屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 鎌倉市関谷にて強風により化粧スレートが庭先に落下、よく見ると.....

鎌倉市関谷にて強風により化粧スレートが庭先に落下、よく見ると塗装が無駄になってしまうニチハのパミールでした

更新日:2020年6月11日

 鎌倉市関谷にお住まいのF様より、台風直後に屋根材がどさどさ落ちてきたので至急見て欲しいとの事で、屋根調査のご依頼を頂きました。

 築年数は12年程で、まだ外装のリフォームはしていないとのことでした。現地にてまずは屋根材が落ちている場所を確認してみます。

 

落下していた屋根材は塗装が無駄になってしまうニチハのパミールでした

釘頭が錆びるパミール

 

 こちらはまだ落ちていた屋根材の一部ですが、それでも相当な量落ちてきてしまっています。屋根材の下には防水紙が敷いてあるとはいえ雨漏りが心配になってしまいますね。この化粧スレート、ニチハのパミールと呼ばれるノンアスベスト化粧スレートです。

 特徴として野地板に固定する釘の頭が錆びてしまい屋根材が固定できなくなる事や、表層剥離が起きて塗装してもすぐに塗膜が剥がれてしまい、せっかくの塗装工事が無駄になってしまう事があげられます。パミールが使われていたら、分かった時点で雨漏りに繋がる前に屋根工事が必要です。

 

どうやら中腹あたりの屋根材が何枚も落下していたようです

梯子を架け屋根の調査 屋根の真ん中ほどから屋根材が落下していたようです

 

 屋根にあがると複雑な形状をしていたことが分かります。また下屋根もありトップライトもあり、屋根の専門家からすると将来メンテナンスを怠ってしまうと雨漏りに繋がる所が多い屋根と分かります。思ったほど表層剥離はありませんが、屋根材の端部はやはり表層剥離が起きており、雨水を吸い込んで小口と呼ばれる屋根材の重なる部分が黒く変色し、ダメージを負っているのが分かります。では屋根材を近くで見てみます。

 

釘頭が錆びるパミール 小屋裏が雨漏りしていないか確認

 

 写真左は釘頭が錆びてしまい、運よく屋根に残っているパミールです。通常は屋根材が重なっていて釘がうちこんである所は見えませんが、はっきりと確認できます。

 屋根の調査時にパミールと分かっていると、このようにいつ屋根の上を移動している時に屋根材が落下するか分かりませんので、パミールが使われた屋根の調査はいつも以上に神経を使います。今回は釘頭が錆びて固定力が低下している所に吹きあがりが強い台風がぶつかった事が重なり、庭先に落下してしまったと思われます。また最後に屋根裏を確認しましたが、白カビや雨漏りしている様子もないことから、工期も短くでき廃材処分費も抑えられる屋根カバー工法をご提案いたしました。

 雨漏りしていると葺き替え工事しか選択肢がありませんが、どんな屋根材が使われていても野地板がしっかりしているならば、軽量な金属屋根などを用いる屋根カバー工法がお勧めです。

 私達、街の屋根やさんはパミール屋根に関して熟知しております。この状態では葺き替え工事がいいか、カバー工法でも問題なくいいか、また脆弱な屋根の為にルーフィングは何を選べばいいか。お客様のご要望を取り入れながらご提案させて頂きます。

 現在未だ不安が消えないコロナウィルスの影響下にあり不自由な毎日が続きますが、街の屋根やさんではお問い合わせを頂いたお客様宅へ訪問する際に対策を講じております。リフォームのお悩みも安心してご相談ください。詳しくは「新型コロナウィルス対策について」をご覧ください。

 

 

屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介
ニチハパミールの問題。今後のメンテナンスが不安な方へ、5つの解決策をご紹介
 屋根材が何層にも渡って剥離し、ミルフィーユのようになってしまい、最終的には剥がれて崩れ落ちていく… そんな悪夢のような光景を各地で起こしているのがニチハの屋根材「パミール」です。普通のスレート屋根材よりもはるかに短い時間で屋根材としての機能を喪失してしまう「パミール」のメンテナンス方法をご紹介しま…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      鎌倉市のその他のブログ

      2021/06/17 鎌倉市西鎌倉で外れかかった棟板金の調査、スレート屋根の塗膜も劣化しておりました

       鎌倉市西鎌倉にお住いのY様は、訪問業者に「屋根の板金が外れかかっている」と指摘されたことがきっかけとなり、街の屋根やさんに点検のお問い合わせを頂きました。お住いは築20年程が経過しており、数年前に塗装メンテナンスをした際は屋根の総点検も行っていたため、最初は訪問業者の指摘もさほど気にならなかったそ...続きを読む

      2021/06/8 鎌倉市長谷にてスレート屋根の調査、塗膜が激しく劣化して苔や藻が繁殖しておりました

       鎌倉市長谷にお住まいのI様は、同じ時期に建てられたご近所が屋根工事を行った際に、屋根が同じような劣化具合であると指摘されたことがきっかけで、街の屋根やさんに補修のお問い合わせを頂きました。屋根にはスレートが使用されているとのことで、表面の塗膜が劣化していると考えられます。「雨漏りが起きる前に屋根の...続きを読む

      2021/06/1 鎌倉市津西で棟板金の外れかかった屋根の調査、貫板が一部落下しておりました

       鎌倉市津西にお住いのK様は、ご近所の方に「屋根の一部が外れかかっている」とご指摘を受けたことがきっかけで、街に屋根やさんに点検のご相談を頂きました。外れかかっているというのは棟板金のことで、屋根の面が合わさる部分を覆って雨の侵入を防止する部位です。棟板金の不具合を放置してしまうと、飛散や雨漏りの発...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      鎌倉市のその他の施工事例

      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      40年
      使用材料
      コロニアルクァッド 
       (アイリッシュグリーン)

      その他の施工事例一覧→

      屋根カバー工法を行った現場ブログ

      2021/06/19 横浜市泉区中田西のお住まいでは屋根塗装時の縁切り作業が不十分で、屋根材のスレートが水を吸って変色してしまっていました

        横浜市泉区中田西にお住まいのW様より屋根調査のご依頼を頂きました。4年前に塗装した屋根が、白っぽく見えるようになってきたので不安になり、街の屋根やさんにお問い合わせくださいました。調査のため屋根に上らせていただくと、黒で塗装されたと思われる屋根が、色落ちとは違う変色の仕方をしているよう...続きを読む

      2021/06/12 横浜市磯子区森が丘で屋根カバー工事、釘が抜けていなくても撤去した貫板は傷んでおりました

       横浜市磯子区森が丘にお住いになられているI様のお宅では、現在屋根カバー工事を行っております。屋根カバー工事とは、既存の仕上がっている屋根材の上から新しいルーフィング(防水紙)と新しい屋根材を重ねるように取り付けていく工法です。この屋根カバー工事では、屋根全体のメンテナンスを行うことになりますので、...続きを読む

      2021/06/11 横浜市泉区下和泉にてパミール屋根の調査、表面の層間剝離が激しい状態でした

       横浜市泉区下和泉にお住いのY様より、「屋根の様子がおかしいので調査をお願いしたい」とのご依頼を頂きました。どうやら遠くからご自宅を眺めたときに、屋根全体の表面が浮いているように見えたことがきっかけとなったそうです。築12年が経過しており、まだ雨漏りなどの不具合は発生していないとのことでしたが、状況...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根カバー工法を行った施工事例

      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      18年
      使用材料
      スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)
      施工内容
      屋根カバー工法
      築年数
      15年
      使用材料
      オーウェンスコーニング オークリッジスーパー
      色:エステートグレー

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる