃貸アパートのオーナー様が遠方から来られており、現地にて初めて屋根を見たときはびっくりされていたそうです。確かに今まで何もメンテナンスなど屋根だけはしてこなかったが、こうなってしまうとはと驚かれておりました...続きを読む

      2020/05/18 藤沢市今田にて強風で隣地の瓦が落ちてきてしまった影響で下屋根の一部が割れてしまい下地が傷んでおりました
      藤沢市今田にて強風で隣地の瓦が落ちてきてしまった影響で下屋根の一部が割れてしまい下地が傷んでおりました

       藤沢市今田にある下屋根と呼ばれる一階の屋根にあたる部分の工事を検討しているとの事で調査依頼を頂きました。  以前大屋根である二階の屋根は金属屋根で葺き替え工事をされていたそうですが、一階の屋根に関してはその時は見送っていたそうです。 ではどのような状態か確認してみます。   下屋根部分は屋根工事時に見過ごされがちです    玄関の上から奧に...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      藤沢市の施工事例一覧

      藤沢市長後にて令和元年東日本台風の影響で空き家にしている屋根の棟板金が飛散、近隣への二次被害を防ぐ為部分的な棟板金交換工事を行いました

      【施工内容】
      棟板金交換

      ガルバリウム鋼板製 棟板金

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      聞き馴染みのない部材「トユ」の役割とメンテナンス方法は?

      聞き馴染みのない部材「トユ」の役割とメンテナンス方法は?

       皆さんは「トユ」「トヨ」が何を指しているのかご存じでしょうか?おばあちゃんやお...続きを読む

      大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました

      大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました

       大和市下鶴間にお住まいのN様より、ここ数字の強風で雨樋が壊れて庭に落ちてしまっ...続きを読む

      葉山町堀内でバルコニーの下から水漏れ、原因は落ち葉による雨樋の詰まりにありました

      葉山町堀内でバルコニーの下から水漏れ、原因は落ち葉による雨樋の詰まりにありました

       「雨が降ったときにバルコニーの下から水が漏れてくる」とお悩みのご相談がございま...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      逗子市久木にてベランダ下にある傷んでしまっていた瓦棒葺きの下屋根へガルバリウム鋼板を使用しカバー工事を行いました
      逗子市久木にてベランダ下にある傷んでしまっていた瓦棒葺きの下屋根へガルバリウム鋼板を使用しカバー工事を行いました
      施工内容
      屋根カバー工法,破風板板金巻き工事,雨樋工事
      築年数
      45年
      使用材料
      JFE鋼板 和みFIT

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン