屋根工事、屋根リフォーム、雨漏りなら街の屋根やさん横浜におまかせください

横浜の『街の屋根やさん』横浜店は、屋根工事や屋根リフォーム、屋根・外壁の塗装、屋根の修理、カバー工法、軽い屋根材への葺き替え工事(屋根葺き替え)を行っています。横浜市内全域の屋根が気になる皆様へ本当に必要な屋根工事、屋根リフォームを提案中!

sp_top_img01

電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

HOME > ブログ > 逗子市桜山でケラバの瓦が落下、雨水が内部の木材を傷ませており.....

逗子市桜山でケラバの瓦が落下、雨水が内部の木材を傷ませておりました

更新日:2019年10月28日

ケラバと聞いてぴんと来る方も少ないと思いますが、ケラバとは建築用語で屋根の端部分で、雨樋がついていない箇所を表すことばです。
ケラバ瓦とは、ケラバにつけられた瓦をいいますが、そもそもケラバとはどのような働きがあるのか?また、メンテナンス方法などについてこのページでご紹介いたします。

 

逗子市桜山のケラバ瓦の落下箇所の補修

「家の瓦が落ちてきた」とご不安なご相談がございましたのは、逗子市桜山にお住いになられているS様からでした。屋根の一番端にある角の瓦が2枚ほど落ちてきたそうです。さっそく逗子市桜山S様の宅にお邪魔して調査をいたしました。屋根の一番端の角の瓦と言うのは、袖瓦と呼ばれる種類の瓦でした。気になるのは、落下していた袖瓦に付いていた下地の木材です。木材を見てみると傷んでいるように見えます。

落下したケラバの袖瓦

 

落下したケラバの瓦には傷んだ木材が付いておりました

袖瓦が落下 ケラバの袖瓦が2枚無くなっている

逗子市桜山S様のお宅の屋根を見てみると、ケラバの軒先部分の瓦が無くなっておりました。落下した袖瓦はここに取り付けてあったことが分かります。瓦も無くなっておりますが、瓦内部にある下地となる木材も無くなっていることに気が付きました。下地となる木材が無いと再び瓦を取り付けることが出来ないため、下地となる木材も再び取付ける必要がございます。瓦自体が傷みすぎている訳ではなさそうなので、なぜ下地となる木材と瓦が落下してしまったのかを調査を通して明らかにします。

 

平場の平瓦とケラバの袖瓦の間に大きな隙間が出来ている

平場の瓦と袖瓦の間の詰め物が取れている 棟瓦下の詰め物が取れている

逗子市桜山S様のお宅の屋根には、ここ以外にもケラバが存在します。ケラバも棟も、瓦と瓦の隙間にモルタルのような詰め物が詰まってあるようですが、この詰め物が取れてしまっているところばかりで、詰め物が無くなっている隙間の幅はスッポリと指が入るくらい大きいものでした。この隙間に雨水が侵入することで瓦内部の下地となる木材が傷んでしまっているものと思われます。棟に出来た隙間は雨漏りを誘発させる可能性も秘めております。瓦屋根は瓦以外の材料が使用されております。逗子市桜山S様のお宅の屋根も例外ではありませんでした。定期的な調査や点検、メンテナンスを行っていれば防げた可能性があります。街の屋根やんさんでは、無料で調査・点検を行っております。屋根は普段から気に留めることが難しいところです。屋根の調査・点検は街の屋根やさんにお任せ下さい。

 

 

ケラバとはなんだろう

ケラバは屋根の場所を指すということは冒頭でお話しましたが、実は屋根の形状によってはケラバが存在しません。
切妻屋根や片流れ屋根には雨樋がついていない屋根の端があります。それに対して寄棟屋根や方形屋根は屋根の端にすべて雨樋が設置されているためケラバという場所がないのです。
ちなみにケラバによく似た箇所で「鼻隠し」という箇所がありますが、こちらは雨樋がついている箇所を鼻隠しといいます。

 

ケラバの機能

 

日差しを調整して室温を過ごしやすい温度にする

ケラバの役割としてまず挙げられることは、日当たりの調整です。夏場は強烈な日差しによって室内の温度が上昇してしまいますが、ケラバがあることで外壁に直接あたる日差しを遮り温度上昇を抑えることができます。逆に冬場は太陽の照射角が低いため、ケラバで日差しが遮られることなく外壁にあたり、室内を暖かくしてくれます。
日本のように四季がある気候にはケラバがあることで過ごしやすくすることができます。

 

外壁の紫外線、降雨から劣化を防ぐ

日差しの調整と同様ですが、夏場の強い紫外線が外壁にあたることを防ぐので外壁の劣化防止になります。また、降雨が直接外壁に当たりにくくなるので、水分による劣化も抑えることができます。

 

雨漏りを防ぐ

ケラバ付近は雨水を直接地上に落とすようにしないと、水分が回り込んで軒天や外壁を濡らすことになります。それにより軒天の目部を腐らせたり、雨漏りなどにも繋がりますのでケラバ付近の雨仕舞がとても重要になります。

 

ケラバ瓦とは

ケラバの付近は前項で述べたとおり雨漏りしやすい箇所でもあります。そのため、ケラバにはケラバ専用の瓦である袖瓦(そでがわら)が使用されます。袖瓦とは名前の通り、振り袖のように、垂れた部分があり、ここを袖垂れ(そでたれ)といいます。また、袖瓦は左側、右側で専用となっているため左側が左袖、右側が右袖といいます。
さらには、袖瓦と軒先の角部分の瓦は角瓦(かどがわら)といい、ケラバ瓦と区別して使われています。

 

ケラバ瓦のメンテナンス時期について

粘土瓦のケラバ瓦は粘土を焼いて作られているため、30年以上もつほど非常に寿命が長いです。そのため瓦自体の傷みよりもケラバ瓦自体がずれたり、固定している釘が緩んだりといったことが発生します。他にも、台風などの強風によって飛散することや、地震によってズレが生じるといった自然災害に起因する問題もあります。
どちらにしても発生したタイミングで調査を行い、必要な工事を実施して原状回復させることが重要です。前項でお話したとおり、ケラバ付近は雨漏りしやすいことや、水分が回り込んで軒天を傷める原因にもなりますので、早め早めの対応をすることで被害を最小限にすることができます。
粘土瓦以外では、セメントやモニエルのケラバ瓦もありますが、こちらは粘土瓦ほど長持ちしないことや定期的に塗装によるメンテナンスが必要になります。

 

ケラバ瓦とは

 ケラバ瓦には様々な種類があります。

・並袖瓦(なみそで)
 最も使われているケラバ瓦です。ケラバを横から見た時に一直線状に見えるのが特徴です。主に東日本でよく使用されています。

・紐袖瓦(ひもそで)
 瓦が重なり合う部分に紐と呼ばれる出っ張りがあるのが特徴の瓦です。ケラバを横から見ると並袖瓦のように一直線に見えますが、紐があることで並袖瓦よりゴツゴツした印象があります。紐袖瓦は西日本でよく使用されているようです。

・中付袖(なかつきそで)
 外側に出っ張りがあるデザインの瓦です。この出っ張りが雨を上手に排出するので、雨対策になります。中付袖は高級な瓦で、ギザギザとした印象を持ちます。

・刻ミ袖(きざみそで)
 中付袖のように雨対策に向いている瓦です。中付袖のような出っ張りはないのですが、瓦同士が重なる部分が広いので瓦の下に雨水が侵入するのを防ぐことができます。

・中付刻ミ袖(なかつききざみそで)
 上記の中付袖と刻ミ袖を合わせたケラバ瓦です。

 

 このように一言で「ケラバ瓦」といっても多くの種類があります。また、地域によって使用されるケラバ瓦が違うので、旅行にいた際はケラバ瓦を見てみるのも面白いかもしれません。

 

ケラバ瓦のメンテナンス方法について

 

ケラバ瓦のズレや外れなどはもとの位置に戻し、釘やビスで固定することで修復できます。しかし、ケラバ瓦自体が欠けてしまっている場合は、新しい瓦に差し替えする必要があります。
粘土瓦の場合はとても長持ちなため、欠けたときには新築で建ててから何十年という年月が経過していることも多く、瓦自体が生産終了しているケースもあります。また、セメントやモニエルの場合でも最近はあまり普及していないことから同じ瓦の入手が困難なこともあり、そういった場合は違う瓦を使っての屋根葺き替え工事になることもあります。
しかし、何十年もたった屋根の場合は屋根材がたとえ健全であっても、その下の防水紙が傷んでしまっているケースも多く、その場合は屋根葺き替えをする必要があることも覚えておきましょう。
セメント、モニエルの場合は塗装を行いますが、ケラバ部分だけが塗装が必要になるというよりも、そのタイミングで屋根全体を塗装するのが一般的です。

ケラバ瓦の問題は街の屋根やさんへ

ケラバ部分は、地上からも確認できる箇所で不具合があった場合も比較的わかりやすいといえます。そのため、ご自分ではしごをかけて屋根に上って修理できないものか、と考える方も多いのですが屋根の上は不安定な上、地上よりも風が強くとても危険です。
もし、ケラバに不具合が見つかった場合は、速やかに専門業者に調査の依頼をするようにしましょう。私達街の屋根やさんではケラバに限らず、屋根や外壁などお住まい全般のお悩みを承っております。現地調査については電話一本で無料調査を行わせていただき、工事が必要な場合はお見積書も無料で作成いたします。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法
 屋根で傷みやすい部分は天を向いている上面ではなく、むしろ側面です。屋根材は基本的に日光に晒されること、雨に打たれること、霜が降りること、雪が降り積もること、暴風に煽られることを想定して設計されています。  屋根の形状によっても違いますが、破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨にも打たれますし、風…続きを読む
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
 多くのお住まいに採用されている化粧スレート屋根材、その特徴や正しいメンテナンス方法を知っているという方も多くなったように見受けられます。スレートに限らず屋根材が劣化もしくは破損することで雨漏りが起きる可能性が非常に高くなりますが、雨漏りを起こす意外な部位として『ケラバ』が挙げられます。&…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法
  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

街の屋根やさん横浜

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6
        VORT新横浜 2F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん横浜支店 街の屋根やさん横浜支店 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介 お問い合わせはこちらから スタッフ紹介

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは神奈川県以外にも東京都、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      逗子市のその他のブログ

      2020/11/6 逗子市新宿にて強風により棟の冠瓦が庭先に落下、二次被害が起きないように早めの修繕が必要な状況でした

       逗子市新宿にお住まいのO様より、最近の強風で屋根から瓦が落ちてきたので早急に点検調査と修繕が可能な所を探しているとご相談を頂きました。お住まいは築30年程経過しており、屋根は和瓦で葺かれておりましたが屋根に関してのメンテナンスは一度もされていなかったようです。外壁は塗装でのメンテナンスをされていら...続きを読む

      2020/11/1 逗子市沼間でスレート屋根の棟板金を点検、風に煽られて外れそうでした

       逗子市沼間にお住いになられているF様より「家の屋根が壊れているようだ」とお困りのご相談がございました。近隣の方から教えていただいたそうです。住んでいる方はご自宅の屋根が見づらいとは思いますが、ご自宅の周囲にお住いになられている建物との関係上、周囲の建物からは丸見えということもございます。近隣の方の...続きを読む

      2020/10/23 逗子市逗子で2階の天井に染みを発見、天井に出る染みは雨漏りの可能性があります

       逗子市逗子にお住いになられているT様より「天井が歪んできている」とご心配なご相談がございました。理由なしに天井が歪むことはありません。何かしらの原因が必ずあります。建物は築年数の経過により傷んできます。それによりおちこちで不具合が起こりやすくなります。まずは逗子市逗子T様のお宅にお伺いして調査をい...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      逗子市のその他の施工事例

      施工内容
      棟瓦取り直し
      築年数
      28年
      使用材料
      シルガード(黒)

      その他の施工事例一覧→

      屋根補修工事を行った現場ブログ

      2021/04/22 横浜市港北区大倉山にて強風の影響でポリカ波板が割れて飛散、飛散しなかった部分も固定が緩くなっている時は全部交換しておきましょう

       横浜市港北区大倉山にお住まいのS様より、庭ある庇のポリカ波板が強風の影響でいつのまにか数枚なくなってしまっていた。中古で購入した時からあった為に何年経っているか不明な為に一度点検調査をして必要な工事が何かを教えてほしいとご相談を頂きました。 お住まいの築年数は30年近く経過しているとの事でしたが、...続きを読む

      2021/04/7 横浜市港南区下永谷でスレート屋根の調査、板金が外れてスレートが破損しておりました

       スレートは割れる屋根材です。スレートを長持ちさせるためには、定期的に塗装でのメンテナンスが必要になります。横浜市港南区下永谷にお住いになられているI様より「家の屋根が破損した」とお困りのご相談がございました。メンテナンスを行うタイミングが遅れると、より不具合が起こりやすくなります。実際にスレート屋...続きを読む

      2021/04/2 高座郡寒川町岡田にて令和元年房総半島台風で棟瓦が倒壊し、平部の瓦も破損していました

       台風などの自然災害でお住まいが破損してしまった場合には、素早く応急処置を行い、その後適切な補修工事を行う事が大切です。応急処置は、被害の拡大化や二次災害を防ぐことが出来ますので、必ず行うようにしましょう。 高座郡寒川町岡田にお住まいのお客様邸は、令和元年房総半島台風による被害を受けてしまったようで...続きを読む

      その他のブログ一覧→

      屋根補修工事を行った施工事例

      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      25年
      使用材料
      ニチハ 横段ルーフS 色:KブラックS
      施工内容
      屋根補修工事
      築年数
      26年
      使用材料
      ニスクカラーつや消し Sブラック

      その他の施工事例一覧→

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前
      必須

      苗字

      名前

      例:屋根 一郎

      ふりがな必須

      苗字

      名前

      例:やね いちろう

      ご住所
      必須

      郵便番号
      -

      ご住所

      E-mail
      (半角英数)
      必須
      電話番号
      (半角英数)
      必須
      例:045-XXX-XXXX
      ご希望の
      連絡時間帯
      【任意】
      例:午前中、18時以降
      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】
      複数選択可
      お問い合わせ内容
      必須
      複数選択可


      お問い合わせ
      詳細
      【任意】

      入力内容をご確認の上、よろしければ「確認画面へ」ボタンを押して
      入力内容確認画面へお進みください。

       

      個人情報の取り扱いにつきましては、プライバシーポリシーをご覧ください。

      お問い合わせバナー

      屋根やさんの10のルール リフォーム瑕疵保険
      施工事例 お役立ち情報
      施工の流れ 屋根工事の種類
      お客様の声 スタッフ紹介
      支店長ブログ 会社概要
      お問い合わせ・ご相談 資料請求
      電話でお問い合わせ プライバシーポリシー
      ▼メニューを閉じる