屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 座間市座間で行った洋瓦屋根の点検、棟瓦の釘抜けと漆喰のひび割.....

座間市座間で行った洋瓦屋根の点検、棟瓦の釘抜けと漆喰のひび割れがありました

更新日:2019年8月7日

 「」と言ったら、日本瓦をイメージする方が非常に多いのではないでしょうか。しかし、近年では、洋瓦を用いたお洒落な洋風住宅も増えています。耐久性やデザイン性が高い洋瓦は人気のある屋根材の一つです。しかし、耐久性が優れているからと言って、メンテナンスが必要ないという訳ではありません。素材によっては、塗装が必要なものもあります。お洒落な洋瓦の屋根でも、劣化症状を放置してしまうと外観を損ねてしまいます。そのような事態にならない為には、屋根材にあった正しいメンテナンスを行うことが大切です。そこで今回は、洋瓦の特徴から種類、そのメンテナンス方法までご紹介致します。

洋瓦屋根の住宅

洋瓦屋根の点検の様子

座間市座間にお住いになられているO様より「自宅の屋根を見てほしい」と点検のご依頼がございました。雨漏りや破損などの不具合は起こってはいないものの、築15年とある程度の築年数が経過したとのことで点検の必要性を感じたそうです。座間市座間O様のお宅の屋根は瓦屋根ですが、洋風な瓦を使用した洋瓦屋根です。洋瓦も和瓦と同様に瓦以外の材料が使用されている屋根です。まずは屋根に上がって状況をは把握します。

洋瓦屋根の点検

 

棟瓦を固定している釘が抜けておりました

洋瓦の棟を固定している釘の抜け 洋瓦屋根使用している棟瓦の釘抜け

洋瓦の状態としてはまだまだ健在で割れている箇所もございませんでした。棟瓦を固定している釘が抜けていたり、抜けそうになっていたりする箇所が複数個見受けられました。棟瓦を固定する釘が抜けると、棟瓦は固定されなあくなりますので、簡単に外れてしまいます。釘が抜けそうになっている棟瓦も指が入り込むくらいグラグラな状態でした。固定力が低下した棟瓦は落下する危険性がありますのでメンテナンスが必要です。

 

棟の隙間に詰められている漆喰にひび割れが起こっておりました

釘が抜けた棟瓦を外します 漆喰がひび割れておりました

釘が抜けた棟瓦は簡単に取り外せます。棟瓦を取り外すと心木と呼ばれる釘を固定する際に下地となる木材がありました。心木は釘の固定以外にも棟瓦を綺麗に並べるためにも必要な木材です。心木の立上りには漆喰が塗られてありましたが、この漆喰も劣化傾向にあり、ひび割れが起こっている状態でした。洋瓦の棟の不具合やメンテナンスは、棟瓦取り直し工事を行うことで解消されます。街の屋根やさんでは、洋瓦を使用した屋根の部分的なメンテナンスも承っております。洋瓦を使用した屋根の部分的なメンテナンスは、街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

洋瓦ってどんな瓦?

 その名の通り、西洋由来の瓦全般を指します。当初は、西洋から輸入された瓦の事を指していましたが、現在では日本の気候に合わせて作られた国産の洋瓦も多数存在します。比較的カラフルなデザインが多い為、「住宅に個性を出したい!」「屋根のデザインにこだわりたい」とお考えの方には最適な屋根材だと思います。

和瓦と何が違うの?

洋瓦 和瓦

 大きな違いはやはり形状や色といった見た目の印象でしょう。緩やかな波形で、比較的シックな色の和瓦に対し、洋瓦は彩鮮やかで豊かなものがほとんどです。原料や製法はほとんど同じですが、日本の瓦は高温で焼かれるのに対し、洋瓦は比較的低温で焼かれているとも言われています。

洋瓦の種類

 冒頭でもご説明した通り、洋瓦には様々な種類があります。形状や主成分によって分類することができます。まずは形状別で見た2種類をご紹介します。

S形瓦
S形瓦 S形瓦  スペイン発祥の非常にユニークな形状をした瓦になります。Spanishの頭文字を取り、S形瓦と名付けられたそうです。オレンジや黄色といった、明るい色のものが多いので、屋根に取り入れることで南欧風の邸宅にすることが可能です。魅力的な見た目に惹かれて、屋根に取り入れる方もいらっしゃると思いますが、施工の難易度が高くなることを頭に入れておきましょう。

F形瓦
F形瓦 F形瓦  湾曲しているS形瓦に対して、F形瓦は平らで正方形に近い形をしています。フランス発祥の為、Frenchの頭文字からF形瓦と呼ばれているようにも思えますが、実はFlatのFなのです。凹凸があまりありませんので、すっきりとした見た目の屋根に仕上げることができます。また、重圧感を出すことも可能です。施工は比較的容易な為、短期間で屋根工事を行いたい方にもお薦めです。

 続いて、主成分で見た3種類をご紹介します。それぞれ耐久性やメンテナンス時期、その方法は異なります。誤ったメンテナンスを行わないように、主成分の確認はしっかりと行いましょう。

粘土瓦
 粘土を練り混ぜ、焼いて作られた瓦になります。洋瓦の中で最も普及しているのがこの粘土瓦です。耐久性は非常に優れており、40~50年以上と言われています。塗装を行う必要もありません。しかし、漆喰や防水紙といった部分が先に劣化してしまう為、これらのメンテナンスはしっかりと行いましょう。

セメント瓦
セメント瓦  セメントを主成分とした瓦です。セメントは雨水などの水分を吸収すると劣化してしまう為、屋根塗装メンテナンスが必要になります。塗装を行う場合には、10~15年を目安にすると良いでしょう。しかし、現在では製造・販売されていない屋根材ですので、一部交換しようと思った際には、なかなか入手できないことが多いと思います。その場合、屋根葺き替え工事を行うのが一番です。

モニエル瓦
モニエル モニエル瓦  モニエル瓦の主成分もセメントです。その為、こちらも屋根塗装メンテナンスが必要になります。モニエル瓦も廃盤となってしまっている屋根材ですので、破損してしまった場合には、葺き替え工事を行うことになるでしょう。

 形状や主成分で分類した各屋根材についてご紹介致しました。形状・色が異なるだけでも、屋根や外観の印象は大きく変わってきます。また、主成分によってメンテナンスの方法も変わってきますので、ご自宅の屋根材はどれなのかをしっかりと確認し、適切なメンテナンス方法を行いましょう。洋瓦の屋根へと葺き替え工事を検討している方は、それらを踏まえて屋根材を選ぶようにすると良いと思います。


洋瓦の劣化症状

 洋瓦の劣化症状は和瓦とほとんど同じです。長寿命の洋瓦ですが、定期的にメンテナンスを行わないと、不具合が生じたり耐用年数より早く劣化してしまいます。以下のような症状が見られたら、専門業者に点検を依頼しましょう。

・漆喰の劣化
 瓦を支える役割を果たしているのが漆喰です。石灰を主成分とし、20年前後で劣化してきます。漆喰が劣化すると瓦のずれや落下を引き起こし、台風や地震が発生すれば、屋根の倒壊などの被害がでてしまいます。

・瓦の割れ
 台風時の飛来物が当たり、瓦の一部が割れてしまうという被害がよくあります。放置すると割れた部分から雨が侵入してしまうので早めの補修が必要です。瓦は部分交換が可能です。

・瓦のずれ
 瓦の割れと同様、台風時に発生することが多いです。台風後は見える範囲でお住まいを点検することで、早期発見、補修をすることができます。

・棟瓦の歪み
 屋根の頂点部分にある瓦を棟瓦と呼びます。棟瓦は通常綺麗に一直線に並んでいますが、歪みが小さい場合でも、徐々に歪みは大きくなるので補修が必要です。棟瓦が歪む原因のほとんどは漆喰の劣化です。


ご自宅の屋根メンテナンスにお困りの方へ

 洋瓦にも様々なものがあり、現在では製造・販売されていない屋根材が複数あります。洋瓦に限らず、ご自宅の屋根材が廃盤となってしまっていて、メンテナンス方法にお困りの方もいらっしゃるでしょう。そんな時には、私たち街の屋根やさんへ一度ご相談ください。点検~お見積りまで無料で承っておりますので、お客様のご要望に沿った工事をご提案致します。モニエル瓦やセメント瓦の施工実績も多数ありますので、メンテナンスや屋根リフォーム工事も安心してお任せください!

このページに関連するコンテンツをご紹介

街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
街の屋根やさんの無料点検でお住まい全体の不安も解消!
 日頃、意識することは殆どありませんが、屋根は毎日、私たちの生活を守るという大役を繰り返しています。 風に曝され、砂埃を叩きつけられ、紫外線を照らされ続け、雨を浴び、夏は暑さ、冬は寒さ... 屋根がとれだけ頑張っているか分かるでしょうか。 実は毎日かなりの負担を強いられているのです。 ご近所のお住ま…続きを読む
早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!
早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!
 近年は耐震性を考慮し軽量な屋根材を選ばれる、葺き替える方が非常に多い印象を受けますが、一方で重厚感、耐久性、断熱性等の高さから「やはり瓦屋根が良い!」という方も多いですよね。  和瓦・陶器瓦とよばれる瓦は吸水性が低いため塗装の必要性もなく、一定の周期でメンテナンスを行うことで半永久的に使用できると…続きを読む
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう
 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰も風雨…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識
知ってお得!屋根の便利な豆知識
 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ
 洋瓦をご存知ですか。洋瓦はその名の通り、西洋由来の瓦です。「洋瓦なんて洋風の家以外似合わないよ」とお考えの方も多いでしょうが、実は純和風でも似合う洋瓦があるのです。現在、瓦屋根のお家にお住まいなら、洋風のお家の方はもちろんのこと、和風の家の方も洋瓦へ葺き替えを検討してみてください。絶対に素敵なお家…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
あなたの屋根はどの形?18種類の屋根と名称をご紹介
普段、生活する上で屋根の形を気にすることはあまりないと思います。ちょっと街を歩いてみましょう。ご近所を散歩するだけで、様々な形、様々な材料の屋根があることが分かります。 カッコイイ屋根、素敵な屋根、オシャレな屋根、かわいらしい屋根、ユニークな屋根、実に様々です。神社・仏閣ともなれば荘厳なものが多いで…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
  瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事    漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      座間市のその他のブログ

      2020/11/8 座間市南栗原でセメント瓦の点検、表面が劣化したセメント瓦は雨水を吸い込んでしまいます

       座間市南栗原にお住いになられているE様より「屋根が傷んできているようなので点検してほしい」とご心配なご相談がございました。築30年以上が経過している座間市南栗原E様のお宅は、瓦を使用している屋根でした。瓦は瓦でも製造している原材料はそれぞれで、その中でもセメントで造られているセメント瓦を使用してお...続きを読む

      2020/10/21 座間市栗原でスレート屋根が破損、棟板金が外れて無くなっておりました

       座間市栗原にお住いになられているE様より「前から棟板金が屋根から無くなっている箇所がある」とご心配なご相談がございました。築年数は30年以上が経過した建物で、屋根はスレートを使用した屋根でした。これまでに何度か棟板金が落ちてきて、そのたびに部分的に板金を被せ直したりしてきたそうですが、また今回も棟...続きを読む

      2020/10/13 座間市ひばりが丘で落ちていた棟板金、スレート屋根の棟板金交換工事が必要でした

       「バルコニーに見慣れない物が落ちている」とご不安なご相談がございましたのは、座間市ひばりが丘にお住いになられているM様からでした。築22年ほど経過した建物とのことでしたが、これまでに建物のメンテナンスを行ったことが無いそうです。バルコニーの落ちていた物が何なのか。そもそも座間市ひばりが丘M様のご自...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      座間市のその他の施工事例

      施工内容
      棟板金交換
      築年数
      22年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sモスグリーン
      施工内容
      屋根葺き替え
      築年数
      22年
      使用材料
      スタンビー(シルバーブラック)

      その他の施工事例一覧→

      棟瓦取り直しを行った現場ブログ

      2021/05/17 川崎市宮前区野川で銅線が切れている棟瓦をステンレス線で応急処置

       川崎市宮前区野川で屋根の修理作業をおこないました。 棟瓦の固定がズレているという事を近所で工事をおこなっている業者さんに指摘されたという事でのお問合せでしたので、屋根の状況を調査に伺いました。 スレート葺き屋根で塗装工事を数年前におこなっていそうで、棟には板金ではなく瓦が積まれています。冠上の瓦が...続きを読む

      2021/04/30 横浜市神奈川区白幡西町のお住まいの瓦屋根では、漆喰の劣化により棟瓦がズレてしまっていました

       今回は横浜市神奈川区白幡西町で瓦屋根の調査を行ったときの様子をご紹介いたします。 屋根面と屋根面とがぶつかり合う箇所を棟と呼びます。その棟にある瓦を棟瓦といいます。上の写真を見ると、本来真っ直ぐであるはずの棟が蛇行しているように見えます。 なぜこうなってしまったのかの原因を探っていきたいと思います...続きを読む

      2021/04/29 横浜市都筑区荏田東にて棟瓦が倒壊、原因は長年メンテナンスをしていなかった漆喰にありました

       横浜市都筑区荏田東にお住まいのS様より、屋根の瓦が落下してきたので一度点検調査をしてほしいと街の屋根やさんへご相談を頂きました。お話をお伺いしますと、S様邸は築40年程経過しており、屋根は瓦だからと何も手をかけて来なかったようです。最近大雨や強風の日が続いたからか分かりませんが、屋根から庭先へ瓦が...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      棟瓦取り直しを行った施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      31年
      使用材料
      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる