屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

新型コロナウイルス対策に関して

新型コロナウイルス対策に関して

HOME > ブログ > 寒川町田端にて下屋雨仕舞に南蛮漆喰モルロックを使用し漆喰詰め.....

寒川町田端にて下屋雨仕舞に南蛮漆喰モルロックを使用し漆喰詰め直し工事を行いました

更新日:2019年8月17日

本日は寒川町田端にて下屋と外壁の取合いにある雨押えの漆喰が経年劣化で剥がれてしまっていた為、新たに漆喰を詰め直す工事を行いましたので、その様子をお伝えします。

漆喰は瓦や石材の施工には欠かせないものとして古くから使われている建材です。

瓦屋根に使われる漆喰ですが、瓦自体は丈夫にできており自然災害などで被害を受けるなどない限りはほぼメンテナンスがいらないものですが、それを支える漆喰は外的要因により経年で劣化してゆき、剥がれてしまいます。定期的なメンテナンスが必要な部分です。

 

新しい漆喰を詰める為に既存の漆喰を撤去しておきます

雨押えの漆喰が剥がれはじめている様子 新しく漆喰を詰め直すために古いものを撤去しておきます

 

雨押えの板金の直下にある熨斗瓦の下に土台の漆喰が塗られていますが、今回はこの雨押え部分全ての漆喰を詰め直す為古い既存の漆喰を道具を使い撤去しておきます。

撤去している途中の様子が写真右側です。新しい漆喰は南蛮漆喰を使います。昔から使われる漆喰の原料は石灰なので白かったのですが、南蛮漆喰は土台に使われる葺き土のなるもので今日の漆喰工事ではこの漆喰に粘土や土を混ぜた南蛮漆喰が使われる事がほとんどです。自ら固まってくれる特性も持っています。

 

崩れそうな熨斗瓦も外し漆喰を詰めて補強しておきます

崩れそうだった熨斗瓦も撤去し漆喰を詰め直して補強しておきます 右側からどんどん漆喰を詰め直していきます

 

雨押え板金の下にある熨斗も固定が緩くなってしまっている所がある為に、一度取り外し南蛮漆喰を入れて補強しておきます。

漆喰の工事の時は古い葺き土や漆喰などが瓦に乗りますが、今回工事した8mほどの長さでも結構な量の漆喰や泥などの廃材が出ます。

瓦は滑りやすいのである程度清掃しながらの漆喰詰め直し工事となります。コテ板を左手に持ちそこに南蛮漆喰を乗せてしっかりと詰めて行っている様子です(写真右)。

 

最後に清掃し漆喰詰め直し工事の終了です

 

漆喰詰め直しが終わったら最後にガラ袋を持ちながら汚れを落とし清掃し工事の完了です。

工事後すぐは触ってしまうと変形してしまうほど柔らかい粘土の状態ですが、数日でがっちりと強固なものになります。

これでこちらからの雨漏りの心配もなくなります。陶器瓦は丈夫で長持ちのイメージがありますので、屋根に陶器瓦が使われているとメンテナンスをされていないお住まいが多くあります。

漆喰はメンテナンスが必要ですので、ご自宅の屋根に陶器瓦が使われているけど一度もメンテナンスをされていないなどありましたら、台風シーズン前に修繕をしておくと良いでしょう。

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

漆喰(しっくい)工事 
漆喰(しっくい)工事 
 瓦と瓦の接着剤(漆喰)を補修する工事です。漆喰が痛んでしまうと、接着剤としての機能を果たさなくなるため、瓦にズレが生じてしまうのです。漆喰の剥離は雨漏りを引き起こす危険性があるのです。状況に応じて棟の取りなおし工事や漆喰の増し詰め工事をご提案しています。漆喰工事には大きく分けて2種類の工事がありま…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      寒川町のその他のブログ

      2020/11/7 寒川町一之宮で屋根に打たれているコーキングの点検、コーキングが切れていると雨漏りの危険性があります
      寒川町一之宮で屋根に打たれているコーキングの点検、コーキングが切れていると雨漏りの危険性があります

       現代の建物に一番多く使用されている建築資材はコーキングではないでしょうか。隙間を埋めるための役割があるコーキングですが、別な役割にも使用されるケースが増えて参りました。隙間を埋める以外の理由や役割で使用することは控えた方が良いのですが、それでも使用されるのは簡単に誰でも使えて、使い勝手が良いからでしょう。そんなコーキングも建物外部で使用し続けると、紫外線や雨風の影響により傷ん...続きを読む

      2020/10/18 寒川町田端で過去にメンテナンスを行ったスレート屋根の点検、棟板金を固定している釘が抜け始めておりました
      寒川町田端で過去にメンテナンスを行ったスレート屋根の点検、棟板金を固定している釘が抜け始めておりました

       過去に塗装を行っているからといって、屋根の全てがメンテナンス出来ているとは限りません。寒川町田端にお住いになられているH様より「屋根塗装をしたタイミングで棟板金も補強した筈なのに剥がれそうになっている」とお悩みのご相談がございました。寒川町田端H様のお宅の屋根はスレートで造られた屋根とのことでした。過去に屋根外壁塗装を行った際に、棟板金に異常があることを、工事を行った職人さん...続きを読む

      2020/10/10 寒川町大曲で軒天が破損、街の屋根やさんでは張り替えや重ね張りの対応が可能です
      寒川町大曲で軒天が破損、街の屋根やさんでは張り替えや重ね張りの対応が可能です

       屋根があるがゆえに必要となる箇所や屋根があるゆえに必要となる部材があります。寒川町大曲にお住いになられているS様のお宅で調査した軒天もその中の一つです。「軒天の表面が剥がれてしまった木目が見えている」とお困りのご相談がございました。屋根があることで軒天や破風板、鼻隠し板は存在します。定期的なメンテナンスは屋根かではなく、外壁やバルコニーの床などにも必要なってきますが、軒天や破...続きを読む

      2020/10/3 寒川町一之宮で外れかかったスレート屋根の棟板金を、棟板金交換工事で直しました
      寒川町一之宮で外れかかったスレート屋根の棟板金を、棟板金交換工事で直しました

       「自宅の屋根が破損しているようだ」とご心配なご相談がございましたのは、寒川町一之宮にお住まいになられているU様からでした。U様のお宅はスレートを使用した屋根でしたが、屋根の頂上付近で曲がったところを見つけたとのことでした。スレート屋根の頂上付近にはスレートではなく板金が被せてあります。棟板金と呼ばれるこの部材は台風や強風の影響により被害を受けやすい箇所であります。まずは寒川町...続きを読む

      2020/09/1 寒川町大蔵でスレート屋根のメンテナンス、棟板金を交換して台風対策しましょう
      寒川町大蔵でスレート屋根のメンテナンス、棟板金を交換して台風対策しましょう

       これからのシーズンは台風が多く発生して屋根に損害を与えていきます。毎年多くの被害を受けているのは屋根の中でも棟と呼ばれる箇所です。スレート屋根の棟は板金が被せてありますが、その板金が風の影響で外れてしまい、飛ばされたり落下したりします。寒川町大蔵にお住いになられているU様のお宅では、「台風に備えて棟板金を交換しておきたい」とメンテナンスのご相談がございました。新型コロナウイル...続きを読む

      2020/08/28 寒川町一之宮でセキスイかわらUの点検、かわらUはメンテナンスが必要な屋根材です
      寒川町一之宮でセキスイかわらUの点検、かわらUはメンテナンスが必要な屋根材です

       屋根に使用する屋根材は様々な種類がございます。材質の違いもあれば同じ材質でも形やデザインが違ったりもします。寒川町一之宮にお住いになられているW様より「家の屋根の色が変色してきた」とお悩みのご相談がございました。20年以上も前に屋根を改修してから殆どメンテナンスを行っていない屋根なのだそうです。まずは点検にお伺いして現状を把握いたします。新型コロナウイルス(covid-19)...続きを読む

      2020/08/9 寒川町倉見で雨漏りの原因を調査、屋根か外壁か原因が分からないときは散水試験
      寒川町倉見で雨漏りの原因を調査、屋根か外壁か原因が分からないときは散水試験

       寒川町倉見にお住いになられているY様より「最近、壁の内側で、雨が降ったときにポタポタと音がするようになった」とご心配なご相談がございましたのでお伺いいたしました。雨が降った時にポタポタと音がするのは2階の部屋とのことで、まずは2階のお部屋から雨漏り調査を始めます。雨が降った際にポタポタと音がする壁の外側には、下屋(げや)と呼ばれる1階のお部屋の屋根がありました。新型コロナウイ...続きを読む

      2020/07/29 寒川町小谷でアパート屋根の樋の調査、カーポートやテラス屋根の樋も対応いたします
      寒川町小谷でアパート屋根の樋の調査、カーポートやテラス屋根の樋も対応いたします

       街の屋根やさんではエクステリアの工事も承っております。住宅敷地まわりの工事やベランダ、バルコニーの屋根、カーポートやサイクルポート、フェンスやカーゲートなどの工事も承っております。寒川町小谷にあるアパートオーナー様より「所有しているアパート共用部の通路に設置した屋根の樋が破損している」とお困りのご相談がございました。住宅敷地まわりの工事やベランダ、バルコニーの屋根、カーポート...続きを読む

      2020/07/5 寒川町一之宮で雨漏りしている屋根を散水試験、雨漏りの原因を特定します
      寒川町一之宮で雨漏りしている屋根を散水試験、雨漏りの原因を特定します

       寒川町一之宮にお住いになられているY様のお宅で散水試験を行いました。以前より雨漏りしていた箇所があり、原因が不明なためご相談がございましたが、調査にお伺いしやときに雨漏りししていそうな箇所が複数ございましたので、散水試験を行って原因と特定する方法をご提案させていただきました。最初の調査とは別な日にお伺いして高圧洗浄を用いて行います。雨漏りの原因となっている箇所を特定するために...続きを読む

      2020/06/24 寒川町一之宮で発生した雨漏りは、横葺き板金屋根の継ぎ目にが怪しいです
      寒川町一之宮で発生した雨漏りは、横葺き板金屋根の継ぎ目にが怪しいです

       「気が付いたら雨漏りしてました」とお困りのご相談がございましたのは、寒川町一之宮にお住いになられているY様からでした。倉庫や物置のようにしようしているお部屋で、普段はそんなに出入りすることがないお部屋だったようで、気が付いたら窓枠や床までが濡れていたそうです。どこが原因なのかが分からなかったそうで、私達街の屋根やさんにご相談がございました。街の屋根やさんでは、原因不明な雨漏り...続きを読む

      2020/06/10 寒川町岡田で、セメント瓦を使用した屋根の棟瓦取り直し工事を行いました
      寒川町岡田で、セメント瓦を使用した屋根の棟瓦取り直し工事を行いました

       寒川町岡田にお住いになられているH様のお宅で、棟瓦取り直し工事を行いました。寒川町岡田H様のお宅は歩道橋の近くにあり、屋根の異変に気が付いたようです。屋根はセメント瓦を使用した屋根でした。セメント瓦は現在角どのメーカーも生産を取りやめてしまった屋根材です。それでも過去に建てられた建物の屋根には、まだセメント瓦が使用されていることがございます。瓦はすでにありませんので、割れてし...続きを読む

      2020/06/3 寒川町宮山でスレート屋根の点検、塗膜が剥がれて寿命を迎えておりました
      寒川町宮山でスレート屋根の点検、塗膜が剥がれて寿命を迎えておりました

       寒川町宮山にお住いになられているF様より「屋根の色が前と全然違う色になってきた」とご心配なご相談がございました。築30年近い建物とのことでしたが、屋根は新築当初から同じものを使用しているそうです。屋根材はスレートを使用しているとのことでしたが、スレートは塗装でメンテナンスをしていくことで長持ちする屋根材です。塗装でメンテナンスを行わないと長持ちしません。まずは状態を確認するた...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      寒川町の施工事例一覧

      寒川町田端で令和元年東日本台風で破損した瓦屋根を、棟瓦取り直し工事で復旧しました

      【施工内容】
      棟瓦取り直し

      シルガード(黒)

      寒川町岡田にて令和元年房総半島台風の影響で霧除けのトタンが捲れてしまった為にガルバリウム鋼板にて改修工事を行いました

      【施工内容】
      屋根補修工事 破風板板金巻き工事

      ガルバリウム鋼板

      寒川町大曲で令和元年房総半島台風により破損したスレート屋根を、オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)で屋根カバー工事

      【施工内容】
      屋根カバー工法

      オークリッジスーパー(テラコッタブレンド)

      その他の施工事例一覧→

      同じ工事のブログ一覧

      鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

      鬼瓦とはなんだろう?名前の由来やメンテナンス時期、補修の様子をご紹介

       鬼瓦とは瓦屋根の棟の軒先部分に設置された役瓦です。名前に「鬼」が入っているため...続きを読む

      部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

      部位ごとに名称が違う屋根瓦の特徴とメンテナンス方法をご紹介

       まだまだ高い人気を誇る瓦屋根ですが、瓦と一言で言っても様々な名称がつけられてお...続きを読む

      海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

      海老名市社家でセメント瓦の隙間に詰められている漆喰が無くなっておりました

       ご自宅の屋根に使用されている屋根材も、近年ではたくさんの種類が存在します。たく...続きを読む

      同じ工事の施工事例一覧

      中郡大磯町大磯で経年で隙間ができてしまったセメント瓦屋根の漆喰補修と瓦の差し替え
      中郡大磯町大磯で経年で隙間ができてしまったセメント瓦屋根の漆喰補修と瓦の差し替え
      施工内容
      漆喰工事
      築年数
      築32年
      使用材料
      強力なんばんしっくい
      伊勢原市上粕屋にて台風の影響で崩れた降棟の漆喰を棟瓦取り直し工事で元通りに
      伊勢原市上粕屋にて台風の影響で崩れた降棟の漆喰を棟瓦取り直し工事で元通りに
      施工内容
      棟瓦取り直し,漆喰詰め直し
      築年数
      築42年
      使用材料
      南蛮漆喰

      お問い合わせバナー

      イオン銀行住宅ローン