屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > 施工事例 > 中郡大磯町大磯で経年で隙間ができてしまったセメント瓦屋根の漆.....

中郡大磯町大磯で経年で隙間ができてしまったセメント瓦屋根の漆喰補修と瓦の差し替え

更新日:2020年4月5日

【施工前】
隙間ができてしまった棟の取り合い

【施工後】
漆喰で棟の隙間を補修

築年数築32年

施工期間1日

使用材料強力なんばんしっくい

費用詳しくはお尋ねください

保証お付けしておりません

ハウスメーカーご親戚の工務店

漆喰詰め直し

【お問い合わせのきっかけ】


担当:白石


 台風通過後、屋根を点検してみたら「瓦がズレているように見えた」という中郡大磯町大磯のお客様です。その点検中に瓦が1枚なくなっていることも発見したそうです。令和元年房総半島台風は大磯町に直撃しなかったものの、海に近くもともと風が強い地域なのでさぞかし強風が吹いたのではないでしょうか。瓦がズレるような被害があっても、おかしくはありません。
 点検を行ったところ、確かにお客様がおっしゃる通り、瓦が1枚だけなくなっていました。それよりも問題なのは隅棟の方で、棟全体が下の方にずれている状態です。恐らく経年で下地が傷み、棟の重みに耐え切れず、全体的に下にずれてしまったのでしょう。棟瓦のずれたところから雨水が浸入しますとさらにずれが酷くなるので、漆喰で補修することにしました。
 台風通過後、屋根を点検してみたら「瓦がズレているように見えた」という中郡大磯町大磯のお客様です。その点検中に瓦が1枚なくなっていることも発見したそうです。令和元年房総半島台風は大磯町に直撃しなかったものの、海に近くもともと風が強い地域なのでさぞかし強風が吹いたのではないでしょうか。瓦がズレるような被害があっても、おかしくはありません。
 点検を行ったところ、確かにお客様がおっしゃる通り、瓦が1枚だけなくなっていました。それよりも問題なのは隅棟の方で、棟全体が下の方にずれている状態です。恐らく経年で下地が傷み、棟の重みに耐え切れず、全体的に下にずれてしまったのでしょう。棟瓦のずれたところから雨水が浸入しますとさらにずれが酷くなるので、漆喰で補修することにしました。


担当:白石


点検の様子~台風後のセメント瓦屋根の状況

飛散してしまった瓦 隙間ができてしまった棟

 屋根を眺めて見ると瓦が1枚なくなった部分があるだけで、それほどダメージを受けていないようにも見えますが、問題は隅棟にありました。大棟との間に隙間ができてしまっています。こういった隙間は漆喰などで塞がれているのですが、なくなってしまっています。これでは棟の中に雨水が入りたい放題です。

 

隙間ができてしまった逆側の棟 棟の頂点はほぼ隙間ができている

 他の部分の隅棟も同様に大棟との隙間ができています。元々、設置されていただろう瓦が飛散してしまったことで、大棟と隅棟の隙間が拡がってしまった部分もありました。どうも下地が傷んでいるらしく、棟全体が下の方へずれてしまっているようです。これをしっかり直すとなると、屋根葺き直しが選択肢となるのですが、屋根材がセメント瓦ですのでこちらがそろそろ耐用年数となります。残すは屋根葺き替えとなるのですが、そう遠くないうちにお家を解体することも考えているので、余計な費用は掛けたくないということでした。今回は漆喰で棟周辺の隙間を塞いで応急処置とします。

 

施工の様子~セメント瓦屋根の漆喰補修

瓦の差し替え 中古の瓦

 まずは飛散してしまった平場の瓦を直してしまいましょう。直すといってもこのご時世、令和元年房総半島台風で多くの瓦屋根が被災してしまったため、瓦は一気に貴重品となってしまいました。倉庫に保管しておいたセメント瓦を使用して差し替えたのですが、あいにくとまだら模様が付いたものしか残っていませんでした。申し訳ございませんが、こちらで我慢してもらうしかありません。

 

棟の隙間 漆喰を詰める

 問題の大棟と隅棟の隙間が開いてしまっているところに漆喰を詰め、雨水が入らないようにしていきます。ここから雨水が入ってしまうと棟内部に浸入し、熨斗瓦の土台となっている葺き土を流してしまうので、余計に棟が下がっていくことになります。

 

冠瓦がなくなっている 漆喰でカバー

 この部分はおそらく、斜めにカットした冠瓦が被せられていたのでしょうが、漆喰の剥がれとともに無くなってしまったようです。冠瓦も手に入らない状況なので漆喰で全体的に覆ってしまいます。これでしばらくは雨水の浸入は防げるでしょう。棟がこれ以上ズレることもなくなります。

 

竣工、棟周辺の漆喰補修

漆喰補修完了

 隅棟などが重みに耐えられず、下の方に移動してしまうというのは大きな地震後や、古い家屋で見受けられます。それなりに結構なダメージを受けているはずなので、これからも長く住み続ける場合は大きな工事となってしまいますが、屋根葺き直しや屋根葺き替えを行った方がいいでしょう。今回のお施主様のお家は敷地も広く、棟瓦が落下しても近隣には被害が出ないような立地でした。住宅が隣接している地域でこのような病状が出た場合、ご近隣にご迷惑とならないうちに屋根リフォームをしてしまうことをお薦めします。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
瓦屋根を更に軽く!棟瓦の乾式工法で住宅の耐震性を向上
 近年建築されている住宅をみていると、瓦屋根のお住まいをほとんど見かけなくなったとしみじみ思います。代わりに多くのお住まいで施工されているのはスレート屋根材や金属屋根材等、薄く軽量な屋根材ばかりです。これらは住宅の耐震性を高める為の施工だと言われていますね。しかし屋根材を軽くしただけで住宅の倒壊を免…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法
 屋根材というと現在でも瓦というイメージが強いのか、どんな屋根材でも瓦と呼ばれがちです。スレート(カラーベスト・コロニアル)はスレート瓦と呼ばれますし、成型金属屋根材も金属瓦と呼ばれます。小さなピースを幾重にも並べて屋根を形成する屋根材の場合、そのような傾向が高いようです(トタンはトタン瓦と呼ばれな…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む
漆喰(しっくい)工事 
漆喰(しっくい)工事 
 瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。漆喰工事には大きく分けて2種類の工事がありま…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      施工内容
      屋根補修工事,棟瓦取り直し,漆喰工事,漆喰詰め直し,その他の工事
      築年数
      使用材料

      施工内容
      漆喰工事,漆喰詰め直し
      築年数
      築20年
      使用材料

      中郡大磯町と近隣地区の施工事例のご紹介

      施工内容
      その他の工事
      築年数
      築41年
      使用材料
      カラーベニヤ


      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      築32年
      使用材料


      同じ工事のブログ一覧

      鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

      2020/07/27 鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

       鬼瓦とは瓦屋根の棟の軒先部分に設置された役瓦です。名前に「鬼」が入っているため、きっと由来があるとお思いの方も多いと思いますが、古来から家を災いから守るという厄払いとして鬼瓦を屋根に設置するという文化がありました。  名前の通り鬼の面の鬼瓦もあれば、雲や家紋、植物などの装飾がされたものも存在しま...続きを読む

      部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

      2020/07/18 部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

       まだまだ高い人気を誇る瓦屋根ですが、瓦と一言で言っても様々な名称がつけられており、部位によって使う瓦が違うことはご存じでしょうか? 化粧スレートの場合、屋根材と板金(棟・ケラバ・軒先・谷)で屋根ができますが、瓦の場合は目視確認できる場所で板金を使用する部分は谷ぐらいでしょう。塗装が必要ない、錆びな...続きを読む

      海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

      2020/05/26 海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

       ご自宅の屋根に使用されている屋根材も、近年ではたくさんの種類が存在します。たくさんの種類が存在している中でも、瓦を使用している屋根はまだたくさんあります。海老名市社家にお住いになられているY様のお宅は、築30年以上が経過した建物で屋根も新築当初から同じ屋根材を使用しておりました。瓦といっても種類は...続きを読む

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン