屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > ブログ > 大和市福田にて台風シーズンの強風被害、貫板の腐食による棟板金.....

大和市福田にて台風シーズンの強風被害、貫板の腐食による棟板金の飛散は棟板金交換工事で備えましょう

更新日:2020年10月2日

 大和市福田にお住まいのM様より「数日前の強風が吹いた日に屋根から板が落ちてきた。屋根の状態が気になるので調査をしてほしい。」と街の屋根やさんへご相談がございました。

 さっそく屋根点検調査に訪問させて頂き、お住まいの事をお伺いしていると築25年近く経過しているが外装のリフォームは何もしていないとの事でした。少し離れてみてみると使われている屋根材は化粧スレートです。塗装でのメンテナンスが必要な屋根材となります。

 落ちていた板と仰られていたものは屋根の雨仕舞として使われる棟板金でした。さっそくどの程度の傷みなのか屋根に上がり調査を始めます。

 未だ続いているコロナ禍において、街の屋根やさんでは必要な対策を講じて引き続き現地対応にあたらせて頂いておりますのでご安心ください。

 

庭先に落ちていたのは板みたいなものは棟板金でした

落下していた棟板金 複雑な形状の多面体屋根

 

 屋根に上がる前に確認できたのは写真左のグレーの棟板金でした。ガレージ周辺に落ちていたそうでM様が集めて置いたそうです。しかし地上から見える屋根には棟板金が飛散している箇所は確認できませんでしたので、さっそく屋根に上がって見ます。M様邸の屋根は谷樋もある複雑な形状をしている多面体の屋根でした。化粧スレート表面のカビや黄色く苔が多く生えている様子を見ると相当前から傷みが進んでいると思われます。移動しようにも塗膜が劣化しズルズルと踏ん張りが効かない状態です。

 

下地である貫板も割れており化粧スレートも一緒に破損しておりました

棟板金が飛散した様子

 

 頂点から反対側を見てみると、飛散している箇所が確認できました。棟板金は写真の様に、屋根面に一本ずつ取り付けてあります「貫板」と呼ばれる下地木に棟板金を釘で打ち付けて固定しており、雨水が建物内に入らないように雨仕舞をしてあります。しかし、永久に使用できるわけではありません。メンテナンスが必要です。化粧スレートは雨水を吸わないように塗膜を作る為に塗装でのメンテナンスが必要ですが、木材の腐食は交換するしかありません。棟板金が飛散した原因は強風に吹かれた事は要因であり、原因は腐食した貫板にありました。

 

釘浮きの様子 板金の継ぎ目に打たれているシーリングの劣化からも雨漏りに繋がります

 

 見る限り早急に修繕が必要です。屋根にまだ残っている棟板金を見ますと、固定する為に打ち込まれている釘が浮いており錆が出ているのが確認できます。これでは強風が吹かなくとも近い将来に飛散してしまう可能性があります。また、棟板金は全て一枚で出来ているわけではなく、何枚も重ねていくものです。重ねて取り付けていく際や、板金同士がぶつかる継ぎ目は隙間が必ず出来るためにシーリングで雨水が入らないようにしておりますが、そのシーリングも紫外線の影響や外的要因により必ず切れたり割れたりしてしまいます。築が浅いうちは気づいた時や塗装工事時にシーリングを新しく充填すればいいのですが、ここまでになりますとそうは参りません。

 今回は先々の事もあり、予算も限られているとの事で棟板金交換工事のご提案となりました。

 本来築20年以上経過し、外装リフォームをされていないのであれば足場を架けての屋根全体の工事が必要なケースがほとんどです。見える部分だけではなく今回の棟板金が飛散してしまったように見えない部分の劣化が被害を招く事もあります。屋根材の下にあるルーフィングにも耐用年数が決まっています。

 私達、街の屋根やさんではお住まいごとに違ってくる経年での傷みもしっかりとした調査を行い、お客様にご報告させて頂いております。屋根工事で迷ったらぜひ街の屋根やさんへお任せください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事の種類
屋根工事の種類
皆さまの屋根は大丈夫でしょうか?みなさん自分の住宅の屋根に上ったことがあるでしょうか?殆どのみなさんは上った事がないのが普通ではないでしょうか?なぜなら、まず屋根に上るだけも危険ですし、せっかく上ってみても屋根に関しての専門知識ががなければ状態を判断する事は難しいでしょう。わたしたちはこれまで10,…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
大型台風に接近!|屋根修理・台風被害大丈夫ですか?
台風対策に向けたお住まいのチェックポイント!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください!実際の台風被害の様子【台風被害例1:軒天の破損】軒天のモルタルが剥がれてしまった例です。台風の強風で、弱っている部分は破壊されてしまいます。補修…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      大和市のその他のブログ

      2020/10/23 大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした
      大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落ちて庭先に置いてある。自宅の物かどうかも分からない状態なので一度屋根調査をして、もし自宅の物であれば修理を依頼したいとのご相談を頂きました。  K様邸は築20年以上経過されておりましたが、今までに足場を架けての外装リフォームはされた事がないとの事でした。この機会に必要な修繕があればそれも教えてほし...続きを読む

      2020/10/8 大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました
      大和市下鶴間にて強風の影響で経年劣化していた軒樋が破損し庭先に落ちてしまっておりました

       大和市下鶴間にお住まいのN様より、ここ数字の強風で雨樋が壊れて庭に落ちてしまっているので、一度見に来てほしいと点検調査のご依頼がございました。  N様のお住まいは綺麗な青緑瓦が使われている屋根でしたが、今までに屋根に関するメンテナンスは一度もされていないそうです。現地に伺いどの部分が壊れてしまっているかを確認してみる事に致します。  未だコロナ禍にありますが、街の屋根やさ...続きを読む

      2020/09/11 大和市桜森にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりました
      大和市桜森にて強風被害、棟板金が飛散し貫板も屋根上に散乱してしまておりました

       大和市桜森にお住まいのN様よりとある最近続いた強風で夜中屋根から大きな音がしたので、一度屋根に異常がないか確認と同時に点検もしてほしいとご相談を頂きました。  N様邸は築20年以上経過し、今まで屋根は塗装のメンテナンスを一度されていたそうです。ただ、塗装のメンテナンスはしたが棟板金などのいずれ交換しなければならない部分の屋根工事は一度もされていなかったとの事でした。それでは...続きを読む

      2020/08/23 大和市桜森にて強風により貫板を残したまま棟板金が飛散してしまいました
      大和市桜森にて強風により貫板を残したまま棟板金が飛散してしまいました

       大和市桜森にお住まいのI様より、「最近の強風で、どうやら自宅の屋根のどこかの金属が飛散したようだ。心配なので一度屋根を見てほしい。」とご相談を頂きました。  築30年近く経過しており、塗装のメンテナンスをしたことがあるとI様。しかし屋根工事はした記憶がないとの事ですので、現地にお伺いししっかりご不安事を取り除けるように点検調査をさせて頂きました。  未だコロナ禍において不...続きを読む

      2020/07/28 大和市西鶴間のあちこちが傷んでいた建物は、雨漏りが発生しておりました
      大和市西鶴間のあちこちが傷んでいた建物は、雨漏りが発生しておりました

       築年数の経過した建物は徐々に傷んだり劣化していきます。特に外部に晒されている部分は、雨風や紫外線の影響を受けやすいので室内と比べると、傷みや劣化の速度が速い傾向があります。大和市西鶴間にお住いになられているF様のお宅では、築40年日近くが経過しておりますが、これといったメンテナンスを行っては来なかったそうです。大和市西鶴間F様のお宅にお伺いしてみると、確かに建物の造りや使用し...続きを読む

      2020/07/8 大和市下鶴間で板金屋根の調査、表面の塗膜が剥がれて錆び出しておりました
      大和市下鶴間で板金屋根の調査、表面の塗膜が剥がれて錆び出しておりました

       大和市下鶴間にお住いになられているF様より「家の屋根がボコボコになってきた」とご不安なご相談がございました。これまでに塗装でメンテナンスを行ってきてはいたものの、最近はメンテナンスをされていなかったとのことでした。どうやら板金の屋根のようで錆びている箇所もあるようです。街の屋根やさんでは、既存の屋根材を活かしたメンテナンスも、新しい屋根材を使用したメンテナンスも承っております...続きを読む

      2020/07/4 大和市上草柳にて雨漏り調査、雨漏りは屋根からだけではなく外壁からも起こりえます
      大和市上草柳にて雨漏り調査、雨漏りは屋根からだけではなく外壁からも起こりえます

       大和市上草柳にお住まいのI様より、一階室内天井や壁のクロスが剥がれており雨漏りしていると思うので原因特定してほしいと点検調査のご依頼を頂きました。I様邸は20年前後経過しており今まで一度も外装のリフォーム、メンテナンスはされていないとの事でした。I様は雨漏りは屋根からではないかとお考えとの事でしたのでまずは屋根から見させて頂き原因究明の為に調査させて頂きます。  未だにコロ...続きを読む

      2020/06/21 大和市上和田で雨樋の破損、雨樋は風の影響を受けやすい部材です
      大和市上和田で雨樋の破損、雨樋は風の影響を受けやすい部材です

       「雨樋が壊れた」とお困りのご相談がございましたのは、大和市上和田にお住いになられているA様のお宅からでした。雨樋はほとんどの住宅で建物外側に取り付けてあります。そのため強風や台風発生時の風の影響を受けやすく、破損して飛ばされたり落下したりすることの多い建築資材です。大和市上和田A様のお宅にお伺いしてお話を聞いてみると、やはり台風のときに破損したとのことでした。新型コロナウイル...続きを読む

      2020/06/7 大和市上草柳にて経年劣化で腐食してしまった貫板の影響で棟板金が飛散、棟板金交換工事が必要です
      大和市上草柳にて経年劣化で腐食してしまった貫板の影響で棟板金が飛散、棟板金交換工事が必要です

       大和市上草柳にお住まいのT様よりご相談がございました。とある朝、玄関を出ると屋根の一部と思われる物が落ちているとの事でした。ただし、自宅の物かどうかは目視で分からないので一度屋根点検調査をしてほしいとの事でした。さっそく現地に伺い落ちていた屋根の一部と思われる物は何かを調査致しました。   飛散していた棟板金には釘がそのまま残っており危険です  ...続きを読む

      2020/05/31 大和市桜森で折り曲げた板金を使用して、変わった板金屋根を造っております
      大和市桜森で折り曲げた板金を使用して、変わった板金屋根を造っております

       大和市桜森にあるマンションの屋根が台風により破損しました。ひし形に造られた板金屋根材を繋ぎ合わせて造られた屋根が風によって剥がされてしまいました。使用している屋根材を変えたり、そもそも屋根の仕上がり自体を変更したりと改修内容の打合せを重ねて参りましたが、住人の皆さんの希望は破損部分の屋根補修工事が望ましいということで、既存の同じ形をした屋根材を制作して、破損部分の復旧を行うこ...続きを読む

      2020/05/17 大和市渋谷のマンションで起こった雨漏りの原因を、散水試験を行って特定することが出来ました
      大和市渋谷のマンションで起こった雨漏りの原因を、散水試験を行って特定することが出来ました

       先日雨漏り調査を行った大和市渋谷のマンションで、雨漏りの原因を特定するために散水試験を行いました。原因不明の雨漏りということで調査にお伺いしました。先日の調査では、外壁、コーキング部分、サッシの継ぎ目が雨漏りが起こりそうな箇所であることが分かりました。今回は実際に水圧を当てて雨漏りに繋がる箇所がどこなのかを特定します。高圧洗浄機を使用して水圧を出して、それぞれに当てていきます...続きを読む

      2020/05/16 大和市渋谷のマンションで雨漏り発生、原因の特定に散水試験が必要です
      大和市渋谷のマンションで雨漏り発生、原因の特定に散水試験が必要です

       大和市渋谷にあるマンションのオーナー様より「天井から雨漏りが起こっている」とお困りのご相談がございました。以前にも雨漏りが起こったことあったそうで、雨が降る度に起こる訳ではないそうですが、ときどき雨漏りが起こるそうです。先日の大雨の際に滴る水量の多い雨漏りが発生したため、お困りになって調査のご依頼がございました。マンションは2階建て部分の1階で起こっており原因は不明とのことで...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      大和市の施工事例一覧

      大和市下鶴間にて強風の影響で棟板金を固定する釘が外れ飛散しそうになっていた為に棟板金交換工事を行いました

      【施工内容】
      棟板金交換

      ヨネキン グレー

      大和市中央林間で傷んだスレート屋根のメンテナンス、オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)へ屋根カバー工法

      【施工内容】
      屋根カバー工法

      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

      大和市下鶴間で令和元年東日本台風の影響でズレたセメント瓦を、棟瓦取り直し工事で元に戻しました

      【施工内容】
      棟瓦取り直し

      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      横浜市泉区緑園にて強風で飛ばされたと見られた棟板金の本当の原因は塗装工事の際に不必要なシーリングにありました

      横浜市泉区緑園にて強風で飛ばされたと見られた棟板金の本当の原因は塗装工事の際に不必要なシーリングにありました

       最近の強風で屋根の一部が飛んだとの事で修繕の為の点検調査を、横浜市泉区緑園にお...続きを読む

      横浜市保土ヶ谷区仏向町でスレート屋根の点検、棟板金とスレートの隙間にコーキングが打たれてました

      横浜市保土ヶ谷区仏向町でスレート屋根の点検、棟板金とスレートの隙間にコーキングが打たれてました

       「過去に補修した棟板金が気になる」とのことで、横浜市保土ヶ谷区仏向町にお住いに...続きを読む

      大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

      大和市大和南にて強風により棟板金と下地木である貫板が飛散しており早急な棟板金交換工事が必要な状況でした

       大和市大和南にお住まいのK様より、最近の台風や強風時だと思うが屋根から木材が落...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      横浜市旭区西川島町で、スレートと一緒に傷んでいた棟板金の交換工事を行いました
      横浜市旭区西川島町で、スレートと一緒に傷んでいた棟板金の交換工事を行いました
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      22年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック
      相模原市緑区橋本にて台風後の屋根点検で棟に浮きが見られ棟板金交換工事を実施
      相模原市緑区橋本にて台風後の屋根点検で棟に浮きが見られ棟板金交換工事を実施
      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      使用材料
      ガルバリウム製棟包み

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン